« 春の兆し/常念岳 | トップページ | 春は一歩一歩 »

2007年3月 9日 (金)

陶芸作品焼上り

先週から陶芸の制作作業が続いたが、今日作品が焼きあがった。

Photo_109  先週は、素焼きした後の釉薬掛けをし、今週は窯入れ、本焼きと続き、今日窯出しをした。

←窯詰め

Photo_110 ←サンマ皿
  ・白土
  ・素焼き後呉須で絵付け
  ・釉薬:白マット

6_1 ←変形小鉢
  ・赤土
  ・化粧土に下絵具
  ・釉薬:灰うさぎ

7_1 ←八角小鉢
  ・白土
  ・撥水剤で絵付け
  ・釉薬:黒マット

Photo_111 ←椀
 ( これは妻の作品 )
  ・白土
  ・下絵具
  ・釉薬:白マット

今回は実用的な、お皿や小鉢などを多く作ったが、マアマアの出来上がりだった。
我が家の食卓には、以前と比べこの頃は、ほとんど自作の器が並ぶようになっている。

|

« 春の兆し/常念岳 | トップページ | 春は一歩一歩 »

コメント

へぇ~、窯って初めて見たかも?!
食卓に並ぶ器が自作っていいですねー。
温かみがありますよね、手作りの器って。
ひめひめのダーリンママも陶芸を趣味でやっているので、お邪魔すると手作りの器が。やはりいいもんです♪
スロー人さんの作品は言うまでもなく、奥様の作品、素敵!!
春らしい爽やかな香りがしま~す!

投稿: ひめひめ | 2007年3月10日 (土) 15時33分

スロー人さん。とても素敵な作品ですね。奥様もお上手で羨ましいです。我が夫婦も陶芸を趣味にしておりますが、まだまだ~まだのレベルです。
ブログへの掲載も失敗作の方が多く、我が家の食卓には自作の失敗作品が並んでいます。

投稿: no_ma | 2007年3月10日 (土) 21時14分

焼成窯、懐かしいです。
窯出しの瞬間は、わくわく心が躍って事でしょうね。

手作りのサンマ皿でサンマの塩焼き、格別な美味しさでしょう。変形小鉢の窯変の、素晴らしさ、八角小鉢の色と相反した、奥様の作品の椀どれも素敵ですね。食卓に、お二人の手作りの器が並び、会話も弾む事でしょうね。

投稿: マーちゃん | 2007年3月10日 (土) 22時01分

***** ひめひめさんへ *****
自分が作ったサンマ皿で、今夜はサンマを食べました。 (この時期でもサンマを売っていました)
手製の器に料理が出てくるのは、何となく嬉しいものですね。
’wedgwood’の器などは上品で軽くて使い易いですが、手製の器には、暖かさを感じられて叉別の良さがあります。
いい出来の作品は、娘が持っていってしまって使っています。

投稿: スロー人 | 2007年3月10日 (土) 22時54分

***** no_ma さんへ *****
はじめてのご訪問、ありがとうございます。
作品お褒め戴きましたが、私はまだ陶芸暦2.5年の全くの初心者で、お恥ずかしいものばかり作っています。
カテゴリー「陶芸」を開いてもらえば判りますが、失敗作品ばかりで、未だに気に入ったものは一つもありません。
陶芸の奥の深さは、底なしですね。
no_ma さんのブログ、見させていただきましたが、立派な作品をご夫婦で作っておられ、感心しました。
これからもアドバイスなどよろしくお願いします。

投稿: スロー人 | 2007年3月10日 (土) 23時06分

***** まーちゃんへ *****
確かに窯出しの時は、どんなに焼き上がっているかわくわくしながら扉を開けます。 大概は、アァ~とため息が出る焼き上がりばかりですが・・・。 
今夜は、早速サンマを買ってきてこのお皿を使ってみました。 もうチョット幅を広くした方が、大根おろしや、取り除いた骨を置くスペースが出来てよかったのに・・と、反省。
来客の時の食事では、手製の器に料理を盛り付けると、話題が陶芸になり話も弾みます。

投稿: スロー人 | 2007年3月10日 (土) 23時21分

 さんま皿、発想がいいですね。まな板皿とか、同じ物が他に絶対無い焼き物、大好きです。
 退職の年、四国架橋が実現した翌年だと思いますが、四国に行ったことの無い家内の為、四国旅行を企画しました。富本憲吉が家内のルーツにいる事を知り、倉敷の大原美術館に立ち寄るのも目的の一つでした。バーナードリーチに触発された一連の民芸運動、現代史のなかでエキサイテイングな出来事だと思います。フェノロサに導かれ岡倉天心が自国の仏教美術、文化の高さに目覚めたと同じくらい、陶芸など自国の民芸の価値を再確認した事は誇るべき日本人の知性と思います。
 

投稿: シスル | 2007年3月12日 (月) 02時22分

***** シスルさんへ *****
さんま皿、残念ながらオリジナルの発想ではなく、陶芸ではあるお皿なんです。
 シスルさんの物知りには感服します。 一つの旅行や見学でも、きちんと調べて、本質や歴史まで感じながら見る姿勢は見習わなければなりませんね。 (どちらかと言うと私も同じようなところがありますが、シスルさんには及びません)

投稿: スロー人 | 2007年3月12日 (月) 11時35分

素敵な作品 たくさんできましたね。
奥さまも ご一緒に 陶芸なされてるんですね~
スロー人さんの作品も よいですけど
奥さま作品も 女性らしくて よいですね(*^-^*)
これからも 仲むつまじく 陶芸 楽しんでくださいね♪

投稿: もんじろう | 2007年3月12日 (月) 17時59分

***** もんじろうさんへ *****
妻は陶芸では私の先輩なんです。
陶芸は妻から誘われて、彼女の陶芸グループに勧誘されて仲間入りしました。
腕の方も、まだ彼女にはかないません。
仲むつまじく・・・というより、あれこれ作品を批判し合いながら作陶しています。 (批評ではなく批判です)

投稿: スロー人 | 2007年3月12日 (月) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸作品焼上り:

« 春の兆し/常念岳 | トップページ | 春は一歩一歩 »