« 卒業式の季節 | トップページ | 椿 »

2007年3月22日 (木)

米朝合意

米は、あの国への金融制裁を解除するという。

なんという米国の方針転換かと耳を疑った。
米国は、米朝二国間では話し合いはしない、と言っていたのを翻して話し合いに応じただけでなく、日本の拉致問題解決まで厳しい制裁を、との意思をも無視しての合意である。

完全に米国の敗北としか見えない。
あの国の代表は勝ち誇ったように、「米朝は日本の主張など全く問題にしていない」とまで堂々とコメントしている。 日本は米国にまで見放されたのか。

ブッシュ政権のイラン介入の失策以来、米国の影響力が急速に弱まってきている背景もある。 
日本は、このまま、米国の抑止力を頼りにしていていいのだろうか。 今回のように米国は、何の相談もなしに自国の都合だけで方針を転換することもある。 米国の抑止力など、日米間で何の確実な担保があるわけではないのだ。

金融制裁解除の対価としての、核放棄についても、あの国のことだ、どんな新たな条件を突きつけてくるか判らない。 まともにすんなりと核を手放すなど絶対に考えられない。

何の思想信条も持たない一市民、一日本人として、あの国に対してはもとより、米国に対しても、誠に割り切れない気持ちである。

|

« 卒業式の季節 | トップページ | 椿 »

コメント

うんうん、ひめひめもそう思います!あの国の思うようにさせておいていいのでしょうか?でも日本は日本の力だけで解決できない・・・歯がゆいですよね・・・。
ちょっと話がそれますが、昨日までシンクロをやっていましたよね。あの国、確実に腕をあげてきているんですよー。もうそれだけで悔しくって・・・。

投稿: ひめひめ | 2007年3月25日 (日) 15時09分

***** ひめひめさんへ *****
良かったです。  ひめひめもそう思いますか。
自分だけそう感じているのかナと思っていました。  自分の力だけではどうにもならない・・歯がゆいですよね。
あの国、シンクロも始めたんですか。 それに強くなっているとか・・
「もうそれだけで悔しくて・・」には思わず笑ってしまいました。 素直な心情がよく判って・・・。

投稿: スロー人 | 2007年3月25日 (日) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/14325431

この記事へのトラックバック一覧です: 米朝合意:

« 卒業式の季節 | トップページ | 椿 »