« 白菜鍋で忘年会 | トップページ | 今年も届いた洋蘭 »

2007年12月19日 (水)

冬の菜園

朝晩は相当冷え込んできて、季節はすっかり冬の様相となってきた。

菜園も冬の畑となって寒々としているが、今が旬の野菜や、春に向けてジッと寒さに耐えている野菜など、冬は冬なりの賑やかさである。

Photo_2 今収獲できる野菜は、白菜・きゃべつ・ブロッコリー・ほうれん草・大根・長ネギ・里芋・食彩・春菊・水菜・・などがある。
今年はブロッコリーの出来が良く、子実、孫実も大きくて次々と実を付けている。
大根はもう霜にやられてしまうので、全て引き抜いて沢庵と乾し大根などの保存食にするつもりだ。

       -・-・-・- 今日の畑 -・-・-・-

Photo_3Photo_5  ←キャベツ
虫の攻撃にも耐えてよく育った。

 春キャベツ→
トンネルの中で冬を越す。
A
A

Photo_6 Photo_7 ←春菊
霜対策でトンネルの中。
冬の鍋には欠かせない。

ガーデンレタス→
種蒔きがチョット遅れたら寒くて育ちが止まってしまった。

Photo_14 Photo_13 ←さやえんどう
この寒さの中、すくすくと大きくなっていく。

    カブ→
間引き菜としても美味しかった。
A
Photo_11 Photo_12 ←にんにく
ちゃんと育つか心配していたが、今のところ順調に育っている。

  堆肥床→
休耕地に穴を掘って、野菜かすに油粕を混ぜ、水をかけて、ビニールカバーを掛けて堆肥を作っている。 上手く堆肥になるかどうか・・

|

« 白菜鍋で忘年会 | トップページ | 今年も届いた洋蘭 »

コメント

他の方の畑を見るのも楽しい♪
凄い収穫ですね~いっぱい採れると嬉しいですよね。
レタスや春菊を霜よけしてるのって始めてみました。
やっぱり土地によって気温差とかあるんだな~
って実感しました。

投稿: 夢眠 | 2007年12月19日 (水) 11時23分

最近の畑は寒いです・・・ちょっと出かけるのに躊躇します。
いつも思うのですが、スロー人さんのお野菜虫食いも無くきれいです。ほとんどネットで保護されてるんでしょうね。幸せなお野菜さん・・・
我が家にない食彩とはどのような野菜でしょうか。
ではでは。

投稿: よびばあ | 2007年12月19日 (水) 20時52分

********** 夢眠さんへ **********
この日は息子夫婦が来るので「鍋」をしたいと言うので、白菜など鍋用野菜を収獲しました。
レタスやら春菊やらへの霜よけトンネルは、畑の近所の専業農家ではやっていません。
やらないのが普通のようです。
専業農家では、費用的にも労力的にも、とてもトンネルなど出来ないです。
小規模の家庭菜園だからこんなことが出来るんだと思います。

投稿: スロー人 | 2007年12月19日 (水) 23時58分

********** よびばあさんへ **********
畑も寒いけれど、今夜は特に寒いです。
忘年会で今帰宅しましたが、忘年会続きは、最近では苦痛になってきました。
 話がそれましたが、野菜の虫食い、ありますよ。 たまたま掲載写真のキャベツは見事に虫被害がゼロでした。 ネットでのトンネルで大分保護はされているとは思います。
ブロッコリーは今でも大量に収獲できますが、大きく茂ってトンネルが出来ないので、青虫は今でも結構発見されて、行く度に良く見て捕殺しています。
食彩は、赤ほうれん草のことで、サラダ用に使うものです。 食彩とは、メーカーの商品名かもしれませんが、先日も新聞で食彩について載っていたので、今では一般名になっているものと思って記しました。

投稿: スロー人 | 2007年12月20日 (木) 00時13分

本当に朝晩冷えますねー。
畑の野菜たち、寒さにたえて頑張っているんですねっ。

キャベツって虫に食われている姿をよく目にしますけど、スロー人さんのキャベツは立派ですね。
日々の愛情、かな?

そうそう、スロー人さんのお家は沢庵も自家製なんですか?すごいですねー♪
沢庵はひめひめの実家でも作ったことがないです・・・。

投稿: ひめひめ | 2007年12月20日 (木) 13時37分

めっきり寒くなりましたね。

まるで農業の専門誌(解説付きで♪)を見てるみたいです。
キャベツがとても立派に育っていますね。春菊も鍋には勿論、胡麻和えに美味しそう!ご近所さんから以前、採りたての春菊を頻繁に戴いていたのですが、市販の物と味が全然違うんですよね。

ニンニク順調そうですので、収穫時期が楽しみですね。

投稿: マーちゃん | 2007年12月20日 (木) 14時50分

********** ひめひめさんへ **********
本当に寒さに耐えて健気に頑張っている野菜を見ると、可愛くて愛しくなります。
キャベツは、定植してすぐにネットで覆いましたが、小さな隙間からモンシロチョウが入り込んで産卵し、大分幼虫に食われました。 それでも丹念に捕殺を繰り返したら、キャベツも元気になりました。
芯の芽の部分を幼虫に食われると脇目が大きくなって2~4個の小さなキャベツにしかなりません。 そんなのが何個かあります。
大根は沢庵も良い保存食ですが、輪切りにして陽に干しておくと1年でも保存できます。
我が家では四季の大根収獲の途切れる時は、この乾し大根で調理していますが、大変便利です。

投稿: スロー人 | 2007年12月20日 (木) 16時13分

********** マーちゃんへ **********
解説付き専門誌ですか。有難うございます。
畑で、今日のブログネタにしようと写真を撮り始めるとあれもこれもと一杯撮ってしまって、あとで選択するのが大変です。
それで畑ネタの記事では、どうしても写真の数が多くなってしまいます。 今回も載せたい写真がまだまだあったのですが、このくらいにしておきました。
確かに採り立ての野菜の味は、市販のそれとは違いますね。  特に春菊は、独特の香りがありますが、市販のものにはこの香りはないようです。
危惧していたにんにく、今のところ順調に育っています。 写真を撮った後、根元をもみ殻で覆って保護し、更に不織布のトンネルで防寒対策をバッチリしてきました。 最後までちゃんと育ってくれれば良いのですが・・

投稿: スロー人 | 2007年12月20日 (木) 16時29分

冬の野菜が満載。家庭菜園の至福の時で、
特に春菊の独特の苦味はでこの時期鍋用に最適ですね。
何時もながら丁寧な野菜作りの様子が伺え、トンネル掛けが良くされていて害虫の被害も大変少なそうで羨ましい限りです。
サヤエンドウがぬくぬくと大きく育てますね、ヤハリ気候の差異を実感しますよ。
これからは段々と外作業はお休みに成りますね。

投稿: 久米仙人 | 2007年12月24日 (月) 13時47分

********** 久米仙人さんへ **********
今の畑は、収獲は葉野菜が中心です。 その他は、春に向けてジッと我慢して育っている野菜たちです。
虫害は、ブロッコリーは株が大きくてトンネル掛けが出来ないので、今でも青虫が付いています。 行く度に捕殺していますが、結構葉が喰われています。
さやえんどうは、不織布の保温トンネルの中で、すくすくとよく育っています。
今は畑へ行っても、収獲のみで作業は一旦休止の状態ですね。

投稿: スロー人 | 2007年12月24日 (月) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/17402323

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の菜園:

« 白菜鍋で忘年会 | トップページ | 今年も届いた洋蘭 »