« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月28日 (火)

まだまだ暑い畑で・・・

収獲にだけは2日に1度くらい顔を出すが、連日の猛暑続きに尻込みして、畑の作業をサボっていた。
・・が、秋/冬野菜の種蒔きや植え付けの準備が気になっていて、早朝から久しぶりの畑仕事をした。

↓やっと1/4を耕したところで
  ・・・・・フッー  一休み

826 取り敢えず、収獲して放たらかしにしていた枯れた茎やつるを整理して、耕耘機で耕すことだけを今日の目標とした。

朝早起きして7時半には出かけた。 早い間はまだそんなに暑くはなかったが、8時過ぎると暑くなって、上下とも下着は汗でグッショリ。 水分を補給しながら日陰に椅子を置いて休んでいると、涼しい風が通って元気を取り戻す。
さすがに、今頃の風は涼しくて心地よい。
そんなことを3~4度繰り返しながら、やっとA~Hの全区画の空地を耕し終えた。

10時半ごろ、グッタリして帰還、シャワーに飛び込んだ。

        ー・-・-・-・-・-・-・-・-

       <今日の畑 ; 作物の状況>

Photo_4 ←落花生
   今年初めて挑戦

H190826_2 ゴーヤ→
今年初めて挑戦
隔日に3~4本収獲

Photo_6 ←ささげ
 
赤飯に入れる豆
 今年は豊作だ

H190826_4

             ブロッコリー →
             8/4に苗を植えたもの
             元気に根付いている



H190826_5


←トマト
  今年は大玉トマトが良く出来た
   例年なら完熟前に落ちてしまって
   いたのに・・・

これら以外にも、”さつま芋”や”長ネギ”や”里芋”などが、暑さに負けず、元気に育っている。

             

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

日本の自然を描く展・・へ

”日本の自然を描く展”(上野の森美術館)を観てきた。

Photo 近所のMさんも観たいとのことで、ご一緒した。
全国からの応募総数が6,350点だったそうで、入選作品の展示数も多かったが、選考する選者の方も大変だったろうと、変なところで感心した。

私の入選作品(春の兆し・常念岳)も展示されていた。
                      (↑クリック)
沢山の力作の並ぶ中で、自分の作品を比較して眺めると、自分の足りない点や未熟な点が判って、大変参考になる。
          ( ↓クリック ) 
ブログ友達の ジュリアさん もわざわざ観に行ってくれて、ご自分のブログに感想をアップロードしてくれた。

ジュリアさんは、ご家族揃って山好き、”山歩き”を楽しんでいる方で、日本の自然・・特に山の絵に興味を持って観てくれたそうだ。
ブログ友達にも足を運んで頂いて観てもらったことは、励ましにもなって、これからも趣味としての絵を続けていく勇気をもらった思いだ。

  ー・-・-・-・-・-・ー・-・-・-・-・-・-・-・-

先日8月22日に、” 私の油絵展示館 ” を開設してブログにアップロードしたが、22日以降、連日アクセス数が200を超えている。
沢山の人につたない絵を観て戴いて、嬉しいと言うよりも、反響の大きさに驚いている。
お褒めのコメントも戴いて励ましになり、これからも趣味として油絵を続けていく勇気を戴いたと思っている。

  ー・-・-・-・-・-・ー・ー・-・-・-・-・-・-・-

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

”私の油絵展示館”設置

”私の油絵展示館” 設置・・と言っても、本物の展示館ではありません。

このブログ「60の手習い」の、画面右側のサイドバーに、「私の油絵展示館 」なるアルバムを設けました。

油絵を始めてほぼ3年4ヶ月、SMサイズ~60号まで、約70点を描きましたが、取り敢えず、40点ほどの作品を載せました。  過去のものも、新しいものも漸次追加してしていきたいと思います。
嫁入りした絵や、潰してしまう絵もあって、全部は載せられませんが、描いた半分くらいは載せていきたいと思います。

新しい作品が上に並ぶようにして、ほぼ制作順に並べたので、順に下から見てくると上手になっていく過程が判るかな~と思うのですが・・・。 (上手になっていけば・・・ですが)

それと、その頃・その頃の興味の変遷も判るかも知れません。
その絵にまつわる当時の想い出も、よみがえりそうです。

更新記事の絵と、ダブって載せることになりますが・・・

クリックして覗いてみてください。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

残暑の麻雀

40℃を超える記録的な暑さの連日から一転、昨日からは過ごし易い気候になった。

昨日は、蝉の鳴き声が「あぶら蝉」の”ジリジリ”から、「ツクツクボウシ」の”オーシン・ツクツク”に変わったし、昨夜は、秋の虫の鳴き声さえ聞こえた。
季節の急激な変化に驚く。

そんな昨日、会社時代の先輩ご夫婦が我が家を訪れた

海外勤務時代に、家族でお世話になったご夫婦で、当時真面目だった私(今でも真面目だが・・・)に、ゴルフや麻雀を教え込んだ悪い先輩でもある。
私が定年退職後は、月一度のペースで我が家に来てくれて、昔話や、畑へ行っての収穫や、妻の手料理や、そして麻雀を夜まで楽しむ、心許したご夫婦である。

今回は涼しくなったとは言え、まだ夏の暑さの残る畑へは行けなかった。
その代わり、お話しや麻雀を精一杯楽しんだ。

Photo 妻は、前日までのお盆の間の4日間、娘と一緒に我が家に来ていた1歳と5.5歳の孫の世話でヘトヘトとになり腰を痛めていたが、リラックスした会話や心待ちしていた麻雀に、腰の痛みも忘れがちになっていた。

麻雀は、名人の域に達している先輩ご夫婦に調子が出ず、妻が2度もトップになるなど、我が夫婦が久しぶりに快勝した。

   「ツクツクの 蝉の声きいて ロンと鳴く」  (スロー人)

妻は、最初の頃は腰を痛そうにしていたが、勝つ毎に腰の調子は良くなっていき、、終わり頃には、腰はシャンとしていた。

麻雀の勝利が腰に効くとは驚いた。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年8月15日 (水)

春野菜のまとめ

連日の猛暑で、畑に出向く気力も失せているが・・・

この時期畑は、春野菜がほぼ収穫が終わり、徐々に秋野菜の種蒔きや苗の植え付けの準備に入らなければ・・・(汗)

そこで、春野菜の今年の収穫状況についてまとめてみた。

★ 今年今までに栽培した野菜の種類 : 43 種類

★ 比較的出来具合の良かった野菜 : 
    人参、 さやえんどう、 ズッキーニ、 ジャガイモ、
    いんげん、 枝豆、 大玉トマト、

★ 失敗した野菜 :
    いちご、 キュウリ、 玉ネギ、 カブ、 

出来のよかった野菜の中では、ズッキーニは最高の成績だった。
例年8株栽培しているが、50本程度の収穫だった。
今年は、4倍の、206本を収穫 した。 しかも、病気も発生せず、形の整ったズッキーニばかりだった。
お陰で今年は、あちこちにお裾分けできたし、いろいろな調理方法で美味しく食べた。
株間を広くし、周りのスペースも余裕を取って植えつけたのが良かったものと考えられる。
さらに、カラス対策のネット囲いも、成功した。

ジャガイモは、今年150kgの目標だったが、161kgを収穫 し、ギリギリ目標を達成した。
枝豆は、例年虫の被害で全滅状態だったが、今年はほぼ虫の被害がなく収穫できた。

失敗したいちごは、50個 しか収穫できなかった。
苗は、自分でランナーを育成して採ったが、これを4年繰り返したのが失敗だった。  教本では、3年毎に親苗は更新すべきとあったが、4年目を試したものだった。

また、キュウリ160本 しか収穫できず、これは例年の収穫300~400本の半分以下の収穫だった。  これは、今年の早く来た台風の風にやられたのが原因だ。

カラス対策も含めて、失敗や成功の原因を更に検討して、来年の参考にしたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

暑い!!・・・・

暑い!・・・ 兎に角暑い!

今年の夏は特別に暑いように感じる。
立秋を過ぎたというのに、朝から兎に角暑い。

朝からこんなに暑いのを”モーニング娘”ならぬ ”モーニング・ 蒸すネ~ ” と言うそうだ。
朝トイレに入っても、小窓は開いていても、狭い空間は焼けるように暑い。
・・・これが本当の ”ヤケクソ ” だ~。 (品がない~!)

今年こんなに暑く感じるのは、私が歳とったからなのかナ~・・などと思ってみたりする。
そうだとすると、どんどん歳を重ねた15年、20年後は、どんなに暑さの感じになるのだろうか。 ~恐ろしい暑さになってしまう。

いや・・・今年は確実に気温自体が例年より暑くなっているものと思う。
地球温暖化は確実に進んでいるのではないだろうか。
米国も中国も、温暖化対策を真剣に考えて欲しい。

こんなに暑い日中は、部屋の中でクーラーのお世話になって、ジッとPCの相手をしたり、絵を描いたり、本を読んだりしている。
そして、涼しくなった夕方から、行動開始。 それでも多少は暑くて、畑仕事は短い時間だし、それほど捗らない。

ジッと我慢して、この暑さが通り過ぎるのを待つとしよう。 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

日本の自然を描く展

「上野の森美術館」に於いて 「第20回・日本の自然を描く展」 が開催されており、私の絵も下記の期間展示公開される。

 ↓春の兆し・常念岳 (F10号)
Photo昨年から応募し、昨年に続いて今年も「入選」したものだ。
昨年は「蔵」で入選し、今年は「春の兆し・常念岳」を出品した。
両作品とも、ブログにアップして、紹介した作品である。

Photo_4 この公募展は、(財)日本美術協会、上野の森美術館、フジサンケイグループが主催し、文化庁が後援している。

全国規模の応募で多数のため、4期に分けて展示される。

       < 写真をクリックすると画面が拡大します >

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の作品は、第4期の下記に展示される

展示期間 ; 8月20日(月)~8月24日(金)
場   所 ; 上野の森美術館
開館時間 ; 10:00~17:00
         最終日は14:00まで 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

北京オリンピック、大丈夫?

先日サッカーの「U-22」の試合をTVで観た。
観たといっても、20分くらい観て、スイッチを切った。

試合は、日本対中国戦。
試合開始直後から、一方的なサポータの声援とブーイングに驚いた。  日本選手のちょっとした動きにも、ものすごいブーイング起きる。

また、試合開始して間もなく、審判の判定に、エエッっと思うことが多かった。  日本選手へのホイッスルが圧倒的に多い。
さらに、明らかに中国選手の違反で倒れたのに、日本選手にイエローカードが出されたりする。

サポータの偏った声援と、審判の偏った判定ばかりが気になって、試合の内容を観る気力が失せてしまった。
日本選手が気の毒になったこともあって、TVのスイッチを切ってしまった。

後日新聞報道で判ったが、この試合結果は0-0の引き分けだった。  また、これは中国の瀋陽で行われた試合で、審判は全員中国人だったそうだ。
さらに、試合終了後、日本人サポータ100人ほどに、圧倒的に多い中国人サポータが紙コップを投げつけたり、集団で罵声を浴びせる騒ぎが起き、日本人サポータは場外に出られず、30分ほどスタンドに待機したそうだ。
以前、中国でのアジアカップの試合で、中国人サポータが暴徒化したことを思い出した。

スポーツの試合は、勿論勝つに越したことはないが、負けても一生懸命プレーした選手に、爽やかな声援を送りたくなるものだ。
スポーツ観戦にも、それなりのマナーや品格が必要である。 
審判員の品格など当然のことである。

この試合を観て、一年後の北京オリンピックは本当に大丈夫なのかと疑問を抱いた。
中国食品の安全の問題と併せて、一年後に改善されるとも思えないのである。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

油絵 ”ブナ林の小道”

最近、”道” をモチーフに油絵を描くのが気に入っていて、道シリーズの3作目、”ブナ林の小道”が完成した。

   ブナ林の小道 (F8号)
Photo_2 これは、先月8~9日、十日町の当間(あてま)高原リゾート”ベルナティオ”に、友人夫婦と我々夫婦の4人で訪れた際、のんびりとブナ林を散策した時の絵である。

初夏のブナ林は、木漏れ陽が漏れて明るく、癒しの林そのものであった。
ブナは、常緑樹と比べて葉が薄いため、林の中は明るくて見通しがよい。
こんな気持ちよい林の中を、一時間ほど癒されながらの散策だった。

ブナは、材木としての価値はないが、その林は保水力に優れていて、天然のダムの機能があるそうだ。
また、地上1mほどのところで曲がっている樹を多く見かけたが、若樹のころ、積もった雪で曲がって育ったものだそうだ。

ブナ林散策の帰り道は、”わらび”がたくさん採れた。

モネの絵を観て以来、”陽の光と影”の意識が強く印象に残っていて、この絵もそんな雰囲気の絵に仕上がった。 A

    < 絵をクリックすると、画面が拡大します。>

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »