« 初秋快晴でのゴルフ | トップページ | 油絵 ”旧中込学校” »

2008年9月28日 (日)

母の77日忌法要

今日、母が死亡して77日忌(49日)の法要を行い、納骨を済ませた。

母が亡くなって、もうそんなに時が過ぎたのである。
その間に、家族の心の痛手も徐々に薄れて、今日を迎えることが出来た。

お寺の住職が読経の後に話してくれたお話が、深く心に響いた。

・・・・ 亡くなったお母さんを供養するというのは、お寺へ来て墓参りをすることだけではない。  日々、残された家族が、お母さんが喜んでくれることをして暮らす事です。
健康で、楽しく、仲良く日々を過ごす事をお母さんは望んでいるはずだ。
喜んでくれるように過ごすことが、一番の供養なのです。
目には見えないけれど、耳には聞こえないけれど、お母さんは必ず皆さんを見守っています・・・・ と。

そんな話をして頂いて、心が安らいだ気持ちになった。
そして、これからも家族一同で、お話のように過ごして行こうと改めて思った。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

母が亡くなったのは8月16日、その3日前の13日に長男の第一子が生まれた。 我々にとっては3人目の孫だが、初めての内孫である。
今月25日にその孫と長男の嫁が、出産後初めて帰省先の北海道から帰ってきた。 今日28日の母の49日法要の3日前であった。  何か因縁を感じる。

そして・・初めて顔をあわせた孫は、実に可愛い。 手放しに可愛い。 
今日は、3人の孫とその家族一同が我が家に集まって、夜まで楽しい時間を過ごした。
母のいい供養になったと思う。

|

« 初秋快晴でのゴルフ | トップページ | 油絵 ”旧中込学校” »

コメント

ご住職のお話、心にしみますね。
私も遠く離れた親を心配させないように
健康で心豊かに生きていきたいと思いました。

無条件に可愛いという「孫」
それが内孫となれば一段と思いが強いですよね。
これからも甘々ジイジ振りをご披露くださいhappy01

投稿: mimoza | 2008年9月29日 (月) 11時56分

お母さんの77日忌(49日)の法要、納骨と無事営まれ、ほっとされたことでしょう。

暑かった夏も過ぎ、もう、こんなに寒いくらいの陽気に・・・月日の経つのも早いものです。

お孫さんと初対面され可愛い様子がよく表れてます。
お子さんやお孫さんに囲まれ、さぞ楽しいひとときだったことでしょう。

ご住職さんのお話まさにその通りだとおもいますね。

投稿: よびばあ | 2008年9月29日 (月) 14時25分

********** mimozaさんへ **********
住職にはとてもいい話をしてもらいました。
最近はどの法事に行っても、読経の後、法話をしてくれる
ことが多くなりました。
その話には、いつも心を打たれます。
mimozaさんはご両親と離れて暮らしているんですね。
いつもご両親のことを気にかけて、健康に楽しく暮らして
いることが一番の親孝行ではないでしょうか。

孫は、まだ生まれて一ヶ月半ですが、本当に可愛いです。

投稿: スロー人 | 2008年9月29日 (月) 17時28分

********** よびばあさんへ **********
今日は寒いくらいの気候で、長袖にカーデガンを羽織って
過ごしました。 雨で畑へ行く予定が狂いました。
49日法要・納骨が済んで、当面の儀式は終わりました。
仏壇の前の祭壇やお花や灯篭も片付けて、家の中も、
気持ちも一区切りつきました。
法事の行事が済んだ後、子供達や孫達が我が家に集まって
夕食も一緒にしました。
住職の言葉によれば、こんな時間を持つことが、母の供養に
なるんでしょうね。

投稿: スロー人 | 2008年9月29日 (月) 17時40分

49日の法要、お疲れ様でした。
お寺の住職のお話って、ほんと、身にしみますよね。
スロー人さんも安らいだ気持ちになれたようで良かったです!!

初めて顔を合わせたお孫さん、かわいいでしょうねぇlovely想像できますよ、スロー人さんのタレ目が(笑)
皆さんで楽しく過ごしているのを、お母様はきっときっと喜ばれていると思います♪

投稿: ひめひめ | 2008年9月29日 (月) 18時20分

四十九日の法要も無事に終わられたようで、
心にしみる住職のお話ですね。
 
そして、お孫さんとのご対面!
可愛いですか?そうですかぁ~
いいですねぇ~、楽しみですね~(^.^)
 
いろいろな意味で、お母様の生まれかわり?と思わせるような不思議な因縁ですね。
お孫さんの話をするときは、必ずお母様の話も出るはず・・・
立派なご供養ですね。

投稿: bluedaisy | 2008年9月29日 (月) 19時02分

スロー人さん、こんにちは。
ご無沙汰していました。

49日の法要、無事に終わって良かったですね。
お疲れ様でした。
ホッとなさったでしょう。
これでお母様も安心して 行くべき場所で
ゆっくり過ごされていることと思います。

ご住職様の言葉・・・私も色々な場所で聞きました。
毎日故人を偲んであげることが一番の供養だと聞き、
そのようにしています。
そのようにする・・・というか 特に意識しなくても
ことあるごとに父や祖母のことを思い出したりしています。 

お母様のことは 私もちょうど個展に行っていたので
なんだか人事とは思えませんでした。
私の母も主人の母も今はまだ元気ですが
これから先も しっかりと親孝行していきたいと思います。

それから話は変わりますが
先日教えていただいたブラジル(!)に
先週の土曜日に行ってきました。
明日、記事にする予定です。
スロー人さんが食べたものと比べて
どうだか また教えていただけるとありがたいです。
私達は全然わからなかったので
お店の方に選んでもらいました。
とてもおいしかったです。
ありがとうございました。

投稿: ジュリア | 2008年9月29日 (月) 19時02分

月日の経つのは早いですね。49日の法要営まれ一つの区切りでスロ-人さんも心が安らいだ事でしょうね。お母さんも安心されてこれから仏の世界へと旅たたれ家族をやさしく見守って下さることでしょう。
私も主人は若いままで、毎日微笑んでくれています。来年は17回忌でいつも元気で過ごせるのも見えない何かが私たちを見守ってくれているように思えるのです。
お孫さん女の赤ちゃん?可愛いい様子が見えるようですね。miyoたんの孫は昨日で3才になりました。

投稿: miyoたん | 2008年9月29日 (月) 19時08分

********** ひめひめさんへ **********
当面の行事が終わってホットしました。
法話を聞くと本堂という場所の雰囲気だからか、
何故か心に真っ直ぐに入ってきて、染入ります。
素直に心が安らぎました。

孫を見るところを見られていたようですね。
垂れ目で、口元も緩んでいたかも知れません。
そんな時、住職の言葉を思い出していました。

投稿: スロー人 | 2008年9月29日 (月) 21時12分

********** bluedaisyさんへ **********
取り敢えず、49日法要・納骨も終わり、家の祭壇の整理も
終わって、心の整理もつきました。
住職の話をいつまでも家族一同忘れずに、暮らしていこうと
思います。
そうですね・・。 孫のことを話すときには、必ず亡き母の
ことを思い出すので、供養になるかも知れませんね。

投稿: スロー人 | 2008年9月29日 (月) 21時21分

********** ジュリア先生へ **********
49日法要も無事終わって、ホットしました。
母も無事極楽浄土に着いて、父と51年ぶりの再会をして
いるのかナ・・と思うと、安堵感さえ覚えます。
こんな気持ちになるとは、想像もしていませんでしたが・・
住職の話、ジュリアさんからのコメントでも同じ意味の
ことを言って励ましてくれたこと、とてもありがたかった
です。 聞きながら、思い出していました。

・・・ジュリアさんご一家の行動力にはビックリします。
本当にブラジル街に行ってきたんですね。
お店の人が選んでくれたって、日本語は通じたんでしょうか。
そして、味はお口にあった味だったでしょうか。
私達にとっては、大好きな味なんですが・・・
明日のブログが楽しみです。

投稿: スロー人 | 2008年9月29日 (月) 21時39分

生きた証は覚えてくれてる人がどれだけ居るか?
だと聞いた事もあります。
存在しなくても心に生きてる、そしてそれが繋がるんでしょうか?
まだ家族が消えることに直面してないのですが、
考えるだけで胸が詰まります。

お孫さんとの初体面で既に目に入れても…になってるみたい。神様は悲しみと喜びをバランス良く与えてくれるものなんですね。

投稿: | 2008年9月29日 (月) 21時42分

********** miyoたんへ **********
49日法要が終わって、とりあえずの行事が済んで
ほっとしました。
この期間に心も傷も癒えて、良く考えた期間後の法事だな・・
と思います。
16年前にご主人は逝かれたんですか。
ご家族が元気で過ごせているのも、きっとご主人が見守って
くれているんでしょうね。

長男に生まれたのは女の児です。
miyoたんのお孫さんは昨日で3歳ですか。
丁度可愛い盛りですね。 娘の次女は2歳半ですが、男の子
のような暴れん坊で、我が家に来ても暴れまわっています。

投稿: スロー人 | 2008年9月29日 (月) 21時54分

********** ??さんへ **********
家族は一番長く一緒に暮らして、笑ったり泣いたりしたので
決して忘れることはないでしょうね。
時々思い出して話をするのは、確かに供養になるんだと
思います。 話す人の心にはまだ生きているわけですから・・
本当に、往く人・来る人で、孫は良くぞ生まれてきてくれた
と思っています。
(HN記入漏れでしたので、「??さん」とさせてもらいました)

投稿: スロー人 | 2008年9月29日 (月) 22時19分

49日法要が終り一段落された事でしょう。
特に御母堂様の場合は尚更に感慨深い物が有りますでしょう。
当方も先日7回忌の法要が済み気落ちの整理が付いた所です。
何時も、法要に際して強く感じる事は。
特に身内の法事ごとは故人が残された者に相集う機会を与え、お互いを近しくしてくれる機会を与えてくれていると常々感じております。

投稿: 久米仙人 | 2008年9月29日 (月) 22時25分

********** 久米仙人さんへ **********
久米仙人さんも先日7回忌の法要でしたか。
今から、一周忌、3回忌、7回忌・・・と続きます。
法事を済ますと何か落ち着きますね。

確かに、普段は滅多に顔を合わさない親戚や従弟などに
法事などの席で逢うと、懐かしくて昔はなしに花が咲きます。
故人がそんな機会を作ってくれるんでしょうね。

投稿: スロー人 | 2008年9月29日 (月) 23時08分

??さんは夢眠でした^_^;
クッキーがなぜか消えてたみたい(笑)
大変失礼しました。
お仕事、行ってきます~

投稿: 夢眠 | 2008年9月30日 (火) 06時46分

********** 夢眠さんへ **********
わざわざ連絡ありがとうございます。
夢眠さんかナ・・と思いましたが、??さんとしました。
お仕事、頑張ってください。 行ってらっしゃい~~

投稿: スロー人 | 2008年9月30日 (火) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/42626430

この記事へのトラックバック一覧です: 母の77日忌法要:

« 初秋快晴でのゴルフ | トップページ | 油絵 ”旧中込学校” »