« じゃがいもの植え付け | トップページ | 陶芸 ”焼酎グラス” »

2009年3月15日 (日)

油絵 ”深雪の郷”

1/末~2/初、新潟県の十日町に旅行した折に見た、雪の景色を油絵に描いた。

毎年、冬のスキーを楽しみに子供達3家族で十日町を訪れる。
しかし、私は今年からは自身の体力(筋力)の衰えによる怪我を心配し、スキーは止めて、息子や娘夫婦や孫達がスキーをしている間、温泉やスノーシューイングや下の孫との雪遊びに付き合ったりした。

      ↓ スケッチPhoto
そして、絵になる景色を探して周辺を一人でドライブに行った。
何箇所か絵になりそうな景色があって、車を道路脇に止めて、車内でスケッチした。
外は寒く、車のエンジンをかけたまま暖房をつけ放してスケッチした。

              ↓ 油絵 「深雪の郷」  F6号
Photo_2 その内の一枚がこの景色で、最近油絵にした。
十日町は有数の豪雪地だが、今年の雪の量は少なかった。
そんな中でこの景色は、雪の裏山を背に、ひっそりとたたずむ数軒の民家で、十日町らしい深雪の景色だった。

|

« じゃがいもの植え付け | トップページ | 陶芸 ”焼酎グラス” »

コメント

スケッチも素敵ですけど、油絵にすると、また景色が違って見えますね。
この冬は、どこも暖冬で、十日町らしい景色を探すのも大変だったんですね~
先日も長野市の友達に聞いたら、雪かきのスコップを使ったのは、この冬は一度だけ、あとは箒で掃いて終わりだったとか・・・
諏訪のほうが雪かき、何回もしたのにhappy02
このスケッチの民家も、そろそろ農作業の準備をしているかしらね~

投稿: bluedaisy | 2009年3月15日 (日) 18時01分

********** bluedaisyさんへ **********
十日町は例年は4mほど積雪がありますが、今年は
1mくらいしか積もっていませんでした。
暖冬だったんですね。
長野はスコップ使用は一度だけ、あとは箒で済んだとは
雪の少なさを象徴していますね。
こちらは今日は暖かい春の陽気でした。
諏訪の方も、もう春の気配がしていることと思います。

投稿: スロー人 | 2009年3月15日 (日) 20時49分

写真からという時もあるのでしょうが、スケッチもとてもあじわいがありますね。
油絵の「深雪の郷」は確かに今年は雪が少ないそうですが、深雪という雰囲気ががよくでているように感じます。

ご家族旅行の時でも絵のことはお忘れにはなってなかったようですね( ^ω^ )

投稿: よびばあ | 2009年3月15日 (日) 21時50分

********** よびばあさんへ **********
今回は最初からスキーをする心算がなかったので、
絵にするモチーフを取材する予定の旅行でもありました。
旅行の時はいつもスケッチブックは持参しています。
スケッチは油絵にするための構図を考えながら描いたり
スケッチすることでその景色や周りの雰囲気を感覚で
覚えておけるので、なるべくスケッチはするように
しています。

投稿: スロー人 | 2009年3月15日 (日) 22時05分

雪の量が少なかった、とのことですが、、、今シーズンは積雪を間近で見ていないせいか(?)この絵を見て「寒そうー」って思っちゃいました。
通常なら、民家の高さ半分くらいは雪に埋もれているんでしょうね。
周りの木々も、雪をわんさかかぶっているんでしょうね。。

投稿: ひめひめ | 2009年3月16日 (月) 20時06分

********** ひめひめさんへ **********
十日町辺りは、例年の1/4でもこの積雪です。
一昨年だったか、6m積もった年は、両側雪の壁の中を
車で走りましたが、怖いほどでした。
雪景色でも、春が近づいた景色は何となく暖かい雪に
見えるから不思議です。
この頃は一番寒い時期だったので、寒々とした絵に
なりました。

投稿: スロー人 | 2009年3月16日 (月) 21時32分

雪景色を描いてるのになんだか暖かさを感じる作品です。
寒いなかで車でのスケッチ、描きたい衝動は寒さに負けませんね。

投稿: 夢眠 | 2009年3月17日 (火) 23時05分

********** 夢眠さんへ **********
日展などでは雪の景色の絵を良く見ますが、同じ雪でも
氷点下何十度の雪の色と、春が近い雪の色は違った白色
で表現されていて、驚きます。
あんな風に雪の色で景色の気温まで感じさせられたら
すごいナ~と思います。
とてもそんな域には達せられそうにありません。

投稿: スロー人 | 2009年3月18日 (水) 20時33分

わあ! スケッチもすごくいいですね!
私はこれだけでもかなり好きです。

我が家の二男は絵をかくのが好きなのですが
細かい絵が得意なので
学校でも 下書きはすごくいいのに
色をつけると 良さが半減すると言われました。

色をつけずに 細いペンでこまかーい絵を描かせるとけっこういけます。

最近は色を色鉛筆でつけているので
これだとそれほどグチャグチャにならずに
まあまあ〇かな。

色をつけるって やっぱり難しいけれど
さすがスロー人さん、木や雪の質感がよくでてて
とってもいいですね!

投稿: ジュリア | 2009年3月24日 (火) 05時47分

********** ジュリアさんへ **********
スケッチもいいですか。 ありがとございます。
私の場合スケッチは油絵を描くための構図とりと
濃淡を記録する下絵と考えて描いています。
特殊な色は色鉛筆で塗っておくこともあります。

息子さんも絵が得意なんですね。
最近は色鉛筆で色をつけてから筆に水をつけてこすり
下絵を生かして水彩画のように仕上げる方法もあります。
試してみたらどうでしょうか。
息子さんの画法に合っているような気がします。

投稿: スロー人 | 2009年3月24日 (火) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/44332851

この記事へのトラックバック一覧です: 油絵 ”深雪の郷”:

« じゃがいもの植え付け | トップページ | 陶芸 ”焼酎グラス” »