2022年6月30日 (木)

早朝の畑仕事/ジャガイモ掘り

梅雨が早々と明けて、連日の猛暑が続いている。

畑のジャガイモは、友人・知人などが来て2/3ほどは収穫済だったが、1/3ほど採り残っていた。 連日の暑さで傷んでしまうのが心配だったが、猛暑続きで収穫作業が出来ずにいた。

今日も酷暑の予報だったが、早朝5時起きで全部のジャガイモを収穫した。 妻に手伝ってもらったお陰で1時間半ほどで45㎏を収穫した。 早朝作業とはいえ汗まみれになったが、なんとか熱中症は免れた。

Photo_20220630135001

今年は種イモが不作で、例年のキタアカリや男爵の種イモが入手できず、「とよしろ」という初めての品種を育てた。 大形の芋で、ポテトチップスにする品種らしく、大粒で皮が薄いジャガイモだった。

全てのジャガイモの収穫を終え、ことしの総収穫量は130㎏だった。 目標が120㎏だったので目標は達成できた。

 

| | コメント (0)

2022年6月25日 (土)

ズッキーニなど大量収穫

用事があったり暑かったりで二日間畑に顔を出せなかった。 暑い天気が続いていたので収穫が気になっていたが、三日ぶりの畑は大量の収穫となった。 特に、ズッキーニとキュウリの育ち方がすごかった。

ズッキーニは17本を収穫した。

17

キュウリは28本収穫した。 しかも5~6本はへちまほど大きくなっていて、大きいものの長さを測ったら40cmにもなっていた。

28

インゲンも急に大きくなって、籠いっぱいの3.6kgも採れた。

急に暑くなったここ2~3日だが、夏野菜の成長は急である。
少なくとも一日おきには収穫しないといけないと反省した。

今日の収穫野菜の一部は、ジャガイモや玉ねぎとともに、故郷の友人に宅配便で送った。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

35℃を超えるような暑さの畑作業は、日陰をつくって休み休みの作業となる。 
タープを張り、その日陰に椅子を置いて、水分を補給しながら、涼風を受けて休憩している。

0062

熱中症にならないよう、気を配っての畑である。

 

| | コメント (0)

2022年6月23日 (木)

友達から届いた”トウモロコシ”

故郷の友人が送ってくれた「トウモロコシ」が届いた。

Photo_20220622211801

友人は、時々行く道の駅で売っている評判のトウモロコシを毎年送ってくれる。  私が好物だと知ってのことである。

早速茹でて食したが美味しかった。

ちょうど娘が立ち寄ったので、家族分を持たせた。

それでも二人では食べきれないので、近所に配った後、明日は息子一家にも届けてお裾分けしようと思う。

 

| | コメント (0)

2022年6月18日 (土)

賑やかに野菜を収穫

    今日は会社時代に同じ職場だった女性たち二家族がやって来て、賑やかに野菜の収穫をした。

私が退職して家庭菜園を始めた20年前から毎年の恒例になっている野菜狩りである。 最初は独身だった女性たちは結婚し、子供ができて、家族でやって来るようになり、とても賑やかになった。そして最近は子供たち中心の野菜狩りになっている。

我が家での昼食後に野菜狩りをし、その後はまた我が家に戻っておしゃべりに花が咲いた。 コロナで2年間中止していたので、3年振りで見る子供たちは見違えるほど成長していて驚いた。

ジャガイモ掘りは土だらけになって歓声を上げながら嬉々として13kgを収穫した。
Photo_20220618211501

子供たちは大根も次々に引き抜いた。折れた大根もあった。
Photo_20220618212601

レタスも抱え込んで引き抜いていた。
Photo_20220618211504

インゲンがちょうど収穫できる大きさになっていて、棚に張り付いて皆で収穫した。
Photo_20220618211503

人参も収穫した。
Photo_20220618211502

これらの他に、ナス、キュウリ、ズッキーニ、トマトなどたくさんの野菜が収穫できた。

今日の収穫は・・・
   ジャガイモ    13kg
   レタス       6個
   インゲン      1.6kg
   大根        6本  
   人参       27本
   トマト       6個
   ズッキーニ    16本
   キュウリ     19本
   ピーマン      7個
   なす        3個

収穫した野菜は、二家族に分けてお持ち帰りとなった。

久しぶりの再会でいろいろ話ができたし、たくさんの野菜も収穫できた。 大賑わいの楽しい一日だった。

 

| | コメント (10)

2022年6月 8日 (水)

玉ねぎを収穫

玉ねぎが収穫期を示す”葉の倒れ”が見られたが、このところ何かと忙しく、畑へ行こうと思うと雨天となって、収穫遅れが気になっていた。

玉ねぎの収穫は晴れた日に引き抜いて、しばらく晴天の畑に寝かせてから軒などに干すのが理想である。しかし梅雨に入り、しばらく晴天はなさそうで翌日も雨との予報に、曇天の昨日すべて引き抜いて収穫した。

Img_3464

収穫した玉ねぎは、そこそこの大きさに育っていた。 収穫した玉ねぎは植えた苗と同数の”215個”だった。

葉は吊るす程度に切って、テラスに棚を組んでひもでぶら下げて干した。

Img_3467

玉ねぎを育て始めた3年ほどはどうしても大きく育たなかったが、ここ数年大きく育てられるようになった。
玉ねぎはいろいろな料理に使うので、便利に利用している。

 

| | コメント (0)

2022年6月 5日 (日)

演奏会へ

娘に誘われて、妻と一緒に、孫が所属している大学のオーケストラ演奏会を聴いてきた。 コロナ禍で有観客の演奏会は中止になっていたので、久しぶりの生演奏はうれしかった。 大学生の演奏会とはいえ、素晴らしい演奏に感動した。

Epson041孫はメイン演奏曲の、ベートーベン/交響曲第5番の演奏で、クラリネットパートの首奏を務めていた。

スメタナ/交響詩「わが祖国よりモルダウ」は、時宜を得た演奏で、ウクライナの戦いが想起されて不覚にも涙が出そうになる素晴らしい演奏だった。

久しぶりの生演奏を聴いて感動した。 歳を重ねると感動の深さが浅くなると言うが、若いころと同じような感動を感じた。

コロナ禍で外との接触が希薄になっていたが、コロナへの対応に慣れてきつつある昨今、元の日常に戻りつつあることを実感した。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

5月末から6月初めにかけて、ほぼ一日おきに美術展の観覧が続いている。

・5/28 陶芸教室作陶展
・6/31 根岸君夫/水彩画展 →  一水会埼玉の人々展
・7/01 埼玉県展(埼玉県立近代美術館)
・7/02 日洋展(現役時代の上司を案内)
・7/04 日洋展(妻と娘を案内)→ 孫のオーケストラ演奏会

さらに今後、7/10はブログ友達を案内して埼玉県展へ
        7/12は日洋展の講評会に参加する。

・・・・・いささか多忙な日々が続く

 

| | コメント (0)

2022年6月 3日 (金)

2022年 日洋展

2022年「第36回日洋展」が国立新美術館に於いて、6月1日~13日の予定で開催されている。

Epson040

私は日洋会の会員になっており、100号のキャンバスに秩父の栃元集落の秋景を描いて出品している。
スケッチに訪れた日、紅葉の山の中にひっそりと佇む数軒の集落の秋は、静かで平和な日々の暮らしがうかがえて、タイトルは「閑秋」とした。

閑 秋   (F100号)
2022f100
(絵をクリックすると拡大画面で見られます)

開催2日目の昨日、会社時代の上司が見に来てくれると連絡があり、案内することにした。
会場では、展示されている絵を観ながら感想などを聞いたり、絵の解説などしながら2時間ほどかけて観覧した。
途中何度もソファーで休みながらの観覧だった。

観覧後美術館内のカフェで、1時間ほど昔話に花が咲いた。 会社のOB会は毎年開催されていてその都度お会いしていたが、ここ2~3年はコロナで中止になっていて久しぶりの再会だったので、話題も盛沢山だった。

絵画展を通じてのこんな交流も良いもので、とても楽しい有意義な一日だった。

 

| | コメント (0)

2022年6月 1日 (水)

2022年/埼玉県展

コロナ禍のために2年間中止になっていた「埼玉県展」だが、今年は開催となった。
開催第一日目の今日午後、会場に行って観覧した。

2022_20220601212901

私はこの県展に洋画部門と工芸部門に応募していて先日通知が来て、洋画は入選したが工芸は選外だった。

Img_3421

洋画は油絵で、市内にある見沼田んぼに昔ながらの自然のままに残っている加田屋川べりの残冬のころを描いたものである。
河川の護岸工事が進む中、こんな自然の景色は貴重になっていて、私は何度もこの加田屋川を描いている。

春  隣   (F50号)
Img_3411
(絵をクリックすると拡大画面で見られます)

工芸部門は、陶芸で「香炉」を制作して応募したが、残念ながら選外だった。

埼玉県展は、質・量も含めて難関公募展である。
毎年この展覧会の入選を目指して、油絵や陶芸に励んでいる。

 

| | コメント (0)

2022年5月28日 (土)

陶芸教室の作品展

妻と一緒に通っている陶芸教室の「作品展」が今日から4日間の予定で始まった。

Photo_20220528203901

今回の作品展のテーマは”わくわく”で、わくわくする気持ちを作品に込めて制作したものだ。
私は「明日はゴルフ」というタイトルで、ゴルフバッグとパターとグローブの陶芸作品を出品した。
ゴルフバッグは花を生ける花瓶となる。

Img_3388

今日は一番乗りで会場に出かけた。 教室の人や通りがかりの方が顔を出してくれていた。

Img_3382

大勢の人が見に来てくれるとよいと思う。

 

 

| | コメント (0)

2022年5月22日 (日)

ばら第二満開期

毎年バラの満開が同時期に重なって、当然一斉に散ってしまい、バラを楽しむ時期が短くて残念だと思っていた。

今年は10日ほど前に満開になったバラが散り始めた後、他のバラが最盛期を迎えたようで、「第二満開期」となっている。

Photo_20220522110001

第一期は「スパニッシュビゥーティー」「ナニワイバラ」「ジョンFケネディー」「メリナ」などのバラが満開だった。

今は「ザマッカートニーローズ」を中心に、「ツルデトロイター」「ヒストリー」「アルテミス」など色とりどりのバラが満開になっている。

今年はどうして満開が二期に分かれたのかわからないが、長い期間バラが楽しめている。

 

| | コメント (2)

2022年5月19日 (木)

夏野菜に支柱

トマト、キュウリ、ナス、ズッキーニなどの果野菜の区画は、防鳥のために小屋状に全面をネットで囲ってある。

これらは苗の定植後、寒冷紗のトンネルの中で育てていた。 苗が活着したのでトンネルを外そうと思っていたが、雨続きで畑に行けなかったので、トンネルの中で窮屈に育っていた。

今日は好天になったので畑に出向き、早速トンネルを取り外して、支柱を立てて幹を結束した。

Photo_20220519215701

トマトは脇芽が伸び放題になっていたので、脇芽を欠きとって結束した。 キュウリはツルが伸び始めていてツル用のネットをかけた。

Photo_20220519215702

ナス、ズッキーニは支柱を立てて幹を結束した。
これから初夏の天気になれば、これなの野菜はどんどん大きく育っていくものと思う。 収穫が楽しみだ。

 

| | コメント (0)

2022年5月12日 (木)

今日の畑、ネット囲い

ナス、キュウリ、トマトなどの果菜は、鳥の被害にあうことが多いので、ネットで覆って育てている。 これらの苗が大きくなってきたので、今年もこの区画をネット囲いした。

<写真をクリックすると拡大画面になります>
Photo_20220512154401

種蒔きした「いんげん」も大きくなって蔓が伸びたので、蔓用の棚を立てた。 いんげん隣の「レタス」や「大根」も順調だ。

Photo_20220512154405

「べか菜」は急に大きくなって、成長に消費が追い付かず、ご近所や友人に配っているが、それでもどんどん大きくなっていく。 発芽率の悪い「ニンジン」も大きくなったので、第一回目の間引きをした。

Photo_20220512154403

防風のためにネット内で育てている「ズッキーニ」も急に大きくなった。 窮屈そうなのでそろそろネットを外さなければならない。

Photo_20220512154402

これからは、これら春夏野菜の収穫が始まる。

 

| | コメント (0)

2022年5月 6日 (金)

ばら満開

我が家の小さな庭のバラが満開になった。

フェンスに這わせている「スパニッシュビューティー」
B

「ナニワイバラ」は満開の峠を過ぎて散り始めた。
Photo_20220506185501

アーチに仕立てた「スパニッシュビューティー」
Photo_20220506185502

真っ赤な「メリナ」は、色も形も上品で、香りも素晴らしい。
いつまでも眺めていたい・・そんな、一番好きなバラだ。
Photo_20220506185503

玄関脇のメッシュに仕立てた「ザマッカートニーローズ」
まだ咲き始めたばかりで、長く楽しめそうだ。
Photo_20220506185504

一年手をかけて育ててきたバラも10日ほどで見ごろは終わる。

 

| | コメント (2)

2022年4月30日 (土)

なす、キュウリなどを定植

なす、キュウリ、トマト、ピーマンなど、夏野菜苗の今年最後の植え付けをした。 これで、畑はすべてのスペースが埋まった。

(ブログ掲載の写真をクリックすると拡大画面で見られます)

Img_3306

今の畑は、べか菜が収穫可能な大きさに育った。 発芽率の悪いニンジンだが100%芽を出してくれた。 玉ねぎとニンニクも順調に大きく育っていて収穫が楽しみだ。 ズッキーニも活着してトンネルの中で順調に育っている。 ササゲといんげんも大きくなって、近いうちに寒冷紗のトンネルを外して棚を立てようと思う。

Img_3307

ジャガイモは先日、芽を二本に間引きして追肥/土寄せしたら、急に大きくなったようだ。

Img_3310

今日の仕事で、この夏育てる野菜はすべての植え付け/種まきが終わった。
あとは、つる野菜の棚つくりや、支柱立て、間引きなどをして、収穫を待つばかりである。 収穫が楽しみだ。

 

| | コメント (0)

2022年4月25日 (月)

筍を頂いた。

Photo_20220425160701

娘婿の実家には大きな竹藪があって、毎年たくさんの筍を頂く。
今年は今回で三回目である。

筍は、竹の旬と書く。 旬とは月の上旬、中旬、下旬と分けると、旬は10日ほどの間である。 筍の旬は10日ほどの期間ということになる。

10日ほどの間に3回も筍を頂いて、「筍ご飯」が大好物の私には実にありがたい。 今夜も好物の夕食になりそうで、短い筍の最後の旬が楽しめそうだ。

 

| | コメント (0)

2022年4月22日 (金)

ズッキーニとレタスの苗を定植

自宅のテラスで育苗していた「ズッキーニ」と「レタス」の苗が大きくなったので畑に定植した。
畝は一週間ほど前に元肥を施して作ってあった。

レタスは「美味タス」という半結球レタスで、リーフレタスと結球レタスの両方の触感の、サラダでも炒めてもよい。 30㎝間隔で2条に、60苗を定植した。

Photo_20220420212402

ズッキーニは8苗を定植した。
ズッキーニは、葉が大きく風に弱いので、定植後寒冷紗のトンネルで覆って暴風対策をした。

Photo_20220420212401

今年の苗は徒長せず、しっかりした苗に育ったので、活着してくれるものと思う。

 

| | コメント (0)

2022年4月17日 (日)

長ネギの収穫と移植

今日は長ネギをすべて引き抜いて収穫し、移植した。

Img_3247

このネギは分けつして増える葉ネギで、5年ほど前に農家から30本ほどいただいたもので、毎年移植して育てている。  2本を植えると分けつして15~20本に増え、ネギ坊主が出ないので育てやすいネギである。

毎年3月中に移植しているが、今年は移植が少し遅れてしまった。

Img_3251_20220417220501

収穫したネギは、移植した分とは別に500本以上あり、1/3ほどは持ち帰ってご近所に配った。 残りは後で友人や知人に配ったり、自家用に使おうと思い、畑に穴を掘って保管した。

今の畑はニンジン、大根やいんげん、ささげの他、べか菜などの葉もの野菜が芽を出して、少しにぎやかになった。

Img_3253

庭で苗を育てているズッキーニとレタスは今週中に定植し、なす、キュウリ、トマトなどは今月末に苗を植える予定である。

 

| | コメント (0)

2022年4月 9日 (土)

里芋の植え付けとささげ等の種蒔き

今日は、初夏の暑いほどの天気になり、畑に出て「里芋」の植え付けと「ささげ、いんげん」の種を蒔いた。

「里芋」は二本の畝に30個の種イモを植え付けた。

Photo_20220409204401

「ささげ」と「いんげん」の種を蒔いて、鳥害防止のために寒冷紗でトンネル掛けした。

Photo_20220409204402

先月植え付けた「ジャガイモ」が、やっと芽を出し始めた。 今年の芽出しは例年よりも遅くて心配していたが、芽を出してくれて良かった。

Photo_20220409204404

昨年植えた長ネギが立派に育った。 今月中には引き抜いて、植え替えねばならない。

Photo_20220409204403

今日の作業で今月末に植え付ける、なす、きうり、トマト、ズッキーニ、レタスなどのスペースを残すのみになった。

 

| | コメント (0)

2022年4月 4日 (月)

展覧会用の油絵制作

6月初めからの二つの展覧会に応募する油絵がほぼ完成した。
日洋展と埼玉県展である。

両展覧会とも5月中旬が応募搬入期日なので、毎年冬の家に籠る日が多くなるころから制作している。 搬入期日がほぼ同時期なので、2枚のキャンバスを並べて描くことになる。

Img_3231

日洋展用は、秩父/栃本地区の”どうだんつつじ”が紅葉する山村の景色を100号のキャンバスに描いた。 県展用は、何度も描いた加田屋川の冬の終わりの景色で50号のキャンバスである。

日洋展は会員なので審査はパスされるが、県展は会員でも厳しい審査を通過しないと展示される保証はない。

日洋展は6月1日~13日に国立新美術館で開催され、埼玉県展は6月1日~23日に埼玉県立近代美術館で開催される。

 

| | コメント (0)

2022年3月28日 (月)

白日会展へ

毎年この時期には、国立新美術館で各会派の展覧会が始まる。 その第一弾として今日は「白日会展」を観てきた。

Img_3217

白日会は、驚くほど精密な超写実の人物画が多いが、私は超写実とはかけ離れた鈴木文雄氏の大胆な風景画が観たくてこの展覧会に足を運ぶ。
今年は横長のキャンバスに描いた風景画を感心して拝観した。

(絵をクリックすると拡大画面で見られます)

里・深秋  鈴木文雄
Img_3210

他にはこの絵が目にとまった。

水辺春めく  下時次郎秀臣
Img_3216

美術館の辺りはちょうど桜が満開で美術館の周りを散策した。

Img_3222

暑いくらいの好天の中、良い絵をたくさん観て、楽しい一日だった。

たくさんの展覧会の招待状が届いているので、これからはほぼ10日おきに、国立新美術館に通うことになりそうだ。

 

| | コメント (0)

«レタス・ズッキーニの苗つくり