« 白菜の植え付け | トップページ | 陶芸は出来るもの? »

2006年9月18日 (月)

雨上がり

秋に入って涼しくはなったが、このところ秋雨のじとじとした天気がつづいている。

昨年の秋、秋雨がつづく今のような天気の頃、長野県の坂城町に行った。
連日の雨にうんざりしていたが、雨がやんだのを見て、スケッチブックとデジカメ を持って、千曲川の辺りまで散歩に出掛けた。

Photo_27  田んぼには、たわわに実った稲穂が、先ほどまで降っていた雨をたっぷりまとって、頭を下に向けて重そうだった。
千曲川の近くまで来て、・・・ふと、後ろを振り返ったら、太郎山などの山並みを覆っていた雨雲が、みるみる薄くなっていき、晴れあがる様子だった。

それは、ほんの短い時間での変化だったが、雲の動きに興味をひかれ、急いでスケッチし、デジカメにも収めた。

帰宅してから、それらを元に油絵に描いたのが、この絵である。

<写真の絵をクリックすると、拡大画面が表示されます>

                         雨上がり (F6号)

|

« 白菜の植え付け | トップページ | 陶芸は出来るもの? »

コメント

こんにちは。コメントつけていただいてたのに更新をサボっていたせいで気づかなくてごめんなさい。ブログにも紹介しましたが
わたしも普段近所の絵画教室にいりびたって絵を描いています。
クリーニング屋の上の倉庫のようなところでイーゼルもキャンバスもだしっぱなしでOKなので、ちょっとしたアトリエ気分です。
雲はむずかしいですよねぇ。
先日天気予報で「春の雲は綿のよう。夏の雲は岩のよう。秋の雲は砂のよう。冬の雲は鉛のよう」とききました。
どうでしょ。
北海道の秋はあっという間ですが、せっせと絵を描きたいと思ってます。これからもよろしくお願いします。

投稿: kiku | 2006年9月19日 (火) 19時53分

*****kikuさんへ*****
よく美術館に顔をだしているようでしたが、絵を描いているとは知りませんでした。
小生は、定年後に描き始めてからまだ2年半のかけだしです。
天気予報の言う雲のようにはとても描けませんね。
綿のようには解っても、岩や、砂や、鉛はどう描けばよいのやら・・。
秋は絵を描くのにはよい季節。
こちらこそよろしくお願いします。
今度、作品も載せた更新待ってます。

投稿: スロー人 | 2006年9月19日 (火) 21時20分

こんばんは。
台風の影響か、こちらは 夏の暑さが戻って来たようで
日中は とても過ごしにくい日が続いています。。

長野ですか? よいですね~(*^-^*)
信州方面へは、まだ一度も 訪れたことがないのです。。

黄金色に実った稲穂が、風になびいて波打つ様子は美しいですね。
雲の流れも、絶えず変化してて、見ていて 飽きません。
そんな雲の表情が、この絵に よく描かれてて ビックリしました。
これからも、ステキな作品 たくさん描いてくださいね。

・・・足が1本もない虫(笑)
ホームページのプロフィールも、見てくださったのですね?
(〃⌒ー⌒〃)ゞ ありがとうございますっ♪

投稿: もんじろう | 2006年9月20日 (水) 01時18分

こんばんは。白菜苗以来、おじゃまします。
今日は、久しぶりの好天気で色んなところに行きたくなる
陽気でした。
自分は、昼から会議でいつも通り北浦和までの道のりで
天気を堪能しました。
いいですね!絵画は、自分は書き下手なので、鑑賞一本
ですが・・・うらやましい限りです。
それと、プチ一人暮らしも、たまには刺激になって良かったんじゃないですか?
また、癒されにブログにお邪魔します~

投稿: じんやのミック | 2006年9月20日 (水) 18時23分

6月17日の日記にでているのがわたしの絵です。
北海道ではなくて、ぐっと南の柳川です。

投稿: kiku | 2006年9月20日 (水) 19時01分

*****もんじろうさんへ*****
こんばんは。 いつもご訪問ありがとうございます。
台風の被害はなかったようでよかったです。
また、大きそうなのが近づいています。 気をつけましょう。
といっても、自分は何に気をつければよいのやら・・・。
台風中は暑かったけれど、きょうはスカッとした秋空でした。
一日中、陶芸の釉薬掛けで過ごしました。 仕上がりが楽しみ・・。
雲の動き、気に入ってもらったようでうれしいです。
きらいなもの・・・足がいっぱいある虫と、足が一本もない虫・・・には、思わず笑ってしまいました。
よーく解る表現で・・・。

投稿: スロー人 | 2006年9月20日 (水) 21時04分

*****じんやのミックさんへ*****
こんばんは。 
そうですね。 今日は湿度の低い、スカッとした気持ちよい天気でした。  でも、一日中陶芸で、畑には行けませんでした。
下手な絵でも、そんなこと言われると、調子に乗ってうれしくなります。
レトルト食品にももう飽きたので、妻には早く帰ってきて欲しいのが本音です。
ブログ、また、ちょくちょく覗いてください。

投稿: スロー人 | 2006年9月20日 (水) 21時17分

*****kikuさんへ*****
びっくりしました。
どこか外国の画家の絵かと思って見ていました。
写実的な絵で、古典画のようです。
日本中あちこち飛び歩いているようだし、・・・もしかして、本職の画家さんでは・・・・?
柳川って、福岡の、うなぎの美味しい柳川ですか。
以前、仕事で何回か行ったことがありますが、仕事のことと、うなぎのことしか記憶にありません。
北海道の絵は、富良野や美瑛の絵を描いたことがあります。
北海道は四季を通じて絵のモチーフには事欠きませんね。
相原求一郎の北海道の絵は大好きです。帯広の美術館まで見に行きました。
そのうちに、北海道の絵も載せてください。

投稿: スロー人 | 2006年9月20日 (水) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/11942795

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がり:

« 白菜の植え付け | トップページ | 陶芸は出来るもの? »