« 60枚目の油絵 | トップページ | Merry Xmas »

2006年12月23日 (土)

菊練り

久しぶりに陶芸で、小鉢を挽いた(成形)。

市のコミニテイーセンターの「美術工作室」を借りて仲間と陶芸をしているが、最近部屋がなかなか予約できなくなってきた。 絵や彫刻や陶芸など部屋をを利用するグループが増えてきているのであろう。
今回は3週間ぶりの陶芸であった。

粘土を使って成形するとき最初の作業は、粘土をよく練って、粘土の中の空気を抜き出すことである。 空気が入ったままだと、窯で焼く時に空気が膨張して、作品が割れてしまう原因となる。

Photo_52 ←粘土を練る方法の一つに、「菊練り」という方法がある。
両手を使って粘土を練る際、その形が菊の花のようになるからである。
この菊練りはかなりの力仕事だが、重要な陶芸の第一歩でもある。

Photo_53 ←今日は、よく練った粘土を、何枚も厚み6mmのスライス状に糸で切り取って(たたら作りという方法)、型を使って小鉢を7つ成形した。

Photo_54 これを室内で一ヶ月ほど乾燥させて、素焼きをし、釉薬を施してから本焼きという手順となる。

完成までには、まだまだ時間が必要だ。

|

« 60枚目の油絵 | トップページ | Merry Xmas »

コメント

スロー人さんは、陶芸もなさるんですね。
陶器が完成するまで色んな行程があります。釉薬の段階なんですね。窯入れ~窯出しの時はワクワクしますよね。
私は陶芸はしませんが、陶磁器の町、伊万里の出身で、結婚するまで有田の陶磁器会社に勤めていました。仕事は事務員でしたが新人研修で、2ヶ月ほど実習を受けたので行程は知っています(でも、忘れました)
友人も陶芸教室に通ってますが、私は絵心なし&工作も不器用ですので、ただ焼き物を眺めるだけが大好きです。
完成を楽しみにしていますね。

投稿: マーちゃん | 2006年12月23日 (土) 23時19分

訂正です。
釜→窯でした。(窯揚げ)
送信した後、夜中に気が付きました。(苦笑)

投稿: マーちゃん | 2006年12月24日 (日) 06時15分

***** マーちゃんへ *****
マーちゃんは、伊万里の出身で有田の陶磁器会社に勤めていたんですか。 育った環境や経験もあるようなので是非陶芸はじめてみたらいかがですか。 不器用(謙遜だとおもいますが・・)でも反って面白い個性あるものができると思います。
この小鉢、本焼きして完成するのは、来年3月ごろになると思います。
私も陶芸はまだまだ初心者ですが、私のブログの、カテゴリー「陶芸」を開くと、作品も載っています。 眺めてみてください。

訂正有難うございました。 私も夜中に気付く事ってあります。気付いて夜中に描きかけの絵に手を入れること度々です。
(本文、修正しておきました)

投稿: スロー人 | 2006年12月24日 (日) 09時07分

「菊練り」 洒落た言い方ですね(*^-^*)
作る行為そのものも もちろん楽しいでしょうけど、
こういう 「言葉」 も また楽し。。ですよね?
それにしても 乾燥に1ヶ月もかかるとは・・・
わたしだったら、うっかり 忘れてしまいそうです(笑)
半年くらいたって、「あ・・焼くの忘れてた」って(^_^;)
良い作品が 仕上がるとよいですね♪

投稿: もんじろう | 2006年12月25日 (月) 18時48分

***** もんじろうさんへ *****
そう言われてみると陶芸の用語、面白い言葉が多いです。
ロクロ成形に対して、「手びねり」「ひも作り」などの成形方法ありますが、首をひねられたり、ひもで締められたりしそうな用語ですよね。
 乾燥している間に、次々と新しい作品を成形していくので、忘れることはないですよ。

明後日は、乾燥の終わっている作品の「素焼き」をします。 割れたりしなければよいのですが・・・。

投稿: スロー人 | 2006年12月25日 (月) 20時31分

ひめひめは陶芸体験有ですよっ!!
って自慢げに言いましたが、実はたったの2回(汗)
しかも本当に「体験」レベルですので、粘土をねる工程は省かれてます。(先生がこねたものを配ってくれるんです)
それだけ粘土をこねるというのが大変で重要な工程だからですよね?!
「菊練り」・・・初めて聞きましたぁ。でもこれ以外にも練り方(?)の種類があるってことですよね。陶芸の世界も難しそうだなぁ~。
でも自分で作った作品って、(たとえそれがひめひめみたいに下手くそでも)味があっていいものですよねー♪

投稿: ひめひめ | 2006年12月28日 (木) 16時46分

***** ひめひめさんへ *****
ひめひめも陶芸経験者ですか。
私も陶芸経験2年のまだまだ初心者です。
もともと物を作るのが好きだったので始めたんですが、陶芸は奥が深くて難しいです。
2年経験で言うのもおこがましいですが、最近壁に突き当たっています。
来年は、きちんとした先生について勉強しようかな・・・と思案中です。

投稿: スロー人 | 2006年12月28日 (木) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊練り:

« 60枚目の油絵 | トップページ | Merry Xmas »