« 紅葉狩りに | トップページ | 玉ねぎなどの植付 »

2007年11月14日 (水)

干し柿

先日、例年「春キャベツ」や「玉ねぎ」の苗を分けて頂いている、園芸生産農家に苗の予約に行った。

そこのオーナーと話し込んでいると、ハウスの向こうに柿の木が何本か並んでいるのが見えた。

↓ぶら下げて一週間後の干し柿
Photo 私は、干し柿が好きで、一昨年の今頃、安曇野にスケッチ旅行した時に、定宿にしている「ごほうでん」の女将から、渋柿をビニール袋いっぱいに頂いて、自作で干し柿を作った。 これが実に美味しかった。
干し柿は自分で作るのが一番だ ・・・と思った。

それに味を占めて、渋柿を作っている農家がないか毎年探していたが、今頃はほとんど「甘柿」しか植えていないようで、最近は諦めていた。
そのことをオーナーに話すと、「持ってっていいよ」・・と、ハウス脇の柿ノ木から柿を、高鋏でもいでくれた。
(本当は、この10倍、どうせ熟して落ちてしまうなら、その木に成っている柿全部が欲しかったが、そこまでは言い出す勇気はなかった(涙))

頂いた柿は早速皮をむいて、ベランダの軒先にぶら下げた。
吊るして一週間後の今日あたり、黒ずんできて、いい感じになっている。

年末には「干し柿」が完成することと思う。
今から楽しみだ。

|

« 紅葉狩りに | トップページ | 玉ねぎなどの植付 »

コメント

最近、渋柿はあまり、目にしなくなったような気がしますね。偶然、渋柿に出会って、早速干し柿にされたようで、美味しい干し柿ができるといいですね。
私も、たまたま、干し柿でできた、お菓子をいただきました。これも美味でした。
ではでは。

投稿: よびばあ | 2007年11月14日 (水) 20時14分

毎年、わざわざ購入して作ってたのですが需要がなくなり止めてます。
たまに食べたいと思うけど…結局は食べきれないので^_^;
だけど自分で作るのが本当に一番美味しいです。

投稿: 夢眠 | 2007年11月14日 (水) 21時07分

********** よびばあさんへ **********
本当に毎年、農家の辺りをドライブする時は、妻と共にキョロキョロと渋柿を探すのですが、見当たらなくなりました。
見つけたとしても、どう言って譲ってもらうか勇気が必要ですが・・・。
せめて頂いた柿が上手く干し柿になればいいと思っています。

投稿: スロー人 | 2007年11月14日 (水) 22時00分

********** 夢眠さんへ **********
渋柿、売っているんですか。
我が家の辺りのスーパーでは見当たりませんが・・
需要がなくなり・・というのは、夢眠さんはあまり好きではないのかな。
子供の頃は、庭に何本も渋柿の木があって、いっぱいつるし柿にしてありました。
学校から帰ると、がまん出来ずに、まだ完全に乾いていない干し柿をこっそり取って食べたのを覚えています。 美味しかったです。

投稿: スロー人 | 2007年11月14日 (水) 22時10分

エーン! 送信したらエラーになって
入れたコメント消えちゃった・・・涙。

気を取り直してもう一度・・・

干し柿、我が家も大好きで
毎年食べてます。
が・・もちろんスーパーで買ってきたものです。(悔)
あんぽ柿?を良く買いますが いいお値段しますよね。
おうちで作ったらどんなにおいしいでしょう。
これって ただぶら下げておくだけじゃなくて
焼酎とかかけるんでしたっけ?

実家にも柿の木があったはずだけど
あれは渋柿だったかなぁ・・
今度母に聞いてみよう。

投稿: ジュリア | 2007年11月15日 (木) 05時22分

********** ジュリア先生へ **********
気を取り直して再度の送信、ありがとうございます。 (私も、良く送信エラーします)
買った干し柿も美味しいですが、家で作ったものは、完全乾燥ではなくて、中身がちょっとトロットしていて美味しいです。
皮をむいて紐でぶら下げるだけです。
焼酎は渋抜き柿で使いますが、干し柿には使いません。
実家の渋柿、今度なんて云わずに、早くしないと熟して落ちてしまいますよ。 もったいない!

投稿: スロー人 | 2007年11月15日 (木) 09時12分

干し柿懐かしいですね。
実家でも、風物詩が又一つなくなっていました。
スロー人さんは、何でも手作りに挑戦で感心します。お店で売っているのとは違って、中身がトロッとしていて、あの味がたまりませんでした。
祖母に「美味しい時には無くなってしまうじゃないの」と、よく叱られていました。
柿を吊るしている紐は、何ですか?最近たまに見かける干し柿は白いビニール紐などですが、昔は細長い葉のマホラン(九州での呼び名)を砕いて延ばしたので、干し柿作りの手伝いをしてました(昔話ばかりでごめんなさい年のせいでしょうか・笑)

投稿: マーちゃん | 2007年11月15日 (木) 11時08分

干し柿って作るのが難しいと聞いたコトがあるような???
気候に左右されるんでしょうかね?

渋柿を干すとあんなに甘い干し柿になるって最初に気づいた人はすごいですね。
で、今は渋柿を探すのが大変なんですね?
ひめひめの自宅近辺には庭に柿の木があるお家が多い気がしますが、それも甘柿なのかしら?
見た目では全然違いの分からないひめひめでした。

年末、おいしい干し柿が出来上がっていますように♪

投稿: ひめひめ | 2007年11月15日 (木) 11時44分

********** マーちゃんへ **********
そうですね。 私たちが子供の頃は、どの農家にも軒先に干し柿がぶら下がっていて、晩秋の風物詩でしたね。
私も待ちきれずに、こっそり完成前のを取って食べては叱られました。 同じですね。
私はビニール紐でぶら下げましたが、昔は藁縄でぶら下げていたように記憶しています。
マホランは知りません。 植物の茎か何かでしょうか。

昔話が出るのは、私も同じです。
昨日、都内で、会社社史出版記念パーティーがあっていってきましたが、OB連中が集まると、あの頃、その頃の昔話で盛り上がりました。

投稿: スロー人 | 2007年11月15日 (木) 23時14分

********** ひめひめさんへ **********
人によっては、途中で腐ってしまうとか、かびてしまう・・とか聞きましたが、何回か作りましたが、失敗はありませんでした。
生まれ故郷の甲府では、八ケ岳おろしの風が強くて乾燥した気候なので干し柿がよく出来ました。
山梨では干し柿を「枯露柿(ころがき)」と云っていました。
渋柿を干すとあんなに甘い柿になること発見した人はすごいですよね。

今日庭からもいだ甘柿を戴いたので、これも実験的に干し柿にしようとぶら下げてみました。
果たしてどんなことになるやら・・・。

投稿: スロー人 | 2007年11月15日 (木) 23時23分

干し柿まで お家でできるんですね。
スロー人さんの 干し柿を眺める 嬉しそうなお顔が
思い浮かんできそうです。
家にも柿の木がありますが 甘柿です。
とても小さな柿が 毎年たわわになって
父が 楽しみにして取って みんなで食べます。
鳥も 毎年楽しみにしているようです。

投稿: はいび | 2007年11月17日 (土) 05時33分

********** はいびさんへ **********
我が家の辺りを散歩していると、柿の木がたわわに赤い実をつけているのを良く見かけます。
我が家の庭では狭すぎて、柿の木は植えられず・・・トホホ
はいびさんの家の柿の木も甘柿ですか。
最近は渋柿に木を見かけなくなりました。
お父さんが育てた柿を、皆で食べるなんて、とてもいいご家族ですね。

投稿: スロー人 | 2007年11月17日 (土) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/17066445

この記事へのトラックバック一覧です: 干し柿:

« 紅葉狩りに | トップページ | 玉ねぎなどの植付 »