« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

ランプシェード

陶芸作品の 「ランプシェード」 が焼きあがった。

先日孫が遊びに来た時、寝室のベッドで跳んだり跳ねたりして遊んでいて、ベッド脇のスタンドを倒して壊してしまった。
そこで、陶芸でランプシェードを作って、ランプスタンドにしようと考えた。

    ↓ ランプシェード               ↓ ランプを点灯
Photo_10 Photo_11
  A

    サイズ : 13cm(L) x 13cm(W) x 16cm(H)
  粘 土 : 黒御影
  成 形 : タタラ作り
  装 飾 : サッシとドアに白化粧土
  釉 薬 : 外壁 黒マット吹きつけ
         屋根 黒マットどぶ漬け
  焼 成 : 酸化焼成

どんな形にするか迷ったが、家の形にして、灯りが漏れる感じを出そうと思った。
窓に穴を明けて灯りが洩れるようにしたが、穴の大きさによって洩れる灯りの感じが異なる。
実際に灯りを灯してみて、ほぼ思い通りの灯りの洩れ具合だったのでよかった。
電球スタンド部分は、家電店とホームセンターで部品を購入して手作りした。

ムードあるランプシェードに出来上がったので、X’mas には Xmasツリー の脇に飾ってみようと思う。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

ご無沙汰の畑の収穫

先週~今週にかけて、用事やら旅行があって、畑にご無沙汰だった。
野菜が大きくなってしまっているだろうと心配しながら、久しぶりに畑に顔を出した。

Img_3200_2 丁度一ヶ月前に秋用に剪定しておいたナスが、沢山実を付け始めていた。
秋茄子は嫁に食わすな・・・と言われるくらい、秋ナスは皮も柔らかくて美味しい。
私は焼茄子や茹茄子が好きで、早速、ビールの肴にした。

ゴーヤは暑さ避けの小屋を囲むように育てているが、小屋内にいっぱいぶら下っている姿は壮観だった。
中には、熟しすぎて黄色くなり、割れて種が地上に落ちているものもあった。

トマトの収穫はもう盛りを過ぎた。 久しぶりだったので大きいトマトは熟して地上に落ちていたものもあった。
木の上部に付くトマトは、段々小ぶりになって実の形も不揃いになるようだ。

オクラは15cmほどにおおきくなってしまっていて、これでは硬くて食べられそうにない。
その他、枝豆大葉なども収穫した。

今日の主な収穫は、ゴーヤ18本、ナス31個、大玉トマト5個 ・・・ などだった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

孫達と十日町へ

娘一家4人と我々夫婦の合計6人で、十日町にある リゾート「ベルナティオ」 へ行ってきた。

   ↓ リゾートホテル「ベルナティオ」        ↓ サイクリング
Photo Photo_2 今回は2泊3日で、スケヂュール一杯の旅行だった。
一日目は、途中の「清津峡」を見学し、午後ベルナティオ到着後、ゴルフを楽しんだ。
湯沢に別荘がある友人が、丁度別荘に夫婦で来ていて、その日はゴルフだとの情報が入り、一緒にプレーしないかと電話をしたら、彼らもそちらのゴルフをキャンセルして急遽駆けつけて来た。 その夫婦、娘婿、それに私の同伴プレーとなった。
お陰で、妻と娘はゴルフからはじき出されて、子守専一となった。

その友人夫婦もベルナティオで一緒に夕食することになり、彼らも我々と一緒の方が楽しいと、予定を変更してベルナティオに同宿することになった。 そして、2日目も一緒の行動となり、結局、6人の予定が8人での旅行となった。

2日目は、午前中はサイクリングとスナッグゴルフ、午後は2時間コースの山麓ハイキングツアーに参加し、夕食前はプールと、びっしりのスケヂュールだった。
孫たちも総てに元気に参加した。

     ↓ 工作教室             ↓ 美人林
Photo_3 Photo_5 3日目は、リゾートの子供向け工作教室に参加し、夏休みの工作の一つを仕上げた。
帰路の途中で「美人林」に立ち寄り、見事なブナ林を散策して癒された。
さらに少し足を延して、「松之山温泉」まで行き、立ち寄り湯でお風呂に浸かった。
この温泉は、お風呂も良かったけれど、露天風呂からの景色が素晴らしかった。

3日間、びっしりの過密スケヂュールの旅行で、年よりはいささか疲れたが、孫達は総てに大喜びの楽しい旅行だった。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2009年8月19日 (水)

油絵 ”高原の小径”

やっと暑い夏となり、涼を求めて、軽井沢→八千穂に日帰りでぶらりと出掛けた。

八千穂は、北八ケ岳の東麓にあって、今は佐久と合併して”佐久穂町”というそうだ。
八千穂には八千穂高原があって、白樺の美しい群生林などがあり、四季を通じて景色が美しい。

  ↓ 高原の小径  F4号
Photo_2夏には涼風が気持ちよく、秋には紅葉した景色が綺麗だ。
春と冬には来た事がないけれど、春は花が咲いて綺麗だし、冬はスキー場もあると聞いた。

八千穂高原辺りを散策中に見かけた、林の中の小径が絵になりそうなのでスケッチした。
そしてその絵が完成した。

F4号のキャンバスに描いたが、興に乗って描いたので半日で仕上がった。

      <絵をクリックすると、拡大画面で見られます>

| | コメント (10)

2009年8月16日 (日)

プール遊び

昨年8月に生まれた長男の子供が一歳になる。

一歳の誕生会は先日済ませていたが、今日、一歳の行事の「一升餅」を、我が家で行った。
「一升餅」は、「一生食べ物に困らないように」とか、「一生丸く長生きできるように」とかの願いを込めた行事だそうだ。
まだ歩けないので担がせてハイハイをしたが、2kg近い重さに泣き出してしまった。

Photo_10娘も2人の孫を連れてやって来て、孫3人でまたまた大騒ぎとなった。
今日は真夏の天気で、かなりの暑さだった。

そこで、3人の孫は、車庫にビニールのプール広げて、水遊びとなった。
一歳になったばかりの孫は、冷たい水に嫌がるかと思ったが、大喜びで水遊びに参加していた。

廻りにいる親たちも、自分が水遊びしたくなるほどの暑いプール遊びだった。

| | コメント (12)

2009年8月12日 (水)

真夏のゴルフ

 golf 台風一過、真夏の暑さとなった今日、近所のいつものゴルフ仲間と、「浦和ゴルフ倶楽部」でゴルフプレーを楽しんだ golf

朝からムンムンと蒸す 「モーニング ムスネー」 だったが、日中は暑くても風があって、暑さもそこそこの天気だった。

Img_3112 Img_3116 先日のゴルフで、子供から父の日にもらった「吸汗・速乾素材」のシャツが汗を吸い取ってくれて使い心地が良かったので、昨日、ゴルフショップで同じ素材のズボンを購入した。
同じ素材の下着も見つかって、下着上下も購入した。
今日使ってみて、いつもならシャツやズボンにまで染み出す汗が全くなく、快適だった。

そして、ボールも変えてみようと、いつもの倍の値段の 「super NEWING BRILL」 を奮発した。

これらの事前準備が功を奏したのか、今日のゴルフは調子がよかった。
今日のスコアは・・・

  38 + 42 = 80

午前中は久しぶりの30台のスコアとなり、ボギーだった2ホールも、2~3cmパターが短かった惜しいボギーだった。  午後は流石に暑さの疲れも出て、1.5mのパットを2度も外すミスもあって30台は出なかった。

距離も長くて難しい浦和ゴルフで、このスコアが出せて、まだまだゴルフをやれる自信がでてきた。
( だが、待てヨ・・ 今日スコアが良かったのは、実力ではなく 「吸汗・速乾素材の衣類」と「発奮したボール」 の為だったのかも知れない heart03 )

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

7月の収穫集計

遅ればせながら、7月の家庭菜園の収穫の集計をまとめた。

Photo

 < ↑ 表をクリックすると、字が読めるまで拡大します>

7月は、19種類の野菜を収穫した。

7月の収穫では、「じゃがいも」が166kgと纏まった収穫だった。
洞爺、男爵、北あかりの3種類を57株ずつ、計171株育てた。 種類別ではほぼ同量の約55kgずつの収穫だった。
今年は全国的にじゃがいもは不作のようで、100kgほどは知人・友人に配ったり、送ったりして喜ばれた。
芋掘りに来た”芋掘り娘”たちも喜んで持ち帰ったりした。
残り60kgは我が家や、子供達一家用にとってある。

「とうもろこし」は、カラスに半分ほど献上した為に、21本しか収穫できなかったが、子供達を含む3家族分にはこれで十分だった。

「インゲン」は、少しずつ収穫していたので判らなかったが、集計してみたら30kgも収穫していたとは驚いた。

夏の暑さも本格的となって、今は畑の野菜たちも、この暑さにゲンナリして収穫も途絶えている。
唯一、「ゴーヤ」だけは暑さを喜んでどんどん実を付けている。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

一周忌法要・花火大会・誕生日会

昨日、今日と,いろいろな我が家の行事が連なって、娘一家が孫二人と共に昨日~明日まで二晩泊まりで来ている。

昨日は母の一周忌の法要と会食をし、夜は息子のマンションで夕食会と花火見物、今夜は息子一家も加わって、我が家で孫二人の誕生日会である。 
そのために、娘一家は2晩我が家に泊まっているものだ。

 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-

昨年母が亡くなってから早くも一年が経った。
昨日は菩提寺にて一周忌の法要の読経、墓参りの後、会食の席を行った。
一年が過ぎて、心の悼みも徐々に薄れて、家族一同元気に過ごせている事をうれしく思う。

Photo 同じ日の昨日は、近くで市主催の花火大会があった。
昨年までは市内競馬場で行われていたものが、今年から近くの見沼田んぼでの開催になったものだ。
Photo_3 娘一家や息子一家が折角集まることだし、法事の流れで夜は花火見物を・・・と予定していた。
息子のマンションのベランダから良く見えるので、一同息子の家に寄り集まって夕食会を兼ねての花火見物となった。

母が死亡する3日前に生まれた息子の長女は一歳となる。
娘の下の次女も8月生まれなので、合同の誕生日会を今夜我が家で行う。

 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-

Photo_4 今日は、私の菜園の近くでスイカを栽培して観察している小2の孫に付き合って、スイカの収穫に行った。

2晩続きの3家族での集まりは、普段二人だけの生活に慣れている我々にとっては実に賑やかで騒々しい。  家の中は、おもちゃや遊び道具で散らかし放題・・・

孫は来ないと寂しいけれど、3日も一緒だと、もう結構という騒々しさである。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

陶芸作品 ”花器”

昨日陶芸教室があって、4月末から取り組んでいた ”花器” が本焼きを終わって完成した。

陶芸は、仲間と手探りで3年やり、その後、陶芸教室に通い始めて2年になる。
この花器は、4月に開催された「日本陶芸展」を観に行って、大いに刺激され、生意気にも、自分も何か人に見せられる作品が作れたら・・と思って作り始めたものである。

何か大きい作品を・・と、思いついたのが花器であった。
形状はイメージから何枚もデッサンを重ねて決まった。
表面に描く絵は花と決め、その時期に咲いていた「花菖蒲」を、スケッチブックにデッサンして歩いた。

      ↓ 花器 (正面)                    ↓ (側面)
2_5 2_6  サイズ:40cm(高) x 30cm(巾) x 15cm(奥行)
  粘土 : 特白土
  成形 : 手びねり(ひも作り)
  装飾 : 化粧土で絵付け
  釉薬 : 外側 青結晶と黒マットの吹きつけ
        内側 黒マット流し込み
  焼成 : 酸化焼成

成形は手びねり(ひも作り)としたが、積み上げるのに4日、形の調整と凸凹修正に2日掛かった。
絵付けは化粧土で描いたが、丸々2日を要した。 週一回の教室通いなので、ここまでで2ヶ月掛かった。

その後、乾燥 → 素焼き → 釉薬掛け → 本焼き と行程を経て、最初から約3ヵ月後の昨日完成したものである。

    <写真をクリックすると、拡大して見られます>

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

暑さ避け小屋

夏の畑仕事はたまらなく暑い。 そんな時は日陰が欲しい。

2 暑さを避けて一休みする為に、ゴーヤで囲った日陰小屋を作った。
畑道具や肥料などの入れてある物置の脇に、小屋を骨組みしてゴーヤを育てていたものだ。

2_2 ゴーヤも大分大きくなって、やっと小屋の骨組み天井面まで囲うように生い茂ってきた。
椅子を小屋の中に置いて、畑仕事の合間に水分補給など小休止をする。
小屋の中にはゴーヤがいっぱいぶら下がって、ゴーヤの香りでいっぱいだ。

 -・-・-・-・-・- 今日の畑作業 -・-・-・-・-・-

2_4  ← 人参の種を蒔いた。
種蒔きした上に藁やもみ殻を置いて水を撒いた。 人参は水分を保っていないと発芽率が悪いので、土を乾燥させない為だ。

余ったので苗床にそのまま残しておいたネギ苗が大きくなっていたので、人参の隣の2畝に定植した。

Photo 落花生に消石灰を撒いた。→
花の咲く頃に消石灰を撒くと良いとブログ友達のよびばあさんに聞いていたので真似して撒いたものだ。

これら作業の他に、トマト、ナス、ピーマン、ししとう、ゴーヤなどの収穫や、先日秋用に剪定したナスに追肥をしたり、草取りなどをした。

今日は朝夕は涼しかったのに、午後の丁度暑くなった夏空の下での作業になって、ヘトヘトになって帰宅した。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »