« 誕生日に思うこと | トップページ | 阪神大震災の思い出 »

2008年1月15日 (火)

陶芸活動再開

今まで、陶芸を一年近く休んでいた。
決して陶芸から手を引いたわけではなく、今までは妻と一緒に、市のコミュニティーセンターの窯と部屋を借りてグループで作陶を楽しんでいたが、ここ一年ほど前から陶芸人口が増えたのか、グループ数も多くなったようで、中々予約が取れなくなった。

加えて、孫の小学校入試で、妻が下の孫の世話をしに週何度も行ったりで、予約が取れても出席できず、しばらく二人でお休みしていた。  入試騒ぎも一段落したのだが、、、
更に加えて、私は仲間内での作陶に限界を感じて壁に突き当たっていた。 もっと深く陶芸についての知識が知りたいと思っていた。

妻は、このグループでの作陶とは別に、教室に通って教えを受けていた。
そこで、私も今年から、妻が通っている「陶芸教室」の先生にお願いして、基礎から教えてもらうことにした。

先週、第一日目の教室に行って、久々に土に触れたら気持ちが良かった。
そして、今日は教室第2日目、納得のいく作陶が出来た気がした。
先生も親切に教えてくれ、これならとやる気も出てきた。

これからは、陶芸にも少し力を入れて、陶芸に関する記事のアップも多くしていきたいと思っている。

Photo_2    -・-・-・-・-・-・-
先週、先生に勧められて、妻と「日本クラフト展(丸ビル7Fホール)」に行ってきた。
教室の、オーナー先生は、この日本クラフト協会の会員になっていて、先生の作品も展示されていた。
陶芸以外にも、漆造形、木工芸、ガラス工芸などのクラフト作品が展示されていた。
私達は、主に「陶芸」を観たが、さすがに精鋭の作家の作品だけに、その技術は素晴らしく、とても参考になった。

|

« 誕生日に思うこと | トップページ | 阪神大震災の思い出 »

コメント

土をこねるって気持ちよいんですよね~
手練から初めてロクロで挫折しました。
特に目的も無く趣味の一環だったけど、面白かったです。
挫折の理由も何故?って思うくらい軽いものでしたが…

個性的な作品のお披露目を楽しみに待ってます♪

投稿: 夢眠 | 2008年1月15日 (火) 22時22分

********** 夢眠さんへ **********
夢眠さんも陶芸やっていたんですね。
この頃は、家ではいたずらに粘土はいじっていましたが、久しぶりにちゃんとした作陶をして気持ちよかったです。
技術の無さを自覚して壁にぶつかっていましたが、先生について基礎から教えてもらうことにしました。
今迄の私の作品は、カテゴリー「陶芸」にアップしてありますが、自信の無い作品ばかりでした。 

投稿: スロー人 | 2008年1月15日 (火) 23時18分

 貴兄が何時も、強く完璧な男として生きている背景が見えて、強い奴だな、と感動してます。私は、6人兄弟の3男ぼう、時代は貧しいが、東京の下町の暖かい家族に囲まれ育ちました。自分達が実現できなかった教育を子供にはと、両親は頑張ったようです。あの時代に6人とも豊島区と文京区の私立の中学に進学させてくれました。
 先日孫と日暮里の両親の墓に参り、谷中を歩き、上野の博物館、忍ばすの池近くでそばを食い、秋葉原まで歩き、一日を過ごしました。
 日光の風景、いいですね。
 

投稿: シスル | 2008年1月16日 (水) 01時10分

これからやってみたいことの中にこの陶芸も入っています。
が、今は無理だなー。
主人も同じ気持ちなので いつか二人で
ゆっくりまったり挑戦してみたいと思います。

これからブログ上でスロー人さんの作品が
見れますね。
絵と共に楽しみにしていますね。

投稿: ジュリア | 2008年1月16日 (水) 06時16分

********** シスルさんへ **********
いつもブログを見て頂いているようでありがとうございます。
感想は私の誕生日の記事を見られての事かとおもいますが、私が強く完璧などと言うことはありません。 むしろそのような表現から遠いところで生きている人間だと思っています。
人は育った環境に大きく左右されると思いますが、シスルさんはとても良い環境で育ったんですね。 そのことが今のシスルさんに良く表れているように感じます。

投稿: スロー人 | 2008年1月16日 (水) 10時34分

********** ジュリア先生へ **********
リタイヤ後にご夫婦で陶芸を楽しまれている方は多いようです。 私が今度入った教室にも年配のご夫婦の方がいます。
何も無いところから形や装飾を考えて、形あるものを創造していく・・まさにビーズにも通じるものがあると思います。
ビーズに比べると完成までにいろいろな行程を経るので、完成までに時間がかかる分、完成したときの楽しみが大きいのではと思います。
ご主人がリタイヤされた後の計画に、是非陶芸を入れておかれたらと思います。 (まだまだ先のことだと思いますが・・)

投稿: スロー人 | 2008年1月16日 (水) 10時45分

改めて陶芸教室で学ばれるようですね。「陶芸教室」を見せていただきました。お近くのようですね。
絵に陶芸に、これからまたまた、素晴らしい作品を見せていただけそうです。楽しみにしております。
では。

投稿: よびばあ | 2008年1月16日 (水) 20時25分

スロー人さんの 陶芸も これから見れるんですね。
楽しみです♪
陶芸に憧れる方って 多いですよね。
私は 昔から 数学でも平面図形の問題は好きだったんですが
立体図形の問題になると 想像がつかなくて
苦手でした。
だからか 前に一度 陶芸でお湯のみを作ったんですが
ぜんぜん うまくいかなくて。
立体って 難しいと思いました。
また 年齢がいったら やってみたくなるのかな?
スロー人さんは ご夫婦で 陶芸生活楽しんで下さい。
自分で作った器で 食事をするのって
ほんとに贅沢ですよね。
がんばってください。

投稿: はいび | 2008年1月16日 (水) 20時30分

新年早々、新しいコトにチャレンジですね♪
陶芸はかなりの腕前のスロー人さんですが、新しいお教室・新しい先生・新しいお仲間、これって新鮮なんじゃないですか?
いくつになっても上を目指してチャレンジするなんて・・・ひめひめも見習わなきゃー♪

余談ですが・・・ひめひめのダーリンママも陶芸を習っていて、スロー人さんが通い始めたという「陶芸教室」のHPで紹介されている写真のような「ネズミ」ちゃんを年末上手に作っていましたよー。

投稿: ひめひめ | 2008年1月16日 (水) 21時32分

********** よびばあさんへ **********
今まで、自己流でやっていましたが、基礎や幅広い技術を習得したいと思い、教室に通うことにしました。
車で15分のところで静かな林の中の教室です。
いい作品が紹介できればいいのですが・・・

投稿: スロー人 | 2008年1月16日 (水) 22時35分

********** はいびさんへ **********
2次元はOKだけど、3次元は苦手って、面白いですね。 はいびさんの作った湯飲みは、どんな形になったんでしょう。興味があります。
陶芸はなかなか思ったようには仕上がらず、それが反って面白いものだったりするので、楽しいです。

投稿: スロー人 | 2008年1月16日 (水) 22時44分

********** ひめひめさんへ **********
そうなんです。 新年早々、一念発起、陶芸を一から勉強し直してみたくなりました。
いままでもモヤモヤしていましたが、新しい環境での久しぶりの作陶がとても楽しいです。
ひめひめさんも義母さんと一緒に、陶芸を始めたらどうでしょう。
料理上手のひめひめさんなら、きっと盛り付け皿など上手く作れると思います。

投稿: スロー人 | 2008年1月16日 (水) 22時53分

陶芸教室、本格的に再スタートなさるそうですが、あの素晴らしい作品は自己流だったんですか。ますます楽しみですね♪

投稿: マーちゃん | 2008年1月17日 (木) 22時48分

********** マーちゃんへ **********
今までは、自己流というよりも、先輩達のやり方を見よう見まねで作ったり、本を読んで作っていました。
だからすぐに壁に突き当たってしまいました。
今度は基礎から勉強したいと思っています。

投稿: スロー人 | 2008年1月18日 (金) 14時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸活動再開:

« 誕生日に思うこと | トップページ | 阪神大震災の思い出 »