« 先輩のお宅を訪問 | トップページ | 大菩薩峠へ »

2012年5月23日 (水)

二つの展覧会から「入選通知」

応募していた二つの展覧会から ”入選通知” が届いた ♪ 

   -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

一つは、はじめて応募した「日洋展」 ・・・

Photo

日洋展 は、「国立新美術館」で開催される。
初出品での初入選は難しい・・と聞いていたので、今回は腕試しのつもりだったが思いがけない入選だった。  国立新美術館にデヴューできたし、入選は素直に嬉しい。

    加田屋川 水温む    (F100号)
Photo_6

入選した油絵は、一昨年からモチーフにしている加田屋川で、春の訪れを感じる景色である。

(日洋展の入選者は、インターネットでも発表された)

  -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

もう一つの入選は 「埼玉県展」 ・・・

Photo_3

埼玉県展は、これで4年連続での入選となる。
埼玉県展は、自治体主催の公募展では全国でも有数の規模の美術展で難関と言われている展覧会である。  最初の2年は連続して落選し、初入選した4年前は、妻が赤飯を炊いて祝ってくれたものである。
昨年には埼玉県美術家協会の会員になれたこともあり、今年もどうしても入選したかったので、こちらも嬉しい。

     加田屋川 訪春    (F60号)
Photo_7

入選したのは、日洋展に出品した絵と全く同じ場所で同じ構図だが、完全に春が訪れた4月の加田屋川を描いたものである。

    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

二つの展覧会の入選通知が同時に来たのは偶然で二重に嬉しい。
特に、初の日洋展入選は特別である。
早速絵の先生に入選報告をしたらとても喜んでくれた。

・・・国立新美術館の日洋展にお越しのご予定があれば、「招待券」をお送りしますのでご連絡ください・・・

|

« 先輩のお宅を訪問 | トップページ | 大菩薩峠へ »

コメント

日洋展と県展にダブル入選、本当におめでとうございます。
日洋展は初回からの入選とは流石です!!

それに何れも加田屋川の季節の移り変わりの面白さもありますね。

是非、観に行きたいですup

投稿: よびばあ | 2012年5月23日 (水) 22時16分

よびばあさんへ **********

思いがけず嬉しい入選通知でした。
念願の国立新美術館デヴューが果たせました。

もし見に行っていただけるなら、招待券を4人分ほど
お送りしておきます。
(県展の方はご存じのように入場は無料です)
2つの展覧会は、期せずして日程がほぼダブってしまい
ましたが・・観ていただけるととても嬉しいです。

2年ほど前から加田屋川の景色に魅せられていてこれは
その集大成のつもりで描いた2枚の油絵でした。

投稿: スロー人 | 2012年5月23日 (水) 22時37分

スロー人さん、2つの展覧会に入賞、おめでとうございます。
国立新美術館にデビューなんて凄いです。
スロー人さんの描かれた実物を拝見したいです。
会期がもう少し長ければ。。。上京予定があるのに残念です。

同じ場所をモチーフにすると時の経過がよく分かりますね。
春の息吹が感じられ元気が出そうです♪

投稿: mimoza | 2012年5月23日 (水) 23時11分

展覧会入選おめでとうございます。
しかも2つもなんて凄いです。

同じ場所でも季節によってずいぶん違うんですね。
近くから実物が見れるチャンスなのに残念。

投稿: 夢眠 | 2012年5月23日 (水) 23時19分

mimoza さんへ **********

有難うございます。
日洋展の方はあまり期待していなかったので自分でも
驚きました。
上京の時期が少しずれているようで残念です。
もし時期が合うようになったら、招待券が沢山手元に
あるのでご連絡もらえればお送りします。
7月17日~22日は個展をやっていますが、日程が
合えば良いですね。

2つの絵は、全く同じ場所を季節を変えて描いたものです。
今、護岸工事をしていないこんな景色は貴重となりました。
まだまだこの川の周辺を描き続けたいと思っています。

投稿: スロー人 | 2012年5月23日 (水) 23時35分

夢眠さんへ **********

有難うございます。
思わぬ拾い物のような入選に喜んでいます。

もっと近ければ観てもらえるのに残念です。
でも、巡回展で大阪でも展示されるかもしれません。

投稿: スロー人 | 2012年5月23日 (水) 23時38分

二つの入選おめでとうございます。
すごいことですよね。
とても嬉しいです♪
本当に近かったらな〜
と残念に思っているところです。
一つの風景が二つの季節みることができて嬉しいです。
どちらも水面がすてきですね。
本当におめでとうございました。

投稿: おっちょこ | 2012年5月25日 (金) 23時00分

 おっちょこさんへ **********

有難うございます。
日洋展の方は思いがけずの入選で特に嬉しく思います。
近ければ観ていただけるのに・・私も残念です。

冬の間に100号と60号の2つのキャンバスを並べて
同時に描き進んだものです。
出来栄えとしては60号の「・・訪春」の方が良かったので
日洋展の方は自信がありませんでした。
どちらも水面に季節を表そうとしたので苦労しました。

いずれの展覧会も早く会場で観てみたいと思っています。

投稿: スロー人 | 2012年5月26日 (土) 06時26分

入選おめでとうございます!
すごいですね、一度に二作品も!!

最初、観た時、あれ? って思っちゃったのですが
そうか、季節を違えた同じ場所の絵だったのですね。
できれば二枚並べて同じ所で観たかった・・・
(なんて我儘言ってはいけませんね)

招待券、もしいただけるのならば私も欲しいです。
平日に一人で行くので一枚でいいのですが・・・
図々しくてすみません。

投稿: ジュリア | 2012年5月28日 (月) 04時32分

ジュリア さんへ **********

有難うございます。
夢だった国立新美術館に私の絵が展示されることになり
喜んでいます。

この2枚の絵は冬の間に2枚並べて描いたものです。
100号と60号の違いはありますが、構図は同じです。

観に行っていただけるとのこと、有難うございます。
今日「招待券」を送らせていただきました。
会場が広いので、入り口で名前から検索して展示部屋を
確認してから廻ると見過ごすことなく安心して観て
廻れるのでは・・と思います。
宜しくお願いします。

投稿: スロー人 | 2012年5月28日 (月) 09時44分

まずは、「日洋展」と「県展」の入選おめでとう。
「日洋展」の招待券を受け取りました有難うございました。
今日は練習として「ブログのコメント」を使ってメッセージを書いてみました。
なにしろ、初めてなので手間がかかって、仲々うまくゆきませんし、今回は君の来訪の記事が載っていると言われて「ブログ」を見たわけで、まず、今後は「ブログ」を見ることは非常に少ないと思います。

投稿: 天野 | 2012年5月29日 (火) 09時51分

天野 さんへ **********

慣れないブログへのコメント投稿、有難うございました。
招待券受け取っていただいたとのこと、良かったです。
たまにはご夫婦で六本木辺りに出かけて、ついでに
国立新美術館に寄って、そのまたついでに私の絵など
観ていただけたら幸いです。

私も退職まではパソコンは苦手でしたが、退職後に
必要に迫られて独学で使っています。
要は「慣れ」だと思います。
今では、家の諸々の管理や、データ取りなど、欠かせない
ツールになっています。
頭の体操にもなるのでせっかくなので大いに活用してください。

投稿: スロー人 | 2012年5月29日 (火) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/54782174

この記事へのトラックバック一覧です: 二つの展覧会から「入選通知」:

« 先輩のお宅を訪問 | トップページ | 大菩薩峠へ »