« 秋らしくなってきた畑 | トップページ | さつま芋堀り »

2007年10月17日 (水)

80枚目の油絵

3年半前に定年退職した後、描き始めた「油絵」の80枚目が完成した。

 ↓ アカシヤの道  F8号  (クリックすると拡大画面に)
80 これは、安曇野の「観光わさび園」近くの景色で、アカシヤの咲いている、小川沿いの土手道である。

安曇野を訪れた時にお世話になる、民宿「ごほうでん」の脇の道で、7月末に訪れた時、散歩中に見つけた景色である。

このところライフワークになっている「道シリーズ」の絵にピッタリの景色であった。
脇には清流の小川が流れていて、土手の内側には、麦や花などが植えられている。

正面に見える建物が「ごほうでん」の本館、別館などで、これらの建物は、古民家を移築して建てられ、実に重厚な建物である。
左側に「観光わさび園」が、右側の村落の上に「常念岳」がデンとそびえている。

いつ、何度見ても、心休まる安曇野の風景である。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-

油絵を描き始めて3年半、80枚とはよく辛抱強く描いたものだと思う。
SMサイズの小品から、60号までサイズはいろいろだが、10号サイズを主に描いてきた。  月平均では、約2枚ずつ描いてきたことになる。
少しずつだが、描きたい絵が描けるようになってきたかナとは感じ始めたこの頃である。

|

« 秋らしくなってきた畑 | トップページ | さつま芋堀り »

コメント

背景に山がそびえてたら、この前行った両親の田舎にそっくりです。
きっと皆、落ち着く風景なのかも?!

投稿: 夢眠 | 2007年10月17日 (水) 22時36分

すごいっ!
80枚ですか!
おめでとうございます!
これはもう100枚・・・200枚と
是非増やしていってください。
そのうち美術館が必要になりますね。(笑)

でもって もう一つ驚いたことが・・
「ごほうでん」 ヤマ友さんで常宿にしてる方がいます。
レポにいつもこの民宿が出てくるので
びっくりしました!!
ここを基点に登山されているんですよ。
なんか全く違うジャンルのブログなのに
共通のものが出てくるとうれしいっ!

投稿: ジュリア | 2007年10月18日 (木) 05時18分

もう、80枚も描かれてるんですか。
思い出の景色が絵に表せるというのは何と素晴らしいことでしょう!本当にいいご趣味ですね。
私は、高校の時、美術を選択していた位でです。(笑)
ただ、4~5年前位前までは、良く市展、県展には足を運んでました。機会があれば、スロー人さんの絵を見に行きたいです。
ではでは。

投稿: よびばあ | 2007年10月18日 (木) 10時23分

80枚とは!!スロー人さん、すごいですねー。
月に2枚って言うと「ふーん」という感じがするかもしれないけれど、それをずーっと続けているところにすっごく意味があるのだと感じます♪
この絵、わさび園の近くなんですね?
わさびの栽培は綺麗な水が必要なので、この絵に描かれている小川もきっと綺麗なんだろうな~って想像しました。
小川のせせらぎも感じますよっ◎

投稿: ひめひめ | 2007年10月18日 (木) 21時46分

********** 夢眠さんへ **********
この絵の左側から「ごほうでん」を見ると、正に北アルプスの山並みが、そびえています。
常念岳、蝶岳などが、手に取るような近さに見えます。
九州の山々とは違った感じで山が望めます。
こんな景色は何度見ても本当に落ち着きますね。

投稿: スロー人 | 2007年10月18日 (木) 22時28分

********** ジュリア先生へ **********
美術館は無理ですが、今でも一部屋は描いた油絵の額やキャンバスが積まれた保管室の体になっています。
今、ラックなど、整理の仕方を考慮中です。
「ごほうでん」奇遇ですね。 この絵の正面に見える建物が「ごほうでん」です。
「ごほうでん」の風呂からは、常念岳が直ぐそこに眺められて、実に絶景です。
ジュリア先生も、北アルプス登山の際は、利用することをお勧めします。
ここの女将は、私の絵の先生の同級生です。

投稿: スロー人 | 2007年10月18日 (木) 22時39分

********** よびばあさんへ **********
描いた絵夫々には、その時々の思い出が詰まっていて、写真とは一味違った思いに浸れますね。
よびばあさんも絵を描かれていたんですか。
今は描かないんですか。 経験がおありですから、ぜひ描かれるといいと思います。

市展、県展には、私も出品しています。
今年の市展は、来週始めに応募搬入で、入選すれば、10/28~11/03の期間、県立近代美術館(北浦和)に展示されます。
もし、入選したら、このブログで発表しますので、ぜひ足を運んでみてください。

投稿: スロー人 | 2007年10月18日 (木) 22時50分

********** ひめひめさんへ **********
毎週油絵教室に通っているので、教室の予習、復習で自宅で描いているうちに、80枚になりました。
でも、人手に渡ったり、プレゼントにしたり、気に入らなくてその絵の上に違う絵を描いてしまったりで、実際に手元に残っているのは、65~70枚くらいだと思います。
この絵の辺りの小川は、北アルプスの雪解けの清流なので、本当に綺麗で、わさび栽培にはぴったりだと思います。
この絵の川も、せせらぎ・・というよりは、とうとうと流れていました。

投稿: スロー人 | 2007年10月18日 (木) 23時00分

アカシヤの並木道に小川に わさび園にと
見ていて 飽きさせない 豊かな絵ですね。
いつ見ても うまいです。
もう80枚も 描いてられるんですか。
すごい!
月に2枚のペースは とっても早いですね。
お上手だから 描くのが 楽しくてしかたないんだろな~。

投稿: はいび | 2007年10月20日 (土) 07時06分

この絵も何とも素敵ですね。
古民家の中に、入って見たいですねエ。

3年半で80枚ですか、凄いですね。
家庭菜園も玄人はだしですし、もうスロー人さんのパワーには尊敬するばかりです。
定年退職後の生活が、これほどまでに充実していらっるなんて、素晴らしいです。

投稿: マーちゃん | 2007年10月20日 (土) 15時21分

********** はいびさんへ **********
安曇野というと先ず北アルプスのイメージですが、山を見なくてもこんな良い景色があることを、初めて自覚しました。
絵は速さではなくて、丁寧に時間をかけて書き込めば良いのでしょうが、書き始めるとどうしてものめり込んでしまう癖のある私です。

投稿: スロー人 | 2007年10月20日 (土) 21時26分

********** マーちゃんへ **********
古民家を移築したこの民宿「ごほうでん」は、外見もさることながら、中へ入っても太い柱や梁に驚きます。
それに、この宿の風呂から眺める北アルプスは、常念岳、蝶岳など手に取るほどの近さに見えて、絶景です。
客室は古民家なのに洋式ベッドで、それが上手く調和しています。
こんな古民家に憧れて、いつも利用させてもらっています。
油絵、完成する度にその時の状況などをメモって記録しています。
この絵を記録しようと思ったら丁度№80でした。
畑は徐々に上手くなっているかと言えば、天候や虫が相手なのでそうとも言えず、ただ野菜が育つのを見るのが楽しみになっています。
子供を育てるように手塩にかけて育てればそれに答えてくれるのが嬉しいのです。

投稿: スロー人 | 2007年10月20日 (土) 21時40分

私へのコメントへの丁寧なお返事ありがとうございます。
それに比べて、私ったら、3年半→2年と、月2枚ペースの2と勘違いしてしまって・・・又もや失態お恥ずかしい。スミマセンでした。

投稿: マーちゃん | 2007年10月21日 (日) 08時28分

安曇野のアカシヤの花と古民家、その風景画は
まるで歌の世界ですね!
道シリ-ズは益々佳境でその色調が好いですね。
3年半で80枚とは感服、その趣味とは言え継続に精神力を感じます。
又ブログで素敵な油絵にお目に掛かるのを楽しみにしてます。

投稿: 久米仙人 | 2007年10月21日 (日) 17時42分

********** マーちゃんへ **********
ご丁寧に修正コメントありがとうございます。
気にしないで下さい。 私も良くいろいろなところでチョットしたミスはよくします。
本文コメントの方、修正させてもらいました。

投稿: スロー人 | 2007年10月21日 (日) 19時24分

********** 久米仙人さんへ **********
アカシヤの小径♪・・どこかで聞いた音楽の題名?  あれは確か すずかけの小径♪・・でしたね。
一度気にしだすと、道を見るとなんだかむずむずして、描きたい心境になってしまいます。
特に木洩れ陽が指す道だったりするとなおさらです。
別に無理して描いている心算ではないんですが、数えてみたら80枚目の絵でした。

投稿: スロー人 | 2007年10月21日 (日) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/16789933

この記事へのトラックバック一覧です: 80枚目の油絵:

« 秋らしくなってきた畑 | トップページ | さつま芋堀り »