« ’10  迎 春 | トップページ | 誕生日 »

2010年1月 5日 (火)

今年最初の油絵”安曇野の秋”

昨年暮れに描き始めた油絵の一枚が完成した。

       ↓ 安曇野の秋  (F10号)
F10_2 昨年11月の終わりに、妻と訪れた安曇野の景色である。

その日は快晴の天気ではなかったのに、好運にも北アルプスの山々が一望できた。
この景色は、池田町立美術館の正面に見えた有明山と、その麓に広がる安曇野の田園風景である。  左側には雪の大天井岳が、右側には燕岳もはっきり見渡せた。
手前の風情のある野良道の脇には、柿の木に熟した赤い実が付いていて、向こうの安曇野の風景に溶け込んでいた。
絵にする構図を考えてデジカメのシャッターを押した。

うっかりデジカメの充電を忘れていて、いっぱい良い景色が見られたのに、この景色が撮れた写真の最後の一枚だった。
最後の一枚が絵になる景色だったのも好運だった。

       -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

今年の正月は、子供達夫々の家族の都合で夫婦二人だけで、のんびりと正月を迎えた。
しかし、久しぶりにのんびり正月が過ごせたのも元旦だけで、2日は子供の風邪が治ったからと息子一家が来て泊まった。  麻雀をしたり夜中まで飲んだりで賑やかだった。

3日には旅行から帰った娘一家も合流してその晩もお泊りとなり、孫たちも加わったので更に賑やかさは増して大騒ぎの正月となった。

パソコンのデータ整理や、描き掛けの絵の続きを予定していたのに予定は流れ、静かになった今日、やっと絵の続きが描ける雰囲気に戻った。

|

« ’10  迎 春 | トップページ | 誕生日 »

コメント

デジカメの充電を忘れた時・・・覚えています覚えています(笑)
でも何枚かは写真が撮れていたのですね
良かった良かった!

のどかな田園風景、落ち着く一枚ですね♪
旅行の様子を写真で残すもの良いですが、こうやって絵で残すものステキですよね☆

投稿: ひめひめ | 2010年1月 6日 (水) 17時50分

寒い冬、畑の仕事も多くはないし
受けられた良い刺激がまだ続いているようで
作品がどんどん出来上がりますね。

写真でしか想い出を残せないmimozaですが
一筆一筆重ねていると思い出が一層深くなるのではありませんか?
赤い柿の実や紅葉は終わったものの残った葉のある秋ですが
今頃は銀世界になっているんでしょうね。

投稿: mimoza | 2010年1月 6日 (水) 19時29分

晩秋の寒い風が吹いているようです。
池田町立美術館のあるところは、高台で景色がいい場所ですよね(一度だけですが行ったことがあります)。
 
デジカメの充電、ここぞってときに・・・
私もよくあります~~~(>_<)
ちょうどいい写真がとれていてよかったですね。
 
お正月は静かだったのは元旦だけでしたか(^_^;)
2日からは、スロー人さん家らしく賑やかになったんですね。
予定はうまくいかなかったですが、楽しい一年の始まりになってなによりでした(^^♪

投稿: bluedaisy | 2010年1月 6日 (水) 20時01分

********** ひめひめさんへ **********
この写真を撮った後、更に同じ景色をもう一枚・・と
思ったら、”電池切れ”のマークが表示されました。
この写真を撮る前に、14~5枚は撮れましたが
この後に見た北アルプスの絶景は写真に撮れませんでした。

こうして写真に収めても家で絵にしようと良く見ると
絵になる写真は1~2景しかありません。
でも、やっぱり絵にすると思い出が凝縮された気がします。

投稿: スロー人 | 2010年1月 6日 (水) 20時08分

********** mimozaさんへ **********
冬の間に畑へ出かけるのは収穫だけで特に仕事はありません。
それに畑は寒いし、霜などで泥だらけになるので
通う回数は自然に減ります。
冬の間は専ら絵の制作と陶芸の時間が多くなります。

写真も良いですが、最近は絵にしたら・・と思いながら
モニターで構図を見てシャッターを押す癖がつきました。
今安曇野は雪一色の景色に変っているものと思います。
雪の安曇野もまた絵になる景色なのです。

投稿: スロー人 | 2010年1月 6日 (水) 20時19分

********** bluedaisyさんへ **********
池田町立美術館、行かれたことがあるんですね。
高台にあって、正に北アルプスが一望できるロケーションで
別名”北アルプス展望美術館”とも呼ばれているそうです。
美術館には私の好きな”山下大五郎画伯”の素晴らしい
絵が多く展示されていて、度々訪れています。

今年の正月は静かだナ・・と思ったのは一日だけで
後はいつも通りの賑やかな正月になりました。
予定は狂っても正月は賑やかな方が活気があっていいですね。

投稿: スロー人 | 2010年1月 6日 (水) 20時52分

またまた、安曇野の素敵な絵が出来あがりましたね。
手前の田園風景と更に手前の柿が何ともいい感じで和みます。

結局のんびりされたのはお正月だけでしたか。でもお孫さんもお風邪が良くなられたようで良かったですね。

私はテニスも出来たし、昨日はデーターの整理を少しだけしました。

投稿: よびばあ | 2010年1月 6日 (水) 23時26分

おはようございます。

うわぁ~!
また素敵な絵が描けましたね!
知ってる山の名前が出ると 本当にうれしいです。
それに手前の安曇野の雰囲気が とても好きです。
本当に目の前に この風景が広がっている感じがします。

燕から大天井の稜線は パパが歩きたがっています。
息子はその先の槍まで行きたいようですが
私の体力では無理・・・・
燕は大好きな山の一つなので また登れたらいいな。

・・・・そんな思いを広げてくれた絵に感謝。
今年も素敵な作品、楽しみにしています!

投稿: ジュリア | 2010年1月 7日 (木) 05時40分

********** よびばあさんへ **********
有明山はいろいろな角度やいろいろな季節を油絵に
しましたが、この角度からの絵は初めてでした。
眼下に広がる安曇野の景色は絵にしてみるとまた違った
趣を見せてくれるから不思議です。

孫は正月大勢で騒いだ為か、まだ風邪は完全には抜けて
いないようですが、元気にはなりました。

PCのデータ整理を始めましたか。
私は描きかけの絵が気になって、データ整理はまだ
先になりそうです。

投稿: スロー人 | 2010年1月 7日 (木) 09時58分

********** ジュリアさんへ **********
安曇野の田園風景と、背後に迫る北アルプスの山々の
組合せは何ともいえない素晴らしい景色で、いつも
立ち尽くすような思いで眺めています。

燕~大天井は稜線を歩くコースがあるんですね。
そういえば、この間は山のうねりも少ないように見えます。
その先にはあの槍も控えていますね。
やまやさんには堪えられない北アルプスであろうと
思います。  山登りはダメな私でも理解は出来ます。
ポレポレ隊のこのコースの踏破を期待しています。

投稿: スロー人 | 2010年1月 7日 (木) 10時10分

安曇野、この単語は、私にとっては特別で、視覚と聴覚と嗅覚の記憶が渾然と、あるイメージを脳裏に呼び起こして呉れます。
安曇野の秋、とてもいい作品です。

投稿: シスル | 2010年1月 9日 (土) 19時41分

********** シスルさんへ **********
北アルプスを背景にした安曇野の景色はいつ見ても
感動します。
山登りの経験のあるシスルさんには特別の思いもある
のでは・・・
特にこの日のように北アルプスの山々が一望できると
山に対する思い出も深いものがあるでしょうね。

投稿: スロー人 | 2010年1月10日 (日) 16時03分

たまたまグーグルのブログ検索で貴方様のブログを発見しました。実は私も「60の手習い美術館」という絵(主に油絵)のブログをやっています。偶然とはいうものの同じ題名に近く、趣味も同じ人も居るのだなと嬉しくなりました。貴方様の池田美術館の所から、以前私も絵を描きました。懐かしい思い出です。お暇がありましたら私のブログも覗いてください。

投稿: 絵が好きじいさん | 2010年1月23日 (土) 08時30分

********** 絵が好きじいさんへ **********
スローライフブログへようこそ・・・
今、「60の手習い美術館」を拝見してきました。
失礼ながらご高齢に関わらず鮮やかな色彩で筆のタッチも
力強い絵だと感心しました。

私は安曇野の景色、特に北アルプスの山々の美しさに
魅かれて、よく安曇野の絵を描いています。
池田町立美術館にもある山下大五郎画伯の描いた安曇野の
絵にはいつも感動しています。
暇を見て、たまにこのブログも覗いてみてください。

投稿: スロー人 | 2010年1月23日 (土) 10時27分

安曇野の絵、いい絵ですね。初めまして。水彩画を描いています。昔、若い頃、油彩を描いていまして、
安曇野ばかりを描いていた山下大五郎氏の絵が好きでしたね。安曇野の山々と手前の田んぼの空気感がとても魅力的に思いました。最近、更新していませんが、また自分のブログも充実させたいので、見に来てください。

投稿: 村上 | 2010年2月18日 (木) 10時22分

********** 村上さんへ **********
コメントありがとうございました。
早速ブログの水彩画を拝見しました。
透明水彩の色付けがとても魅力的で素晴らしい絵でした。
私もスケッチで水彩で色付けしますが、私の場合は
油絵を描く際の構図取りを目的に描いているので、
水彩画と言えるような代物ではありません。

山下大五郎の安曇野の絵は素晴らしいですよね。
私も大好きで画集を何冊か持っていて時々眺めています。

また、時々ブログを覗かせていただきます。

投稿: スロー人 | 2010年2月18日 (木) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/47210142

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初の油絵”安曇野の秋”:

« ’10  迎 春 | トップページ | 誕生日 »