« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

雨の合間の晴天ゴルフ

夏の間は雨のないカラカラ天気が続いたが、秋模様になったこの頃は雨続きの日が続いている。
そんな秋の長雨の合間の丁度晴れた昨日、ゴルフコンペに参加した。

Photo

会社のOB達が声を掛け合って自然発生的に仲間が集まって出来たゴルフ会で、春秋の年2回コンペを開いている。
年齢も60歳~80歳の多才な仲間で、気心の知れた心許せる仲間のコンペで、毎回楽しみにしているものだ。

Photo_2 今回は、茨城県にある「阿見ゴルフクラブ」だった。    初めてプレーするゴルフ場だったが、池が随所に配置された距離もある攻略し甲斐のあるコースだった。

8月は猛暑のため一回もゴルフをしていなかった割には調子よく、真っ直ぐにボールが飛んでくれた。  打ち損じたボールが池ポチャとなったり、短いパットを外す失敗もあったが、マァマァのスコアで上がれた。

今日のスコアは ・・・  43 + 46 = 89
だった。
久しぶりのゴルフにしては80台で廻れたので満足している。

プレー終了後のパーティーでは、ハンデキャップがきつくて入賞は出来なかったが、ベストグロス賞、ニヤピン賞などを頂いた。

秋になり参加予定のゴルフ大会が次々に開かれるが、毎回この調子で頑張りたいものである。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年9月25日 (土)

不作だった今年の夏野菜

真夏のような暑さから、急に晩秋のような寒さがやってきた。   畑の夏野菜の片づけも終わり、今年の夏野菜データを整理した。

今年は長い梅雨空が続いた後、猛烈な暑さと雨なしの続く夏が長かった。
こんな異常天気が続いたためか、今年の夏野菜は例年にない不作だった。

雨続きで”じゃがいも”の収穫も少なかったし、暑さと雨不足で”キューリ”や”ナス”も収穫期間が短くて収穫量も少なかった。

Photo_2  ”キューリ”は例年8月中旬まで続く収穫が、今年は7月中旬で終わってしまい、収穫期間は例年の約半分と惨敗だった。
6月終わりまでは順調な収穫が続いて期待を持たせたが、7月に入ってからの猛暑と空雨で7月中旬には枯れはじめてしまい、収穫量は最高収穫年の約半分に終わった。  家庭菜園をはじめてから最短の収穫期間だった。

Photo_3 ”ナス”は8月中旬ごろまでは例年と同じ勢いで収穫は順調だったが、秋茄子剪定して、そろそろ秋茄子の収穫という段階で、猛暑と雨なし天気に耐え切れず、パッタリ収穫カーブが寝てきた。 そして遂に例年より約半月早く撤退となった。
収穫量は約150個減で終わった。

野菜つくりにとって、いかに天候が大切かを痛烈に感じた今年の夏野菜成果だった。

  <グラフをクリックすると拡大画面となり数字も読めます。>

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

白菜植え付け

今夜から2日間雨天が続くとの天気予報に、今日は急遽、白菜の定植をした。

Photo

お彼岸だというのに今日の暑さは猛暑で、熱中症になりそうになりながらの植付けだった。
こんなに晴天で暑いのに、本当に今夜から雨が降るのだろうか・・半信半疑の作業だった。
あまりの暑さに、今日は妻にも手伝ってもらったので早めに作業完了できた。
暑い中での作業だったので、汗まみれのクタクタになって、帰宅後はグッタリだった。

苗は家で種から育苗していた。  本葉が5~6枚になったので、今週中には植え付ける予定で、先週のうちに畝は作ってあった。

Photo_2 今日は約100本の苗を植えつけた。
45cm間隔に植え付け穴を掘り、水を撒いてから植え付け、植えた後もたっぷり水を撒いた。
最後に寒冷紗でトンネルをして、害虫から保護する対策をした。

今夜からは雨で秋らしい天気になるとの予報だが、予報が当って苗が元気に根付いてほしいものだ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

畝作り

今日は午後、秋風を感じながら畑へ出かけた。
畑仕事で汗は出ても、顔を撫でる風は秋風で、今までのような熱中症を心配する暑さではなくなった。

Photo

今日は、白菜の畝つくりだった。
家で育苗している白菜苗が、本葉4~5枚になったので、畝を作って来週辺りには定植するための準備である。
今年は約100株を植え付ける予定で、7畝を作った。

Photo_2 時々椅子に座って、飲み物を補給しながら、休み々々の作業だった。
休んでいてふと目の前の畑を見ると、2~3日前に畝を作って大根の種を撒いた2本の畝が目に入った。

その畝は1本の端部が曲がって曲線状になっている。
美しい畝・・をモットーにしている私としたことが、不覚であった。  しかも今になって気付くとは・・・
”畝の曲がりは心の乱れ ??”  妻の長期不在で多忙だったため、心が乱れていたのか??
(因みに、妻は昨日8日ぶりに帰宅したためか、今日作った畝は真っ直ぐだった)

    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

Photo_3 ここ一週間ばかり、頻繁に雨が降る。  そのために、定植した”ブロッコリー”や”キャベツ”は、やっと元気を取り戻してみるみる大きくなってきた。

この調子で時々は雨が降って、野菜を元気にして欲しいものだ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

妻留守で夫超多忙

毎年今頃の時期になると、妻は一週間ほど、故郷長野の実家の近くに嫁いだ姉の家で栽培している”巨峰”の出荷の最盛期のお手伝いに出向く。
この間、私とフラン(愛犬)は家で留守番となる。

妻の長期の留守で、私は家事など、今まで分担して二人でやっていた家の仕事などを一人でこなすことになり、その他に通常やっている陶芸教室、油絵教室の他、畑仕事もあって、超多忙の日々を送っている。

普段は、炊事や洗濯や掃除など一般的な家事は妻の担当になっていて、私はほとんど手を出していない。
それが、この期間だけは、全ての家事をしなければならない。

朝起床後のフランの散歩、フランと自分の食事、洗濯、掃除などをこなし、やっと新聞などゆっくり読んでいると、すぐに昼食の用意の時間になる。
午後の空いた少しの時間をみて、教室に持参する油絵に手を加えたり、畑に野菜の様子を見に行ったりしていると、すぐに夕方となってフランの散歩の時間になる。
そしてまたフランと自分の夕食の用意となり、食事の後は食器を洗ったり、風呂に入ったり、洗濯物をたたんだり・・・。
一日中外出の教室の日などは、朝晩の家事仕事は、特急でこなさなければならない。

夕食は一人なので、どうしてもゆっくりとビールなどを飲みすぎて、食事の後はほろ酔い気分でウトウトしてしまい、家事などの疲れもあって、夜はいつもより早くに寝てしまう。
こんな生活も今日で6日目となり、大分ペース配分も慣れてきて、少しは余裕も出てきた。

妻もあちらで忙しい毎日だろうが、こちらもこんなに多忙な毎日だ。
それでも妻は、朝早くから働く姉を見て、どうしても放っておけずに手伝いに行くのだ。
妻にとっては、”夫婦愛より姉妹愛優先なんだ” ・・・と、すねている私である。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

待ちに待った・・雨

毎日待っていた待望の”雨”が降った。  約一ヶ月ぶりの雨だった。

畑の散水用にと8月はじめ、不要になった45リットルバケツに、物置の屋根の雨水を集水するようにして畑に埋め込んだ”雨水貯水タンク”だったが、設置してからというもの、全く雨が降らず、タンクは空のままだった。
本格的な雨どころか夕立さえもなく、畑の土はカラカラに乾いて、歩くとパッ、パッと土埃が上がった。

Photo
そして昨日、台風9号がもたらした待望の雨が降った。
今日、畑に行ってみると、雨水貯水タンクには雨水が満杯に溜まっていた。
折角作った貯水タンクに、実際に雨水が溜まっているのを確認して、やっと利用できるようになったかと感激。

Photo_3 Photo_4
畑の土たちも久々の雨を受けて、嬉々として生き返ったように見えた。

3日前に定植したブロッコリーとキャベツの苗も、一昨日は水なしと暑さでゲンナリと寝転んでいたが、昨日たくさんの雨を受けて元気に立ち直ったようだ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

ブロッコリーとキャベツの定植

家で育苗していた ”ブロッコリー苗” と ”キャベツ苗” を畑に定植した。

今日も暑くなるとの予報に、朝5時起き で畑へ出かけた。  今日は涼しいうちに終わらせようと、妻も手伝ってくれたので大助かりだった。
早朝作業は清清しかったとはいえ、作業をはじめるとすぐに汗でぐっしょりとなった。

Photo

植え付けるベッドは、大分前に元肥を施して作ってあった。
雨が一ヶ月ほど全くゼロなので、土は乾いてカラカラで、まるで砂に植付ける感じだ。 水を撒いてもあっという間に土が吸い取ってしまう。

Photo_2 先日頂いて先に定植してあった分と合わせて、キャベツは80本、ブロッコリーは30本となった。
ブロッコリーの苗が大分余ったので後日ベッドを追加して植え付けようと思う。

植え付けた後、寒冷紗のトンネルを掛けた。
5時半から初めて、終わったのは7時半・・・汗だくになったが、気になっていた植え付け作業が終わってホッとした。

   -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

Photo_3Photo_4 キャベツ苗

ブロッコリー苗
      →

今日定植したのは、自分で種から育てた苗だった。
種蒔き後、ちょうど一ヵ月育苗しての定植となった。
芽が出た頃は、もやしのようにヒョロヒョロした苗で心配していたが、1本ずつポットに植え替えたら、何とか使える苗に育ってくれた。

雨が降らない厳しい天気が続きそうだが、このまま元気に育ってほしいものだ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

猛暑ボケ?

9月に入ったというのに、まだ猛暑は続いている。

いつまでも続く記録的な猛暑に、外出して何かしようという気も失せて、家の中でエヤコンの効いた部屋で、絵を描いたり、本や雑誌を読んで過ごす毎日である。
当然行動の範囲は家の中ばかりとなって、ブログ記事にも事欠く。
こんなことではフラストレーションが溜まって、猛暑ボケになりそうである。

猛暑のせいか、政界も何やらボケた展開になっている。

円高・株安や就職難・デフレ・・と、問題山積の今、与党の総裁選挙はいかにもタイミングが悪い。  カネまみれで3ヶ月前に党務を辞任したばかりなのに総裁選に立つ人がいる。  もし総理になっても、野党の追及で混乱し、政務など出来ないのは目に見えている。
猛暑ボケとしか思えない。

しかも、二転三転コロコロ変るボケた政治を進め、同じ3ヶ月前に辞任した前総理がよく判らない動きをして、ますます話をややこしくした。 そしてまたも前言を翻して、支持する候補を乗換えた。 応援する理由が自分が総裁になる時世話になったからとは・・・、国民に目が向いていない前総理。
猛暑ボケとしか思えない。

カネと数の政治から脱却するという現総理。 志には共感する。
円高は今最大の問題だが、対策が後手に回り、今の対策では不十分で心もとない。  この難局の時期に政務と選挙の掛け持ちは大変だと思う。
しかし、政務最優先でボケない手を早く打って、猛暑ボケせずに頑張って欲しいものだ。

9月始めといえば、例年なら虫の声も聞こえて、清清しい初秋の風も吹きはじめる頃だ。
早く本来の気候に戻って、私を、そして政治家を ”猛暑ボケ” から解放して欲しいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »