« 国立新美術館へ | トップページ | 小さな喫茶店~♪ »

2007年6月 9日 (土)

北アルプスの絵

北アルプスを一望できる、長野/小川村で描いた油絵が今日完成した。

Photo_188 小川村は、長野市と白馬村のほぼ中間に位置し、村のいたるところから北アルプスが眺められる。 その景観は、”信州の自然百選” にも選ばれている。

この絵は、小川村から北アルプスの白馬連山を臨む絶景位置から描いたものだ。 田植え前の水を張った棚田も、景観を引き立ててくれた。

     ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-

この小川村は、安曇野にも近く、同じ北アルプスで連なっている。

そして、今日、安曇野出身の先輩の訃報を聞き、通夜に参列してきた。
私より2歳しか違わない先輩の突然の訃報に、驚いた。
優秀なエンジニアで、最近も海外を駆け回って仕事をしていたのに・・。
彼は、故郷の安曇野をこよなく愛し、特に北アルプスの山々を深く愛して、専ら登山を好み趣味としていた。

今日丁度、北アルプスを描いたこの絵が完成したことに、何か繋がりを覚える。
謹んで、この絵を彼に捧げ、ご冥福をお祈りする。

|

« 国立新美術館へ | トップページ | 小さな喫茶店~♪ »

コメント

スロー人さんの先輩の方が、この絵の完成の頃お亡くなりになられたそうですが。。。まだお若いのに無念ですね。ご冥福をお祈り致します。

棚田~懐かしい風景です。私の実家も棚田の中でしたし(今は、農業はやっていませんが)。
田植えの頃でも、遠くに見える連山は雪景色なんですね。緑の中でピンク色?(何とも言えぬ色使い)の瓦葺が一段と映えてます。それに山越えの道・・・歩いて行きたくなりますねぇ。どんな村が、あるんでしょうね。


投稿: マーちゃん | 2007年6月10日 (日) 08時56分

前日まで何の異常もなく元気だったそうで、突然の事に驚きました。 年齢も近かったし、とても残念です。
棚田、最近では珍しい景色になりました。 とても風情のある棚田ですが、機械化された最近の農業には、向いていないのかも知れません。
村に連なる山越えの道、私もとても気に入って、少しデフォルメして強調して描いてみました。 この道の向こうに思いを馳せる・・そんな意図に気づいてくれたマーちゃんに感謝です。
この道の向こうに行ってしまった先輩・・・つい、そんな気持ちになってしまいます。

投稿: スロー人 | 2007年6月10日 (日) 11時06分

残雪の北アルプス、種蒔き前の棚田、深赤の屋根瓦、穏やかに広がる安曇野、
心持ちの落ち着く素晴らしい深みの有る絵ですね!
当方の周囲も正しくこの様な遠方に残雪の山々と新緑が望めます。
ヤハリこの時期が自然の豊かさを感じ一番心が落ち着く季節ですね。

ココで一句
「惜春に 望む山里 北の岳」

投稿: 久米仙人 | 2007年6月10日 (日) 16時49分

***** 久米仙人さんへ *****
実際の棚田は、耕している最中の田圃でしたが、絵では水を張って描きました。 遠くに見える白馬連邦は残雪とは思えない真っ白な雪山でした。 確かに田植えの時期の風景は、いかにも日本の風景であり、落ち着きますね。 久米仙人さんの住んでいる辺りも、残雪や緑の山に囲まれているんですか。 いい環境でうらやましいですね。

私の今の心境を詠んで見ました。

 安曇野の 夏を待てずに 友逝きぬ

投稿: スロー人 | 2007年6月10日 (日) 22時47分

この絵が出来上がった頃に、後輩が亡くなられたなんて・・・何となく繋がりを感じますね。こういう不思議って、時々ありますよね。亡くなる直前に夢で会ったりとか・・・。
後輩の方はまだお若いんですね。ご病気だったのでしょうか?人の命の儚さを感じます・・・。
ひめひめからもご冥福をお祈りします。

投稿: ひめひめ | 2007年6月11日 (月) 00時13分

***** ひめひめさんへ *****
後輩ではなく、会社時代の2年先輩の方でした。 お忙しい人なので、ここ2~3年は年賀状のやり取りくらいで、お会いしていませんでした。
私も絵を描くようになって安曇野が好きになり、度々訪れていましたが、東京に住んでいたこの先輩とは安曇野で会う事はありませんでした。
お互いに安曇野好きで一致していましたが、安曇野の絵が完成した日に訃報を聞いたことに、何か因縁を感じます。
本当に人の命の儚さを身にしみて思います。

投稿: スロー人 | 2007年6月11日 (月) 17時36分

スロー人さん、初めまして。
ひめひめちゃんのブログから飛んできました。
カフェ&ギャラリー悠 でビーズの展示会を主催している者です。
実は本日、悠に行ったら、芳名帳にスロー人さんの名前を見つけました。
ひめちゃんのところでお名前を何度か拝見していたのでもうびっくりです!
ひめちゃんにもその場からメールしちゃいました。
わざわざ足を運んでいただいて 本当にありがとうございました。

スロー人さん、絵を描かれるんですね。
北アルプス・・・と聞くとちょっと胸がときめきます。
家族で山に登ってますので。
まだまだ初心者ですが 北アルプスは憧れの山域です。
お知り合いの方は残念でしたね・・・
ご冥福をお祈りいたします。

初めてなのに長々と失礼しました。
そして本当にありがとうございました。

投稿: ジュリア | 2007年6月13日 (水) 16時25分

***** ジュリアさんへ *****
始めまして・・。 ご訪問ありがとうございます。 そして、ご丁寧なご挨拶まで・・。
今日は、14時まで時間があったので、妻を誘ったら是非見たいというので、2人で作品展拝見してきました。 こっそり拝見するつもりが、芳名帳があったのでつい記入してしまいました。
皆さん立派な作品ばかりで驚きました。
お値段も安かったので、妻はイヤリングと小物入れを買ってきました。
なかなか盛況のようですね。 これからも頑張って、皆さんの腕が上がるようご指導お願いします。
我が、ひめひめをよろしくお願いします。(・・って、父親の心境・・?)

投稿: スロー人 | 2007年6月13日 (水) 20時20分

スロー人さん、ひめひめからも改めて御礼を!!
(ひめひめのブログにもお礼のコメントを入れましたので、是非目を通していただければと・・・。)
お忙しい中、奥様と一緒に足を運んで下さって、ありがとうございました。購入までして下さって・・・もう本当にが出るほど嬉しいですっ◎
こういう作品展がこれから何度かあれば、どんどん腕もあがるだろうと思います。
これからもひめひめの成長振りを楽しみにしていて下さいね(・・・って、娘の心境・・?笑)

投稿: ひめひめ | 2007年6月15日 (金) 02時21分

***** ひめひめさんへ *****
再びのご訪問ありがとうございます。 黙って見させてもらう積もりだったのに芳名帳に記入してしまいました。 ジュリア先生からもお礼のコメントを戴き恐縮しています。 こんなだったら、もっと作品を購入してくればよかったのにと妻とも話しています。(すごく安かったし・・) 販売品は売り切れてしまいそうで心配でした。
これからも修行(?)を積んで、立派な作品をどんどん作ってください。

投稿: スロー人 | 2007年6月15日 (金) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/15372752

この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプスの絵:

« 国立新美術館へ | トップページ | 小さな喫茶店~♪ »