« カラス対策あれこれ | トップページ | 今年もやって来た”芋掘り娘” »

2010年7月 2日 (金)

コーヒーカップ

先日、陶芸作品の”コーヒーカップ”が焼きあがった。

Photo

 ・ 寸法 : 8.5cmφ x 6.5cmH x 5個
 ・ 粘土 : 赤土 0.5kg/個
 ・ 成形 : 電動ロクロ
 ・ 釉薬 : 外面 あめ・鉄赤・伊羅保
          内面 たまご釉
 ・ 焼成 : 酸化焼成

最近、コーヒーカップは電動ロクロの練習のために連続して20個ほどを作ってきた。
何度作っても同じ大きさに挽くのはとても難しく、高さは同じになっても太さが違ったり、形が微妙に違っていたりする。

でも、少しづつ違うのは、家族で使うときなど、大きいのは誰、この形のは誰・・と、見分けが付いて良いのだ・・・などと、屁理屈を付けて自分なりに納得している。
それに、挽いた時は大きすぎた・・・と思ったのに、乾燥や2度の窯焼きを経ていくうちに、予想以上に縮んでしまい、予定より小さなカップに仕上がった。

沢山作ったが、子供達や友人が次々と持っていって、手元には気に入ったものがなくなっていた。
でも、この最新作は、慣れてきたためか納得に近い作品が出来たと思う。
折角良いカップになったので、先生に勧められて、ソーサー(受け皿)も作って、セットにしようかと思っている。

|

« カラス対策あれこれ | トップページ | 今年もやって来た”芋掘り娘” »

コメント

とっても味わいのあるコーヒーカップが出来あがりましたね。
そして、コーヒーが美味しく頂けそうです
最近、電動ろくろの作品を見ましたが薄くきれいに仕上がってました。
手ろくろとはずいぶん違うようですね。

同じ作品を何個も作るのはいい練習になるようですね。
この辺を見習わなくはいけないようです。

投稿: よびばあ | 2010年7月 2日 (金) 22時48分

よびばあさんへ **********

最近は同じ釉薬のシリーズで同じ風合いの作品を制作して
いますが、見栄えのしない外観になりました。
慣れない私は、電動ロクロを一ヶ月使わないと挽く
コツを全く忘れてしまっています。
同じ作品を何個も続けて作って体に覚えこもうとして
いるのですが、なかなか上手くいきません。
陶芸の深さを思い知らされます。

一昨日、陶芸教室のバス旅行で、飯能窯(虎澤秀雄先生)
を見学してきました。
素晴らしい環境の中で制作した素晴らしい作品に触れて
やる気が出てきた気がします。

投稿: スロー人 | 2010年7月 2日 (金) 23時13分

スロー人様、大変ご無沙汰しています。
 お元気そうで何よりです。
 私は2年程前に沼津へ転勤になり毎日、新幹線で横浜から通勤しています。その職場の根〇さんからのメールでスロー人様のことを知りました。
 家庭菜園、絵画、陶芸など スローライフをエンジョイされてとても羨ましく思います。
 私も定年まで7年弱ですがスロー人さまのようになりたいと思いますが不器用なので無理そうです。
 自宅の屋上で父が家庭菜園をやっていたのですが3年前に他界してから私が後をついでやってるのですが
 きゅうりは瓢箪のようになったり曲がってしまったり、トマトは虫食ったように中が黒くなってしまいうまくいきません。是非、機会がありましたら教えてください。
 DMしたかったのですがアドレスがわからなかったのでコメント欄に記入してしまって失礼しました。
 では お元気で

 

投稿: 後輩 | 2010年7月 3日 (土) 06時17分

後輩さんへ **********

ご無沙汰しています・・と言われても、、さて・・
いろいろ想像してみても、申し訳ありませんが思い当たらず、
仕事上なのか学校の関係の後輩なのか・・・

兎に角コメント頂いてありがとうございます。
定年後のスローライフを徒然なるままにブログに書いています。
良かったらまた、ブログに訪問いただきコメントなど
書き込んでください。

連絡いただいたアドレスにメール返信しますので、
野菜つくりのことなど詳細はそちらで・・・

投稿: スロー人 | 2010年7月 3日 (土) 09時40分

このカップにソーサーが付いたら、立派な来客用になりますね♪
同じ形・サイズにしようと思っても揃わないのが手作りの良さで
そのデコボコが温かかったりして(^^)
コーヒーをいただきながら器の由来にも話が弾み
一層美味しいコーヒーになりそうですね♪

投稿: mimoza | 2010年7月 3日 (土) 10時43分

スロー人さんらしい、センスある渋いカップですね~
みなさん、喜んで自宅に持ち帰られたんでしょうね(^.^)
ソーサーを付けたら、ゆっくりできそうな喫茶店で出て来そうなぐらい素敵になると思います。
 
そういえば、今週火曜日は、いよいよパソコン講座の放送の日ですね。
テキストは手に入れることができなかったので、放送を楽しみにしています(^.^)

投稿: bluedaisy | 2010年7月 3日 (土) 16時35分

mimozaさんへ **********

先生やベテランの先輩の挽いたものはピタリとサイズが
揃っていて、神業かと思ってしまいます。
でも、バラバラなサイズが手作りの良さだと言ってもらうと
救われます。 私も確かにそうだと思います。
(・・・って、負け惜しみですね)

来客時に手作りの器やカップで食事やお茶などをすると
陶芸談義がひとしきりです。
それに加え、妻の料理談義が続くと叉か!とうんざりですが。

投稿: スロー人 | 2010年7月 3日 (土) 18時20分

bluedaisyさんへ **********

こんな枯葉カラーがスローライフには落ち着きます。
この釉薬を使ったカップは講評で、作ってもすぐに
なくなってしまいます。
このカップももしかしたらプレゼントになるかもしれません。

TV放映は、7月6日(火)夜10時です。
どんな編集になって放映されるのかドキドキです。
でも4~5分だと思うので余り期待しないで見て下さい。
テキストは、9月まで店頭にあるので機会があったら
立ち読みでもしてみてください。
(ブサイクな顔写真は見ないように・・・)

投稿: スロー人 | 2010年7月 3日 (土) 18時30分

なんて素敵なカップなんでしょう!
大きさが微妙に違うのがまたいいです!
写真を大きくして見せてもらいました。
色も模様もすごく私好みです。
ああ、私も作ってみたいなぁ~~~~!

投稿: ジュリア | 2010年7月 6日 (火) 19時17分

ジュリアさんへ **********

そんなに気に入って頂いてありがとうございます。
サイズの違いもいい・・と、広い心で受け止めてもらい・・
私が考えていたことともピッタリ一致しました。
ジュリアさんが作陶に打ち込む日はもう近そうです。

投稿: スロー人 | 2010年7月 6日 (火) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーカップ:

« カラス対策あれこれ | トップページ | 今年もやって来た”芋掘り娘” »