« 冬の菜園 | トップページ | Merry X'mas »

2007年12月22日 (土)

今年も届いた洋蘭

我が家には、毎年クリスマスのこの時期になると、洋蘭が届く。

Photo_4 Photo_6 山梨で洋蘭づくりを、会社組織で経営する従弟が送ってくれるものだ。
(クリック→ 紹介HP

←今年は、薄ピンクのシンビジュームで、ネームカードには「愛子さま」と記されていた。

毎年違う種類の洋蘭を送ってくれ、こんな蘭もあったのか・・と思うような種類のものもある。
昨年は、白い大きな胡蝶蘭だったし、一昨年は藤の花やぶどうの実のように、上から何房も垂れ下がって咲く洋蘭だった。
オンシジュームの時もあったし、カトレアの時もあった。

彼は、甲府近郊の自宅の周りの何棟ものハウスで洋蘭を栽培している他、アンテナショップを経営して販売もしている。
八ケ岳山麓には更に広大な分園があって、何十棟ものハウスを展開して、洋蘭を作っている。

クリスマス~正月の出荷で一番忙しい時期なのに、毎年送ってもらい、本当に有り難い。
これで我が家のクリスマスと正月は、居間が華やかになる。

|

« 冬の菜園 | トップページ | Merry X'mas »

コメント

毎年送られてくるなんて素敵ですね~
鉢がいっぱいになって手入れも大変そう。
我が家もときたま頂いたり、買ったりでシーズンには凄い事になるし植え替えなども大変だけど
たくさん花が咲いてたら幸せな気分になれちゃいます♪

投稿: 夢眠 | 2007年12月22日 (土) 13時16分

********** 夢眠さんへ **********
素早いコメント有難うございます。
今、写真サイズの調整をしていたところでした。
そうなんです。 毎年送ってくれるので、鉢が毎年増えて、ベランダは蘭の鉢で一杯です。
でも、来年花を咲かせるのは大変難しいです。
素人と玄人の差をつくづく感じます。
蘭の花は豪華な感じがして、家の中が華やかになります。

投稿: スロー人 | 2007年12月22日 (土) 13時23分

毎年こんなに素敵な洋蘭を、プレゼントして頂けるなんて、羨ましいです。
お部屋が、ゴージャスになりますよね。
今年はシンピジューム、素敵なピンクですね。

実は、2年前デンドロニュームを戴きましてね、翌年も咲くのかと水遣りと液肥を与えたのですが、一向に咲く気配はなく、ワキから芽が出てきたのを別の鉢に何本も植えているのですが・・・元の伸び放題のは捨てましたが、新芽のは、どうなるのか出窓に置いているのですけど、難しいみたいですね。

投稿: マーちゃん | 2007年12月22日 (土) 18時03分

********** マーちゃんへ **********
洋蘭を翌年も咲かせるのは、大変難しいですよね。
聞いたところによると、古い一度咲いた茎からは花芽は出てはこず、新芽の脇から花芽が出るそうです。 新芽も何本も出たら、3本くらい残して抜き取った方が良いようです。 液肥も、8月以降は断って、水も控えめにするんだそうです。
我が家では、毎年何鉢かは咲きますが、頂いたときの様な立派な花は咲いたことがありません。

投稿: スロー人 | 2007年12月22日 (土) 19時43分

可愛い薄いピンクのシンピジュームです。「愛子さま」の名にぴったりのような・・・
毎年、素敵な洋蘭が送られてくるなんて、うらやましい!!
うちは何年か前に購入した、シンピジュームは、あまり手入れしてないのに、毎年咲いてくれます。今年も蕾が出てますが、今年中にはまだ咲きそうではありません。
ではでは。

投稿: よびばあ | 2007年12月22日 (土) 19時49分

********** よびばあさんへ **********
毎年この時期に送ってくれるので、クリスマスも正月も華やかに迎えられます。
今年もX'masイヴには、孫達や、娘、息子一家が我が家に集合してイヴを祝うことになっているので、蘭が雰囲気を盛り立ててくれると思います。
よびばあさん、シンビジュームを毎年咲かせているとはすごいですね。
我が家では、毎年鉢は増えていくのに、見事に咲かせたことは一度もありません。

投稿: スロー人 | 2007年12月22日 (土) 23時48分

お花をもらうっていくつになってもうれしいです。
それが蘭なんて!
自分ではなかなか買えないものなので
毎年送られてくなんて季節感も感じられて尚更楽しみにしちゃいそう。
実家で一人暮らししてる母もお花が大好きですが
蘭も毎年のように咲かせているようです。
なんていうのかなー お水あげるときも
話しかけたりして 端から見るとちょっと 「危ないオバサン」 になってます。(笑)
置く場所も季節によって変えなければならないようで
もう年だからその辺がこれから難しくなるかもしれません。

投稿: ジュリア | 2007年12月23日 (日) 06時26分

********** ジュリア先生へ **********
蘭はなかなか自分では買えないので、毎年ほんとうに有り難いです。
実家のお母さん、お一人で暮らしているのなら、お花はもうお友達なんでしょうね。
蘭を毎年咲かせているなんて、手入れも十分されているんだと思います。 シンビジュームは特に毎年咲かせるのは、素人では難しいのに、ご立派です。 話しかけるなど、十分な愛情をもって育てておられる様子が目に浮かびます。

投稿: スロー人 | 2007年12月23日 (日) 10時44分

洋蘭の贈り物 素敵ですね。
お花も 「愛子さま」にぴったりで
愛らしくて上品ですね。
そんなにいろんな種類の蘭があるんですね。

寒くなりましたが 菜園の方もがんばってられて
立派な収穫になりましたね。

芋ほり娘さんたち スロー人さんは いろんな方と仲良しですね。
奥様とお二人で 人得がしのばれます。

投稿: はいび | 2007年12月23日 (日) 15時15分

まぁ~立派な蘭ですね~♪
というか、とても可憐です!!!
色味がすっごく可愛らしい。
優しく扱ってあげたい蘭ですねっ。
「愛子」という名前が付けられた蘭なのかしら?
だとしたらまだ5~6年くらいですよね。
きっと愛子様が生まれた年に出来た(作った)蘭ってことですものね?!

ひめひめの親戚も蘭を栽培しているんですよー。
蘭の栽培もセンスがいるそうで「学生がアルバイトに来るとセンスのない人もいて、そういう子には本当に教えるのが大変・・・」とぼやいているのを聞いたコトがあります(苦笑)

投稿: ひめひめ | 2007年12月23日 (日) 15時25分

********** はいびさんへ **********
この蘭は、愛子さまと命名されているだけに、華美ではないけれど品のある色や花弁ですね。
菜園は、寒さが厳しくなって、収獲するだけで余り頑張ってもいないです。
友達は老若男女様々で、八方美人的なんです。
妻も人が来てワイワイするのが好きなもので・・・

投稿: スロー人 | 2007年12月23日 (日) 20時54分

********** ひめひめさんへ **********
「愛子さま」という名前の蘭でした。
そうですね、愛子さまの誕生を祝って命名した新種の蘭なんでしょうか。
写真の色は陽が当って白っぽく映っていますが、実際はもっとピンク色で、鮮やかです。
ひめひめの親戚でも蘭を栽培しているんですか。
案外この私の従弟をご存知かも知れませんね。
(ちなみに彼は、日本花卉協会の理事や、同蘭部会の会長をやっているそうです)
蘭栽培にはセンスが必要なこと、初めて聞きました。 ビーズつくりと同じなんですね。

投稿: スロー人 | 2007年12月23日 (日) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/17428245

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も届いた洋蘭:

« 冬の菜園 | トップページ | Merry X'mas »