« 「林住期(りんじゅうき)」 | トップページ | 野菜の棚づくり »

2007年5月19日 (土)

大相撲

大相撲夏場所は中盤にさしかかった。

今場所は白鵬の綱とりがかかった場所とはいえ、最近の大相撲には何か今ひとつ興が乗らない。

最近の大相撲はチョットおかしいと感じるのは私だけだろうか。
外国力士の強さばかりが目立つのは仕方がない。
スポーツもグローバル化の時代である。

問題は、その外国人力士の力士たる振る舞い・態度にある。
露鵬は行事に文句をつけたり、勝敗が決まった後に駄目押しして土俵下に突き飛ばした。 露鵬は以前にも土俵の下で、相手力士とにらみ合ったり、報道陣に暴力行為があって問題になった。

今場所前には、横綱/朝青龍が稽古場で稽古中、勝負がついたのにさらに負けた力士を投げ飛ばして怪我をさせた。 怪我をした力士(豊の島)は、休場かと思われたが意地もあったろうか、無理をして出場しているが、6日目現在全敗である。
横綱として下の力士に「稽古をつけてあげる」意識などなく、稽古で完膚なきまでにたたいておけば、本場所でビビッて有利になるとの考えのようだ。

だいたい朝青龍の土俵上での不必要なにらみや、ふてぶてしい振る舞いに、横綱としての品格など全く感じられないだけでなく、何か不快感さえ覚える。

白鵬には好感が持てるものの、朝青龍に倣って稽古で負けた相手にダメを押して、問題になったと聞く。

部屋の親方は、技や強さだけではなく、国技としての大相撲の精神を教えることをしていないのではないだろうか。 強い力士を育てて、部屋の繁栄ばかり考えているのではないか。

相撲は日本の国技である。
力士には、強さだけではなく、礼儀や態度に国技としての品格が備わっていなければならない。

ただ強いからというだけで、横綱や大関になるのではなく、品格まで考慮した昇進基準が必要なのではないだろうか。

|

« 「林住期(りんじゅうき)」 | トップページ | 野菜の棚づくり »

コメント

こんばんは。
はじめまして。

同感です。
モンゴル人力士ばかりが幅を利かせて
大相撲がつまらなくなりました。
期待していた栃東も引退しちゃって。。。
ワタシはアンチ朝青龍です。品性のないふてぶてしさが増してきたと思います。

投稿: PHENIX | 2007年5月19日 (土) 19時36分

***** PHENIXさんへ *****
はじめまして。 ようこそお越しくださいました。 若い頃から大相撲のファンでしたが最近どうも以前と違う気がしてなりません。 外国人力士がいることは、この時代仕方ありませんが、彼らは異文化で育ったためか、どこか今までの力士とは違うものを感じます。
勝てばいい・・という考え方は、お金を儲けるためには何をしてもいい・・の考え方に通じているようで、すんなりと受け入れられません。
何か殺伐とした乾いた時代になっている気がします。
またどうぞお越し下さい。

投稿: スロー人 | 2007年5月19日 (土) 21時21分

実はあまり相撲が分からないひめひめです(すみません)
ダーリンは相撲が好きで結構詳しいんですけど、確かに最近つまらないと思っているようで、相撲離れしているようです。。。外国人力士ばかりなのが興味半減の原因みたいです。
余談:皇室の愛子さまはお相撲が大好きみたいですけどねっ♪

投稿: ひめひめ | 2007年5月20日 (日) 19時14分

相撲の事、お詳しいですね。私も数年前から見なくなりました。
昔の栃若・柏鵬・千代の富士独走時代に、若貴時代が懐かしいです。

外人のお相撲さんは、高見山関ぐらいでしたよね。愛嬌あって楽しかったあの頃に比べ、「最近は外人ばかりになってしまったな。これじゃあ、
モンゴル大会だ」と、ブツブツ言いながらも主人は、観戦していますよ。

愛子様は、たしか琴光喜関のファンでしたよね。
安心しました(笑)

投稿: マーちゃん | 2007年5月20日 (日) 21時10分

***** ひめひめさんへ *****
そうですよね。 今時の若い女性はあまり相撲に興味ある人は少ないと思います。 (愛子様は別格ですが・・)
そういえば、我々の若い頃でも女性はあまり相撲は見なかったようです。
とすると・・相撲は男の見るスポーツなのかも知れません。
大相撲では、女性は土俵にあがれない規則があるようですが、そんなことでは益々女性ファンを無くしてしまいますよね。

投稿: スロー人 | 2007年5月20日 (日) 21時28分

***** マーちゃんへ *****
柏鵬、若貴はいいとしても、栃若とは、マーちゃんも随分古い時代の力士をご存知ですね。
栃若の相撲は、小学校の頃、村に一軒だけテレビがある家に大勢押しかけて観たことを思い出しました。 鏡里や千代の山それに照国や東富士などの横綱がいましたね。 力道山の時代でもあったように記憶しています。
確かに外国力士でも、高見山は皆が受け入れた人柄でしたね。 今の一部の外国人力士は、気力が前面に出すぎてふてぶてしい感じで見苦しく、国技としての品格に欠けていると思えてなりません。

投稿: スロー人 | 2007年5月20日 (日) 21時44分

はじめまして。

最近の相撲界は何か殺伐としてしまっていて以前のように親しみを持てません。理由は、金のために勝つためなら何でもやるような外国人力士が上位を占めてしまっているからです。北桜のようなお客さんを喜ばせることを第一に考えるような味のある力士が減っていってしまっているのは残念です。特に朝青龍は勝負が決まったのにだめ押しするので嫌いです。

投稿: 鮟鱇 | 2008年1月23日 (水) 11時27分

********** 鮟鱇さんへ **********
ようこそお出で下さいました。
現在の日本人力士は、国技としての相撲を伝承して、気持ちいいマナーの力士ばかりだと思います。
以前は「北の海」が横綱の時は、ヒールのイメージだったと思います。 今は朝青龍がそれにも増したヒール力士になっています。 (それゆえか、北の海理事長は朝青龍をかばう場面が多いと感じます)
私は、横綱の選任は、ただ強いだけではなく、国技の伝承の観点からもマナーも考慮した選考基準にすべきだと思いますが如何でしょう。

投稿: スロー人 | 2008年1月23日 (水) 15時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/15124168

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲:

« 「林住期(りんじゅうき)」 | トップページ | 野菜の棚づくり »