« 久しぶりの畑仕事 | トップページ | 陶芸作品焼上り »

2007年3月 3日 (土)

春の兆し/常念岳

春の到来を感じるこの頃、丁度この時期に描いた油絵のことを思い出す。

Photo_104

← 春の兆し/常念岳
    F10号
  (絵をクリックすると拡大
   
画面が表示されます)

一昨年の3月初旬のことである。
タイミングよく雲が上がって常念岳が顔を出してくれた。
麓の安曇野の木々にまだ緑はなかったが、田んぼは薄く緑になりはじめていて、春はもうすぐそこまで来ていることを感じさせた。

山の天気は変わりやすいが、折りしも雲が上がりはじめて、常念岳の頂上が顔を出し、見る見るうちに雲は薄くなっていった。
そして、青空さえ見えるようになった。

常念岳は村落の真上に、威風堂々と冠していて、その姿は何にも変えがたいほど美しく思えた。
そして、それは手を伸ばせば、届けそうなくらいの近さであった。

こんな景色を目の当りにできることに感激しながら、スケッチブックに素早く景色を写しとった。

< この絵は、一昨年の教室の作品展に出品した作品である。 >

|

« 久しぶりの畑仕事 | トップページ | 陶芸作品焼上り »

コメント

スロー人さん
 今日の常念岳は素晴らしいです。今日は一日
パソコンと格闘したためか、疲れた後のこの絵は一服の清涼剤となりました。
 明日はサイタマシニア大学の仲間との集まりがあって、池上本門寺から池上梅林に行きます故、ゴルフの打ち合わせ欠席で申し訳ありません。

投稿: kuki | 2007年3月 3日 (土) 23時43分

***** kukiさんへ *****
今丁度、kukiさんのブログを訪問していたところです。
常念岳、お褒め戴いてありがとうございます。
この絵は自分でも気に入っている絵の一つです。

ゴルフ同好会の会議件、承知しました。

投稿: スロー人 | 2007年3月 4日 (日) 00時21分

自然って・・・ ホントに素晴らしいですよね~・・
今 見えている景色は 2度と廻ってこない。。
パッと見には 同じように見える景色でも
光の加減や 雲の流れ方や 鳥たちの群れ・・・
いろんなものが 相まって 微妙に変化してる。
そんな 瞬間を 自分の筆でスケッチできるなんて・・・
絵心のある スロー人さんが うらやましいです(*^-^*)
これからも いろんな 瞬間を 描きつづけてね♪
楽しみにしてます (^ー^*)ニコ

投稿: もんじろう | 2007年3月 4日 (日) 03時38分

***** もんじろうさんへ *****
自分が絵を描くようになって、自然や景色の見方が変わりました。
仰るように、自然の織り成す配色や構図は、人間の手ではどうにも出来ない素晴らしさがあります。
私には、瞬間を描くことなど出来ませんが、その場に居合わせた肌で感じたもの(感動)が絵の中に表せればいいなと思っています。
今は、目で見た記憶は、その瞬間を記録できる便利なツール(デジカメ)があるので、これを活用していますが、肌で感じたもの(温度や風や音・・・など)は、頭や肌に記憶しておくしかありません。

投稿: スロー人 | 2007年3月 4日 (日) 11時46分

スロー人さん、ひめひめ、この絵好きです♪
山には雪が積もっているのに、何故かすっごくあたたかい印象の絵ですね。
山には力強さも感じるけれど、絵の中に流れている時間は緩やかで穏やかな感じがします。
ホッとさせてくれる絵だなぁ~。

投稿: ひめひめ | 2007年3月 4日 (日) 14時26分

***** ひめひめさんへ *****
ひめひめさんがそのように感じてくれたら、この絵は上手く描けた絵といえますね。
山に雪はあっても、何となく”春の兆し”を感覚として感じたことを思い出しながら描いたので、暖かい印象になっているのでしょうか。
それと、穏やかな田舎風景の初春に、まったりとした暖かい雰囲気もあるのだと思います。
この絵は、自分で言うのも変ですが、あのときに目で見た風景だけでなく、肌で感じた感覚が上手く表現できたと思っています。

投稿: スロー人 | 2007年3月 4日 (日) 15時42分

常念岳の春の絵、本当に素晴らしいですネ、
山の残雪と麓の穏やかな風景がソフトなタッチで見る人の心が落ち着きますねー絵にスロー人さんの性格が出ている様に拝見しました。
学生時代に「常念岳と向かいの奥穂高」に一度だけ登った遠い記憶を懐かしく思い出しましたー有難う御座いました。
それにしてもスロー人さんは多才ですね、感服しました。

投稿: 久米仙人 | 2007年3月 4日 (日) 18時46分

***** 久米仙人さんへ *****
絵、お褒め戴きありがとうございます。
このところの暖かさに春の到来を感じて、以前描いたこの絵をアップしましたが、皆さんに心休まる安堵感を感じていただいたようで、良かったです。
私は山にはあまり登りませんが、私の絵の先生が安曇野出身で、山をよく描くため、お供をして、安曇野、白馬方面はよく訪れます。

投稿: スロー人 | 2007年3月 4日 (日) 22時01分

春を感じさせる素敵な絵ですね。
常念岳、初めて聞く山ですが、安曇野の近くなんですね。
山の天気は変わりやすい、一瞬のうちにスケッチブックに描かれるとは、私は感心するばかりです。
もう春の兆しが彼方此方に・・我が家の裏庭にふきのとうが。
冬らしい冬も来ずに、このまま春になってしまうんでしょうかね。

投稿: マーちゃん | 2007年3月 5日 (月) 19時59分

***** マーちゃんへ *****
もうふきのとうが顔を出しましたか。 随分早いですね。
ふきのとうと言えば、我が家では毎年5月初めに、十日町/当間高原のリゾート(会員になっている)に行って、ふきのとうをいっぱい採ってきて、知人にお配りするのが恒例になっています。 今年は、時期が早まりそうですね。

常念岳は白馬連山や有明山、爺岳など北アルプスの山の一つです。 私は、この絵の方角から見た常念岳が一番好きで、何枚も絵にしました。

投稿: スロー人 | 2007年3月 5日 (月) 22時28分

 この常念の遠望、いいですね。目にした人を文句なしに、癒してます。
 先週は、湯河原梅林のバードウオッチ、熱海泊、太平洋を見ながら、舘山CCでの初打ち。何れの日も快晴で海の青を堪能しました。 

投稿: シスル | 2007年3月 6日 (火) 06時04分

***** シスルさんへ *****
シスルさん早朝のご訪問ありがとうございます。
早起きですね。 散歩でもされているんですか。
常念は、この豊科辺りから見た角度が私は大好きです。 近景の景色と相まって素晴らしい山ですね。
私も、3月1日、初打ちに行ってきました。
50肩がまだ完治しておらず、スコアはメタメタでした。

投稿: スロー人 | 2007年3月 6日 (火) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/14108279

この記事へのトラックバック一覧です: 春の兆し/常念岳:

« 久しぶりの畑仕事 | トップページ | 陶芸作品焼上り »