« 陶芸活動再開 | トップページ | 真冬の菜園 »

2008年1月17日 (木)

阪神大震災の思い出

阪神大震災から、今日で13年になる。
1月17日になると、あの時のことをこの間のことのように思い出す。

あの日、会社に出勤してから、神戸に大地震があったことを知った。
TVで見る上空からの映像は、家屋は倒壊しあちこちで火事の煙がたっていて、大きな被害の状況を映し出していた。

間もなくして9時ごろ、私の部門で設計して納入した設備の復旧のために来て欲しいと現地から要請が入った。 
その設備は、神戸の芦屋にある某スーパーの配送センターに収めたもので、商品をコンピューターを使って配送先に自動仕分けする設備機械である。
そのセンターが大きな被害を受けて、納入した設備も停止しているということだった。
このセンターには支援物資が続々と到着してくるが、この設備が稼動できなければ、折角の支援物資品が被害者に配れない。

早速、機械、ソフトなどの担当者を伴って、私を含む4名で、神戸に向かった。
Photo 昼頃東京を出発し、新幹線、列車を乗り継ぎ、大阪からはレンタカーで神戸に入った。
大阪から神戸に向かう道路は混雑していて、途中には検問所もあって、普通の車は進めなかったが、事情を話して何とか通してもらった。。
Photo_2 道々暗闇に見える景色は、壊れた家や橋、中には車が倒壊した家の下敷きになっていたりした。 現地近くでは高速道路が倒壊していて通過するのにてこずった。
現地に到着したのは、真夜中だった。

センターの中は、地面に幅50cm、深さ2mほどの亀裂が縦横に走っていて、無残な様相だった。
我々は早速調査に入り、被害箇所を点検した。 幸いなことにこの亀裂は我々の設備にたいした影響はない位置であった。 復旧のための部品や作業員などを手配したが、これらが到着したのは翌日の夜になっていた。
センターは、我々に事務室一部屋を空けてくれ、床にダンボールを敷いて、その上に布団を敷いて寝るスペースを用意してくれた。
配送センターなので、寝具や水やレトルト食品は豊富にあって、好きなだけ使ってよいとのことだった。 時々、従業員のご家族が握り飯を差し入れてくださった。

作業員数名と復旧部品が到着してからは、寝ずの作業で何とか設備を復旧し、試運転で稼動を確認したのは到着してから2日半後の20日の朝だった。
客先の立会いで稼動状況をチェックし、設備は 早速実稼動に入った。
センターには急遽本社から復旧のためにお客様の役員が入っていて、我々の迅速な対応に驚きと感謝の言葉を頂いた。

Photo_3 私は一日正常な稼動状況の確認をして、翌21日に帰ることにしたが、電車は当然動かず、車も特別な車以外は通行できなかった。
そこで、荷物をザックに詰めて背負って徒歩で大阪まで歩いた。
来る時は夜の暗闇で見えなかったが、途中で見た沿道の景色は、悲惨だった。
Photo_4 特に高速道路の倒壊現場は、家が潰されたり、通行中であったろうトラックがひっくり返っていたり目を覆うものだった。
カメラでこの様子を撮りながら大阪に着いたが何時間かかったのか覚えていない。

その夜は、大阪支社の計らいで予約してくれていたホテルで、歯を磨き、シャワーを浴びて、その何と気持ち良かったことか・・は今でも覚えている。 

大震災の復旧に、陰ながらお役に立ててよかったと、今になって思う。

   <掲載の写真は、徒歩での帰路に私が撮ったものである>

|

« 陶芸活動再開 | トップページ | 真冬の菜園 »

コメント

大阪と神戸は雲泥の差がありました。
神戸が日常をおくれるようになったのはずいぶん後だったけど、大阪は全くと言っていいほど被害を引きずらなかったの。
長田区には従姉妹も住んでましたが幸いに無事でした。友人も含め知ってる人達と連絡が付いたときの安堵感は今でも忘れられません。

投稿: 夢眠 | 2008年1月17日 (木) 19時44分

********** 夢眠さんへ **********
当日、レンタカーで大阪から神戸に入りましたが、大阪の被害は全然見当たらなかったのに、神戸に近づくに従って、倒壊した家屋が目だって増えていきました。
大阪と神戸の被害は雲泥の差がありましたね。
当日は、携帯電話もほとんど繋がらず、親戚・知人との連絡は大変だったでしょうね。

投稿: スロー人 | 2008年1月17日 (木) 20時35分

阪神大震災、あれから13年たつのですね。
お仕事とはいえ、大変な思いをされたのですね。
又、その時の画像が、まざまざと震災のすさまじさを表しています。
スロー人さんにとっても忘れられない出来事ですね。
では。

投稿: よびばあ | 2008年1月17日 (木) 21時28分

********** よびばあさんへ **********
13年も前のことなのに、あの時のことは良く覚えています。 現役の頃の思い出ランキングの中でも、かなり上位の思い出です。
今ではあの頃のバイタリティーは全くなくなってしまいましたが・・・

投稿: スロー人 | 2008年1月17日 (木) 22時20分

あれから13年経ったんですよね。朝からテレビで見ていました。
スロー人さんはお仕事の関係で、現地に行かれて、設備の復旧作業をされたそうで、大変な思いをされたのですね。被害の状況を目の当たりにされ、なんとも言えぬ焦燥感に駆られたことでしょうね。

今朝テレビで、大地震が起きた時、通信機の一番繋がるのは公衆電話(だんだん設置が減少してますが)と、携帯メールだとかやってましたね。
IP電話は繋がらないそうですが、パソコンの買い替えに伴いIP電話にしたんですが、一考を要するみたいです??

投稿: マーちゃん | 2008年1月17日 (木) 22時30分

********** マーちゃんへ **********
急遽現地入りする前は、火中の栗を拾う感じで行きましたが、仕事が上手くいって、お客様から喜ばれ、思い出深い体験だったと思っています。
大勢の犠牲者が出ましたが、心からお悔やみ申し上げたいと思います。
自分も仕事を通じて、ほんの僅かでも復旧のお助けが出来たことを嬉しく思っています。

投稿: スロー人 | 2008年1月18日 (金) 14時37分

写真を見るとものすごく生々しくて
あの日が蘇ってくるようです。
ただ、関東に居る私たちは
テレビの画面を通して唖然とするばかりでした。
実際に現地に赴き、復旧の仕事をしていたスロー人さんのショックは想像することもできません。
たくさんの人の力が合わさって今日の神戸があるのですね。
本当にご苦労様でした。
被災者の方たちの打撃は相当なものだったと思うし
これからも忘れることはないでしょうね。
自然災害とはいえ、普段からできることを
もう一度考える日でもあると思います。

投稿: ジュリア | 2008年1月18日 (金) 16時37分

********** ジュリア先生へ **********
毎年1月17日になると、あの日を振り返る報道がされて、私自身の思い出も蘇えります。
今迄の経験の中でもかなり衝撃的なことだったので、忘れることは出来ません。
大勢の方々が犠牲になって、改めて震災の恐ろしさを思ったことでした。
その後も、新潟など頻繁に震災が起こっていますが、東京や、今住んでいる地域にこんな大地震が起きたらと思うとゾッとします。 でも、有り得る事なので、今のうちから対策を考えておく必要があると思います。

投稿: スロー人 | 2008年1月18日 (金) 20時52分

幼い頃、宮城での大地震を経験した1人として・・・やはり大地震は怖いです!
そして学校で習ったような「地震の時はこうしましょう」というマニュアルが(平常心が保てずに)全く出来なかったことを、今でも鮮明に覚えています。
こういう時、自然の力の恐ろしさを強く感じますし、自然の前では人間は無力だとつくづく思います・・・。

阪神大震災は当時NEWSで知りましたが、映像を見て、本当に本当にビックリでした。(特に高速道路の映像)
スロー人さんは実際目で見てきたんですものね。
体感してきたショックは大きかったと思います。
大変なお仕事本当にお疲れ様でした。
スロー人さんのような方々の力は、多くの被災者の助けになったと思います。
そうやって神戸の方々は少しずつ元気になられたんでしょうね。

傷を負った方々、今でも完全に癒されてはいないと思います。
大きな災害が来ないことを願わずにはいられません・・・。
そして万が一の場合の対策にも普段から目をやるべきですね。

投稿: ひめひめ | 2008年1月18日 (金) 21時39分

********** ひめひめさんへ **********
宮城の地震を体験したんですか。 すごい体験だったこと想像がつきます。 阪神大震災は特に被害が大きく犠牲者も多数で本当にお気の毒でした。
私は責任上、急遽納入設備の復旧に駆けつけましたが、思ったより早く復旧できました。
この設備は、それまでは故障が多くて、私は責任者として何度も謝りに行っていた設備でしたが、この迅速な復旧で、それ以来クレームは全く来なくなりました。 それどころか、次の設備を特命で受注でき、名誉回復のいいチャンスでした。
人間、いやなことでも必要なことは進んでやればいいことがある・・と実感したものです。

投稿: スロー人 | 2008年1月18日 (金) 22時23分

阪神大震災の時は 大阪でしたので 神戸のあの悲惨な被害は 体験せずにすみました。
ですが あの被害の様子を TVで見るたびに
怖い思いがします。
親戚も 多くが住んでいて 家は倒壊したり被害を受けましたが
命に 別状がなく 安堵したものです。
スロー人さんは あの中 復旧に行かれていたんですね。
ご尽力 感服いたします。

投稿: はいび | 2008年1月19日 (土) 10時48分

********** はいびさんへ **********
大阪も大分揺れたようですが、神戸と比べたら被害は少なくてよかったですね。
親戚の人達も無事でよかったですね。
親戚・知人の安否を気遣う電話も中々通じなくてやきもきされたんではないでしょうか。
こんな地震が東京で起きたらと考えると、ゾッとします。
日ごろから対応策を考えておいた方が良さそうです。

投稿: スロー人 | 2008年1月19日 (土) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/17726550

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神大震災の思い出:

« 陶芸活動再開 | トップページ | 真冬の菜園 »