« 第39回 日展へ | トップページ | 孫の小学校受験 »

2007年12月 2日 (日)

松の剪定・植木の刈り込み

昨日/今日と、暖かい天気が続いた。
これをチャンスと、早めに庭の”松の剪定”と”植木の刈り込み”をした。

Photo 松の剪定は、小さな庭では植木屋さんもなかなか来てくれなくなった10年ほど前から、自分で本を見ながら勉強して始めたものだ。
最近は、大分慣れてきて、以前は2日ほど掛かっていたが、今回は一日で出来た。

梯子に登って作業していると毎年、通りかかった人が声を掛けてくれる。
「松の剪定を自分でやるとはすごいですね・・」の褒め言葉や「落ちないで下さいよ・・」の注意や、「おや、いつから植木屋さんに・・?」の冗談や「家のもお願いしますよ」まで、今年もいろいろなお声が掛かった。

昨日松に一日掛かり、今日は垣根の「レッドロビン」「コニファー」などや金木犀など、植木類の刈り込みに一日掛かった。
両日とも暑いくらいの暖かさで、汗をかくほどだった。

小さな庭の植木たちも、剪定や刈り込みをして、スッキリした。
私も師走の仕事の一つがかたずいて、スッキリした。

-・-・-・-・-・-・-・-・-

松の剪定をしていて、いつも考えることがある。

松の剪定は、枝一本一本/葉の一枚一枚に手をかけるので面倒な作業である。
枝は、平行枝や交差枝を一本残して切り落とす。
葉は、陽に当り難い混んでいる葉群は陽に当るようにいい葉を残して選定鋏で切り落とす。

枝や葉を剪定する時、明らかに枝や葉に残したいとものと差があれば、躊躇なく剪定して切り落とせる。
しかし、いずれ劣らぬ場合は、涙を呑んでどちらかを剪定して切り落とさなければならない。
この松の木が元気に形良く育つためには仕方がない作業である。

会社にても同じことで、実力に大した差はなくても、組織のためには、剪定(選定)が必要なのである。 無情でも、会社の組織のためには、欠かすことの出来ない剪定(人事や査定など・・)である。
自分も、剪定されたり剪定したりて会社生活を送ってきた。
こうして、無常の風をくぐり抜けて今迄過ごしてきたのである。

毎年、松の剪定をする度に、そんなことを考える。

|

« 第39回 日展へ | トップページ | 孫の小学校受験 »

コメント

すごいっ!
スロー人さん、こんなことまでできちゃうんですか!!
ああ・・・でも剪定なんて
やっぱり几帳面な人でないとできませんね。
私がやったら 「あ! こっちがちょっと長い、チョキン! あれ?今度はこっちも チョキン!」
ってなって丸坊主にしそうです。
昔、長男に長ズボンを作ったら
右と左の長さが微妙に違ってて
切って揃えてるうちに半ズボンが出来ありました。(笑)
私ってそういう人なんです。
それともう一つ。
実家の玄関にも松の木があったのですが
植木屋さんに頼んで剪定してもらったら
枯れちゃったんですよ!!!!!
やっぱりスロー人さんてすごいっ!

投稿: ジュリア | 2007年12月 3日 (月) 06時03分

********** ジュリア先生へ **********
長ズボンのつもりが半ズボンになってしまったとは・・大笑いさせてもらいました。
いつもジュリア先生は笑わせてくれます。
でも、ズボンを作るっていうのがすごいですよ。
私も枝に鋏を入れ間違えて、残すべき枝まで切ってしまうことなど度々です。
でも、翌年にはちゃんと形が整って枝が揃っているので松は偉いです。
植木屋さんの剪定で松が枯れてしまったとは・・。 植木屋さんも困ってしまったでしょうね。

投稿: スロー人 | 2007年12月 3日 (月) 11時52分

松の剪定なさったんですね。
先日のお返事のコメントへ、再度コメントしなくちゃあと、思いながら・・・良かったです。松の剪定の記事を更新なさってて。

先日、家でも「松の剪定の時期だね」と話していたところです。
あれから一年ですね。ホントに月日の経つのが早すぎて、私などボヤボヤしてますが、スロー人さんは一人何役もこなしていらっしゃる!しかも何事も几帳面で。

通りがかりの人の言葉=ご近所さんにも、庭師さんみたいな方がいらっしゃって、同じ言葉を皆さんに掛けられています(笑)その方に、松の剪定、数年前、教えてもらったのですが、上手くいかなくて、やはり植木屋さんに頼んでいます。
先ほど、このページをコピーさせて頂きました。(でも、やらないでしょうね、主人それこそ落ちそうで・苦笑)

会社でも同じこと=若い頃、勤めていた会社の同期の方が、スロー人さんと全く同じ事を仰ってました。上に立つ人は、大変ですよね。組織の為に、リストラ対象者を選定したり無情なことをして来たので、定年退職後、残留を留まったと仰ってましたね。

長くなってしまいスミマセン。

投稿: マーちゃん | 2007年12月 3日 (月) 16時41分

庭木の剪定を自分で遣られるとは流石ですね。
当方も昨年の秋に庭の柿木の剪定を我流で遣りまして、その結果今年の秋は悪い影響で実が殆ど付きませんでしたこの失敗を話を知人にしたところ呆れられた次第でした、剪定には実に時期、枝振りの見分け、選択など大変に難しい事を実感したです。
自然相手にはその法則が存在するとゆうことを教えられました。

投稿: 久米仙人 | 2007年12月 3日 (月) 17時14分

********** マーちゃんへ **********
松の剪定をしながら、去年マーちゃんとブログでやりとりしたことを思い出していました。 あれから一年経ったんだなーと、一年の速さを思いました。  まだまだやりたいことはいっぱいあるのに、こんなに時の過ぎるのが早くては・・と、焦ってしまいます。
松の剪定は根気仕事ですが、誰にでも出来ます。
ただ、マーちゃんのお宅の松は立派で背が高いようですから、大きな脚立が必要だし、やっぱり落ちる心配もあるので、やってくれる植木屋さんがいれば頼むのが良いと思います。
私と同じ考え方の方も大勢いると思います。 マーちゃんの会社時代の方もそうなんですね。 

投稿: スロー人 | 2007年12月 3日 (月) 17時29分

********** 久米仙人さんへ **********
小さな庭では、植木屋さんも手入れをやってくれなくなって、自分でするようになりました。
松などは、一年剪定を怠ると、とんでもないほど形が崩れてしまいます。
松以外は、剪定と言うよりも刈り込みなので、適当に形を整えるだけなので簡単です。
ただ、我が家で唯一の実の成る木、夏みかんの剪定は、難しくて毎年失敗しています。
植木屋さんが植えてくれた時はオレンジ色の実がいっぱい付いていて綺麗だったのですが、3年目くらいから実を付けなくなってしまいました。
私の剪定が始まったときからです。 今年は、良く勉強したいと思っています。

投稿: スロー人 | 2007年12月 3日 (月) 17時41分

庭木の剪定お疲れ様でした~。
ちょうどお天気のいい時に剪定なさったんですね。
今日だったら雨でしたもんね~。

なんとなく年末のことを考える時期になってきたので、一つお仕事が終わってほっとしているところですよね?
ひめひめも年末に「掃除、掃除」と慌てないように、今から少しずつやっておかないとっ。

社内での剪定・・・ひめひめもパートのくせに関わっていた一人なので、ちょっと考えさせられましたよ・・・。
厳しいですけど、それが会社(世の中)、ですもんね。。。

投稿: ひめひめ | 2007年12月 3日 (月) 21時45分

社会に剪定されてる状況かも^_^;
次の職探しを頑張ろう!

父は定年後に左官屋の手伝いとか植木屋の手伝いとかしてました~
なので庭木も扱えるけど悲しい事に我が家には剪定の必要な木は無し(笑)
さっぱりと剪定された松の木は見事ですね~
でも、充分に気を付けて下さいね。

投稿: 夢眠 | 2007年12月 3日 (月) 22時16分

********** ひめひめさんへ **********
丁度暖かな天気の良い日でラッキーでした。
師走になって、いろいろとやらなければならないことがいっぱいあって、忘れないようにボードにやることをリストアップしました。
1植木剪定、2年賀状作成、3窓拭きと網戸掃除・・・など8項目。
この一つが終わってホットしました。
松の剪定を、会社の選定(査定)と考えながらやるなんて、私もまだ本当のスロー人になり切れていないようです。

投稿: スロー人 | 2007年12月 3日 (月) 23時01分

********** 夢眠さんへ **********
社会に剪定されているかも・・って、本当は深刻なことなのに、夢眠さんが言うと、何となくおかしくて噴出してしまいました。  リクルート頑張って!
お父さんは、野菜つくりだけでなく、何をやっても器用なんですね。
こんなにさっぱりと選定しても、一年経つともじゃもじゃに茂ってしまうから松ノ木は強し・・です。
ご注意ありがとうございます。 梯子から落ちないように気をつけます。

投稿: スロー人 | 2007年12月 3日 (月) 23時09分

松野剪定をご自分でやられるんですか。すごい!植木屋さんでも結構時間がかかる作業だとかききます。
ずっと以前の話なんですが、夫が刈り込みをしてくれ、松まで普通に刈り込みをして、枯らしてしまったことが・・・それ以来松の木は植えていません。(笑)
ではでは。

投稿: よびばあ | 2007年12月 4日 (火) 22時10分

********** よびばあさんへ **********
以前、植木屋さんに松の剪定を頼んでいた時は、松一本を一日掛からないで剪定してくれ、その速さに驚きました。  その頃、私がやると2日とちょっと掛かっていたので、神様のように思いました。
最近はコツを覚えたので、まる一日で何とか出来るようになりました。
 松は、枝先の葉をチョットでも残せば芽が出てきて茂ってきますが、この芽を摘んでしまうとその枝は枯れてしまいます。
素人が剪定して枯らせてしまった・・という話は良く聞きます。
枯らせてしまって、ご主人はさぞ残念だったことでしょうね。

投稿: スロー人 | 2007年12月 5日 (水) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/17256386

この記事へのトラックバック一覧です: 松の剪定・植木の刈り込み:

« 第39回 日展へ | トップページ | 孫の小学校受験 »