« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月29日 (木)

今日の畑

GWに入り、やっと天気が落ち着いて晴天が続くようだ。
昨日までの雨も上がり、畑の様子を見に出かけた。

ナス、キューリ、トマト、ズッキーニなど、夏野菜を定植するベッドは10日ほど前に作った。
今の畑は、これらの苗を定植する畝だけを残して、後は全てスペースが埋まった。

Photo Photo_2

アスパラが昨日までの雨のためか、ニョキニョキいっぱい大きくなっていた。

じゃがいもは全部が芽を出した。  もう少し伸びたら芽欠きして土寄せをする。
第1回目として20日ほど前に蒔いたインゲンも芽を出したので、今日第2回目の種を蒔いた。

4月はじめに第1回目の種を蒔いて2回の間引きも済ませた”大根”も大分大きく伸び始めた。  4~5日ほど前に第2回目の種蒔きも済ませた。

Photo_3 Photo_4 Photo_5

今畑では、その他に、人参も芽が出揃ったし、ソラマメも大分大きくなってきた。
10日ほど前に定植したレタスとサンチュも完全に根付いたようだ。 
さやえんどうは大きく伸びて花もいっぱい咲いているが、実がちらほらしか見当らず、収穫するにはまだ時間を要するようだ。

ここ一週間のGW中には、ナスやキューリなどの苗を定植する予定で、いよいよ夏野菜の栽培が本格的にはじまる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

ルーシー・リー陶芸展

20世紀を代表する陶芸家、ルーシー・リーの陶芸展が開かれる。

Photo

ルーシー・リーはウィーンで生まれたイギリス人の女流陶芸家で、”器”の作品を多く残した。
独特な美しく流れるような形と、引き込まれるような色や模様が素晴らしい。
その回顧展が、4月28日~6月21日に六本木の国立新美術館で開催される。
是非見たいと思っている。

このルーシー・リー展の開催を記念した”陶芸コンテスト”があった。
日本だけでなく海外からも多数の応募があったようだ。

Photo_2 この記念コンテストの”最優秀賞”を、妻と私が通っている陶芸教室の先生が受賞された。
受賞された先生は、教室に8名いる先生の一人で、私が教わっているクラスの先生の一人でもある。
クラスの生徒一同、驚くと共に大喜びで、先日教室で花束とケーキでお祝いをした。

このような大きなコンテストで、トップの最優秀賞を受賞された先生を誇りに思い、心からお祝いした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

対談取材に・・

まだ詳細は公開できませんが・・・

Nhk_2 先週、渋谷の「NHK」に行って取材を受けてきました。
今回は、NHK某TV番組に関係する出版物の掲載記事の対談インタビューで、対談を記事にする取材でした。
インタビューの一週間ほど前に、取材申し込みの依頼があり、話がとんとん拍子に進んだものです。

簡単に考えて出かけたら、部屋の中に6名もの人が待機していて驚きました。
対談相手の方、NHKの担当の方や出版社の方、ライター記者や写真カメラマンの方、それにディレクターの方など・・    対談中バシャバシャと何枚もの写真を撮っていました。
それでも、緊張することもなく笑いながら和気あいあい、楽しい一時間ほどのインタビューでした。

ディレクターの方から、放映取材の依頼もありました。
TVカメラによる取材のようです。 こちらはまだ具体的な事は決まっておらず、どうなるのか判りません。

対談の終わりに、この日のインタビュー取材のことをブログにアップしていいか確認したら、きちんと具体的になるまで公開は待って欲しい・・とのことで、番組名や放映詳細など詳しいことを今の時点では書けず、奥歯にものが挟まったような歯がゆいアップ記事ですが・・・

公開OKの許可が出て、内容が具体的になったら、追ってブログにアップロードしたいと思います。  5月末~6月はじめ頃になると思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

晴れの間の畑仕事

雪のおまけまでついた寒い日が続いていたが、一変、昨日、今日と春の良い天気になった。

今週後半は叉ぐずついた天気になるようだし、この晴れた日を逃すまいぞ・・とばかりに畑仕事に精出した。
溜まっていた仕事が長引くのを予想して、昨日は弁当やお茶やお菓子を持参した。

Photo_2 この日のメーンは、家でポットで育てていたレタスとサンチュの定植。  定植用の畝は先日作ってあった。
レタスは2列/畝で2畝、合計80本を植えつけた。
サンチュは1畝で40本だった。

Photo_3 ナス、キューリ、トマトの畝も作った。
耕運機で耕した後、耕運機のアタッチメントを交換して畝立てした。  元肥は堆肥・有機化成肥料・油粕をたっぷり入れた。

これらは連休の頃に苗を植えつける予定だ。

Photo_4 昼食は春らしいうららかな天気の下で、弁当を食べた。
妻は前日の孫の世話で腰が痛いと畑に来れなかったが弁当を作ってくれた。
のんびりと一人での畑の昼食だった。  ピクニック気分の畑での弁当は何度食べても本当に美味しい。

帰りには、レタスやアスパラやかき菜の花芽などを収穫した。  アスパラやかき菜は夜のビールの肴になった。

   -・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

Photo そして今朝も起きたらいい天気だった。  こんなに連続してのいい天気は滅多にないと、今日も予定を変更して午前中畑へ出た。

今日は、気になっていたネギの畝を作った。  ネギ苗は育てているもののまだ小さいので、買って来て植えつける予定だが、一畝は越冬した昨年の若いネギを移植した。

やっと戻った春の暖かい天気の2日間、畑仕事がたっぷり出来た気持ちよい2日間だった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

41年ぶり ”春の遅雪”

今朝起きてカーテンを開けて驚いた。  雪だ!

昨夜の天気予報で雪が降るかもしれない・・と云っていたが、マサカ・・と思って信用していなかった。  今は4月の中旬である。
雪を見て真っ先に頭に浮かんだのは、「やっと芽を出したじゃがいもは大丈夫だろうか」 ということだった。  午後畑へ行ってみたら、どうやらじゃがいもの芽は無事寒さに耐えてくれたようでホッとした。

Photo 庭に出たら、庭や植木には2~3cmも雪が積もっていて、その後に降った雨ですでに溶けはじめていた。
庭にこんなに雪が積もったのは久しぶりに見た。
すでに盛りは過ぎてはいたが「花桃」も咲いていて、花びらにも雪が積もっている。

Photo_6   

道路に出てみたら、歩道にも雪は積もっていた。  写真の足跡は、私と妻とフランの散歩の足跡である。

Photo_7

我が家の前の公園ではほとんど散りかけてはいたものの、桜の花びらはまだ残っていて、その花びらにも雪があった。
桜の花に積もる雪など、めったに見られない。

 今年の寒暖の差の大きい春の異常天気を象徴しているような、昨夜の41年ぶりの春の遅雪だった

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

NHK SONGS

私は音楽に特別詳しいくはないけれど、音楽を聴くことは好きで、絵を描くときや一人で机に向かって何やらしている時など、BGMとして音楽を聴きながら・・ということが多い。

BGMなので軽く聞きながら・・・、クラッシックのときもあり、ジャズや映画音楽のときもある。
ボサノバなども好きでタンゴ(特にアルゼンチンタンゴ)も良い。  バンジョウで奏でるカントリーやハワイアンも聴く。 要するに、最近の若者の音楽以外は何でも良いいのである。

特定の歌手が好き・・ということはないが、高橋真梨子だけは特別で、BGMというわけにはいかず、聴き入ってしまう。
高橋真梨子のCDは何枚も持っていて、ファンと言っていい。

昨夜、NHK の BS/hi ”SONGS” Premium (再放送)を視聴した。
高橋真梨子の特集で、歌声に聴き入った。
甘いてよく響く歌声は心の奥まで染入って共鳴する。

Photo_2 声も良いが、心根も優しそうだし、60歳を超えていると言うのにまだあの若さとスリムなスタイルである。
いつも彼女が歌う脇には、夫でもありプロデューサでもあるヘンリー広瀬が伴奏していて、甘いマスクで優しく彼女を支えている。 とても良いコンビで素敵だ。  理想の夫婦に思える。

多分歳は余り違わないと思われるのに(大分違うかナ?)あんなに若々しくてお洒落な夫婦の関係は羨ましいナ・・・<この違いは何なんだ>・・・などと思いながらも甘い歌声に酔いしれた。   そんな私の隣のソファーで、妻もじっくりと聴き入っていた。(きっと同じことを考えていたに違いない)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

アスパラ初収穫

今日は朝から春らしい良い天気となり、畑へでかけた。

ブロッコリーの撤去や、いろいろな畝つくりの予定で、一日仕事を予想して途中のコンビニで弁当や飲み物をを買った。

畑ではアスパラが、20本ほどニョキニョキ芽を出していた。
20cmほどのアスパラを2本収穫してみた。  帰ってから早速ビールの肴にマヨネーズで食べたが、採れたての為かシャキシャキして柔らかくて美味しかった。

Img_4249 Img

先月中旬に植えつけたじゃがいもが土をかき分けるように一斉に芽を出し始めていた。  植え付けて25日後である。

また、一週間前に種を蒔いた大根も元気に芽を出した。  さやえんどうもすっかり大きくなっていた。

Img_4250 Img_4257

ブロッコリーは食べられそうな側蕾を収穫してから全て撤去した。

その後、今日のメーン作業の畝作り。  夫々の畝には、元肥を施した。
里芋用の畝にはマルチをかけていつでも植え付けが出来る準備をした。

畝は、里芋用の他に、家で苗を育てているレタス、サンチュ、ズッキーニのほか、インゲンや小松菜の種蒔き用のものなど、全部で10畝を作った。

Img_4244_3 Img_4255_4

途中でお弁当やおやつを食べたり、持参したお茶を飲んだりの休み休みの作業だったが、朝9時に出かけて帰宅したのは4時半・・・

いささか疲れて今、腰が痛いが、久しぶりのアウトドアの仕事は気分爽快だった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

パソコン完全復旧

パソコンがやっと復旧した。

2週間前のこと、パソコンのモニタ画面に急にメッセージが表示され、マウス操作が不能になった。
急遽メーカーのサービス窓口に電話で相談し、2時間以上電話で対話しながらの復旧を試みたが直らず、相談担当者もお手上げの様子で、「パソコンの故障と思われるので、修理センターに本体を送って欲しい」 と云う。

翌日宅配便で送ったら、6日目に電話があり 「パソコンは故障していない」 とのことだった。
それならばと、送り返してもらうことにした。

更にそれから5日後の昨日、やっとパソコンが送り返されてきた。
全ての周辺機器を再接続して起動してみたが、予想どおり症状は全く変っていなかった。

そして今日、再度メーカーのサービス窓口に電話で、ことの顛末を話し復旧を試みた。
前回の相談員とは違って、次々に次善の策を試みるうちに、見事にモニタ画面が元通りに復旧した。
問題は、モニタの解像度が何かの操作で変わってしまったもので、システムをおかしくなる前のものに戻して解決した。  相談員の推察力には敬服した。

解決した瞬間は、バンザイをしたくなるような嬉しい気分だった。
おかしくなってから2週間目の解決だった。

   -・-・-・-・-・-・-・--・-・-

それにしても、復旧するまでの2週間は全く無駄な期間だった。
費用も相談費、往復の送付費、修理点検費など無駄な費用だった。
最初に相談した担当者が、今日の担当者だったら、その日のうちに解決していたかも知れない。
担当者の技量でユーザーの負担が違うのは如何なものか・・・

メーカーが海外メーカーだったので、相談員の対応はいかにもマニュアルに従って対応している感じで、日本メーカーの対応とは違う気がした。
また、具体的相談に入る前に、相談代金や修理代金の支払い手続き窓口に電話を廻されたりと、さすが日本のメーカーとは違う・・と、へんに感心させられたりした。

しかし、最近はOA機器が普及して、素人では解決できない問題も多く発生するが、こうして電話対応で解決できることは誠に便利なものだと有り難く思う。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

油絵 ”見沼早春”

新しい早春の油絵が仕上がった。

Img_

まだまだ寒い2月末、見沼田んぼの芝川支流にスケッチに出かけた。
2週間前にもこの辺りでスケッチしたが、そのときは途中でみぞれが降り始めるほどの寒さで、景色も鉛色の冬景色だった。

しかしこの日はすっかり春めいた気候に変わっていて、季節の移り変わりの速さに驚いた。

橋の下からもぐりこんで川に降り、川沿いの草むらをかきわけながら歩いてこの景色に出会った。
川辺の草や向こうに見える木々には春を思わせる陽が当たっていて心和む景色だった。

この辺りは護岸工事が進んでいて、こんな自然の景色も早晩見られなくなってしまうと思うと、ますます絵にする意欲がわいた。

                       < 見沼早春  (F8号) >

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

大根の種蒔き

今日午前中は、文句ない春の暖かい天気になった。

Img_5大根の種を蒔くために畑へ出かけた。
今まで天気が安定せず、寒い日が多かったので大根の種を蒔くと、”とう立ち”する恐れがあるので、なかなか種を蒔くタイミングがなかった。  でも、もう暖かい日が続くだろうと思って種を蒔くことにした。

大根を育てる畝は、一ヶ月ほども前に作っておいたが、種を蒔く前に強風でマルチが剥がされて飛んでしまった。
一週間ほど前に、再度元肥を入れて畝を作り直してマルチをかけた。

長く収穫しようと思い、畝は3列作り半月ピッチでずらして種を蒔くことにし、今日はその第一段目としてその一畝に、30cmピッチに一畝で20x2列の40箇所に種を蒔いた。

大根の種を蒔くときに私は3つの道具を使う。
・ 一つは、マルチの種蒔き箇所に穴を開ける”穴あけ器”。
・ 二つ目は、ピッチ寸法を見ながら穴を開ける手製の”尺棒(長尺ものさし)”
・ 三つ目は、種を蒔く土を安定させて蒔き易くする”空のペットボトル”

Img_2

穴あけ器でマルチに穴をあけてから、空のペットボトルで土を押さえ、底周囲の凸部で溝を作ってそこに種を蒔く。  こうすると丸い大根の種3~4粒を均等に配置して蒔ける。

今日これらのツールを使って種を蒔いていたら、近所の農家の人が見に来て 「へ~ 便利だナ~ 自分も真似しよう」 と言っていた。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »