« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

さやえんどうの棚作り

昨日までの2~3日間は春の陽気だったのに、今日は冷たい雨が降っている。  正に三寒四温・・・こんな天気を繰り返して、春は着実に近づいている気配だ。

Photo

そんな暖かい晴天の昨日、今まで霜除けのために覆っていた”さやえんどう”のネットを取り外して、棚を立てゝきた。
狭いネットの中で窮屈に地面を這っていたさやえんどうは、囲いを外されて伸び伸びしているようだった。

Photo_2 キャベツやブロッコリーや白菜などを収穫したが、ブロッコリーは先日収穫したばかりなのに更に大きくなっていて、巨大というより異常な大きさになっていた。

持ち帰って量ってみたら、何と、870g/1個 もあった。

こんな大きなブロッコリーを、昨日は 7個 収穫した。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

今年も ”e-Tax”

今年も ”e-Tax” で確定申告を済ませた。  e-Taxでは、自宅で申告手続きが出来、医療費の領収書の提出などの手間も省けて便利である。

今年は e-Tax で申告し始めてから3年目、最初に比べれば慣れてきて、簡単に申告できるようになった。
我が家では、私と妻の両方の申告は私の担当になっている。

2011

現役の頃は還付も多かったと思うが、給料と一緒に還付されて来たので自分の小遣いにはならず、全て妻の管理下に・・・。  だから有り難味は薄かった。
リタイヤした今は小遣い程度しか還付されないものの、自分の講座に振り込まれるので儲けた気分になる。

今年は昨年より少し多く還付される計算になって、チョット得した気分になっている。

     -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

このところ、所用で新幹線を利用することが多い。  一週間前に続いて、先日2月23日にも新幹線に乗った。
2月23日は、語呂合わせ、2(ふ)2(じ)3(さん)で、”富士山の日”だそうだ。

       <写真をクリックして拡大画面で見ると迫力感があります>
Photo

家を出るときに好天だったので富士山の日に富士山が見えそうだと期待して新幹線に乗った。
一週間前にもスッキリした富士山を見れたが、この日は、先日にも増して、素晴らしい富士山を手に取るような近さで眺められた。

さすがに”富士山の日”だけのことはある・・と、へんに感心した。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

じゃがいもの畝作り

今年の畑仕事の始動は、”じゃがいもの畝作り”からだった。

Photo 先日、じゃがいもを植えつける区画で育てていた白菜は、全てを引き抜いて片付けておいた。
先ず、米ぬかと苦土石灰をばら撒いて、耕運機で耕した。  少し深めに耕した。

Photo_2 耕運機に畝たて具を取り付けて畝溝を掘り、掘った畝溝に、堆肥と有機化成肥料を元肥として施して、土とかき混ぜてから上に土を被せた。

このままにしておいて元肥が土によく馴染んだら、約一ヵ月後に”じゃがいも”を植えつける予定である。

今日は8畝を作った。  一畝に30cmピッチで約17~18個のじゃがいもが植付けできそうなので、今年は約140個のじゃがいもを植えつけられそうだ。

     -・-・-・-・-・-・-・-・-・-

Photo_3 今日は、この畝作り作業の他に、大根の残り全部を引き抜いて収穫した。 25本の大根だった。
また、巨大ブロッコリー7個を収穫した。
キャベツも収穫期を過ぎていて実がパンパンに大きく締まっており、5個を収穫した。
これらはとても食べきれないので、ご近所に配った。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

今年の畑計画 <配置とカレンダー>

そろそろ今年の春野菜の植付けや種蒔きなどの準備をする時期になった。

そこで、今年の <畑の栽培カレンダー計画> と <畑の栽培配置計画> をした。
昨年は、一昨年キャベツを育てた区画に、同じアブラナ科の白菜を植えて、白菜が上手く育たなかった失敗をしたので、連作に注意して計画した。

     <栽培カレンダー> (収穫日などは昨年実績)
23_7   

23_3

春~夏 作物配置

空きエリヤ部分には、葉野菜などを育てる予定。

23_6 夏~秋 作物配置

連作を避けるよう注意して,主な野菜のみの配置を計画した。
空きエリヤ部が多いが、葉野菜を中心に、様子をみながら徐々に計画して埋めていく予定。

<カレンダー> や <作物配置> をクリックすると、大きい画面で見られます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

見事な富士山

所用があって、東海道新幹線で静岡方面に出かけた。

家を出るときに、昨日までの雪や雨の天気とは打って変わって晴天だったので、今日はきれいな富士山が見られそうだと期待して出かけた。

Photo

案の定、三島を過ぎた辺りから、裾野から頂上まで、富士山の全容が手に取るような近さで眺められた。
新幹線からの富士山は何度も見ているが、こんなに見事な富士山を見られるのは滅多になかったように思う。
昨日までは雨や雪の天気だったので空気も清められていたのでは・・とも思う。

朝から見事な富士山が眺められて、とてもスッキリした良い気分の一日だった。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

見沼の夕暮れ

昨日、一昨日と寒い日が続き、道路に積もるほどではないものの、雪が降った。
そして今日は晴れた良い天気になった。

寒さを避けて家の中にばかり居たら体を動かしたくなった。
最近寒い日が続くので、ウォーキングをサボっていたが、晴れた今日は、自転車で見沼田んぼにサイクリングに出てみた。
それも暖かくなった頃、ちょっとその辺まで・・・のつもりで出かけた。

それでも絵のモチーフになりそうな景色を探していたら、ついつい思いがけず遠くになってしまった。

H230208

予定外の遠出になってしまい、気付いたら陽は落ちかけて寒くなってきた。
急ぎ帰路の途中、見沼田んぼで真っ赤な夕日が真ん丸く輝いて、雲の中に隠れようとしている景色がとても幻想的に見えた。
思わずこの景色をカメラに収めた。

絵にしたらどんな感じになるかと思い、帰宅後早速キャンバスに向かった。
描き始めたばかりだけれど、なかなか面白い絵になりそうだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

築10年目の補修

今、我が家は白いカーテン(ネット)でスッポリ囲まれている。

我が家は、昨年秋で築10年を過ぎた。
建築会社による、筑後10年間の保証期間最後の点検があって、強度部材、屋根裏、外壁、屋根、床下、水周り、シロアリ被害などの点検・検査があった。

Photo 屋根裏の断熱材の一部にはがれがあり、これは無償で補修してくれた。
その他は特に問題はないとの診断だったが、屋根や外壁の塗装、シロアリ対策は、10年毎に施工した方が良いとアドバイスされた。

まだそれほど問題があるわけではないが、一応診断に従って、対処することにした。

今回は、屋根・壁の洗浄と塗装を中心に、ブロック塀や鉄部木部など細部の塗装、バルコニーの防水処理、防蟻処理などを行う。

簡単に考えていたが、足場鉄骨と防護ネットで家がスッポリ囲まれてしまった。
工事期間の3週間は、こんな窮屈な中に閉じ込められるのを我慢しなければならない。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

テーブルウェア・フェスティバル

東京ドームで開催されている「テーブルウェア・フェスティバル」に行った。

Photo

Photo_2 開催期間中の第一日目以外は都合が悪いので、第一日目の混雑を覚悟で出かけた。
早めに家を出たのに、案の定、開場10:00には入場待ちの人で、ドームの廻りをグルリと囲むほどの列が出来ていた。
それでもドームの中に入ると、さすがにドームは広く、思ったよりジックリ見て廻ることが出来た。

作品コンテストでは、今年も我々の通う陶芸教室の仲間二人の作品(下の掲載写真)が入選していた。
約10倍の中から選ばれた作品だけあって、入選作品はどれも素晴らしい作品ばかりでとても参考になった。

Photo_3 Photo_4

テーブルコーディネート部門もジックリ見て廻ったが、どの作品も、ため息の出るような素晴らしいものばかりだった。

我が家でも、こんなテーブルコーディネートでお客様を迎えられたら良いネーと、妻とため息をつきながら見て廻った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

嬉しい来客

珍しい訪問客が来た。

毎年夏になると4~5人で畑の芋掘りにやってくる、私が現役時代にお世話になった女性達がいる。
私は彼女達を”芋掘り娘”と呼んでいる。
その中の一人が生まれた子供の顔を見せに来てくれた。

Photo Photo_2

彼女は一昨年結婚し、昨年の夏の芋掘りには大きなお腹を抱えて参加したが、昨秋長女が生まれた。
生後3ヶ月半になる赤ちゃんは、私たちを見てよく笑い、とても可愛い。  自分達の孫のようにとても可愛い。

遠路車を駆って子供の顔を見せに来てくれたことがとても嬉しかった。
帰りには、芋掘りならぬ、畑から白菜、キャべツ、ブロッコリーなどを採ってきて持ち帰ってもらった。

   -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

芋掘り娘達は昨年、彼女を含めて二人がママになり、別の一人は結婚して愛知県に転居したので、今年の芋掘り娘の芋掘りはどうなるのかと思っていたが、彼女達はやる気満々で、今年は夫と子供を連れて参加しようと連絡をとりあっているようだ。  愛知県に転居した彼女からも先日、「今年も絶対に参加するから・・」と電話があった。

今日来た彼女は、「今年の芋掘りの日にちを決めましょう」 と云い、6月末に決めた。
今のうちからメンバーの皆に連絡して、予定を空けておくようにするという。
はてさて、芋掘り娘の同窓会サロンのような様相になってきた。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

ギリギリ遅めの新年会

1月最後の31日、我が家でギリギリ遅めの新年会だった。

Photo_2  ”陶芸教室”で同じ”火曜日クラス”の仲間たちと2人の講師の先生で新年会を・・という話になり、全員の都合の良い日が31日だった。
我が家で・・と簡単に引き受けたが、総勢数えたら12名もいて、狭い我が家で大丈夫かと心配だったが、何とかなった。
妻は前日から2日かけて料理の準備、私はテーブルや椅子を集めて並べたりと、二人で忙しかった。

夕方から夜にかけての新年会で、アルコールもビール、ワイン、焼酎、お酒、ウイスキー、梅酒・・・と用意した。  料理は妻の手料理の他、持参してくれた人もいて、テーブルに一度には並べられないほどになった。

Img_5927 毎週一度は顔をあわせて作陶に励む仲間だけに気心も知れていて、アルコールもすすんで、話もはずみ、大いに盛り上がった楽しい新年会となった。
フランも加わって、皆に愛嬌を振りまいて楽しそうだった。
夕方4時過ぎに始まった新年会は6時間もの長時間になって、夜も更けた10時頃まで続いた。

とても楽しい新年会だったので、納涼会や忘年会もやろう・・との声もあった。
皆さんが楽しんで喜んでくれたので、妻も苦労して料理を作った甲斐があったと喜んだ。
またこんな楽しい会を催したいと思う。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »