2021年9月23日 (木)

白菜を定植

今日は家で育苗していた「白菜」を畑に定植した。

Photo_20210920224301

家で育苗していた白菜苗がどんどん大きくなっていたが、台風や雑用などが重なり定植の遅れが気になっていたが、やっと定植できた。
定植する畝は一週間ほど前に溝施肥を施し、マルチをして作ってあった。 

45cm間隔で一畝に15本を4畝、合計60本の苗を定植した。

Photo_20210920224201

定植後は、防風と防虫のために寒冷紗でトンネルをかけた。

今の畑は定植したブロッコリー、キャベツ、大根、白菜を植付けが終わり、9畝全て寒冷紗のとんねるで覆っている。 これらは皆アブラナ科の野菜で虫が付きやすいためである。

Photo_20210920224302

これからレタスを定植すれば、家で育苗している苗の定植が全て終わる。 それに、ほうれん草や、小松菜や、水菜や、春菊など秋冬野菜の種蒔きも待っている。

 

 

| | コメント (0)

2021年9月19日 (日)

信州から葡萄が

今年も信州から葡萄が届いた。

妻の故郷の信州に住む姉の嫁ぎ先では、シャインマスカット、巨砲、ナガノパープルなどの葡萄を栽培している。 毎年これらの葡萄を沢山送ってくれる。 昨日も三箱の葡萄が届いた。

Img_2796

今年は先日も、沼田に住む従兄が葡萄を送ってくれた。 山梨出身の私にとって葡萄は、懐かしい故郷の味である。 こうして各地から懐かしいふるさとの味を送ってもらって、有難いことである。

沢山の葡萄はとても二人では食べきれず、長男・長女一家にお裾分けしたり、ご近所や友人に配ったりしてしている。

 

| | コメント (0)

2021年9月14日 (火)

陶芸 茶香炉

陶芸で初めて「茶香炉」を作った。 茶香炉は、お茶の葉を炊いて、その香りを楽しむものである。

知人から茶香炉をつくってほしいと依頼された。 茶香炉について調べてみたり、陶芸教室の先生から話を聞いた。
香炉は何度も作っていたので、茶香炉も何とか作れそうだったので、自分なりの創造感覚で作ってみた。

Photo_20210914223901

      製作 : 本体、受皿、蝋燭台
      成形 : 電動ロクロ
      粘土 : 信楽白土
      サイズ: 本体 10cm∮ x 8cmH
      釉薬 : 織部釉薬(吹付け)
          (本体内部および受け皿底部は焼き締め)

使い勝手を考えて、茶受台と蝋燭台に”取手”を付けてみた。

早速試しにお茶を炊いて、お茶の香りを楽しんだ。
近日中に、依頼あった知人に届けてプレゼントしようと思う。

 

| | コメント (0)

2021年9月 8日 (水)

秋冬野菜の畑の準備・畑を耕す

家で育苗している秋冬野菜用の苗を植付けるため畑を耕した。

本来なら7月末にやるべき作業だが、長雨が続いていてやきもきしていた。 今朝は雨が止んでいたので勇んで畑に出向いた。
耕した後、出来るだけ多くの畝も立てようと思っていたので、妻が作ってくれた弁当を持参して、午後も連続して作業した。

全面に苦土石灰を撒いて、ミニ耕運機で耕した。

Img_2766

全面耕した後、椅子とテーブルを広げて弁当を食べた。今の時期、青空ならさぞかし気持ち良いはずなのに、生憎今日は今にも雨が降り出しそうな空の下での昼食だった。

畝は、沢庵大根と青首大根の畝それぞれ二畝合計四畝を作った。 元肥は完熟牛糞堆肥、化成肥料、油粕を土とかき混ぜて畝を立て、黒マルチを施した。
大根用の畝を作り終わる頃から雨が降り出したので、今日の作業はここまでとした。

これからも空模様と相談しながら、キャベツ、レタス、ブロッコリー、白菜の他、ほうれん草、春菊など秋冬葉野菜の畝も作らなければならない。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

長雨と低温が続いていて、テラスで育てているブロッコリ、キャベツ、白菜などの苗の成長が鈍くなっている。 例年と同じころに種を蒔いたのに、今年は育ちが悪い。 例年なら今日頃には大きく育った苗を畑に定植している時期なのにまだそこまで育っていない。
ニュースでは野菜の価格が倍ほどに高くなっているという。 長雨と低温が続く異常気象が原因なのでは、、と思う。

 

| | コメント (0)

2021年9月 1日 (水)

久しぶりのゴルフ

コロナ禍のこの頃、定例のゴルフはキャンセル続きで、仲間内のプライベートゴルフのお誘いもなくなっている。

そんな中、2か月ぶりで会社時代のOB仲間の定例ゴルフがあった。 4人のメンバーで年3~4回のゴルフと、終わった後のお酒と情報交換のおしゃべりを楽しむ仲間である。

皆ゴルフに飢えていたようで、誰もゴルフを止めようとは言わなかった。その代わり、ゴルフの後のお酒とおしゃべりの二次会は中止した。

Img_27582

ゴルフ場は一人の仲間がメンバーの”青梅ゴルフ倶楽部”だった。 前日までは猛烈な残暑の日が続いていたが、当日は曇り空で比較的暑さには対処できた。

プレー中以外はマスクをしてコロナ対策には注意した。 親しい仲間の久しぶりのプレーだったので、楽しいゴルフの時間を過ごした。
打ちっ放しの練習はしていたので良いスコアを期待していたが期待外れに終わった。 

スコアの良くないのは歳のせいにして、次のゴルフを約束して散会となった。

 

| | コメント (0)

2021年8月26日 (木)

秋冬野菜を育苗中

厳しい残暑の中、秋冬野菜の苗を育てている。

トレーのポットに培養土を入れて種を蒔き、テラスで育てている。 虫害を防ぐために寒冷紗で覆って保護している。

Photo_20210826131401

今育てているのは、キャベツ・ブロッコリー・白菜の苗である。
キャベツは34ポットに、ブロッコリーは12ポットに8月5日に種を蒔き、夫々3日後に芽を出した。
白菜は48ポットに8月20日に種を蒔いて、これも3日後に芽目を出した。

Photo_20210826131402

ブロッコリ苗は、そろそろ本葉も出始めた。

Photo_20210826131403

秋冬野菜の畑の配置計画もできたので、残暑がやわらいだ日を選んで畑をミニ耕運機で耕し、苗を定植する準備を始めようと思う。

 

| | コメント (0)

2021年8月20日 (金)

区政に関して「オンライン会議」

区政に対するオンライン会議に出席した。

先月区役所から連絡があり、区政に対して区民からの意見を聞くための「区民フォーラム」に参加してほしいと要請があった。
出席者は大学教授、学生、地域ガイド、一般公募参加者など予め決められた8名で行われた。

コロナ禍のご時世で、会議はオンラインで行われた。 「オンライン会議」は初めての経験だった。

I

区役所としても「オンライン会議」は初めての試みだったようで、難しさも散見された。 事前にレポートの提出を求められていて、議題については想定されていたが、対面式会議とは違い司会者の進行にも難があり、発言できるチャンスは少なかった。

2時間の会議だったが、テーマの幅が広すぎて時間が足りず、ただ出席者の意見を聴くだけで深い議論には至らず、中途半端な会議に終わった。オンライン会議の難しさと併せて消化不良の感が否めず、区として役に立つ会議だったのか疑問に思った。

 

| | コメント (0)

2021年8月17日 (火)

春・夏野菜の今年の収穫量

降雨の日々が続いてしばらくの間畑に行けなかった。 一週間ぶりに収穫に畑に行ったが、トマトは真っ赤になって落果していた。トマトはこれ以上収穫は無理と思い、全て引き抜いて整理した。

今は、秋ナス、ピーマン、ゴーヤ、人参を残して、他の夏野菜の収穫は終わった。 そこで春夏野菜の今日までの収穫量を確認した。

収穫したらその日の収穫数はExcelの収穫表に記録している。 その日の収穫数は自動的に集計されて、この合計表に転記されるようになっている。

今日までの収穫集計表 (表をクリックすると拡大画面で見られます)
R308_20210817230101

ジャガイモは半割の種芋110個を植付けた。 収穫目標は(1kg/植付け数)なので108・3kgの収穫はほぼ目標通りだった。
キュウリは6苗育てて30本/苗の収穫目標だったが、合計170本に終わり目標はわずかに未達成だった。

今年成績が良かったのは「大玉トマト」で5苗で123個(24・6個/苗)だった。たくさんの収穫にトマト好きの妻は満足だったようだ。

今は、秋冬野菜の「キャベツ」「白菜」「ブロッコリー」の苗を育苗中である。

 

| | コメント (2)

2021年8月 7日 (土)

東京オリンピックを考える

東京オリンピックは終盤となり大いに盛り上がっている。 家にいるときはついついTVで応援となっている。

コロナ禍の中、開催については賛否二分する意見あったが開催が強行された。 果たして開催中、コロナ感染は第5波となり、ワクチン接種が進んでいるにもかかわらず感染者の数は大幅に増え続けている。 IOCに押し切られた形で開催され、菅首相は「オリンピックで感染者が増えたとは考えていない」と発言しているが果してそうだろうか。 きちんと総括する必要がある。

競技では日本選手の活躍は目覚ましい。 日本は歴史的なメダル数を獲得している。 選手の努力と頑張りには敬意を表したい。
ただ、オリンピックがNo1のスポーツ大会という概念が選手の中で薄れているようにも思え、加えて緊急事態宣言中のコロナ禍の日本に行き難いという気持ちが選手の中にあったのではと思う。 参加した野球選手の中に、大リーグの一流選手の顔が見られない。

選手が技量を発揮するために闘志を表すのは良いが、余りにも勝たんかな表現するのは見ていても見にくい。 卓球で大声を出す選手がいるが、スマッシュが決まっての大声ならまだしも、相手のミスで勝った時の大声は見苦しい。 柔道の日本選手のように、勝っても、負けた選手をリスペクトした振る舞いは心を和ませる。

スケートボードの競技を初めて観戦した。 スケボーやスノボーは、アウトローのイメージのある競技だと思っていたが、中高生ほどの若い選手が、国を問わず選手同士励ましあいながら競技を楽しんでいる姿には感動を覚えた。 競技相手が素晴らしい技に成功したら立ち上がって拍手を送り、失敗したら皆で駆け寄ってハグして励ます。それが心底から自然に出る行動だと感じる。
そんな光景に清々しさを覚えて、商業主義が目立つ現在のオリンピックから、将来のオリンピックの進むべき道が見えた気がした。

 

| | コメント (2)

2021年7月30日 (金)

トマトなど沢山の夏野菜を収穫

連日の夏の暑さの毎日である。 暑さで夏野菜はどんどん大きく育っている。
暑くて畑に収穫に出かけるのが億劫になっているが、野菜の大きくなっているのが気になって、4日ぶりに収穫に畑に出向いた。

7_20210729162801

沢山の大玉トマトが赤くなっていた。 ナスも大きくなっていた。 その他、ピーマンやゴーヤも収穫した。

ナスは暑さで少し元気がないようなので、近日中に剪定して秋ナスの準備をしようと思う。

 

| | コメント (0)

2021年7月25日 (日)

「ささげ」を収穫

家庭菜園で育てた「ささげ」を収穫した。
今年は1.5kgの収穫量だった。 大きいコーヒー瓶に2本分ほどの量である。

Img_2708

我が家では、娘や息子の家族の誕生日や祝い事で我が家に集まることが多く、そんなときには赤飯を炊くことが多い。
赤飯には「ささげ」が欠かせない。

市販の国産の「ささげ」は結構な値段なので、妻の要求で自分で育てている。

今年はコロナのために、家族が集まることがほとんど出来なかったが、早くコロナ禍が終わって、また「ささげ」を使う機会が増えてほしいと思う。

 

| | コメント (0)

2021年7月17日 (土)

今年も富良野メロン

今年も富良野からメロンが届いた。 径16~17cmの大きいメロンが4個も入っていた。

Photo_20210717151001

長男のお嫁のAちゃんの実家は北海道の富良野で、毎年夏になるとメロンを送ってくれる。
完熟するまで1~2日待つと良い・・とメモがついていたが、メロン好きの私は待ちきれず、早速頂いた。

2_20210717151001

ほど良い上品な甘さのメロンを今日から何度も堪能できると思うと嬉しい。

二人で4個のメロンはとても食べきれないので、娘一家にもお裾分けしようと思う。

 

| | コメント (0)

2021年7月 9日 (金)

二つの美術展を観覧

二人の画友が作品を出品している二つの美術展を観てきた。

一つ目は、以前毎週一緒に人物画を描いていたH女史が、川口市のアートギャラリーで開催している個展である。

川口市展の審査員でもあり光風会展にも出品しているだけあって、見ごたえある素晴らしい油絵の個展だった。 訪れたらとても喜んで、逆にいろいろとお土産を頂いた。

Photo_20210709225801

二つ目の美術展は、美術クラブの役員仲間の女性Sさんが、教員時代のOB仲間で開いている作品展で、埼玉県立近代美術館で開催されている。 この展覧会は毎年開催されていて、今年で6年目になるそうだ。

絵画は具象画、抽象画で絵画の他に人形と陶芸の作品展である。 絵画も力作が展示されていたが、人形作品の精緻な作品は素晴らしかった。 丁度作家が居られて、制作過程などを詳しく聞くことが出来た。

Photo_20210709225802

コロナ禍のために、この頃はこういう美術展がほとんど中止になっている中、久しぶりに美術に触れて楽しい一日だった。

 

| | コメント (0)

2021年7月 1日 (木)

夏野菜の収穫盛ん

夏野菜の収穫が盛んである。 今日も沢山の夏野菜を収穫した。

Photo_20210630214701

今日収穫したのは、ズッキーニ11本、キュウリ18本、ナス14個の他、ピーマン、トマト、インゲンなどたくさん収穫した。

今日は3日振りの収穫だったので、ズッキーニやキュウリは大きくなりすぎたようだ。 この頃は一日おきくらいに収穫しないと大きくなりすぎてしまう。

収穫に行くたびに今日くらいの収穫があるので、収穫量が多すぎて二人では食べきれる量ではなく、ご近所や友人に配ったり、遠くに住む友人知人に宅配便で送ったりしている。

 

| | コメント (0)

2021年6月29日 (火)

大腸内視鏡検査の精密検査結果

二週間前に受けた大腸内視鏡検査の精密検査の結果を聞きに病院に伺った。 その結果特に問題がないことが分かった。 ホッとした。

内視鏡検査では、9個のポリープを採ったと聞いたので、ポリープの精密検査の結果がどうなるのかと心配だった。 内心、最悪の結果も覚悟していた。

検査して頂いた先生の話では、採ったポリープの数は多かったが、小さなポリープで大きいものではなかったそうである。 顕微鏡などによる精密検査でも特に悪性のものはなかったということだった。

以前受けた毎回の検査では内視鏡を挿入する際苦しんだけれど、今回は軽い麻酔によってほとんど苦しまないで検査が受けられた。 先生にお礼を言った。 先生は「たくさんの検査をしてきたけれど、貴方の場合は結構苦労しましたよ、、」と笑って仰った。 子供のころ受けた盲腸手術の際、癒着している箇所があるのでは、、と思う。

また、「ポリープが発生する体質のようだから2~3年に一度来院して検査を受けるように」とのことだった。 検査がさほど苦しくなく受けられることが分かったので、2~3年後に必ず再受診しようと思う。

ホッとして、めでたし、めでたし、、、

 

| | コメント (0)

2021年6月27日 (日)

今月の俳句

今月の句会の選句結果を会員の皆様に送信した。

(月一回句会を行っている”ネット俳句会”の事務局を担当しており、会員の皆さんから送信される「投句」と「選句」を集計して、各句の得点を会員の皆さんに送信している)

投句される俳句は優れた句が多く、毎月の集計作業では皆さんの句を読むのが楽しみになっている。

今月も秀句が多かったが、その中で得点1位、2位の俳句を紹介する。

  最優秀句 : けふからは風を身近に更衣  (東洋和)

  第2位句  : 山法師古刹訪ねる道しるべ  (空尚)

何れの句も、初夏らしい爽やかな雰囲気を感じられて6月の句にふさわしい秀句だと思う。

これらの句には及ばない拙句だが、私の今月の句は次の三句を投句した。

  バス停の親子の笑顔夏帽子   (正鍬)
  紫陽花咲き黄傘の列の通学路  (正鍬)
  草茂る売地立て札蝸牛      (正鍬)

これらの拙句にも何人かの選句があり数票の得点があった。

 

| | コメント (0)

2021年6月24日 (木)

久々のゴルフプレー

ここ3ヶ月ほどは、コロナの影響と梅雨の雨天で、ゴルフの予定がキャンセル続きだった。

ワクチン接種も順調に進んでいて、ぼつぼつゴルフでも・・とお誘いがかかるようになった。
今週は月曜日と木曜日(今日)と立て続けにゴルフを楽しんだ。
運よく両日とも梅雨の合間の良い天気に恵まれた。

21日(月)は会社時代の同じ職場の仲間とのOBゴルフで阿見GCでのゴルフだった。
3月以来の久々のゴルフで、打ちっ放しでの練習はしていたもののゴルフ感覚がつかめず、皆一様に四苦八苦のゴルフだった。

阿見ゴルフクラブ
Gc_20210624164501

この仲間は3ヶ月に一度の程度の頻度でゴルフをして、プレー後は居酒屋でお酒を飲みながら情報を交換して旧交を温める仲間である。
今回もプレー後に、まん延防止措置の中、1時間半の制限の中でお酒と会話を楽しんだ。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

今日24日(木)は、近所の仲間とのゴルフだった。
この会は豊里GCでのプレーと決まっていて、毎月プレーしていたが、2ヵ月連続で雨天で予定が流れていた。

豊里ゴルフクラブ
Gc_20210624164502

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

どちらの仲間も、同程度の年齢と同程度の腕前のゴルフ仲間で、ワイワイ話しながらのゴルフで楽しい。
あまりスコアにこだわることもない、こんなゴルフをいつまでも続けられたら、、、と思う。

 

| | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

大腸内視鏡検査を・・

今日、大腸の内視鏡検査を受けた。
9個ものポリープを切り取ったと終了後に聞いた。

先月末、かかりつけのクリニックで「市の健康診断」を受けた。 その三日後、外出先にクリニックの主治医からスマホに電話があって、直ぐに来院するようにと指示があった。 何か重要な健診結果が分かったのでは・・と思い、直ぐに駆けつけた。

便潜血が認められたので、直ぐに精密検査を受けるようにとのこと、主治医自ら市立病院に電話をしてくれ、最短で検査ができるよう手配してくれた。 こんなに慌てていろいろ手配してくれるということは、かなり大事なんだろうと緊張した。

そして今日、内視鏡検査となった。

以前5~6回この検査は受けているが、弱虫の私には相当な苦痛で、痛がる私を数人の看護師さんに押さえつけられての毎回の検査だった。検査終了後は全精力を使い果たして、抱えられて検査台から抱え降ろされて車いすで休憩ベッドに運ばれるというありさまだった。

しかし今日は、軽い麻酔を点滴しながらの検査だったので、かすかな意識の中暴れることなく、多少の苦痛で済んで本当にホッとした。
でも切り取ったポリープが9個と聞いてその多さに驚いた。

今日の検査は午後からだったが、三日前から食事制限があり、一日前の昨日の三食は渡されたレトルトのおかゆなどの軽い検査食で、今日は午前中から半日かけて下剤を飲んで腸を空にして検査を受けた。

検査後の今日から二~三日の間は、重湯など腸に負担をかけない食事メニューを指示されている。 検査食の三日間で2kg減った体重はさらに減ることになる。

今日の検査結果は、二週間後に聞きに行くことになっている。
大事に至っていないことを祈るばかりである。

 

| | コメント (2)

2021年6月11日 (金)

第1回目「コロナワクチン」を接種

私が住むさいたま市は「コロナワクチン接種」が近隣の市に比べ遅れていて心配だったが、今日は妻と共に、待ち望んでいた一回目の接種ができた。

かかりつけのクリニックに予め予約してあったので、スムースに接種できた。
9時30分の予約に10人ほどが予約してあり、順次アッという間に接種が進んだ。15分毎に1グループ10人ほどの単位で接種予約されていて、順次順調に接種しているようだった。

二回目の予約が心配だったが、同じクリニックで3週間後の二回目接種の日時が指定されていた。二回目の接種予約に苦労する必要がなくなって、皆さんホッとしたようである。

スムースに接種できるようなシステムの対策は急激に改善されているようで、十分な量のワクチンが確保されていることもあって、これならすべての国民への接種も順調に行われるものと思う。

一回目の接種ということもあり、特に12時間経った今のところ副反応はない。
一回目のワクチン接種が済み、二回目の接種も決まって安心した。

 

| | コメント (0)

2021年6月 9日 (水)

大根収穫と人参の間引き

大根が大きくなり収穫が始まった。 また、人参が育っていて密になったので間引いた。

Photo_20210609222301

私はこの「間引き人参の葉」の天ぷらが大好物である。 早速天ぷらにして、ビールのつまみになった。

 

| | コメント (0)

«”日洋展” 途中から開催