« 待ちに待った・・雨 | トップページ | 畝作り »

2010年9月15日 (水)

妻留守で夫超多忙

毎年今頃の時期になると、妻は一週間ほど、故郷長野の実家の近くに嫁いだ姉の家で栽培している”巨峰”の出荷の最盛期のお手伝いに出向く。
この間、私とフラン(愛犬)は家で留守番となる。

妻の長期の留守で、私は家事など、今まで分担して二人でやっていた家の仕事などを一人でこなすことになり、その他に通常やっている陶芸教室、油絵教室の他、畑仕事もあって、超多忙の日々を送っている。

普段は、炊事や洗濯や掃除など一般的な家事は妻の担当になっていて、私はほとんど手を出していない。
それが、この期間だけは、全ての家事をしなければならない。

朝起床後のフランの散歩、フランと自分の食事、洗濯、掃除などをこなし、やっと新聞などゆっくり読んでいると、すぐに昼食の用意の時間になる。
午後の空いた少しの時間をみて、教室に持参する油絵に手を加えたり、畑に野菜の様子を見に行ったりしていると、すぐに夕方となってフランの散歩の時間になる。
そしてまたフランと自分の夕食の用意となり、食事の後は食器を洗ったり、風呂に入ったり、洗濯物をたたんだり・・・。
一日中外出の教室の日などは、朝晩の家事仕事は、特急でこなさなければならない。

夕食は一人なので、どうしてもゆっくりとビールなどを飲みすぎて、食事の後はほろ酔い気分でウトウトしてしまい、家事などの疲れもあって、夜はいつもより早くに寝てしまう。
こんな生活も今日で6日目となり、大分ペース配分も慣れてきて、少しは余裕も出てきた。

妻もあちらで忙しい毎日だろうが、こちらもこんなに多忙な毎日だ。
それでも妻は、朝早くから働く姉を見て、どうしても放っておけずに手伝いに行くのだ。
妻にとっては、”夫婦愛より姉妹愛優先なんだ” ・・・と、すねている私である。

|

« 待ちに待った・・雨 | トップページ | 畝作り »

コメント

貴方は正直過ぎる。”開放感いっぱい!”この自由な時間をなんとしょう?ぐらい言いなさい。カラオケでも如何ですか?

投稿: シスル | 2010年9月15日 (水) 23時21分

シスルさんへ **********

開放感は当然あっても、目の前のやることが多くて
浸っている訳にはいきません。
根が勤勉な正直者なので・・・???

投稿: スロー人 | 2010年9月16日 (木) 10時26分

ご無沙汰しておりました。

今年もフランちゃんと二人?を満喫されてるようですね。
真面目なスロー人さんは手抜きもされないようで感心してます。
奥さんの自由な時間も大切です!!もう少しですので頑張ってください(゚m゚*)

投稿: よびばあ | 2010年9月17日 (金) 12時24分

よびばあ さんへ **********

満喫どころか反対に、慣れない家事に苦行の毎日でした。
今夜、やっと妻が帰ってきて、開放されてホッとして
いるところです。
フランも大喜びで帰宅早々飛びつかれて、ウレションを
掛けられていました。
フランが一番寂しかったんだと思います。

そうですね・・妻の息抜も必要なのかも知れませんね。
で・・私もどこで息を抜くのか考えなければ・・・
(私の場合、毎日が息抜きかも知れませんが・・)

投稿: スロー人 | 2010年9月17日 (金) 21時46分

血の繋がりとはやはり濃いものなのだろうな~って思います。夢眠は一人っ子なので姉妹、兄弟の繋がりが羨ましい!だっていくつになっても関係は変わらないんだもん。夫の愛とは全く別次元なんですよね?
もう、そろそろ戻られてくる頃かしら?25日は主婦の日だそうです。奥様のありがたさを感じつつ愛しみくださいませ。

投稿: 夢眠 | 2010年9月22日 (水) 20時43分

夢眠さんへ **********

妻は8日間手伝いに行って、今は帰宅しています。
私も一人っ子で育ったので、この姉妹愛は羨ましいです。
たわいないことを電話で話し合っているのも羨ましいです。
25日は主婦の日なんですか。 いいナ・・
夫の日・・なんてのはないんでしょうかね。

投稿: スロー人 | 2010年9月22日 (水) 23時23分

遅いコメントですいません。
巨峰をスーパーで見始めてから、そろそろスロー人さんの奥様もお手伝いかな?と思っていました。
やはり、お手伝いに行かれていたんですね。
 
なにからなにまで、一人で家事をこなすというのは、大変なことですよね。
ちゃんとやられているスロー人さんには感心します。
お留守番お疲れさまでした(^.^)

投稿: bluedaisy | 2010年9月23日 (木) 16時42分

bluedaisyさんへ **********

巨峰の手伝いは毎年恒例になっていて、巨峰の声を聞くと
妻は何か腰が定まらず、ウズウズし始めます。
そうなると私は当分の独身生活を覚悟することになります。

妻のいる有り難さも判るし、もしもの時のシュミレーション
の心算で過ごしました。
いろいろな意味で貴重な8日間でした。

投稿: スロー人 | 2010年9月23日 (木) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/49460091

この記事へのトラックバック一覧です: 妻留守で夫超多忙:

« 待ちに待った・・雨 | トップページ | 畝作り »