« 白粉をふいた干し柿 | トップページ | 油絵 ”加田屋川1月” »

2011年1月14日 (金)

陶芸 和紙染め皿

”和紙染め”で模様を施した、お皿の”陶芸作品”を作った。

Photo Photo_2

  大きさ : 25cmφ x 5cmH
  粘土  : 半磁土
  成形  : 電動ロクロ
  模様  : 呉須による”和紙染め”
  釉薬  : 透明釉 (どぶ掛け)
  焼成  : 酸化焼成

和紙染めの作品は以前妻が作ったことがあって、面白い手法だと思っていた。
今回半磁土の皿を挽いたので、山葡萄を和紙染で描いてみた。

和紙といっても紙はティッシュペーパーを使った。
模様の形にティシュペーパーをはさみで切り、筆に水をしみこませて素焼きした皿に貼り付け、その上に呉須を筆にしみこませて紙ににじませる。  呉須は紙からはみ出ることなく、切った紙の形に皿に模様が出来る。
葡萄の実は、スポンジを丸く切り、呉須を付けて判子のようにして皿に模様を付けた。

紙のしわがあって皿に張り付いていても、それがまた味の出た模様になる。  この作品では葉っぱの部分に紙のしわの模様が出来て、仕上がってみると葉っぱを虫が食ったような模様になって、なかなか面白かった。

こんな絵模様も面白いが、幾何学模様に呉須の濃淡を付けた模様も面白いかナ・・と思った。

|

« 白粉をふいた干し柿 | トップページ | 油絵 ”加田屋川1月” »

コメント

うわぁー、目が覚めるような素敵なお皿です!!
”半磁土に呉須の和紙染め”いいですね。呉須の濃淡がよく表れて気に入りました。
模様の出し方も詳しく書かれていて分かりやすいです。
今度、何か作る時の参考にさせていただきます。

投稿: よびばあ | 2011年1月15日 (土) 11時35分

よびばあさんへ **********

水で貼り付けた和紙の上に呉須を筆でサット滲ませる
だけで面白い絵付けが出来ます。
一部濃い呉須を滲せると濃淡が出来て面白いです。
和紙を四角や菱形などの形に切って呉須を濃淡交互に
付けながら模様付けしても面白いかナ・・と思いました。
簡単に出来るので、チャンスがあったらぜひ試して
見てください。

投稿: スロー人 | 2011年1月15日 (土) 21時12分

すっきりしたデザインの素敵なお皿ですね~
ティッシュペーパーを使って、お皿にこんな綺麗な絵が描けるんですね~
でも、やはりセンスですよね。
スロー人さんのセンスがにじみ出た素敵なお皿だと思いました(^.^)

投稿: bluedaisy | 2011年1月16日 (日) 11時31分

ブドウの葉や実の濃淡が素敵だな♪って思いました。
いくつも作品を作り上げたらっしゃるので当たり前?なのかもしれませんが
絵の美しさ以上に整った形にすごいなぁ~って感心しています。
このお皿にどんなお料理が乗るんでしょうね、それもまた楽しみにしています♪

投稿: mimoza | 2011年1月16日 (日) 14時36分

bluedaisyさんへ **********

誉めて頂いてありがとうございます。
何種類かの和紙と一緒にティッシュペーパーで試して
みましたが、一番安いティッシュペーパーが一番味のある
染め上がりだと思いこれで制作しました。
はじめての試みでしたが、何だか使えそうな手法なので
応用していろいろな面白い作品が出来そうです。

投稿: スロー人 | 2011年1月16日 (日) 21時32分

mimozaさんへ **********

お気に召したようで嬉しいです。
実は電動ロクロで成形したのですが、未熟なせいで
一度完成まじかで粘土がグニャグニャになってしまい
2度目でこの形の成形に成功したものです。

模様の濃淡は、顔料を一部2度にじませてつけましたが
和紙の張り付き方によって虫食いの葉っぱのような
模様が自然に出来て思わぬ面白い模様が出来ました。

このお皿は、月末に陶芸教室の新年会を我が家で催す
ことになったので、そのときデヴューさせようかと思います。

投稿: スロー人 | 2011年1月16日 (日) 21時47分

はじめまして。

素晴らしいお皿ですね。山葡萄もなんとも
ステキです。
ただただ感心しています。

NHK 放映からおよそ半年?いろいろ
勉強しました。
あれからいつも拝見させてもらっています。

また、寄らせていただきます。

投稿: とめさん | 2011年1月18日 (火) 18時19分

とめさん へ **********

ようこそ拙いブログへお越し頂きました。
いつも見て頂いているとのことありがとうございます。

陶芸のお皿、誉めて頂いて恐縮です。
はじめての手法で模様付けしてみました。
なかなか面白い味が出たので、この手法流用できそうです。

NHKの放映を見ていただいたようで有難うございました。
どうぞ叉お越し頂いて、気付いたことなどコメントして
下さい。
いまから、とめさんのブログを訪問させていただきます。

投稿: スロー人 | 2011年1月18日 (火) 22時13分

和紙染めっていうのですか、初めて知りましたが面白いですね。
出来上がった作品、とっても素敵です。
柄だけでなく、柄の配置やお皿の形も良いですね~♪
乗せられたお料理も、一段と映えそうです!!

投稿: ひめひめ | 2011年1月19日 (水) 21時20分

ひめひめさんへ **********

和紙を水で貼っておいて、その上に水で溶かした顔料を
沁み込ませると、顔料は和紙からはみ出さずに和紙の形の
模様になります。
毛細管現象と水の表面張力を利用したものでしょうか。
器は作れても載せる料理は作れない私です・・

投稿: スロー人 | 2011年1月19日 (水) 22時43分

お久しぶりでございます。
いつもブログ拝見してました。
私、葡萄模様の食器大好きで
自分でも何点か使用しています。
そのお皿、形も色もとても良いですね。
ビックリです。
私、「雪よけ」で腰痛になって
靴下もやっとはいています。

投稿: プチトマト | 2011年1月20日 (木) 19時59分

プチトマトさんへ **********

いつもブログを見て頂いて有難うございます。
私もいつもプチトマトさんのお部屋を拝見していますよ。
葡萄模様の食器がお好きですか。
このお皿は山葡萄を模様にしてみました。

「雪よけ」って、雪かきのことですか?
雪の多い今年、雪国は大変だろうと思います。
腰痛になってしまったようですが大丈夫ですか。
靴下を履くのもやっとでは、着替えなんかも大変ですね。
雪は積もるし、腰は痛いし・・でしょうが、どうか
頑張ってこの冬を乗り切ってください。

投稿: スロー人 | 2011年1月20日 (木) 20時52分

とても素敵です!
素晴らしい~そして手法が面白いですね。

投稿: 夢眠 | 2011年1月22日 (土) 12時59分

夢眠さんへ **********

何だかこのお皿、皆さんに好評のようで嬉しいです。
ティッシュを使って模様の絵が描けるなんて、ちょっと
奇抜で面白いですよね。
この手法、これからも使えそうです。

投稿: スロー人 | 2011年1月22日 (土) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸 和紙染め皿:

« 白粉をふいた干し柿 | トップページ | 油絵 ”加田屋川1月” »