« 3年振りの同級会 | トップページ | 林檎 と 柚子 »

2010年12月 3日 (金)

日展 2010

”日展” を観に行ってきた。

Photo_2  もっと早くに観に行く心算だったが、風邪などのために開催期日の終わりが近づいた昨日、国立新美術館に出かけた。

効率よく観るために、行く前にネットで主な絵と陶芸作品はチェックしておいた。
それでも”洋画部門”と”工芸(陶芸)部門”をジックリ観たら、4時間半もかかってしまった。

Photo_3 どの作品も見事だったが、特に気に入った作品の前ではジッと見つめて動けない。  事前に写真でチェックしておいても実の作品の迫力には圧倒された。  写真では到底感じられない迫力である。
絵に近づいて、絵具の載せかたや筆の運び方までジックリと観させてもらった。

今年一番迫力を感じて気に入ったのは、村田省蔵画伯の作品”五月の稲架木”だ。  チョット見ただけでは通りすぎてしまいそうな田舎の景色を見事に描いている、本当に感動した絵だった。

Photo_4

陶芸作品も形や釉薬の技に目を奪われた。

Photo_6 ただ、その形は前衛的なものがほとんどで、私の目指す形とは違うものを感じた。
形は全く異なるが、今私が作陶中の作品に考えている肌合いや、使う予定の釉薬に似た作品もあって、とても参考になった。

感動しながら観て歩いた4時間半、帰路の足どりにはさすがに疲れを感じて重かった。

|

« 3年振りの同級会 | トップページ | 林檎 と 柚子 »

コメント

日展の開催期間は1ヶ月以上あるのに、なかなか行けないものですね。

お目当てを調べてから行かれても4時間半・・・お疲れさまでした。
まずは、お気に入りの作品に出会えてよかったですgood

投稿: よびばあ | 2010年12月 3日 (金) 23時14分

よびばあさんへ **********

期限ギリギリになってやっと日展を観てきました。
同じ県内の私の好きな画家の作品の前で、ご本人とお会いし
感激の対面が出来るハプニングもありました。
30分ほどもその絵の前でいろいろと絵についての
お話をさせていただき、嬉しかったです。
知っている画家の方たちの作品も多数あり、県内の画家の
入選数が多いのにも驚きました。
今年の日展では良い作品に沢山出会えてとてもよかったです。

投稿: スロー人 | 2010年12月 4日 (土) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/50199642

この記事へのトラックバック一覧です: 日展 2010:

« 3年振りの同級会 | トップページ | 林檎 と 柚子 »