« 忘年ゴルフ/優勝 | トップページ | 白菜鍋で忘年会 »

2007年12月11日 (火)

油絵  ”晩 秋”

今年の秋を描いた油絵が完成した。
<絵をクリックすると拡大画面になります>

先月の11月8日、那須~日光方面に紅葉狩りに出掛けた。
(その時のブログ記事はこちらをクリック → 紅葉狩りに

    ↓ 晩 秋   (F6号)   
Photo_2  この絵はその時、日光の ”湯の湖畔” を散策していた時に見た風景で、古びた別荘風の建物が、木立の中にひっそりとたたずんでいた。
周りの木々はすっかり晩秋の色になっていて、落葉したカラマツの樹の間から差し込む木洩れ陽に、地面に落ちた葉が輝いていた。

近くの山は逆光で定かな色は判らないが、確かに晩秋の様相であった。
建物の向こうには落葉した雑木の林が、秋の陽を受けて淡いローズグレーの秋色に染まっている。

近くのカラマツは、少しの葉を残して落葉しているが、残った少しの葉は、陽の光を受けて見事な金色に見えた。
確かな「晩秋」の趣の景色だった。

そんな自然の景色の中にたたずむ別荘風建物が、とても印象に残った。
そして描いたのがこの「晩秋・・F6号」である。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-
この絵は、先日「日展」を観に行ってたくさんの見事な絵に接して感動し刺激を受けて、帰宅してからすぐに描き始めて、2日間ほどで、ほぼ描き上げたものだ。
また、先のブログ記事に掲載したこの景色の写真を見て、私が絵したら見てみたいと、リクエストのコメントを数人のブログ友達からいただいたものである。
果たして、ご期待に沿える絵になったかどうか・・・

|

« 忘年ゴルフ/優勝 | トップページ | 白菜鍋で忘年会 »

コメント

あー、この絵の素となった写真、しっかり覚えていますよー!!
「是非絵にして下さい!」とリクエストした人の中に、確かひめひめも入っていたはず?!

素敵です。
実際の写真よりもスロー人さんが描いた絵の方が温かみが感じられますねっ。
古い家の屋根の何ともいえない「赤色」が、良い感じで絵を引き立てているような気がしますよー。
(全て素人意見ですっ。失礼しましたっ・爆)

投稿: ひめひめ | 2007年12月11日 (火) 20時37分

晩秋出来上がりましたね。
写真も再度、観ましたが、やはり絵のほうが、あたたかみも、あじわいもあっていいですね。建物の向こうの落葉の雑木林の淡いローズグレーがなんとも、晩秋を感じるようです。
この絵をほぼ2日間で描かれたのですね。
素晴らしい絵を見せていただき感激です。

投稿: よびばあ | 2007年12月11日 (火) 21時29分

素敵な絵が出来上がりましたね。たった2日間ほどで完成とは、何事にも集中力がお有りなんだなぁと、感心しています。

ローズグレーって、初めて聞いた色の名前です(無知でして・・)素敵ですね。
遠くの山・近くの山の遠近感が良く出てますし、木漏れ日の向こう側の赤い家、晩秋の風情が素敵ですね。

投稿: マーちゃん | 2007年12月11日 (火) 21時40分

********** ひめひめさんへ **********
そうです。 ひめひめにもリクエストいただきました。
私もこの景色を気に入っていたので早く絵にしたかったのですが、日展観覧をきっかけに、俄然その気になって描き上げました。
実際の景色よりも、色の配色など考慮したり、陰影をはっきりさせたりするので、実際よりも良い感じの景色になることが多いです。
ただの枯れ木の野原でも、絵にすると素晴らしい景色に変身することが良くありますね。
気に入ってもらえてよかったです。

投稿: スロー人 | 2007年12月11日 (火) 22時35分

********** よびばあさんへ **********
気に入って頂いて、嬉しいです。
絵と写真の違いは、実際に見た景色を、自分なりに消化して、表現することだと思います。 その時、絵に不要な景色は除いたり、色合いを見栄え良くしたりと、その人のセンスでアレンジしながら絵にしていきます。
それが上手に出来る人ほど、上手な絵が描ける人だと思います。
私なんか、まだ入り口に差し掛かった程度の所で足踏みしています。
絵は乗ってくると早く仕上がりますが、乗らないと一ヶ月も、もっと掛かることもあります。

投稿: スロー人 | 2007年12月11日 (火) 22時48分

********** マーちゃんへ **********
家の向こう側の雑木林がローズグレーで、陽の光を受けて、とても印象的でした。
古びた別荘風の家が、この景色によくマッチしていて、見たとたん、絵になりそうだと直感しました。
晩秋の風情が何ともいえない雰囲気でした。
絵は乗ってくるとすごいスピードで描き上げます。 ただ、一晩でも乾かさないと、絵の具が混色して暗い絵になるので注意しなければいけないようです。

投稿: スロー人 | 2007年12月11日 (火) 22時57分

秋の風景素敵ですね。
赤い屋根が印象的で、冬を迎える前の時期にのんびり過ごしてみたいです。

投稿: 夢眠 | 2007年12月11日 (火) 23時06分

********** 夢眠さんへ **********
日光の11月といえば、もうかなり寒かったですが、小春日和の日差しで温かく感じました。
こんなのんびりした環境のこんな別荘で、マッタリと居眠りでもしながら本でも読んでみたいです。
夢眠さんなら、編み物かな・・?

投稿: スロー人 | 2007年12月12日 (水) 10時48分

油絵完成 おめでとうございます。
奥のローズグレーと手前の黄色が 優しい晩秋を
かもしだしていますね。
写真より ずっと素敵な仕上がりだと思います。
ローズグレーって 初めて知りました。
スロー人さんに ぴったりの色だと思います。

投稿: はいび | 2007年12月15日 (土) 04時53分

わあ~っ!
できたんですね!
すごい! あの写真がスロー人さんの手にかかると
こんなになるんですねー。
温かみを感じます。
色味もすごくいいですね。
真っ赤な紅葉やナナカマドもいいけれど
私は唐松が大好きなのでとてもうれしいです。
山もそうですが季節ごとに同じ場所に訪れると
また全然違う雰囲気を感じられますよね。

大作お疲れ様でした。
もう次の作品も決まってるのかな?
 

投稿: ジュリア | 2007年12月15日 (土) 06時33分

********** はいびさんへ **********
秋の景色にローズグレーは欠かせません。
この絵では、ローズグレーにクリムソンレーキと、暖色系のジョーンブリアンNo1を少し混ぜてみました。
秋の弱い日差しと小春日和の感じが出せたかな・・と、少し満足した絵です。

投稿: スロー人 | 2007年12月15日 (土) 12時34分

********** ジュリア先生へ **********
景色を絵にすると、大概は実際の景色より綺麗な景色になってしまいます。
こういう色のほうがこの景色には似合う・・などと、変えて描いてしまうからでしょうか。
私もカラマツ林の紅葉は好きです。
一面の枯れた色は素敵ですよね。
これは、F6号の小品で大作ではないんです。
次の絵も、日光に行ったときの絵で、ほぼ完成しています。
その内にアップロードできると思います。

投稿: スロー人 | 2007年12月15日 (土) 12時41分

油絵「晩 秋」
実に深みの有る、重厚な雰囲気の絵で、晩秋の奥日光に相応しい色合ですね。
益々油絵が佳境に差し掛かってますね。
ヤハリ良い絵をご覧になると感じが深く成りを感じますね。
ココで一句
「晩秋に 色にとどめし 落葉かな」 

投稿: 久米仙人 | 2007年12月17日 (月) 13時34分

********** 久米仙人さんへ **********
心を動かされる絵を見ると、出来ないなりに絵を描く意欲が湧いてくるから不思議です。
いい絵を沢山見ることが自分の絵にも何か影響を受ければと思うのですが、なかなかそうもいっていないようです。
久々の一句、有難うございます。

投稿: スロー人 | 2007年12月17日 (月) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/17320815

この記事へのトラックバック一覧です: 油絵  ”晩 秋”:

« 忘年ゴルフ/優勝 | トップページ | 白菜鍋で忘年会 »