« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月29日 (金)

じゃがいもの芽欠き・追肥・土寄せ

大型連休に入った今日は、畑日和のいい天気だった。   この所の暖かさで畑の野菜たちは急に元気になったようだ。
今日は、大きくなった”じゃがいも”の芽を2本に芽欠きして、追肥し、土寄せをした。

     土寄せした”じゃがいも”
Photo

今年はじゃがいもの生育が良く、土寄せするのに畝間の土を鍬で掘ると、すでに白い根っこが畝間部にまで伸びていた。  この調子なら沢山収穫できそうで、芋掘り娘たちも喜ぶだろう。

Photo_2 トンネルの中の食彩
また、トンネルの中のサラダほうれん草”食彩”が大きくなったので間引きをした。 今回は食彩の生育がとても良い。
また、”みやこべか菜”も大分大きくなっていたので、初収穫した。
トウが立ち始めそうな”たか菜”も全部引き抜いて収穫した。

Photo_8       ささげが芽出し
”ささげ”や、なかなか芽を出さないので心配していた”インゲン”も全部芽を出した。
インゲンは種が不足して一箇所に二粒しか蒔けなかったが、全部芽を出してくれたので、間引きの手間が省けそうだ。

”さやえんどう”も急にグングン伸びてきた。  よく見るとすでに実も付いていて、一握りほど収穫できた。
初収穫のさやえんどうは、早速夕食のビールのツマミになった。
Photo_4 Photo_5

今日は天気も良かったので、妻も畑に出て手伝ってくれた。
お陰で、”とうもろこし”や”ほうれん草”の種蒔きや、大根の間引きや、トウの立ちそうになった”たか菜”を全部収穫したり、いろいろ細かい仕事が捗った。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

油絵 ”春近い雪国”

大震災や原発事故発生直後の半月ほどの間、TVで災害の状況を見て、暗い気持ちになり、外出する気持ちになれなかった。
家に篭っていたその間に、気分転換のために絵を描いたりした。  これはその間に描いた絵の中の一枚である。

         春近い雪国  (F10号)
Photo_2

これは2~3年前に、十日町のリゾートに旅行した際、以前アップロードした油絵 ”雪解けの頃・越後” の景色を見た翌日、帰路で見た雪景色である。

3月の終わりの雪深い十日町、雪はこんなに深いのに、遠くに見える山の木々やその上に見える空は、何となく春の近いことを感じさせてくれた。

そんな印象を思い出しながら没頭して絵を描いていると、暗い気持ちから少しでも開放された。

今、大震災や原発事故の被災者の皆さんに、希望ある春は近づいているのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

オープンガーデン

家から徒歩10分のところにある、広大な敷地で造園業を営む家の奥様が、ご自宅の庭を2日間オープンガーデンにして公開すると聞いて妻と見学させてもらった。

2 入り口にはオープンガーデンの看板があった。

大きな庭には数え切れないほどの種類の草花や木がいっぱい植えられていた。
庭には子馬のポニーも飼われていて立派なポニー用ハウスや遊び場まで備えられていた。

Photo ガーデンの通路もキチンと整理されていて、植木には手製の陶器の名札で木の名前も示されている。
あちこちにバーゴラや椅子・テーブルが備えてあって、くつろぎながら庭を眺められるようになっている。  今が盛りの芝桜も綺麗だった。

Photo_2 小鳥達の餌場や巣小屋も見られた。  池や水場も配置されていて、小鳥達にもさぞかし楽しい遊び場になっているのであろう。
チューリップも綺麗に咲いていた。

Photo_5 ガーデンの一部には、クリスマスローズが群生していた。
徐々に増えて群生するようになったのだろうか。

Photo_6 裏庭に行くと、珍しい緑色の花の咲く桜が見られた。
この桜は「御衣黄(ギョイコウ)」という桜で、花弁に葉緑素あるのでこの色になっているのだそうだ。  咲いてしばらくすると、中央部が白から赤く変るという。
こんな珍しい桜は始めて見た。

ガーデンに植えられている花や樹は数えきれないほどに本数があって、手入れが大変だろうナ・・と、余計なことを考えた。  こんな庭のテーブルで太陽の下、四季折々、友人達と花を楽しみながらお茶など飲んだら、さぞやくつろいだ時間が過ごせるだろうと思った。

今日は、晴れたと思ったら急に激しい雨が降り出してまた急に止んだりする、異常天気だった。  訪れた時は運悪く雨模様だったので、写真の色も綺麗に写っていなくて残念だ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

レタスなどの定植

「レタス」と「ズッキーニ」は家の庭でポット苗を育てていた。
花の種もポットに蒔いてポットの数がたくさんになって、狭い庭が手狭になったので、少し早そうだったが苗を畑に定植した。

Photo

レタス苗は第一弾は先日定植していたが、苗がまだ残っていた。

捨てるのは偲びがたいので、一畝追加して余り苗を定植した。

Photo_3 ズッキーニはすでに元肥を入れて三畝が作ってあった。
合計18苗を定植した。

ズッキーニには定植後しばらくの間ビニールキャップで覆うが、昨年のものは大分痛んでいて足りなかったので、肥料袋で行燈にして覆った。

    -・-・-・-・- 今日の畑 -・-・-・-・-

暖かい日が続いたのと昨日の雨で、じゃがいもの芽がスッカリ出揃った。
先日初収穫したアスパラも、ニョキニョキといっぱい頭を出していた。

Photo_4 Photo_5 

Photo_7 昨日はかなり激しい雨だったので、先日増設した「雨水貯水タンク」に雨水が満たされているのを確認するのが楽しみだったが、思惑通り、二つのタンクは満タンになっていた。
これだけの雨水が溜まっていれば、当分の間畑の散水には十分だろう。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

ささやかに誕生日会

長女と、長男の嫁は、同じ4月生まれである。

時節柄、今年は合同でつましく誕生日会を行おうという妻の提案で、我が家でささやかな誕生日会を行った。

Photo

誕生日ケーキは合同で、二人の名前を書き入れたものを一つにした。
妻が焚いた赤飯と簡単な手料理での自粛ムードの誕生日会だったが、本人達や夫々の家族、特に孫たちは屈託なく喜んでくれた。

両家の孫達は、こんな機会に一緒に遊べることが楽しみのようだ。
ささやかでも、合同の誕生日会は、それなりに意義もあり、楽しい誕生日会だった。

     -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

一昨日は恒例の、町内ゴルフ同好会の春のゴルフコンペだった。

自粛ムードのなかでの準備だったので、会の会長として開催するかどうか悩んだが、開催地を震災被害に遭った地域のゴルフ場で開催することとして、客足の途絶えたゴルフ場を励ますのも支援の一つと考えて、敢えて開催することにした。
幸い、世情も過度の自粛は控えようとのムードに変ってきて、ゴルフ場も歓迎してくれた。

さらに、今回の大会は義援金箱を用意して、募金に応募しやすいように優勝などの商品の代わりに現金で渡すことにした。   私も3位となり賞金を袋ごと募金箱に入れた。
結果は予想通り、ほとんどの賞金は義援金となり、約5万円が募金された。

多くの皆さんは自粛でゴルフを控えていたので、久しぶりのゴルフを楽しんだようだし、ゴルフ場も潤い、義援金も集まって三方得となり、開催して良かったと思っている。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

今日の畑仕事

幼稚園に通う孫が、新入園生の入園式でお休みで、2泊で遊びに来ている。  外で遊ばせようと、妻と3人で畑へ出かけて畑仕事を手伝ってもらった。

今日の仕事は、「雨水貯水タンクの増設」と、「インゲン」の種蒔き。

2

畑の物置の屋根の雨水を樋から集めてポリバケツに溜めて野菜に水遣りしているが、なかなか重宝している。  今は45リットルポリバケツ1個だが、夏場には1個では足りないことが多い。
そこで、あと1個45リットルポリバケツを土に埋めて、1個目で一杯になった雨水を2個目に集めるようにした。
これで集中的に降った雨を有効に溜めて利用できれば作戦成功である。

Photo_2  インゲンの種は1畝に2条蒔きし、2畝に種を蒔いた。  種は昨年のものをとっておいた。
適当に数を数えず一箇所4粒づつ蒔いたら1畝で終わってしまったので、仕方なく一箇所2個にした。  果たして全て上手く芽を出してくれるか心配だが、もし芽が出てくれれば間引きの手間が省けるかな・・と、いささかずるい考えもある。

妻と、とりわけ孫の活躍もあって、ブロッコリーの撤去まで出来た。
暑くて汗をかいたが、今日は捗った畑仕事だった。

     -・-・-・- 今日の畑 -・-・-・-

Photo_3 今年は例年に比べて「玉ねぎ」が順調に大きく育っているようだ。
毎年玉ねぎには失敗し続けていて、ニンニク程度の玉ねぎしか育っていなかった。  毎年今年は諦めよう・・と思いつつ、このまま負けてしまうのは悔しい気がして挑戦してきた。

今年は、初めて使った肥料とその与えるタイミングが良かったものと思う。
ただ、順調に育っているといっても、ネットで見る玉ねぎの育ち方とは比べ物にならないほど小さいが、それでも例年に比べれば格段の育ち方である。

Photo_4 Photo_5

植えたじゃがいものほぼ全部がニョキニョキと芽を出し始めた。  今年は4種類で合計150株のじゃがいもの種を植え付けてある。

さやえんどうもこの暖かさで随分大きくなって、花の数も沢山見られるようになった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

花の種蒔き

花の種を蒔いて、その苗を育てて震災の被害地に送ろう・・と、「陽だまり家族」というプロジェクトに参加している。

110410 Photo

暖かい日が続くようになったので、今日は、ポットに「マリーゴールド」の種を蒔いた。  種は買っておいたが丁度蒔き頃の気温になったので蒔いてみた。
径10cmのポットに3~4粒づつ蒔いたら30ポットになった。

野菜の苗は種を蒔いて育てているが、花の種を蒔いて苗を育てるのははじめてで、無事芽を出してくれゝば良いが・・と楽しみだ。

また、一週間後には、さらに別の花の種を蒔こうと準備中である。

  -・-・-・- 「陽だまり家族」 -・-・-・-

201104010719501f31

陽だまり家族では、「みんなで花の種を蒔いて、苗を被災地に届けよう」 としています。

4月中旬頃から種を蒔いて苗が育つ頃には、現地も少しは落ち着いてくるはずで、仮設住宅など避難所の周りに花を植えてもらって、少しでも被災者を慰めよう・・というものです。

賛同してみようかな・・・という方は、 「陽だまり家族」 ← をクリックしてご参加ください。

また、詳しくは 「こちら」 ← もご覧下さい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

マスターズ

今年もゴルフの、マスターズ・ト-ナメントが始まった。

毎年この時期になると、このマスターズを楽しみにしている。  今年も、毎朝5時起きでテレビに釘付けになっている。

16

マスターズは、オーガスタ・ナショナルGCで行われるメジャーの大会である。
オーガスタ・ナショナルGCは、咲く色とりどりの花や、フェアウエーを囲む緑の木々が爽やかで、なんとも云えない気品を讃えて美しい。

その景色の美しさとは裏腹に、戦略性のある手ごわいコースレイアウトや、何と言ってもポテトチップスのようにうねってガラスのように早いグリーンは、プレーヤーたちを悩ませる。

10

しかし、その難しいコースとグリーンを果敢に攻めるプレーヤーの高い技術には驚く。  グリーンのどの位置にボールを落とせば、どう転がってピンに近づくか・・・全て計算し、確実にその位置にボールを運ぶ。

流石に、ゴルフのマスター達だと、感心する。

今年は、今年の賞金の全てを被災地に寄付するという石川遼選手や、アマチュアで東北地方の大学生松山英樹選手が予選を通過して頑張っている。
また、参加している世界中の選手が、日本頑張れ!と温かいメッセージを寄せている。

こんな時だからこそ、石川選手や松山選手の頑張るプレーや、応援してくれる世界のマスター達のプレーを見て、被災地の方々が元気になって欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

ズッキーニなどの畝作り

今日は暑いくらいの、絶好の畑仕事日和だった。

Photo 今日の主な作業は、ズッキーニ、里芋、および、レタスの畝作り。

ズッキーニ用3畝、里芋用4畝、レタス用1畝の合計8畝を作った。  ズッキーニ用畝にはマルチを施した。

Photo_9  ズッキーニの 苗は、自宅のテラスで、ポットの中で育っている。

ポットはハッポースチロールの箱の中にいれ、上をビニールシートで覆った、ミニ温室になっている。

畑では、ビニールトンネルの中で種を蒔いた”ネギ”が芽を出した。
また、さやえんどうの花もポツポツと咲き始めた。

Photo_6 Photo_7

Photo_5 一週間ぶりの畑仕事だし気候も良かったので、今日は弁当とお茶を持参で一日中畑で過ごした。
暑いくらいの気温で、じっとりと汗ばむほどだった。
畑の物置の日陰に椅子を出して、時々のんびりと水分を補給したり、弁当を食べたりした。

本当に気持ちよい、春の畑仕事だった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

被災地を花で応援しよう

この度の大震災被害地を励まそうと、ブログ友達の”mimoza”さんが、素晴らしい提案をしてプロジェクトを立ち上げました。

201104010719501f31

プロジェクト名は 「陽だまり家族」 といいます。

これは、花好きのmimozaさんらしい発想で、「みんなで花の種を蒔いて、苗を被災地に届けよう」 というものです。

4月中旬頃から種を蒔いて苗が育つ頃には、現地も少しは落ち着いてくるはずで、仮設住宅など避難所の周りに花を植えてもらって、少しでも被災者を慰めよう・・というものです。

どんな種類の花をいつ頃蒔けばいいのか、どこにどういう方法で届けるのか・・・など、いろいろ考えなければならない課題はありますが、兎に角行動を起こして、賛同する皆さんの智恵を借りて一つ一つ課題を解決していこう・・としています。

花の苗など育てたことのない私ですが、この機会に花の苗作りに挑戦して協力したいと思っています。

賛同してみようかな・・・という方は、 「陽だまり家族」 ← をクリックしてみて下さい。

皆さんに良いアイデアやアドバイスがあったら、コメントを差し上げてください。

そして、一緒に行動を起こしてみませんか。

  -・-・-・-・-・- 追 記 -・-・-・-・-・-・-

プロジェクトは、力強く動き出しています。
早速プロジェクトのシンボルマーク(上に示したもの)を作ってくれた方もいます。  アッという間の善意の広がりに驚きます。

詳しくは 「こちら」  ← をクリックしてみてください。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »