« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月28日 (月)

油絵 ”門のある旧家”

先日、無性に古い家の絵が描きたくなって、自転車で探しに出かけた。

近在の古い農家がありそうな辺りを捜し歩いたが、今時は建て直した新しい家屋の農家の家ばかりで、なかなか思い描いたような古い家は見つからなかった。

狭い道を右へ左へと走っていたら、何処を通ってきたのか完全に道に迷った。
迷いながらも方向性だけを頼りに狭い道をよたよたと自転車を走らせていたら、ふと目の前に、藁葺屋根の農家の長屋が目に入った。
とても車が通れるような道ではなく、リヤカー一台がやっと通れるような道だった。

近づいてみると、長屋は藁葺きだが、母屋は立派な茅葺で、正面入り口には、巾は狭いながら江戸時代そのままと言った風情の門を構えた家があった。
屋敷内には、これもどっしりとした土蔵が見えた。
門から屋敷内を覗いてみると、庭や母屋は古いながら実に手入れが行き届いていることが伺えた。

探していたのはこれだ!と、思わず声が出そうになった。

家全体を見るにも道路の巾が狭くて、道を挟んだ畑に少し入り込まないと全容がつかめない。
ウロウロしていたら、屋敷内を主人と思われる人が見えた。 絵を描かせてもらうことをお願いしようと声を掛けようとしたが、驚いた。
その立ち居振る舞いは後光を放つような威厳があって、それに圧倒されて声が掛けられなかった。 実に、昔の剣豪はこんなだったろう思える威厳であった。
ダメと言われたら元も子もないとの考えも浮かんでいた。

イーゼルを立ててキャンバスを広げる余裕は完全に失っていた。
取り敢えず写真だけでもと思い、パシャパシャと10枚ほどシャッターを切った。
スケッチだけでもと思ったが、屋敷内を往復するご主人が気になって、そのまま引き返した。

         ↓ 門のある旧家  F8号
F8 帰ってから、記憶のあるうちにと、一気に描き上げたのが、この一枚の絵である。

後でこのことを知人に話したら、この家は市の文化財に指定されている屋敷だと聞いた。
なるほど・・と納得。  あのご主人も含めて文化財のような気がした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

ブログ開設二周年

ブログを見様見真似で開設してから、今日で丸2年が経った。

最初はブログとは何か?・・からだったが、やっとこの頃はブログにも慣れてきた。
ブログ友達にも恵まれて、コメントを通じて楽しく交流したり、勉強させてもらったりしている。
参考にさせてもらって、実生活に役立てることも度々である。

ココログのアクセス解析データ」によると、私のブログ「60の手習い」へのアクセス数は、累計で5万8千余となり、特に最近はアクセス数が増えて、最近4ヶ月の一日辺りの平均は、120アクセス になっているそうだ。

定年退職後のスローライフの私生活や、油絵、家庭菜園などの趣味を中心に記事にして更新しているが、極ありふれた内容でもあり、また、つたない文章であるが、大勢の方が読んでくれていることを思うと、滅多なことは書けないぞ・・、と思う。

ブログを更新したり、ブログ友達のページを読ませてもらったりは、今では生活パターンの一部になって、生活に張りを持たせてくれている。
これからも張りのある生活を継続するためにも、そしてボケ防止のためにも、楽しくブログライフを続けていこうと思う。

ブログ友達の皆様には、これからもお付き合い頂きます様、宜しくお願いいたします。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

トマト絶好調

今年のトマトは大変出来が良い。

Photo トマトは雨を嫌うので、今年はビニールで屋根を掛けた。
昨年は、既製品のトマト屋根を掛けたが、骨組みが貧弱で、風で倒れてしまった。
その反省から、今年は篠竹でしっかり骨を組んで、ホームセンターで買ったビニールシートを掛けて屋根とした。

Photo_9 ← 大玉トマト

その為か、例年必ず一本は病気になってしまった大玉トマトも、今年は総て順調に育っていて、実の付きもたいへん好調だ。
まだ最盛期ではないが、多分今年の収穫は今までの最高になりそうだ。

   ↓中玉トマト        ↓太鼓形ミニトマト        ↓ミニトマト
Photo_4Photo_11 Photo_12 今年は、珍しい太鼓形ミニトマトを初めて育ててみた。
味は淡白で皮が薄くて食べやすい。

中玉トマトもミニトマトも例年以上に順調に育って、実の付きがいいようだ。
ちなみに、ミニトマトは、獲れ始めて間がないのに、すでに160個も収穫している。
いずれのトマトも、例年を超えて最高の収穫量になりそうだ。

Photo_8 ←今日の収穫トマト

大玉トマト :7個
中玉トマト :10個
ミニトマト  :51個
太鼓トマト :12個

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

フラン誕生4ヶ月

我が家のトイプードル、フランは、昨日4ヶ月の誕生日だった。  最近は近所での散歩も楽しんでいる。

我が家に来てから約2ヶ月半、体重も、0・8kg→2・2kgと、約3倍になった。
3回の9種混合ワクチン注射を受け、フィラリアやノミ・ダニの予防薬投与も終わった。

       ↓ 公園で
Photo_4 パピーパーティー(講習会)にも4回参加して、先日卒業した。
ここでは、犬に、家族以外の『人』『犬』『環境』などに慣れさせ、社会性を身に付けるいろいろな訓練を受けた。
他の犬と触れ合いや交流をして、散歩が出来る準備訓練をした。
       ↓ 歩道で
Photo_5 また、いろいろな音に怯えないように、訓練用CDで、サイレン、電話、救急車、雷、チャイムなどの音をを聞かせて慣れさせた。
いろいろなタイプの人に慣れさせるために、外に出たら、大人、子供、メガネの人、サングラスの人・・・など、100人の人に餌を与えてもらうように・・とも教わった。 しかし、100人はとても無理だし、フランの場合は、訓練しないでも元々人が好きで、自分から擦り寄っていく性格なのでこの点は問題はなかった。

      ↓ 階段もOKに
Photo_6 かくして、10日ほど前に、やっとお散歩の許可が出た。
最初散歩で外に出たときは、何にでも興味があって、散歩どころか道端の見るもの総ての匂いを嗅いで廻り、咥えてみたり、はたまた草をむしりとって食べ始めたりした。
今では大分慣れて、急ぎ足で歩けるようになった。

家の中では、訪れる人が大好きで、めちゃくちゃ愛嬌を振りまく。
余りに嬉しくて、「嬉しょんのお漏らし」をすることがあるのが今の悩みである。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

とうもろこしのカラス対策

種蒔きが遅かった我が家庭菜園のとうもろこしも、いよいよ実が大きくなり始めた。

それに伴って心配になるのが、カラス被害である。
ブログ友達の菜園でも被害が発生しているようだし、我が菜園でも「カラス対策」を施した。

Photo_2 昨年の経験から、カラスは歩いて下のほうからアプローチしてくることが判った。
そこで、地上1m高さまでは丈夫なネットで、グルリと腰巻状にとうもろこしを囲った。
地上への接地部は、カラスが潜り込めないように、しっかりと地上に固定した。

Photo_3 腰巻ネットの上1mは、軽い細めのネットで、やはりグルリと囲った。
合計、高さ2mの囲いでカラスの侵入を防ぐ作戦である。
真上からのアプローチは出来ないと見て、ガラガラに空いている。

Photo_4 収穫時のことを考えて、上部ネットの下方は、洗濯バサミで下部ネット用横桟に止めた。
洗濯バサミを外せば、とうもろこしに手を伸ばして簡単に収穫できる。

さあ、これで昨年半分以上カラスに献上したとうもろこしを、人間の口に取り戻せることが出来るだろうか。

汗グッショリになって、このカラス対策をしている間、近くの電線で2~3羽のカラスが、ジット観察していた。
時々カアカアと鳴いていたのは、この対策に対する、彼らの対策を考え、相談していたのだろうか。
彼らがどういう手で対抗してくるか、結果が楽しみである。

ー・-・-・-・-・-・-・-
とうもろこしの木の上部先端の雄花を折って、実の先のひげ(雌花)に押し付け、人工授粉させた。
その後、雄花は全部切り取って、とうもろこしの天敵アワノメイガが付くのを避ける対策をした。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

紫陽花七色変化

暑い! 今日の暑さは真夏並みである。
自分勝手に判断すれば、もう梅雨は明けたのでは・・と思う。

こんな暑さなのに、我が家の玄関脇の紫陽花は、枯れることなく、花の色を次々に変化させて、咲き続けている。

     ↓真っ白に薄ピンク            ↓薄緑に赤紫
Photo Photo_26月中旬までは、全部が真っ白だったのに、薄ピンク、薄紫、赤紫から緑・・と変化していく。
今は、一本の樹に、これらの様々な色の花が見られる。

     ↓薄緑に薄紫                 ↓緑一色
Photo_3 Photo_4 樹の中ほどの日当たりの良い部分は、白や薄ピンクや薄紫が多く見られ、他の木の葉っぱの日陰になる部分は、緑色の花が多く見られる。

この紫陽花は、真冬まで花が枯れ落ちることはなく、初冬の寒さの中でも、花の色を緑一色に変えて咲き続ける、健気で珍しい紫陽花である。

  < 写真をクリックすると拡大画面になります >

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

相次ぐ絵画展出品・展示

7~8月にかけて、3つ、私の油絵を出品・展示する”絵画展” がある。

7月は絵画教室のメンバーによるグループ展、8月は私の個展の他、上野の森美術館/日本の自然を描く展・・・である。

  -・-・-・-・-・-・-

Photo_2グループ展 は、7月8日(火)~13日(日)に「川口リリア」にて開催中である。
この油絵展には32名が出品し、全部で60点程の作品が展示されている。
私は事務局として、案内状の作成や、今日は午後から会場準備や作品展示に汗を流した。
私はこのグループ展には、F8号とF6号の2点を出品している。

 -・-・-・-・-・-・-

Photo_4 Photo 個展 は、8月11日(月)~17日(日)のお盆の期間中に、「さいたま市役所内の市民ギャラリー」にて開催する。
個展は、このブログタイトルを模して「60の手習い・・油絵展」とした。
油絵の他に、60の手習いで油絵と同時に始めた「陶芸作品」も少しだけ展示できればと思っている。
会場のスペースの関係から、F4号~F10号の小品25点ほどを展示しようと考えている。

  -・-・-・-・-・-・-

2 上野の森美術館/日本の自然を描く展 は、公募展で、運良く今年で3年連続入選できたものだ。
私の絵は、8月15日(金)~19日(火)に、上野の森美術館に展示公開される。
今年は、以前に描いて好評だった「ブナ林の径」をF10号に描き直して応募した。
もし、観に行かれる場合は、連絡いただければ、2名まで入れる入場券をお送りします。(通常は入場料500円/一人)

  -・-・-・-・-・-・-

偶然に、関係する3つの油絵展がここ一ヶ月ほどの間に開催されることになり、何やら気忙しい毎日である。

<  いずれの写真も、写真をクリックすると画面が拡大されます >

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

梅雨の晴れ間の畑仕事

今日は異常梅雨荒れ天気のようだけれど、昨日までは2~3日天気が続いた。 そして、梅雨はまだ明けてはいないようだ。

昨日まで天気のいい内にと、連日、畑仕事に精を出した。

Photo 芋掘り娘が雨のため芋掘りできなかったジャガイモを、全部掘り出した。
この日の収穫は、40kg。
今年は、洞爺と男爵を80個植えつけて、合計で83kgの収穫だった。
昨年は135個植えつけて161kgの収穫だったから、昨年より少し成績が悪かった。
いずれにしても、ジャガイモは1株で、1.0~1.2kgの収穫があるようだ。

Photo_2 戴いた種を蒔いて育てたネギ苗を定植した。
思ったより立派な苗が育って、前に植えておいた4畝の続きに定植したら、この区画は総てがネギで埋まり、合計9畝となって、ネギ専用区画になった。
苗が良く出来たのと、株が増える種類で珍しいと言うので、近所の農家にも苗をお裾分けした。

     ↓ この日の収穫              ↓ 双子のキューリ
Photo_6 Photo_7 そして、この日の収穫は・・・ジャガイモ40kgの他に、キューリ19本、なす6個、ミニトマト3個、いんげん4kgだった。
収穫の中に、珍しい双子のキューリがあった。
今は、キューリといんげんが最盛期で、連日の収穫である。
その代わり、ズッキーニの収穫がピタリと止まってしまった。なかなか大きくならない。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

富良野からメロンが・・

今年もまた、富良野からのメロンが届いた。

長男の嫁Aちゃんの富良野の実家から、毎年この時期になると美味しいメロンが届く。
梱包の蓋を開くと、大きいメロンが3個も入っていて、甘いメロンの香りが部屋中に漂った。

Photo Photo_2 本来なら一日冷蔵庫で冷やしてからだが、待ちきれずに一個を切って早速戴いた。
丁度いい具合に熟れていて、ほど良い甘さと香りが素晴らしい。

一個は娘の家族に届けよう。
二人の孫は、このメロンが大好物だ。

こんなに美味しいメロンを毎年送ってもらい、Aちゃんの実家のご両親には、本当に感謝、感謝である。

ー・-・-・-・-・-・-・-

余談だが・・・・
丁度、Aちゃんは8月の出産を富良野の実家で迎えるために、一週間ほど前から帰省中である。
Aちゃんを送って行った息子は昨日帰ってきて、こんなにおいしいメロンを、たらふくご馳走になってきたそうだ。
こんなに美味しいメロンや、沢山の海の幸が食べられる北海道が本当に羨ましい。
Aちゃんが、元気な赤ちゃんを無事出産して帰ってくるのを願っている。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »