« ウォーキング一ヶ月目 | トップページ | 孫達の夫々の行事 »

2010年11月 6日 (土)

今年も”干し柿”

中学時代の同級生のS君が、今年も柿を沢山送ってくれた。
この柿は、”甲州百匁柿”という干し柿用の渋柿である。

3年前の同級会の時以来、この旧友は、毎年奥さんの実家に成るこの柿を送ってくれる。
スーパーなど市場ではあまりお目にかかることが出来ない、手に入れるのが難しい貴重で高価な柿である。

Photo_2

Photo_4 実際に量って見ると、正に百匁・・350gの重さだった。
大きさも大きくて、皮を剥いていても手の平からはみ出す。

昨夕届いた柿を、今朝妻と皮を剥いてから紐に掛けた。
その後、煮沸消毒のために熱湯に10秒入れてから、物干し竿にぶら下げた。
ぶら下げた干し柿は、毎年のことながら我が家の晩秋の風物詩となる眺めである。

Photo_5

干し柿の美味しさ以上に、干し柿が私の好物だと知って毎年送ってくれる友人の心遣いが嬉しい。
今年の暮れには美味しい干し柿になってくれるだろう。  そして、冬の間のおやつとして感謝を忘れずに家族で頂こうと思う。

|

« ウォーキング一ヶ月目 | トップページ | 孫達の夫々の行事 »

コメント

今年も大きな甲州百匁柿が手に入ったようですね。
干し方も超ベテランの感じで、美しいです!!
まさにこの時期の風物詩となってます(・∀・)イイ!

当方は甘柿を戴きました。

投稿: よびばあ | 2010年11月 6日 (土) 21時31分

よびばあさんへ **********

今年も旧友が百匁柿を送ってくれました。
干し柿の作り方も手馴れてきました。
昨年の反省を生かして、今年はもっと美味しい干し柿に
したいと思っています。

私の柿好きを知っている周りの知人友人が甘柿を
くれて、今年はたらふく柿を堪能しています。

投稿: スロー人 | 2010年11月 7日 (日) 09時36分

手間が掛かるけど美味しいんですよね。
我が家は既に何年も作ってません^^;
下がってる風景が懐かしいです。

投稿: 夢眠 | 2010年11月12日 (金) 21時03分

 今年も吊るし柿の話題の頃と成りましたか。
それにしても、甲州百匁柿とは大きくて立派な渋柿ですネ。

 今年特に春先の低温で柿は酷い不作で、貴重な柿ですネ、我が家の実家の柿も例年鈴なりでダンボールに3杯くらい採れますが、今年は何んと全部で2,30個程でコンナ不作は初めてですヨ。

 干し柿も毎年西条柿で作りますが今年は高くて(田舎でも、20個程で約1,000円もしました・・・)少ししか手に入らず20個程しか作れませんでしたヨ。

投稿: 久米仙人 | 2010年11月12日 (金) 21時14分

夢眠さんへ **********

昔は干し柿が吊るしてあるのをあちこちで見られた
ものでした。
今、我が家辺りではそんな光景を見ることは出来ません。
我が家の物干しに吊るしてある干し柿を見て、夢眠さんの
ように懐かしい・・という人もいます。

投稿: スロー人 | 2010年11月12日 (金) 23時04分

久米仙人さんへ **********

そちらの方は柿が不作のようですね。
関東ではあまり不作の声は聞きません。
甲州百匁柿は350g以上ある大きな渋柿です。
ネット販売を調べたら、1個数百円で販売していました。
送ってもらったほど自分で購入したらかなりの額に
なったと思います。
立派に仕上げて有り難くいただきたいと思っています。

投稿: スロー人 | 2010年11月12日 (金) 23時10分

はじめまして、柿の話に仲間入りします。
私は奈良の住人ですが、我が家の柿は
今年は豊作で約250個ぐらいの収穫でした。
昨年は20個ぐらいでしたから、多分裏年
と成り年の違いだろうと思っています。
因みにご近所の柿も豊作が多いようです。
飛び入りで大変失礼しました。また訪問
させていただきます。

投稿: | 2010年11月15日 (月) 20時56分

奈良の方へ **********

コメントありがとうございます。
奈良といえば、確か柿が名産品でしたね。
250個の柿とは沢山収穫できましたね。
干し柿用の渋柿なんでしょうか。 甘柿でしょうか。
柿は一年おきの成り年があるんですね。
私は、甘柿も好きですが特に干し柿が大好物です。
またこのブログを覗いて、情報をコメントお願いします。

投稿: スロー人 | 2010年11月15日 (月) 22時42分

名前の記入を忘れ大変失礼しました。
我が家の柿は甘柿です。俗称鶴の子と言わ
れている小振りの渋柿を手間暇かけて干柿
にします。何分にも小さいので食べ応えが
ないですが,正月の一品柿なますに使うと、
格別の味です。また、小さいながら無数に
成っている鶴の子の大木は冬の風物詩です。

投稿: ROUI | 2010年11月16日 (火) 22時43分

ROUI さんへ **********

甘柿ですか? 元々は渋柿を干して甘柿にするんですね。
木に成っているときは渋柿なんですね。
鶴の子という柿は知りませんでした。
そんなに無数成っていたら鳥に食べられそうですね。
葉が落ちた柿ノ木に、赤い柿がいっぱい実を付けている
姿は正に晩秋の風物詩だと思います。

投稿: スロー人 | 2010年11月17日 (水) 21時38分

本当に羨ましいです。
先日、山に行った帰り、道端で干柿を売ってて
思わず車を止めて買ってきましたが
3つで600円でした。
でも帰ってきて食べたらそれはそれはおいしくて
もっと買ってくれば良かったって後悔したくらいです。
こんなにたくさんあったら私、死んでもいいです!
(あ、やっぱり死ぬのは嫌だけど それくらい感動します)

投稿: ジュリア | 2010年11月29日 (月) 05時00分

ジュリアさんへ **********

干し始めて3週間たった2~3日前に、白い粉ふき工程前
二人で一個試食したら、それはそれは美味しくなっていて
二人で思わず顔を見合わせました。
干し柿をやり始めて3年目の今年の出来は経験を生かして
最高の美味しさになったと思います。
これで白い粉吹きに成功したらデパートででも売れるかな?

上手く出来たので、送ってくれた友人に連絡したら
その干し柿を送ってくれとのことで、食べてもらう
ことにしました。
ジュリアさんも我が家に食べに来ませんか。 是非・・

投稿: スロー人 | 2010年11月29日 (月) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/49950453

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も”干し柿”:

« ウォーキング一ヶ月目 | トップページ | 孫達の夫々の行事 »