« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月27日 (月)

とうもろこし最後の収穫

とうもろこしの”最後の収穫”をした。

Photo とうもろこしは、初収穫はカラスに先を越されて半分近くを食べられてしまった。
最初のカラス防御対策が不備だった為と、カラスが防御対策を上回る新手で攻撃してきた為だった。

その後、追加対策として、ネットをとうもろこしの幹全体に施し、その効果があったようで、以降は被害が起きてはいなかった。
そして、今日すべてのとうもろこしを全部収穫し終えた。
<カラスに半分ほど献上したこともあって、とうもろこしの今年の収穫は今日の分も含めて全部で「21本」に終わった。>

今日収穫したとうもろこしは、子供達一家に配った。

   -・-・-・-・-・- 今日の畑 -・-・-・-・-・-

      ↓ ささげ
Photo_2 ささげは、いっぱい立てた支柱に蔓を絡ませて力強く育っている。
実をいっぱい付けていて、そろそろ青色から茶色に枯れ始めた。
実がからからに乾いた茶色になったら収穫時だ。

                      ↓ 秋用剪定したなす
Photo_4 暑さのためか茄子の木の勢いが衰えて実の付きが悪くなった。
そのため、秋ナス用の剪定をして追肥し、木を休ませることにした。
昨年は強く剪定して失敗したので、今年は弱めの剪定とした。
当分はナスの収穫はお休みとなる。

    ↓ トマト
Photo_5 大玉トマト、ミニトマト共に最盛期のようだ。
今年は雨が多かった割りにトマトの出来が良く、例年落果が多い大玉トマトも順調に収穫できている。
孫達が皆トマトが好きなので、行く度に収穫してきて配っている

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

今年も届いた”山梨の桃”

今年も甲府盆地で美味しい桃を作っている旧知のTさんが、沢山の桃を送ってくれた。

Tさんは土壌改良し土つくりをして、他と一味違う美味しい桃を栽培されている。
そして、毎年貴重な美味しい桃を送ってくれる。

Photo_4 故郷の桃を先ず最初に、昨年夏他界した母の仏壇に供えた。
母は、このTさんが作られた桃が好物だった。

この美味しい桃の味を知っている娘家の孫達に知らせたら、早速明日皆で取りにくるという。
長男一家にも配って、三家族で、この美味しい桃をいただこうと思う。

Photo_5 果物を好きなフランも、早速この美味しい匂いを嗅ぎつけて、開封すると直ぐに梱包に顔を入れてきた。
なかなか抜け目のないフランである。

毎年忘れずに美味しい故郷の味を送ってくれるTさん、本当にありがとうございます。
家族一同で、故郷の味をかみしめながらいただきます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

孫とフラン

長男一家は、我が家から徒歩5分のところに住んでいる。
近いので度々我が家に来ては、一緒に食事をしたりする。 孫を預かって長男夫婦は用事や遊びに行く事もある。

そんなことから、来月で一歳になる孫は、生まれて間もない赤ちゃんのころから愛犬トイプードルのフランと接している。

2そのためか、我が家に来てもフランを友達のように思っているようで、ケージに手を入れてフランの頭を撫でたりする。
怖がる様子など全くない。

2_3  フランをケージから出しても、おもちゃで一緒に遊ぶ。
フランも孫を友達だと思っているようだ。

孫を抱き上げてあやしていると、フランもやきもちを焼くように、クンクンと擦り寄ってきて抱っこをせがむ。

孫が来ると何だか急に、孫が二人いるような気分になるのである。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2009年7月14日 (火)

今年も届いた”富良野メロン”

今年もまた、富良野からメロンが届いた。

Photo_5 毎年この時期になると、長男の嫁のAちゃんの実家から美味しいメロンを送ってくれる。
富良野盆地の夏は、日中暑く、夜は涼しい乾燥した湿気のない内陸性の気候のため、メロンの生育には適しているようだ。

Photo_2 今年のメロンは、「キングルビー」という種類で、赤果肉のとても甘くて美味しいメロンだ。
直径が17cmもある大きなのが3個も入っていた。
長男一家には別途送られてくるようだし、孫達が来たので皆で1個、娘一家に1個、もう1個は我々二人で食べることにした。

こんな美味しいメロンはとても買って食べるチャンスなどなく、一年に一度味わう贅沢な味である。
北海道に親戚ができて、度々美味しい食べ物を送って頂き、居ながらにして北海道の特産品が味わえることは幸せだ。

-・-・- やっと口に出来た ”とうもろこし” -・-・-

今日陶芸教室の帰りに、とうもろこしに追加対策した”カラス防御”の結果がどうなっているか知りたくて、畑に寄り道した。
どうやら効果があったらしくて、その後はカラスの襲撃はないようだった。

Photo_4
そして、4本を収穫した。 今まで熟したと見るやカラスに横取りされて悔しい思いをし、口にすることが出来なかったが、今日やっと口に出来た

待ち遠しかっただけあって、すごく甘くて美味しいとうもろこしを食べられて、妻と幸せの味をかみしめた。
2本は、長男が顔を出したので持たせた。

カラスさん、お裾分け、ありがとう ??

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

親愛なる畑のカラスさんへ

私の小さな家庭菜園の野菜を度々襲ってくる、カラスさんに申し上げます。

先ずは、私が浅智恵を絞って施した貴方達の襲撃に対応する防御対策に対し、毎回更なる対応策で懲りずに襲ってくる貴方達の頭のよさと執念に、敵ながらお見事なことと敬意を表します。

Photo_2 先日、完全と思われたとうもろこしの防御対策(←クリック) をすり抜けて襲われた後、追加対策の時間がなくて4~5日そのままにしていたら、ここぞとばかりに第2波、第3波の攻撃にあって、昨日畑へ行ったら、大切に育てたとうもろこしは、私が口にする前に半分近くは貴方達の餌食となっていました。

わざわざ小さな私の家庭菜園を餌場としているのは何なんでしょうか。
ちょっと離れた畑には、専門に野菜を栽培している専業農家の、もっと美味しそうで沢山の野菜が豊富にあるじゃあないですか。
無農薬野菜は貴方達にも安全と承知してのことなんですか?
それとも単なる弱い者いじめ?

貴方達の行為も判らないではありません。
ソマリア沖の海賊達だって、彼らなりの理由があっての必死の行為であるように、貴方達にもそれなりの理由はあるんでしょう。

しかし・・ささやかな定年後の野菜つくりを楽しんでいる私の畑を襲うのは、心情的にチョット考えてもらえないものかと・・・ <チョット弱気になっている私・・>

Photo 今日は急遽、とうもろこしに更なるネットをグルリと廻して防御してきました。 
さあ、この防御策をどうかいくぐりますか? <挑発言動は逆効果?>

そうこうしている内に、とうもろこしは完熟して食べ頃を逸してしまいそうです。
どうか、私にもとうもろこしの試食をさせてください。
お願いします。 <哀願状態・・>

暑い夏の盛り、熱中症などに留意の上活躍ください。 <スリスリ・・>

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

順調なナスの育ち

叉々畑の収穫が、行事やら用事やらで2日間出来なかった。

今日は収穫に出掛けたが、曇り空ながら湿度が高く、風もなく、3時間ほどの仕事で全身に水をかぶったような汗でグッショリになった。
キューリやナスを大量に収穫し、掘り残したじゃがいもを全部収穫しようと取り掛かったが、あまりの湿度と汗で一畝だけでくたばってしまった。

追肥もしようと始めたが、ナスだけでもう限度・・・と、くたくたになって早々に帰宅した。
一昨年、熱中症になってから限度をわきまえるようになった。

今年は珍しく、ナスの出来が良い。
Photo_3 主な野菜の収穫は毎年グラフにして比較しているが、今日現在のナスの状況は例年と比べてもいい線をいっていて、最高収穫量のH16年を上回るのでは・・・という勢いである。
(グラフ画面をクリックすると拡大画面で見られます)

                                             ↓今日の収穫
Photo_4 Photo_5 例年、数はそこそこ採れても、虫喰われ痕や傷などがあって見栄え良い艶のあるナスはなかなか採れなかった。
ところが今年は、艶が良く形も良いナスが収穫できている。
好成績の原因の一つは、コンパニオンプランツとして一緒に植えたネギの効果もあるのではと思う。

最終的には、終わってみなければ判断できないが、他に今年初めて試みたことなどもあって、総合的に検討して来年の参考にしたいと思う。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

対策を上回った「カラスの智恵」

用事があったり梅雨の雨天だったりで、2日間畑へ行けなかった。
キューリなどがとんでもなく大きくなってしまっているだろうと気になっていたので、今日は小雨をついて畑へ出かけた。

Photo_2 そして・・とんでもない光景を目にした。
なんと、完全防備と思っていた「カラス対策」を破って、とうもろこしが5~6本倒されて、喰いちぎられていた。
半月ほど前のブログ記事で、その対策を紹介して「今年は私の完全勝利」と勝利宣言までしていたのに、それがカラスの怒りをかったのか、対策の上を行くカラスの智恵に、してやられた。

多分、天井面のテグスの張り巡らせ方が足りなくて、上空から集団での垂直降下空襲攻撃を受けたようだった。
とうもろこしはまだ完熟前なのに、カラスは梅雨空の下で餌もなく、空腹に耐えかねたのだろうか。

今年もまた、とうもろこしの試食はカラスが先だった。
カラスの智恵に敬意を表しながら、再度対策を検討して強化対策を施さなければならない。

-・-・-・-・-・- 今日の収穫 -・-・-・-・-・-

2日間収穫を怠ったので、今日は沢山の収穫があった。

   ↓ナス          ↓キューリとトマト      ↓インゲン  
Photo_4 Photo_5 Photo_6      ・ナス   37個
     ・キューリ 19本
     ・ミニトマト 37個
     ・インゲン 1.5kg

夏野菜は収穫をサボると、いっぺんに沢山採れてしまうのが悩みだ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

人・物・金

昨日は東海道新幹線に乗って出かけてきた。

昨年来、某社から新規に進出した事業についてアドバイスの要請があり、出向くことが多い。
そんな関係で、度々新幹線を利用する。

昨日も新幹線で出かけたが最近乗客が少なくなっていると感じる。
いつもなら東京駅始発の自由席の乗車口に並ぶ人は15~20mにもなるが、昨日は5~6mくらい並んだだけだった。
出発時の乗車率も、いつもならほぼ満席近くなるのに50%ほどで、新横浜でも乗降者は同じくらいで、とても満席にはならなかった。

東京駅発8時過ぎなら、ビジネス出張で丁度混む時間帯なのに、この程度の乗車率では他ダイヤでもこんなものなのだろう。

景気の動きは 「人」、「物」、「金」 の動きに連動しているといわれる。
昨日の新幹線で、最近の「人の移動」が極端に少なくなっていることを感じ、景気の先行きもまだまだ厳しいことを感じた。

政府は、党内のごたごたなどしている場合ではない。
早急に適切な景気対策を施さないと、日本の行方が心配だ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »