« 白菜の包帯 | トップページ | 60枚目の油絵 »

2006年12月16日 (土)

師走・松の剪定

我が家では、師走に自分で松の剪定をするのが恒例となっている。

Photo_51 今日は、午前中天気がよく暖かかったので、剪定をはじめた。
小さな松だが、プロなら一日もかからないところを、素人だけに毎年2日がかりの作業となる。

脚立に乗って作業していると、通りかかった人がいろいろ声を掛けてくれる。

「たいへんですね、落ちないよう気をつけてください」
と心配してくれる人が一番多いが、中には・・・
「お宅で松の剪定がはじまると、師走だなと感じますよ」
「松の剪定を自分でやるとは玄人並ですね。上手ですよ」のお世辞までいろいろである。

なかには、「お久しぶりですね・・・」といって、最近のご自分の趣味の話をはじめて、しばらく話し込み、仕事のペースを乱されることもある。

今日は暖かかったし、作業は順調に進んで、上手くすれば1日で終わるかと思ったが、午後からは曇ってきて少し寒くなってきたので、7割くらいのところで作業中止とした。

今日の我が家の松は、虎刈りになったままだ。

|

« 白菜の包帯 | トップページ | 60枚目の油絵 »

コメント

松の剪定、ご自分でされるんですか?
すばらしい!!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
松も きっと よろこんでることでしょう (たぶん・・笑)
剪定って、難しいんじゃないんですか?
わたしだったら、チョキチョキ やってるうちに
丸坊主に してしまいそうです (〃^∇^)o_彡☆あははっ
まぁ、それも スッキリして よいですが (*^m^*)ムフッ
ところで スロー人さん・・・
ミイラ鍋の お味は いかがでしたか? (*≧m≦*)ププッ

投稿: もんじろう | 2006年12月17日 (日) 03時50分

***** もんじろうさんへ *****
松の剪定は、刈り込み剪定と違って、一枝づつ・一葉づつ手を入れるので、面倒で時間がかかる面倒な作業です。
今日も曇って寒いので、続き作業は明日に延期しました。 
時間できたので、一句ひねって・・・

  赤靴下 師走の風や 松剪定

(解説:赤靴下→・X’mas
          ・レッドソックス
     松  →・松坂投手
     剪定 →・選定     )

もんじろうさん、ミイラ鍋はやめてくださいよ。
なんだかまずそう・・・・。
(本当はおいしくて、寒い今夜も食べたいです)
    

投稿: スロー人 | 2006年12月17日 (日) 11時33分

松の剪定は終わりましたでしょうか。
松の剪定って細かい作業で時間がかかるんですよね。
スロー人さんは、通りがかりの方が仰るとおり玄人並みです。
我が家も丈の高い松が1本あります。
主人も庭木の剪定は遣りますが、松だけは苦手なので(高いし)植木屋さんに松1本だけお願いしています。今年もこれから来ていただく事になっているんです。

投稿: マーちゃん | 2006年12月17日 (日) 23時37分

***** マーちゃんへ *****
コメント有難うございます。
昨日午前中は寒かったので、剪定の続き止めようかと思っていたら、午後急に晴れて暖かくなったので、続きの剪定をしました。他の植木の刈り込みも薄暗くなるまでかかって済ませました。
これでやっと、暮れの一仕事が終わってホッとしています。
20年ほど前には植木屋さんがきてくれていましたが、松一本の剪定に来てくれる植木屋さんが居なくなり、自分で本を頼りに勉強して今は自分で剪定するのが恒例になりました。

投稿: スロー人 | 2006年12月18日 (月) 13時33分

相変わらず、スロー人さんは器用ですね。松の剪定はさぞ大変だったでしょう。
 小生の故郷の家にも結構大きな松ノ木があり、弟がプロに手伝ってもらって、剪定を行なうのを見たことがありますが、到底私には出来ません。 小生の庭には和歌山の県木である、ウマベガシが二本ありますが、この剪定だけでも大変です。 もっとも「みかんの木」の剪定は、昔したことはありますが、これは目的が沢山のみかんの実が生るようにするのであって、本数が多くて大変でした。つまらない事を書きました。
 29日のゴルフ、kさんがSさん夫婦と行くそうです。小生も「餅つき」せねばなりませんので・・・、欠席です。
 年明けて、一度お手合わせ願いたいですね。

投稿: kuki | 2006年12月18日 (月) 18時32分

***** kukiさんへ *****
私のところの松は、あまり大きくないので何とか自分でできます。
6mを超えるような樹では危なくてとても手はでません。
ウマベガシの樹?見た事がありませんね。
みかんの樹は我が家にもありますが、最初は見事に実を付けていてのに、近年さっぱり実を付けません。 機会あったらなぜか教えてください。
自分では、剪定のしすぎかな?と思って、今年は剪定を止めました。
ゴルフの件、来年よろしくお願いします。

投稿: スロー人 | 2006年12月18日 (月) 22時13分

松の剪定、お疲れ様でした。
もうすっかり終わっている頃でしょうね?
今回の出来栄えはどうだったかな?
ひめひめがやったら、「あ、こっちが・・・あれ、今度はあっちが・・・」なんてやっている間に、松の枝がなくなってしまいそうです(笑)
写真からして・・・かなり大きな松?のような感じがします。
脚立に乗って高い場所での作業は怖そうですね・・。

投稿: ひめひめ | 2006年12月19日 (火) 00時55分

***** ひめひめさんへ *****
剪定やっと終わりました。
疲れるけど、今年は例年と違って随分暖かいのでかなり助かりました。
残そうと思っていた大事な枝を間違って切ってしまってアッと声を出すこと度々です。

ブログ、ひめひめのブログにリンクしてもらってありがとうございました。
紹介文も暖かくて過分なお言葉で恐縮です。
”父親みたいな”ではなく、せめて”お兄さんみたい”ならもっと良いのに・・・(冗談)

投稿: スロー人 | 2006年12月19日 (火) 15時31分


ん?‘お兄さんみたい’???
ぷぷぷっ、考えておきましょう(笑)

投稿: ひめひめ | 2006年12月20日 (水) 22時38分

***** ひめひめさんへ *****

だめ? だめなら諦めます(*≧m≦*)ププッ

投稿: スロー人 | 2006年12月20日 (水) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/13089986

この記事へのトラックバック一覧です: 師走・松の剪定:

« 白菜の包帯 | トップページ | 60枚目の油絵 »