« 白菜植え付け | トップページ | 雨の合間の晴天ゴルフ »

2010年9月25日 (土)

不作だった今年の夏野菜

真夏のような暑さから、急に晩秋のような寒さがやってきた。   畑の夏野菜の片づけも終わり、今年の夏野菜データを整理した。

今年は長い梅雨空が続いた後、猛烈な暑さと雨なしの続く夏が長かった。
こんな異常天気が続いたためか、今年の夏野菜は例年にない不作だった。

雨続きで”じゃがいも”の収穫も少なかったし、暑さと雨不足で”キューリ”や”ナス”も収穫期間が短くて収穫量も少なかった。

Photo_2  ”キューリ”は例年8月中旬まで続く収穫が、今年は7月中旬で終わってしまい、収穫期間は例年の約半分と惨敗だった。
6月終わりまでは順調な収穫が続いて期待を持たせたが、7月に入ってからの猛暑と空雨で7月中旬には枯れはじめてしまい、収穫量は最高収穫年の約半分に終わった。  家庭菜園をはじめてから最短の収穫期間だった。

Photo_3 ”ナス”は8月中旬ごろまでは例年と同じ勢いで収穫は順調だったが、秋茄子剪定して、そろそろ秋茄子の収穫という段階で、猛暑と雨なし天気に耐え切れず、パッタリ収穫カーブが寝てきた。 そして遂に例年より約半月早く撤退となった。
収穫量は約150個減で終わった。

野菜つくりにとって、いかに天候が大切かを痛烈に感じた今年の夏野菜成果だった。

  <グラフをクリックすると拡大画面となり数字も読めます。>

|

« 白菜植え付け | トップページ | 雨の合間の晴天ゴルフ »

コメント

確かに今年の夏野菜の収穫は散々でした。

キュウリやナスは毎年植える本数がほぼ一定していて、比較がしやすいですね。
えっ、もうナスも撤退されたようですねw(゚o゚)w
我が家は3種のナスですが、雨の後ちょっと元気を取り戻したようで、まだ残してます。ゴーヤ、ピーマン類は小さいながら収穫できてますがこの寒さを境に終了ではないかと思われます。
ところで、集計が・・・メモはとってるんですが6月までしか出来てませんcoldsweats01

投稿: よびばあ | 2010年9月25日 (土) 21時49分

よびばあさんへ **********

よびばあさんも夏野菜の収穫は少なかったですか。
今年の天気は本当に残念でしたね。

畑の幅の関係で、1本の畝の長さがほぼ一定なので、
必然的に植えつける苗の本数が毎年同じになっています。
ナスは、雨なしのカラカラ天気で出来るナスも艶のない
ものになってきたので引き抜いてしまいました。
もう少し我慢していれば雨の日が続いたので秋茄子が
収穫できたろうにと、雨が降ってから残念に思いましたが
後の祭りでした。

今は我が菜園では、ゴーヤ、ピーマン、ししとう、ネギ
くらいしか収穫できる野菜がありません。
収穫をメモって記録するのは習慣付けないと忘れますよね。
こうしてグラフにしてみると例年との比較が出来て
面白いですよ。

投稿: スロー人 | 2010年9月26日 (日) 19時46分

不作でしたよね…
気力も無くなる様な暑さで…父の熱中症対策ばかり考えてた気がします。
でも?自然を相手にするって素敵って思ってしまうのよね(?_?)

投稿: 夢眠 | 2010年9月26日 (日) 20時04分

夢眠さんへ ++++++++++

夢眠さんの所も今夏は不作でしたか。
私だけかと思ったら皆さんも同じでヨカッタ~??
仰るように畑へ向かう気力も無くなる暑さでしたね。
そして・・突然寒い日がやってきました。
自然に逆らうことは出来ず、自然に任せて人間の方が
従って行くしかありませんよね。

投稿: スロー人 | 2010年9月26日 (日) 21時16分

スロー人さま、今年の夏野菜は不作だったとの事大変残念でした。エクセルを使われたのか?野菜別収穫量の年度別比較の線グラフは大変立派で関心しました。勤めておられたときていねいな仕事をされてと推察いたしました。我が家の自家用畑に9月9日の雨が降ってから、だいこん、を播種しました。現在すくすくと育っています。白菜はホームセンターから買って来た苗を定植して寒冷紗をかけました。現在だいこんと同じく順調に生育しています。キャベツも少し定植しております。あとホーレンソウとにんじんも少量播種いたしました。なすはもう最終段階の状態ですが少し収穫しております。農業に従事して43年になってしまいましたが野菜の栽培は今はなき父と84歳の母が担当しておりました。父が亡くなってから私と妻の二人で見ようみまねで栽培しており始めて4年目です、私が施肥、耕起、畝たてを行い妻が播種、定植、収穫を担当しています。妻は野菜の作り方の本を数冊買って来て参考にしています。1年目から栽培記録帳を付けて次年度の参考に
して来ました。どちらかとゆうと妻方が熱心です。
今年天候は異常でした。あまりの猛暑で水稲の栽培結果は惨憺たるものです。米作り始めて最低の記録になりそうです。経営としても大変厳しい状態になります。大自然の中で栽培する事は大自然の影響をもろに受けると言う宿命かも知れません。

投稿: 田んぼ | 2010年9月28日 (火) 14時40分

田んぼ さんへ **********

確か、新潟の田んぼの蛙さんでしたね。
再度のコメント、有難うございます。
本業の稲作の方も今年の異常天気の影響を相当受けた
ようですね。作りはじめてから最低記録とは大変です。
遊びで野菜を作っている私とは違って惨憺たる現実に
慰めの言葉もありません。
どうか来期を期して頑張ってください。

奥様主体の野菜の方は順調なようですね。
9月に入ってからの待望の雨のお陰で、野菜も持ち直した
ようです。
私は暇に任せて、主な野菜の収穫を記録して年毎比較し
励みにしています。
これを見ると、年々野菜作りに慣れてきてはいるものの
天候の具合で収穫量の違いが歴然と判ります。

私も冬用の葉野菜の定植や種蒔きを準備している段階です。
これからもいろいろ情報を教えてください。

投稿: スロー人 | 2010年9月28日 (火) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/49551335

この記事へのトラックバック一覧です: 不作だった今年の夏野菜:

« 白菜植え付け | トップページ | 雨の合間の晴天ゴルフ »