« テーブルウェア・フェスティバル | トップページ | 春・・畑の準備 »

2009年2月 8日 (日)

先日、立派な「書」を戴いた。

戴いたのは同じ町内に住む、書道の師範の資格を持つゴルフの仲間の先輩である。
氏は、いろいろな書道展で入選や入賞しているアマチュアの域を超えた書家であり、昨年の”さいたま市展”では、数ある応募作品の中から、トップの「市長賞」を受賞した大家である。

Photoこの「書」は85cm四方の大作で、殷の金文で「首」(しゅ)と書いてあり、氏によると「決して首(くび)になる・・という”首”ではなく、首席、首位、首相とかのトップという意味の”首”」だそうである。
因みにこの「書」は、一昨年の埼玉県展に入選した作品だそうだ。

有り難い縁起良い「書」を戴いたので、早速床の間に飾っていた「寒山寺/楓橋夜泊」の掛け軸を外し、この「書」に交換した。

私は氏の作品が出品された書道展の案内を頂くと、必ず足を運んで鑑賞させてもらっている。  氏の書には、爽やかな力強さを感じ、「書」の中に一幅の「絵」を見るようでとても好きだ。

お返しに私の油絵を・・とも思ったが、余りのレベルの違いに気が引けて、未だに言い出せないでいる。

|

« テーブルウェア・フェスティバル | トップページ | 春・・畑の準備 »

コメント

とても、味わいのある立派な書を戴かれましたね。

首席、首位、首相とかのトップという意味の”首”」とはスロー人さんにぴったり
ではないですかgood

そして、スロー人さんの絵、とても気に入られると思いますよsign03

投稿: よびばあ | 2009年2月 8日 (日) 19時31分

********** よびばあさんへ **********
線のバランスや”間(ま)”が絵に似て、とても心地よく
収まっており、この方の書には、いつも絵を見るようです。
”殷の金文”というのも初めて見ましたが、象形文字の
ようで、その文字自身が絵なのかもしれません。

人の上に立つ”首”になりたいとは思いませんが、
上達するという意味では、幾つになっても上を目指す努力
はしていきたいですね。
今の私の絵では実力に差がありすぎて、とても気が引けます。

投稿: スロー人 | 2009年2月 8日 (日) 21時06分

素晴らしい作品ですね~。
85cm四方とは、かなりの大きさ。
堂々たる作品で、お部屋の雰囲気もかなり変わったのではないですか?
スロー人さんの周りには、芸術性の高い(?)方が多いですね~happy01
お互いに刺激しあえるお仲間なんでしょうね♪

投稿: ひめひめ | 2009年2月 9日 (月) 16時58分

思わず岡本太郎さんを思い浮かべてしまいました。
迫力がありますね。
なんだか、目のようにも見えて、いつも見られているような(苦笑)
なんて、貧相な感想なんでしょ(^_^;)
    
スロー人さんの作品にはスロー人さんらしい繊細さが出ていると思います。

投稿: bluedaisy | 2009年2月 9日 (月) 20時48分

********** ひめひめさんへ **********
我が家には一字だけの書の掛け軸はなかったので、
この書を床の間にぶら下げたら、趣がかなり変りました。
芸術的なものだけではなく、同じような趣味を持つ人は
周りを見れば結構いるんではないでしょうか。
確かに大いに刺激を受けています。

ところで、今日、川越で開かれている相原求一郎展を見に
行った帰りに、藤店に寄ろうとしたらお休みでした。
月曜日は休みだったとは・・残念でした。

投稿: スロー人 | 2009年2月 9日 (月) 22時15分

********** bluedaisyさんへ **********
ウ~ン 確かに岡本太郎の世界かもしれませんね。
殷の金文文字をデフォルメして書いたものだそうです。
素人ながら、金文は一種の象形文字のように思われます。
イメージを膨らませて一気に大きい筆で書いたものだと
思われます。 その力強さに圧倒されます。

私の絵は、繊細さというよりは弱ささえ感じてしまいます。
今日も、相原求一郎画伯の展覧会に行ってきましたが、
見る人を釘付けにするような迫力ある絵でないといけない
と、感じました。  この書のように・・・

投稿: スロー人 | 2009年2月 9日 (月) 22時27分

とても大きなサイズなのに流石に堂々と書かれてて立派ですね。
書に対して見る力は無いので感想を言うのもおこがましいですが(^^ゞ
文字って基本がしっかり解ってないと崩せないのでこう言う文字こそ難しいのでは無いかな~って思います。

投稿: 夢眠 | 2009年2月10日 (火) 00時10分

********** 夢眠さんへ **********
私は習字程度しかやりませんが、書はとても奥深い
道のようです。
でも、素人なりにウ~ン美しい書だナ~・・と思う
事は度々あります。
上手/下手はわからなくても、何か気持ちを引きつける
ことってありますよね。
正に、この方の書はそんな書なんです。

投稿: スロー人 | 2009年2月10日 (火) 21時29分

またまた登場のひめひめです。
藤店うどん・・・お休みだったんですね!残念sad
お休みは日曜日と祝日かと思ってましたが・・・。
これに懲りずに、是非またチャレンジしてみてくださいね。
かなりの行列を覚悟しつつ(笑)

投稿: ひめひめ | 2009年2月12日 (木) 18時51分

********** ひめひめさんへ **********
度々のご訪問、ありがとうございます。
おかしいですね。 藤店、HPでも休日は「土・日」と
なっています。 確かあれは月曜日でした。
pm3:30頃往路で店が閉まっていたので準備中かと
思い、復路6:00頃通ったときも閉まっていました。
画友3人と意気込んで行ったのに、残念でした。
再度挑戦します。

投稿: スロー人 | 2009年2月12日 (木) 21時35分

再々登場のひめひめです!!
スロー人さん!!もしかしたら!!分かっちゃったかも!!

たしか・・・「藤店うどん」って、遅くともPM3:00位には閉店なんですよーbearing
ひめひめ達が行くのは大抵土曜日なんですけど、いつもすごい混雑なので、一度、お昼の時間帯を外してPM2:45位に入店したことがあったんです。
ひめひめ達の後に、サラリーマンが2~3人入店しましたが、その後来たお客様は
「今日はもう終わりです」
って皆断られてました。
なので、きっとPM3:00目安で閉店なのだと思います。
もっと遅い時間まで営業すればいいのに・・・手打ちうどんがおいつかないのかしら???

投稿: ひめひめ | 2009年2月13日 (金) 18時08分

********** ひめひめさんへ **********
再々のご訪問ありがとうございます。
それで何もかも納得しました。
実は往路で見た際は、店内に白衣の人がいるのが見えました。
それで、準備中かと思って復路にも寄ったものです。
そういうことだったんですね。
それにしても3:00頃閉店とは、随分早いですね。
断られると、次はどうしても・・という心理が働きますね。
なかなか商売上手なのかも知れません。
HPで見ると、肉汁うどんがお勧めのようなので、
今度は、絶対に肉汁うどんを食べたいです。

投稿: スロー人 | 2009年2月13日 (金) 21時13分

これはもう芸術ですね・・・・
素晴らしいです。

なんていうか きちんとした字よりも
こういう崩した(専門用語があるかもしれませんがわからないので・・)字の方が
とても趣があって好きです。

スロー人さんの絵だって全然負けてませんよ!
是非プレゼントしてあげてください。
もしかしたらそれを願ってるかも・・??

投稿: ジュリア | 2009年2月16日 (月) 05時36分

********** ジュリアさんへ **********
この書体は、殷の時代の青銅器に書かれていた文字(金文)
という書体を基に書いた書だそうです。
書でありながら、絵のような文字ですよね。

私の絵、貰ってくれるかどうか、今度ゴルフをご一緒した
時でも恐る恐る伺ってみようかと思います。

投稿: スロー人 | 2009年2月16日 (月) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/43976362

この記事へのトラックバック一覧です: :

« テーブルウェア・フェスティバル | トップページ | 春・・畑の準備 »