2021年6月15日 (火)

大腸内視鏡検査を・・

今日、大腸の内視鏡検査を受けた。
9個ものポリープを切り取ったと終了後に聞いた。

先月末、かかりつけのクリニックで「市の健康診断」を受けた。 その三日後、外出先にクリニックの主治医からスマホに電話があって、直ぐに来院するようにと指示があった。 何か重要な健診結果が分かったのでは・・と思い、直ぐに駆けつけた。

便潜血が認められたので、直ぐに精密検査を受けるようにとのこと、主治医自ら市立病院に電話をしてくれ、最短で検査ができるよう手配してくれた。 こんなに慌てていろいろ手配してくれるということは、かなり大事なんだろうと緊張した。

そして今日、内視鏡検査となった。

以前5~6回この検査は受けているが、弱虫の私には相当な苦痛で、痛がる私を数人の看護師さんに押さえつけられての毎回の検査だった。検査終了後は全精力を使い果たして、抱えられて検査台から抱え降ろされて車いすで休憩ベッドに運ばれるというありさまだった。

しかし今日は、軽い麻酔を点滴しながらの検査だったので、かすかな意識の中暴れることなく、多少の苦痛で済んで本当にホッとした。
でも切り取ったポリープが9個と聞いてその多さに驚いた。

今日の検査は午後からだったが、三日前から食事制限があり、一日前の昨日の三食は渡されたレトルトのおかゆなどの軽い検査食で、今日は午前中から半日かけて下剤を飲んで腸を空にして検査を受けた。

検査後の今日から二~三日の間は、重湯など腸に負担をかけない食事メニューを指示されている。 検査食の三日間で2kg減った体重はさらに減ることになる。

今日の検査結果は、二週間後に聞きに行くことになっている。
大事に至っていないことを祈るばかりである。

 

| | コメント (0)

2021年6月11日 (金)

第1回目「コロナワクチン」を接種

私が住むさいたま市は「コロナワクチン接種」が近隣の市に比べ遅れていて心配だったが、今日は妻と共に、待ち望んでいた一回目の接種ができた。

かかりつけのクリニックに予め予約してあったので、スムースに接種できた。
9時30分の予約に10人ほどが予約してあり、順次アッという間に接種が進んだ。15分毎に1グループ10人ほどの単位で接種予約されていて、順次順調に接種しているようだった。

二回目の予約が心配だったが、同じクリニックで3週間後の二回目接種の日時が指定されていた。二回目の接種予約に苦労する必要がなくなって、皆さんホッとしたようである。

スムースに接種できるようなシステムの対策は急激に改善されているようで、十分な量のワクチンが確保されていることもあって、これならすべての国民への接種も順調に行われるものと思う。

一回目の接種ということもあり、特に12時間経った今のところ副反応はない。
一回目のワクチン接種が済み、二回目の接種も決まって安心した。

 

| | コメント (0)

2021年6月 9日 (水)

大根収穫と人参の間引き

大根が大きくなり収穫が始まった。 また、人参が育っていて密になったので間引いた。

Photo_20210609222301

私はこの「間引き人参の葉」の天ぷらが大好物である。 早速天ぷらにして、ビールのつまみになった。

 

| | コメント (0)

2021年6月 6日 (日)

”日洋展” 途中から開催

私が油絵を出品している今年の日洋展は、5月26日~6月7日までの期間開催の予定だった。
しかしコロナによる緊急事態宣言が出て、それに伴って会場の”国立新美術館”が閉館となり日洋展は開けずにいた。

その後緊急事態宣言は延長になったが、美術館関係の閉館は5月末までとなり、日洋展は6月2日~7日に期間を短縮して開催することになった。
私は予定が入っていてすぐには会場に行けなかったが、4日目の昨日会場を訪れた。

いつもなら美術館の入り口辺りから人の混雑があるのに、美術館に入っても人がパラパラなので驚いた。

Photo_20210605223201

会場に入っても観覧者の数は例年に比べて極端に少なくて残念だった。 例年なら知っている会員や役員の方々に会ってお話しできていたのに、今年は役員の方2人に会えただけだった。

Photo_20210605223302

3時間ほどかけて皆さんの作品を鑑賞して回った。 注目している方々の作品には思わずうなる見事な作品だった。
私の作品は、最後の部屋に展示されていた。最後の部屋には良い作品を展示すると聞いていたので良かった。

Photo_20210605223303

美術館のレストランで昼食をと思ったが閉店になっていて、美術館あたりのレストランも閉店の店が多かったがやっと昼食にありつけた。
来年は、こんなコロナに惑わされることがない日洋展になって欲しいと思う。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
今年の日洋展はコロナ禍の渦に巻き込まれて開催さえ危ぶまれる中で開催されている。 そのため毎年友人・知人に招待状を送ったり配ったりしていたが、感染の危険も考慮して数名以外お渡しするのをやめた。
それでもお渡しした画友数名は観に行ってくれたようで、作品に対するアドバイスや講評を送って頂いた。

 

| | コメント (2)

2021年6月 4日 (金)

玉ねぎを収穫

この頃は夕立の日が多くなったが、2~3日の間夕立のなさそうな天気予報の日を選んで「玉ねぎ」と「にんにく」を引き抜いて畑に干していた。

玉ねぎを収穫
Photo_20210604093401

にんにくを収穫
Photo_20210604093402

昨日は翌日雨の予報に、畑で干していたのを自宅に持ち帰ってベランダにぶら下げて干した。

4~5年前までは「玉ねぎ」も「にんにく」もラッキョウ程度の大きさにしか育たず、土壌が合わないのかと思い3~4年間栽培を諦めていた。
しかしどうも納得いかず栽培を再開し、肥料の種類や施肥のタイミングと量など試行錯誤を繰り返して、ここ2~3年は、立派な成果を得られている。

今年の収穫量は「玉ねぎ:210個」「にんにく:50個」だった。 「新玉ねぎ」は早速ご近所にもお裾分けして配った。 

| | コメント (0)

2021年5月28日 (金)

すっぽり防鳥ネット囲い

キューリ、トマト、ズッキーニ等は、鳥の被害を受けることが多い。

先日は、これらの区画に支柱を立てて、地上1m高さをぐるりとネットで囲った。 今日は天井部も含めて全体を少し荒い網目のネットですっぽりと区画全面を覆って防鳥対策をした。

Photo_20210524124601

今日は他に特に予定が入っていなかったので、ゆったりと作業し、一日中のんびりと畑で過ごした。 防鳥対策ネット囲いの他に、蔓の伸びたキューリを結束したり、トマトの脇芽を欠いたり、追肥をしたり・・・こまごました作業も行った。

タープを張って日除けを作り、その日陰に椅子、テーブルを置いて、持参したお茶を飲んだり、おやつを食べたり・・薫風を受けながら久しぶりにゆったりと畑で一日を過ごした。

Photo_20210524124602

椅子に寝そべって大空でゆっくり動く雲を眺めていると、コロナ騒ぎで右往左往する地上の出来事などを忘れて、大きな懐に抱かれて大きな気分になってくるから不思議である。

 

| | コメント (6)

2021年5月22日 (土)

コロナワクチン接種の予約終了

心待ちしていた「コロナワクチンのクーポン券」が郵送されきて、「接種の予約」も無事に終わった。

コロナワクチンのクーポン券がなかなか届かず、区役所で確認したところ、17日(月曜日)から発送するとのことだった。毎日ポストを覗いて待っていたが、今日22日(土曜日)の夕方になってやっと受け取った。

受け取った直後に早速予約手続きを行い、予約を完了した。

巷では、予約に四苦八苦しているとのことだったので覚悟していたが、とても簡単に予約できた。

先ず電話で1分ほど数回予約を試みたが電話が通じなかったので、すぐにパソコンでのネット予約に方針を変更、最初は繋がらなかったが2~3回目にヒットし、簡単に予約できた。 6月11日(金)に近所のかかりつけのクリニックでの接種となる。
妻の予約も併せて行い、約10分ほどで二人分の予約を終えた。

市町村によって予約方法は異なるようで、さいたま市の場合は、第1回目の接種が終わってから第2回目の予約をする方式である。 この調子で、第2回目の予約も簡単にできるものと思う。

やっとワクチン接種の目途が付いてホッとした。

| | コメント (0)

2021年5月18日 (火)

キュウリなどの支柱と区画囲い

キュウリやトマトなどが大きくなって支えを欲しがっているようなので、支柱を立てた。 
併せて、防鳥/防風のため区画をぐるりとネットで囲った。 実物野菜は鳥被害に遭うことが多いので後日、囲いの天井部にもネットを張って、すっぽりと囲む予定である。

(写真をクリックすると画面が拡大します)
Photo_20210517135601

夏野菜は順調に育っていて、今後はトマトの脇芽欠きを頻繁にやらなければならない。 もう実も付いてきた。

Photo_20210517135602

ズッキーニにも何本もの実が付いてきた。

Photo_20210517135702

この区画の外の大根やべか菜も大きくなっていて、ベか菜は育ちが早いので、どんどん収穫しないととう立ちしてしまいそうだ。

Photo_20210517135701

インゲンには支柱を立てた。

Photo_20210517135703

これから梅雨の雨と初夏の暑さを得て夏野菜はぐんぐん大きくなって、実物野菜の収穫も近いうちに始まりそうだ。

 

 

| | コメント (0)

2021年5月13日 (木)

国立新美術館、臨時休館継続??

緊急事態宣言による国立新美術館の臨時休館は5月11日までだったが、12日以降も継続して休館となった。💢

私が所属する日洋会の「日洋展」は、国立新美術館で5月26日~6月7日に開催が予定されており、11日に作品搬入予定だった。会からは予定通り搬入するようにとの連絡があり、搬入業者にすでに出品する100号の絵を預けてあった。

美術館のHPには、12日から開館する、とあったので安心していた。それが突然、東京都の横やりで「休館継続」になったとニュースで聞いて驚いた。 日洋会のHPには、「作品は予定通りに受け付けて、開館になり次第展覧会を開催」と緊急アップロードされた。

遊園地やテーマパーク、劇場や野球場などは、人数制限と営業時間短縮で営業が認められている。 それなら・・と、国は国立の美術館や博物館を開館することにしていたという。誠に正論である。

美術館や博物館などは、テーマパークや野球場などよりはるかに三密や人流の少ないスペースだと思う。大声を出すこともない。 小池都知事の矛盾した決定に納得できない。

丁度緊急事態宣言の期限日が作品搬入日だったために、どうなるのか振り回されたあげく結局休館となり、残念至極である。期限は、「当面の間」とあるだけで期日は未定である。 開館となっても「日洋展」の開催期間は短縮さることになるだろうと思う。

友人・知人に郵送したり配ったりする予定の招待券は、開催が決まるまで渡せない。嗚呼・・・

 

| | コメント (0)

2021年5月 6日 (木)

散歩道・・見沼田んぼ

コロナ禍の今、外出がままならず家で過ごす時間が多い。 食料品などは生協などの宅配が多く、近所の八百屋やドラッグストアで買い物をする以外、めったにスーパーにも行かなくなった。 家で絵を描いたり本を読んだりTVを観たり・・・、外出と言えば、畑に出て野菜の手入れをしたり、薫風を受けて青空の下の日陰で椅子に寝そべって居眠りをしたりの怠惰な時間を過ごしている他、絵画グループの展覧会準備や会合などでの外出もある。

近所の「見沼田んぼ」の散歩の回数が増えた。 見沼田んぼは、開発が規制された農地帯で市民の散歩やサイクリングなど憩いの地帯である。 住宅市街地に隣接するこのような田舎風景があることを有難いと思っている。

Photo_20210506220701

私はこの見沼田んぼの周辺を、1.5~2時間ほどかけて散歩する。 私の耕す家庭菜園もこの見沼たんぼに隣接していて、畑に立ち寄って野菜の育ち具合を観たりする。

Photo_20210506220702

見沼田んぼの真ん中には芝川が流れていて、私がよく描く加田屋川は、芝川の支流である。

Photo_20210506220704

以前は田んぼが多かったと聞くが、今はほとんどが畑になっていて、野菜や植木を育てている畑が多い。 家庭菜園もたくさん見られる。

Photo_20210506220703

コロナ禍が終わっても、見沼田んぼの散歩は続けたいと思う。

 

| | コメント (0)

2021年4月28日 (水)

なす・キューリなど夏野菜を定植

ナス、キューリ、トマト、ズッキーニなどの夏野菜を定植した。
明日から雨が降るとの予報にちょうど良いタイミングでの定植だった。

今日植え付けたのは、ナス:7苗、キューリ:7苗、トマト:大玉/中玉/ミニ合計9苗、ズッキーニ:7苗、ピーマン:2苗、ゴーヤ:3苗だった。
畝は一週間ほど前に、元肥を入れて、マルチも掛けて作ってあった。

Photo_20210428195001

植付けた後、仮支柱で結わえて、たっぷり水やりをし、この時期の強い風を考慮して防風のために寒冷紗のトンネルで覆った。

Photo_20210428195002

定植したついでに、ジャガイモに追肥して土寄せを行った。 ジャガイモは土寄せをすると驚くほど元気になる。

Photo_20210428195003

上の写真左側は「洞爺」、右側は「キタアカリ」である。

 

| | コメント (0)

2021年4月22日 (木)

つるバラが満開に・・・

つるバラの「スパニッシュビューティー」が早くも満開になった。 例年よりは10日ほど早いようだ。

Photo_20210422163401

この「スパニッシュビューティー」は、市内のオープンガーデンの催しで、訪れたお宅で見事に咲いていたのを見とれていたら、そのお宅のご主人が苗を一本分けてくれたもので、もう10年近く我が家の庭を賑やかせてくれている。

「スパニッシュビューティー」はとても強いつるバラで、その後に植えたバラが虫や病気で次々に枯れていった中で、生き延びている最古参のつるバラである。

Photo_20210422163402

「スパニッシュビューテイー」より一足早く咲き始めた白い「ナニワイバラ」はもう盛りを過ぎて散り始めた。

Photo_20210422163404

赤いバラの「デトロイター」も少しづつ咲き始めている。 切り花にして室内に活けているが、強い香りを放っている。

Photo_20210422163405

今年の市内のオープンガーデンの催しは、コロナ禍第4波の為中止となった。 せめて自宅に咲くバラを眺めて楽しみたいと思う。

 

| | コメント (0)

2021年4月17日 (土)

マスターズゴルフ2021

マスターズゴルフで日本の松山選手が優勝した。 マスターズは、毎年4日間早起きしてTV観戦しているが、今年は松山選手がトップで戦っていたので観戦は特に力が入った。

18_20210417095501

毎年この時期に開催されるマスターズゴルフトーナメントは、世界一美しいと言われるオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブに、世界のトップゴルファーを招待して行われる世界一のゴルフ大会である。

オーガスタ・ナショナル・ゴルフ場はこの時期、つつじや木々の新緑に囲まれて実にきれいだが、コースは「く」の字のように曲がっていたり、凸凹が激しく、いたるところに悩ましい小川が横切っており、グリーン周りは池やバンカーでガードされている。

Photo_20210417095501

さらにグリーンは、ポテトチップスのように凸凹で、ガラス面のように速いグリーンに驚かされる。

そんな難しいコースを、世界のマスターたちが見事に攻略していく様には感嘆する。 200ヤード以上の距離を5番アイアンで、グリーンの凸凹を考慮してピンポイントでボールを落としてピンに寄せる。 正に神業である。

Photo_20210417095502

そんなマスターズトーナメントで優勝した松山選手の優勝が決まった瞬間は、実況中継中のアナウンサーや解説者は感激のあまり涙声となった。 それを聞いて、私ももらい泣きした。 多くのゴルフ好きの視聴者も同じ感激を味わったものと思う。

Photo_20210417095503

世界一のゴルフトーナメントを制覇して世界一となった松山選手を心から祝福するとともに、お礼を申し上げたいと思う。

 

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

四月の畑と春夏野菜

4月になってから春夏野菜の種蒔き、苗植え付けが進んでいる。

先日芽欠き/追肥/土寄せした「ジャガイモ」は一段と元気に大きく育っている。

Photo_20210409142202

「玉ねぎ」もどんどん大きく育っている。 先日は「大根」と「人参」の種を蒔いて、防虫ネットを被せてある。 今日は「インゲン」の種を蒔いて防鳥のためにネットで覆った。

Photo_20210409142203

「にんにく」も暖かくなって以降、どんどん伸びて元気に育っている。

Photo_20210409142201

今日は、「里芋」を2畝に植付けし、「ささげ」の種も蒔いた。

Photo_20210409142204

これからは家で育苗している「ズッキーニ」と「レタス」の苗の育ちを見て半月後には定植できそうだ。
また、5月の連休の前後には、「トマト」「キュウリ」「ナス」「ピーマン」などの苗を定植する。

今年は10日以上例年より季節の訪れが早くなっていると感じる。 
そのため4月上旬だというのに、畑仕事をしていると早くも清々しい薫風が通り過ぎて気持ちよく、至福の畑仕事の時間となっている。

 

| | コメント (0)

2021年4月 3日 (土)

ジャガイモの芽欠きと畝つくり

ジャガイモの芽が伸びたので2本の芽を残して他の芽を芽欠きし、追肥して土寄せをした。

Photo_20210403172801

1~2週間の間に定植、植付け、種蒔きを予定している里芋、ズッキーニ、大根、人参、レタス、インゲン、ささげなどの畝を合計8畝を作った。
畝づくりの最初に元肥として牛糞堆肥、化成肥料、油粕を施した。 畝つくりの最後に、黒マルチで覆った。

Photo_20210403172802

今日は初夏のような良い天気の中での作業だったが、汗をかくこともなく、清々しい作業だった。

これからは、今日作った畝に、苗を植えたり、種を蒔いたりの作業を行うことになり忙しくなりそうだ。

 

| | コメント (0)

2021年3月27日 (土)

畑の支柱保管立て

畑で使う支柱を保管する枠を作成し、畑の物置の脇に組み立てた。

Photo_20210324211703

8年前に作成した支柱保管立てが、先日の風で倒れてしまったので、頑丈なものを作成したものだ。

寸法図面で計画し、HCで材料を調達して家の庭で作成した。 塗料も塗った。

塗装が乾いたので、今日畑へ持ち込んで組み立てた。 底面にはコンクリート板を敷いた。

Photo_20210324211701

風で倒れないように四隅にコンクリート基礎を埋めて、ボルトで固定した。

Photo_20210324211702

しっかりした頑丈な支柱保管立てが出来て、強風でも耐えられるものと思う。

 

| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

美術展が再開

昨年は一斉に中止となっていた国立新美術館でのいろいろな展覧会が、再開され始めた。
今日は、白日会展に行ってきた。久しぶりの上京と国立新美術館だった。

Photo_20210322222501

今日一番見たかった絵は、昨年感動した作者の絵だった。今年も素晴らしい絵を出品されていた。

街道 鈴木文雄
Photo_20210322222502

朝10時の開場に一番乗りで入場し、じっくり見て回ったが、気が付いたら14時を回っていた。4時間も歩き足はくたくたで、お腹もすいていたことにも気付いた。

他の展覧会の招待状も頂いていて、これからはほぼ毎週国立新美術館に通うことになる。 私が出品する日洋展も5月26日から開催することになっている。

とても疲れた一日だったが、沢山の良い絵をみて心地よく疲れた一日だった。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

コロナ自粛で、上京を控えていて久しぶりに電車に乗ったが、電車は通常より乗客の数は少なく、マスクをしていない人は当然一人もいない。緊急事態宣言が解除されて最初の日の今日だが、人々の多くはコロナに対する警戒は解いていないのを見て少し安心した。

 

| | コメント (0)

2021年3月16日 (火)

油絵 菅生沼

コロナ禍は長引いて、首都圏の警戒注意報はなかなか解除にならない。 外出もままならず、家に籠ることが多かった2~3月、合計6枚の油絵を描いた。

その内の5枚は、先日取材した「菅生沼」の絵である。

この景色(↓)は取材した中で一番気に入った景色で、少し大きめの15号のキャンバスに描いた。

菅生沼・二月 (F15号)
2412202102f15

この景色(↓)はメリハリの少ない景色で、果たして絵になるかどうか迷ったが、何とか観られる絵になった。

菅生沼・二月 (F8号)
2434202103f8

菅生沼の絵は、10年以上前から何枚も描いてきたが、探せばまだまだ絵になる景色はあると思う。 春になったらまた訪れて描いてみようと思っている。

> 掲載の絵をクリックすると 拡大画面になります <

 

| | コメント (0)

2021年3月10日 (水)

パソコンがサクサクに・・

パソコン(PC)の起動・応答が格段に早くなって、気持ちよくPCが使えるようになった。

Photo_20210308212901

使用しているデスクトップとノートの2台のPCの応答速度が遅くなり、特にノートPCは裏カバーが緩んできて、買い替えを考えていた。

知人が修理して応答速度が改善したと聞いてそれではと、私もPC教室の先生にノートPCの修理と応答速度の改善を願いした。 裏カバーはボルト止めとし、応答速度改善は内蔵しているドライブを交換することになった。

現在のほとんどのPCは、記憶媒体(ドライブ)として、ハードデスクドライブ(HDD)が搭載されているが、最近は高速のソリッドステートドライブ(SSD)のものが増えているようである。

HDDは記憶容量は多いが、機械的に高速回転するプラッターなどが衝撃で破損する恐れや、応答速度が遅い欠点がある。
一方SSDは、半導体素子メモリーを使ったドライブで、速度が速く衝撃に強い利点がある。ただHDDに比べて記憶容量は劣り、価格が高いようだ。

そのことは分かっていたが、お手ごろな価格で手持ちのPCのドライブをHDDからSSDに交換できることを知り、交換してもらうことにしたものだ。

ノートPCが使い勝手が良くなりもう一台のデスクトップPCも・・と、続けて2台のPCをSSDに交換した。

起動や応答の遅くなっていたPCがサクサクと使えるようになり、PC生活がストレスもなく快適になった。
PCの速度が遅くなってイライラを感じていたら、新品を購入する前に、ぜひSSDへの交換をお勧めする。

 

| | コメント (0)

2021年3月 5日 (金)

ジャガイモを植付け

2月末日にジャガイモを植付けた。

例年ジャガイモの植付けは、3月中旬に植え付けていたが、今年は暖かい日が続いているために、早めの植付けとなった。
種芋は自宅の庭で天日にさらして発芽を促していた。

Photo_20210301204601

発芽が進んできたので植え付けた。
今年は、キタアカリを約70個、洞爺を約40個の合計110個を、5畝に植え付けた。 元肥として、化成肥料、完熟牛糞堆肥、油粕を置き肥にして施した。

Photo_20210301204602

種芋と置き肥を配置した後、土寄せして植え付け完了した。 ジャガイモのそうか病を防ぐには水分を避けるのが良いと知り、今年は多少畝を高くしてみた。

Photo_20210301204603

例年植え付け数が収穫量kgとなっているので、今年は110kgの収穫が目標である。 孫たちや、友人や、友人家族が楽しみにしている”ジャガイモ堀り”の期待に応えるためにも元気に育ってほしい。

 

| | コメント (0)

«今年の初ゴルフ