« 小さな喫茶店~♪ | トップページ | 同期入社仲間と一泊ゴルフ »

2007年6月16日 (土)

油絵 ”坂の道”

最新作油絵 ”坂の道”が完成した。

このところ、日洋展、県展、友人の個展やグループ展など、絵の展覧会に頻繁に足を運んでいる。
それらのいい絵に接して刺激を受け、このところ描く意欲が湧いて、家でもキャンバスに向かう時間が多くて完成のピッチも早い。

Photo_189 以前スケッチしたり、取材した風景の資料を引っ張り出して、その時のイメージを思い出しながら描いている。

この絵は、確か千葉の館山の辺りで観たなんでもない坂道だが、群生する白い水仙が目に留まったときの印象がモチーフになっている。

最近よく見る、モネの「光の印象」の感じを出そうとしたが、私の腕ではとても無理な課題であった。

                      ーー 坂の道 (F8号) ーー

|

« 小さな喫茶店~♪ | トップページ | 同期入社仲間と一泊ゴルフ »

コメント

こんにちわ♪
この絵は浮いて見えますよ。
私的にはとても魅力のある作品です(だからと言って他の作品がダメってわけではありませんが)
絵を描く才能を持ってらっしゃるのは素晴らしいと思います。

投稿: Satomi | 2007年6月16日 (土) 12時32分

***** satomiさんへ *****
梅雨に入ったと思ったら、もう梅雨の中休み? こちらは夏のように暑い一日でした。
絵のこと、ありがとうございます。 気に入っていただいて嬉しいです。 浮いて見えましたか。
satomiさんの言う「浮いて見える絵」と言うのは、陰影のはっきりした(めりはりのある)絵なんでしょうか。
これからも、浮いて見える絵を目指して描いていきたいと思います。

投稿: スロー人 | 2007年6月16日 (土) 20時33分

今回の「坂の道」は色調の特徴(色の深さと厚さ)が良く現れて、坂の勾配と両側の白い花。
ヤハリ、イメージを思い出しながらの創作は思い入れが出ますようで。
 最後の分を引用しますと。
今の季節、モネの絵は日本人の感性に良く合いますね!

投稿: 久米仙人 | 2007年6月17日 (日) 18時45分

展覧会に足しげく通っていると「絵を描きたい」思いに駆られてくるんでしょうね~。
絵を描ける人のみに感じられるものなんでしょうねぇ~羨ましいですっ。

なんでもない坂道、とおっしゃってますけど、こうやって絵になると「絵になる」ものですね。
なんでもない坂道ではなくなるのが不思議です。
白い水仙の群生が、とっても清々しい印象を与えていますね♪

投稿: ひめひめ | 2007年6月18日 (月) 00時45分

***** 久米仙人さんへ *****
最近、今流行の「モネ」の絵に関心を持っていて、「光と影」がこんなに表現できたらナーと思っています。
モネの絵は、今の季節だけでなく、四季折々の絵が素晴らしく、これは、日本人だけでなく多くの人々に感動を与えていると思います。

投稿: スロー人 | 2007年6月19日 (火) 16時22分

***** ひめひめさんへ *****
展覧会へ行って感動すると、絵を描く意欲が出るのは、感動した映画を見終わると、映画館を出た時に、その映画の主人公になった気分になっているのに似ていると思います。
以前、小樽の「石原裕次郎記念館」を訪れた際、記念館を出た時に、胸を張って裕次郎然と歩いている自分に気が付きました。(感化されやすい私・・)
そうなんです。 なんでもない景色なのに、絵にして見ると「絵になっている」ことがあります。
この景色は絵になる・・と、最初から見つけられるようになるには、まだまだ修行が必要です。

投稿: スロー人 | 2007年6月19日 (火) 16時35分

おはようございます。
とても素敵な絵ですね。
実は私、小学生の頃、絵画教室に通ってました。
でもなんてったって小学生ですから
それがその後の人生に役に立ったか、と言われたら
・・・・・。 
音楽とか美術とかっていうのは
その人の感じ方で色々な捕らえ方や
表現の仕方ができるので 私にはとっても心地よいです。
1+1が必ずしも2にならなくていいわけで。
心をきれいにする材料になりますよね。
これからも素敵な作品をたくさん描いてください。
「悠」で個展なんていかがでしょう!
ひめちゃんと観に行きます!!

投稿: ジュリア | 2007年6月20日 (水) 05時47分

***** ジュリア先生へ *****
絵、褒めていただいてありがとうございます。 ジュリア先生は子供の頃絵を習っていたんですね。 今はその経験が立派にビーズ制作に役立っているんではないでしょうか。絵やビーズは出来上がりの形は違っていても、デザインを決めたりする際のセンスに通ずるものがあると思います。私の伯父は彫刻家でしたが、いつもスケッチブックを片手にスケッチしていたのを覚えています。 絵も彫刻もビーズも源は同じ気がします。<下手くそな素人絵描きが、講釈を述べてしまってすみません>

私も、書き溜めた絵が60枚ほどになったので、10月に川口市(南浦和)で、個展か二人展をする予定になっています。(ブログで公表するのは始めてです) 

投稿: スロー人 | 2007年6月20日 (水) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/15451518

この記事へのトラックバック一覧です: 油絵 ”坂の道”:

« 小さな喫茶店~♪ | トップページ | 同期入社仲間と一泊ゴルフ »