« 晩秋真っ盛りのゴルフ | トップページ | 年末恒例 ”松などの剪定” »

2009年12月 6日 (日)

小さな庭の小さな秋

毎年今頃になると、我が家の小さな庭にも晩秋の訪れを感じるようになる。

Photo 秋になって最初に色付き始めるのが、「千両」である。
鳥が種を運んできて、自然に芽が出て根付き、年毎に大きくなった。
この千両は、黄色い実を付ける。
千両の実が黄色くなると、毎年、アァ・・秋が来たと感じる。

Photo_2 千両の実の黄色い色付きから少し遅れて、初冬を迎える今頃になると今度は「万両」の実が赤く色付き始める。
万両は葉の下側に隠れるように実を付け、葉の上に実を付ける千両とは対照的である。
そのため千両の実は鳥に喰われるが、万両の実はあまり鳥の餌食にはならないようだ。

Photo_3 一昨年頃から、それまでなかなか実を付けることがなかった「夏みかん」の木に実が付くようになった。  昨年は夏になって恐る恐る食べてみたら、とても美味しかった。
今年は、昨年よりもたくさんの実が枝をしならせて付いた。  秋になる前は、葉と同じ緑色だったのであまり目立たなかったが、みかん色に色付き始めた今頃は、実の多さが目立つようになった。  数えたら30個以上ある。
来年もたくさんの夏みかんが食べられそうだ。

いろいろな実が色付いて、小さな庭の晩秋も深まった。

|

« 晩秋真っ盛りのゴルフ | トップページ | 年末恒例 ”松などの剪定” »

コメント

お庭に色々な実がなるなんて、良いですよね♪
なんだか縁起も良さそうですもん(笑)

スロー人さんのお庭にはお花も多いですよね。
日ごろのお手入れも大変でしょうが、手をかけていると、こうやってステキなお庭をプレゼントしてくれますもんね。
自然からの贈り物、いいなぁ~happy01

投稿: ひめひめ | 2009年12月 7日 (月) 19時35分

黄色の千両、いいですねぇ。
ウチには万両しかないのですが、
鳥のお腹を通して至るところで芽を出し、実を付けています。
黄色の千両の種も落として欲しいんですけどね。

沢山の夏みかんが付いてますね~。
黄色くなって緑の葉っぱとのコントラストが綺麗ですよね。
沢山実が付くのは嬉しいのですが、枝が折れないかとちょっと気がかりですが
ウチはハッサクなので年が明けたら枝の負荷もなくなりそうです。
去年同様、良いお味だといいですね♪

投稿: mimoza | 2009年12月 7日 (月) 19時46分

********** ひめひめさんへ **********
庭の木々に手を掛けているなんで・・穴があったら
入りたいくらいです。
植木にはほとんど手を掛けていないんです。
肥料も寒肥を一度撒く位で、それさえ忘れる年もあります。
草花は妻がよく植えていますがこちらもほぼ放りっ放し
状態です。
それでも咲いてくれたり、実を付けてくれたりします。
自然は強いです。

千両、万両は縁起物で、正月にはお花として活けています。

投稿: スロー人 | 2009年12月 7日 (月) 22時19分

********** mimozaさんへ **********
我が家の黄色い千両は、雪の日などに鳥が食べてしまい
そんな日が続くとアットいう間に実がなくなります。
鳥達はどこかに種を蒔いているんでしょうね。
mimozaさんの所までは飛んでは行かないでしょうけれど・・

昨年はハッサクか夏みかんか判別できませんでしたが
陶芸教室に持参して皆で食べ比べして夏みかんと判明しました。
実が青い間は目立たなかったのに、色ずいたら急に
目立つようになって、沢山の実に驚きました。
細い枝が曲がっていて心もとない様子です。

投稿: スロー人 | 2009年12月 7日 (月) 22時30分

黄色い千両は鳥さんからのプレゼントでしたか。黄色って珍しいですよね。
万両もたくさんの実がついてます。こちらは下の方に実で・・・鳥の心配がなくていいですね。

夏みかんも本当にたくさん実を付けてます。来年が楽しみですね。

投稿: よびばあ | 2009年12月 7日 (月) 22時41分

千両と万両って実の付き方が違うんですね。
勉強になりました~
 
昨年も、ミカンの画像を拝見したような…
今年はまた、どっさりと収穫できそうですね~
夏ミカンの黄色、元気になれる色ですね。

投稿: bluedaisy | 2009年12月 7日 (月) 23時02分

********** よびばあさんへ **********
千両、万両は、鳥のお陰で自然に生えたこと良く聞きます。
我が家も同様ですが・・・
夏みかん、今年は沢山なって、去年持って行った陶芸教室の
仲間が、今年も楽しみにしているようです。
今年も美味しければいいのですが・・・

投稿: スロー人 | 2009年12月 7日 (月) 23時16分

********** bluedaisyさんへ **********
千両と万両は実の付き方が違います。
そういえば昨年もこの夏みかんの記事をアップしましたね。
今年は昨年より大分沢山の実が付きました。
青い葉っぱの中に橙色の実が目立って、道沿いに植えて
あるので、通り掛かりの人が眺めて通ります。

投稿: スロー人 | 2009年12月 7日 (月) 23時22分

夏ミカンなのに今頃から実がつくんですね~
楽しみは長いほうが良いかも?!

投稿: 夢眠 | 2009年12月 9日 (水) 20時18分

********** 夢眠さんへ **********
夏みかんは、12月頃から黄色になって、1月にでも
食べられますが、食べ頃は5月前後が最適のようです。
今頃でも食べられますが、酸味が強いです。
だから酸味が減酸する5月頃が食べ頃のようです。

それなのに何故「夏みかん」というんでしょうね。
この夏みかんで庭が色付いて、見た目の観賞用としても
乙なものです。

投稿: スロー人 | 2009年12月 9日 (水) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/46919877

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな庭の小さな秋:

« 晩秋真っ盛りのゴルフ | トップページ | 年末恒例 ”松などの剪定” »