« 雨巻山登山 | トップページ | コーラスコンサート »

2012年4月16日 (月)

二つの絵画展へ

丁度同じ期間に国立新美術館で、二つの絵画展が開されており、観に行ってきた。

Photo_4 

一つは”示現会展”でもう一つは”創元会展”である。  両方の会派とも知っている画家がいて招待状を頂いていた。   この両会派は、写実的な具象絵画が多く、私の好みに合っていてすんなりと心に響く絵が多い。

Photo_2 Photo_3

展示作品はさすがに選りすぐられた力作ばかりで見ごたえがあった。   気に入った作品は、近づいて筆遣いや、色の確認や、画布への絵の具の載せ方など・・じっくりと見させてもらい、とても勉強になった。
今後の参考のために、たくさん写真も撮った。

Photo_5

展示点数は、2展覧会場合計で1000点以上もあって、じっくり観て回るのに合計5時間も歩いた。   登山後の足の筋肉痛はまだ残っていて、最後は観て回るのがしんどかったが、とても勉強になった展覧会だった。

|

« 雨巻山登山 | トップページ | コーラスコンサート »

コメント

まだ、登山のお疲れも癒えないのに精力的に活動されてますね。
どうしてもせっかく行かれたのだからと観て回られるお気持ちは解るような気がします。
下の画像を拡大してみたのですが、大きな絵なので、ゆったり、じっくり観られるようですねup

投稿: よびばあ | 2012年4月17日 (火) 13時56分

よびばあさんへ **********

登山の筋肉痛はやっと今日あたりから感じなくなりました。
ひどい目に遭いました。(でもまた行きたい気分です)
券を2枚頂いていたし、見ごたえがあったので、ついつい
全部みてまわりましたが疲れました。
こういう展覧会の絵は、最低でも100号、大きい絵は
100号x2の200号も多くありました。
どんな部屋で描くのだろうと思ってしまいます。

投稿: スロー人 | 2012年4月17日 (火) 23時12分

5時間の鑑賞時間ですか。。。体力も必要ですね(^^)
以前に友人から創元展の案内をもらって見に出掛けたことを思い出したので
尋ねてみたところ、「琉球の舞 伊野波節」を出品してるとのことでした。
ご記憶に残っていますか?(^^)
まったく絵心のない私は好き嫌いでしか見れませんが
絵を描かれる方にとっては絶好の勉強の場でもあるんですね。

投稿: mimoza | 2012年4月18日 (水) 21時26分

mimoza さんへ **********

山歩きで足の筋肉が痛かったのに、5時間も観て歩いたので
いささか疲れました。
創元会に友人がおられるんですね。
たくさんの絵だったのですが、琉球の舞の絵を見た記憶が
あります。
ただ私は風景中心にじっくり観るので、残念ながら
その方の絵をはっきりとは覚えていません。

創元会展は東京が終わったら、あちこちを巡回して展示する
とのことなので御地でも見られるかもしれませんね。

投稿: スロー人 | 2012年4月18日 (水) 23時12分

わー、5時間とは(驚)!!
お疲れ様でした。
5時間も集中して見られるほど、見ごたえのある作品ばかりだったのでしょうね。
ひめひめは芸術的なセンスがないので、ながめる程度の鑑賞ですけど、スロー人さんはお勉強としての鑑賞ですもんね。
すごいです!!

投稿: ひめひめ | 2012年4月20日 (金) 02時06分

ひめひめさんへ **********

筋肉痛を忘れて会場を観て歩いてしまいました。
この二つの会派の絵は私の好みの具象絵画なので
観ていても楽しいものでした。
自分の絵も、こんな素晴らしい会場に展示されたら
嬉しいだろうな・・と、期待を膨らませました。

投稿: スロー人 | 2012年4月20日 (金) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/54486653

この記事へのトラックバック一覧です: 二つの絵画展へ:

« 雨巻山登山 | トップページ | コーラスコンサート »