« カニのお呼ばれ | トップページ | 油絵 ”晩秋の沼辺” »

2008年12月20日 (土)

年末恒例”松の剪定”

今日は、毎年年末に行う ”松の剪定”と”庭木の刈り込み” を行った。

今日の気温は15℃前後と冬日和と言うよりは、春のように暖かかった。
昨日、半日掛けて松の剪定を途中までやっていたので、庭木の刈り込みも含めて一日で作業は終了できた。

Img_1823_4例年脚立を立てて松の剪定をしていると、通り掛かりの人からお声が掛かる。
今日も、一番多かったのは「落ちないよう気をつけてくださいよ」だったが、中には「私の友人は2人も脚立から落ちて亡くなった」などと脅かす人もいた。
でも、気にして注意してくれるのは有り難い。

また、「そんなに植木を綺麗にするのは止めてよ」と、通り掛かりのゴルフ仲間からクレームもあった。 理由を聞くと「○○(私)さんを見習いなさいよ」と、いつも奥さんから言われているそうで、「また女房から同じ文句を言われそうだよ」と言う事だった。
「私は奥さんの味方だから、大いに綺麗にしますよ」といったら、笑いながら帰っていった。

松の剪定の他に、コニファー/スカイロケットや生垣の紅かなめ、金木犀などの庭木の刈り込みも済ませ、年末の予定作業の一つが終わって、ホットした。

       -・-・-・-・-・-・-・-・-

毎年松の剪定の記事をアップロードしているので、年末が近づくと、「松の剪定方法」という検索ワードで、私のブログを訪れる人が多くなる。
自分で松の剪定をしたいが、その方法を調べたい・・ということだと思う。
ただ、私は剪定のノーハウをブログに記述するほどの技術も無く、剪定したことだけを書いているだけだが、松の剪定をご自分でやろうとしている人が大勢居ることだけは確かなようだ

|

« カニのお呼ばれ | トップページ | 油絵 ”晩秋の沼辺” »

コメント

スロー人さん、やっぱりタダものじゃないですね。
松の選定まで自分でやられるとは・・・
そりゃ、ご近所さんもクレーム付けるわけですね(笑)
 
庭屋さんを頼むと、なかなかお金がかかるんですよね~
特に松は・・・
奥さまは大助かりですね(^_^)v

投稿: bluedaisy | 2008年12月21日 (日) 11時16分

今年も恒例の「松の剪定と庭木の刈り込み」ですね。
何時もながら丁寧な作業の様子でご近所の知人の方はサゾヤ・・・・でしょうネ。
知り合いの方は剪定の講習会で勉強したそうです。
特に実の成る木の剪定は大変に難しいく、当方も2年前に実家の柿木を自己流に切り、約2年間程全く実が成らない失敗をしましたネ、ヤット今年実が付き始めましたが。

投稿: 久米仙人 | 2008年12月21日 (日) 13時41分

********** bluedaisyさんへ **********
”タダ者じゃない”とは、すごい誉め言葉で恐縮です。
いえいえ・・以前は毎年手入れに来てくれた植木屋さんが、
あるときから、こんな小さい庭の手入れには来てくれなく
なったので、仕方なく本で調べて始めたものです。
最初は3日も掛かっていたものが、最近は慣れたので
一日あれば出来るようになりました。
植木屋さんに廻る分の手入代が私のところには廻って
来ないのが不満ですが。happy01

投稿: スロー人 | 2008年12月21日 (日) 13時46分

********** 久米仙人さんへ **********
本当は講習会で教われば良いんでしょうが、身近に
講習会もなかったので、本やネットで勉強しました。
でも、実際にやってみないとなかなか適切な教本はなく
実地が一番勉強になりました。
実の成る木の剪定は本当に難しいと思います。
教本やネットでの説明も少なくて、これだけは講習会で
教わらなければ無理だと思います。

投稿: スロー人 | 2008年12月21日 (日) 13時55分

ずいぶん大きな松の木のようですね。これでは脚立も長いのを使わないと無理ですよね。
植木屋さんでも松の剪定は相当時間がかかるそうですのに、お疲れ様そして無事で何よりです。

実は私の弟も木を切っていて落下し、骨折したことあるんですよ。次回は来年になると思いますが、お気を付け下さい。

投稿: よびばあ | 2008年12月21日 (日) 20時20分

********** よびばあさんへ **********
”無事で何よりです”には、思わず苦笑してしまいました。
ご心配して頂き、ありがとうございます。
そんなに大きな木ではないですが、専門家のような高い
脚立ではないので、サーカスまがいの姿勢になることも
あります。 ひやひやして見ているんだと思います。
そうですか。弟さんも・・
脅かされたのもあながち冗談ではなかったんですね。
車の運転のように、何歳になったら止めようと決める
必要がありそうですね。

投稿: スロー人 | 2008年12月21日 (日) 20時50分

なんでもこなされますね~
でも、やっぱり言っちゃう!気をつけてくださいね。
そろそろお正月準備ですね~
切った松の枝、生け花用におすそ分けして欲しいわ(笑)

投稿: 夢眠 | 2008年12月26日 (金) 00時16分

********** 夢眠さんへ **********
ご心配頂いてありがとうございます。
来年は皆さんのご忠告を聞いて、もう少し背の高い
安全な梯子を購入しようかと思います。

そうですね。剪定した松の枝は、正月の生け花になりますね。
皆、ごみとして捨ててしまいました。

投稿: スロー人 | 2008年12月26日 (金) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/43476118

この記事へのトラックバック一覧です: 年末恒例”松の剪定”:

« カニのお呼ばれ | トップページ | 油絵 ”晩秋の沼辺” »