« 夏野菜の初収穫 | トップページ | 日洋展 合評会 »

2012年6月 2日 (土)

国立新美術館”日洋展”へ

Photo 今日も国立新美術館で開催中の”日洋展”へ行ってきた。  この展覧会には、私の100号の油絵も入選して展示されている。

今日は、絵の教室の仲間たち15名が観に行ってくれるいうので同行した。

Photo_4 Photo_6

日洋展は、5/30(水)から6/11(月)の期間開催されている。
初日には朝から会場に出かけ、展示されている約500点の絵をくまなく見て廻った。
私の絵は、3Fの第20室に展示されていた。  初入選なので観難い上段に展示されているものと思っていたが、下段の比較的良い場所に展示されていて良かった。

Photo_9 

そしてその日の夜には、帝国ホテルで”出品者懇親会”が開かれて出席した。
全国から集まった入選者の数の多さに驚いた。
絵だけは何度も拝見している著名な画家の皆さんも大勢出席されていて、そんな先生方とも直接お話しさせていただいて、大枚はたいて出席した価値はあった。

6/8(金)には、合評会があるので再度会場に出向くことになっている。

    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

埼玉県展も5/29(火)から6/20(水)に開催されていて、こちらにも入選した私の絵が展示されている。
日洋展とほぼ同時に始まったので、何かと忙しい毎日が続いている。

そしてその後は、7/17(火)から始まる”個展”が控えている。
こちらの準備は遅々として進んでおらず、気がもめる。

これら全ての展覧会が終わるまでは、何かと気忙しい日が続きそうである。

|

« 夏野菜の初収穫 | トップページ | 日洋展 合評会 »

コメント

いよいよ日洋展が始まり お忙しい日々を過ごされておられるようですね。
改めておめでとうございます。
ご自身の作品を観られたときのご感想はいかがでしたか?
調べましたら広島でも日洋展の開催が8月14日から19日まで県立美術館であるようです。
スロー人さんの作品も展示されるのでしょうか?
楽しみにしたいと思っています。
個展はいろいろ気を使われることと思います。
身体に気をつけて頑張ってください^^v

投稿: おっちょこさん | 2012年6月 2日 (土) 23時51分

おっちょこさんへ **********

日洋展の入選は考えていなかったので、絵の関係以外にも
予定を入れてしまい、連日忙しくしています。
よりによって、一昨日と明日とゴルフの予定もあります。
また、チョットの時間でも畑へ行かないと、ズッキーニや
キューリは巨大になってしまうのでそれも大変です。

話が逸れましたが・・正直なところ周りの素晴らしい
作品に交じって自分の絵が飾られている感覚が信じ難い
思いでした。
初日は妻も一緒に行ったので自分の作品の前に立って
写真を撮ってきました。(2度とないかも知れないので・・)

巡回展は日洋会の重鎮たちの作品が展示されるのだと思います。
500点以上の作品を展示できる会場はそんなにないと
思いますので・・・

いろいろ気を使っていただいて有難うございます。
兎に角、気を張って頑張ります。

投稿: スロー人 | 2012年6月 3日 (日) 21時55分

スロー人さんは昨日も日洋展へ行かれたんですね。(搬入もさぞ大変だったことでしょう)

私は今日、観させていただきました。大きい絵と点数の多いのにまずは驚きました。
そして、加田屋川がとっても有名になりそうな予感がしましたup

また、勝手ながらブログにリンクさせていただきましたm(_ _)m

投稿: よびばあ | 2012年6月 3日 (日) 22時33分

よびばあさんへ **********

今日観に行っていただいたとのこと、有難うございました。
さぞかしお疲れだったのではないでしょうか。
また、ブログに載せていただいて有難うございました。

100号の運搬は普通の車ではとても無理で、専門業者
に搬入/搬出をお願いしました。
手続きもやってくれるので、とても便利です。

投稿: スロー人 | 2012年6月 3日 (日) 22時56分

お疲れ様です。
出品されていると 何度も足を運んだり
また次に控える個展の準備も重なって
色々大変だと思います。
どうぞお身体、ご自愛くださいませ。

現場は写真OKなのですね。
安心しました。
それを質問しようと思ってました。

かなり広そうですね。
でもスロー人さんの絵の場所がわかったので
まずはそこに向かわないと。
端から見ていったのでは一日かかりそうですものね。

数日中には伺うつもりです。
楽しみ~♪

投稿: ジュリア | 2012年6月 5日 (火) 05時00分

ジュリアさんへ **********

ジュリアさん本当に行っていただけるようですね。
嬉しいです。
写真は、以前は許可を取ってリボンを付けるなど面倒
でしたが、今回は自由に撮れるようです。
但し、フラッシュはNOで、第7室の「井出宣通生誕100年」
特別展示の絵は撮影禁止となっています。
517点の絵を見て廻るのは疲れると思いますので
気に入った絵を重点的に見て、他はサッと見られるのが
良いかと思います。

展覧会中はいろいろな行事があって度々会場に足を運ぶ
ことが多くなっています。
7月の個展終了までは何かと忙しい日々が続きそうです。

投稿: スロー人 | 2012年6月 5日 (火) 06時56分

4日の日に「日洋展」で貴君の絵を拝見させてもらい、その他の絵も2時間かけて見させてもらいました。
絵については全くの素人で批評など出来ませんが、あの大きさの絵を見るに少なくとも3mはさがらないと鑑賞出来ないのを腕の長さしか離れていない位置でよく全体を把握して描けるものだなと感心しました。
私はつい、写真と比較して絵を見ますので、全館回っている間に感じたのは、絵画は見た風景、静物などをそのまま切り取って、多少、大胆な筆使いとか細かく仕上げるかの差はあるが見た目を忠実に描く人と、心の中の目に映った印象を表現する人、中には、極端に、目を使わず、頭に浮かんでくる何かをカンバスに表現する人もあり、見る人に色々な印象を与えるのは面白いなと思いました。
絵の解らぬ人の戯言。    天野

投稿: 天野 | 2012年6月 6日 (水) 13時59分

天野さんへ **********

わざわざ新美術館に足を運んでいただいたとのこと
有難うございました。
さぞかしお疲れになったことと思います。

感じられたように、絵画は人によって同じモチーフを
見ても感じ方が違って、したがって表現方法もバラバラです。
良い悪いではなく、細かく描いたり大きく捉えて描いたり
または心の印象で描いたりいろいろです。
そこが絵画の特徴であり良いところでもあるようです。

いずれの絵も、大作の絵は5mほど離れて眺めるのが
普通のようです。
描くときも、描いては離れて見て、また近づいて描く・・
の繰り返しの作業となります。

流石に写真をやるだけあって、観る観点をよく捉えているな
と感心しました。

どうも有り難うございました。

投稿: スロー人 | 2012年6月 6日 (水) 17時34分

スロー人さん、おはようございます。

行ってきましたよ~!
加田屋川! 現場に行ってみて、改めてスロー人さんてすごいな、って思い知らされました。

美術館が大きくてとりあえず3階に行ってお部屋に入ったら
「ここは出口なんですよ」って言われ、
え、どこから入るんですか?って聞いたら2階から・・と。(^_^;)
そこに居た関係者の方が 私が作品を探せないと思ったらしく
「どなたのを観にいらしたのですか?」と聞いてくださったのはいいんですが
咄嗟に浮かんだのは「スロー人さん」という名前・・・・
慌ててしまってスロー人さんの本名が出てこなくて
え~と・・・え~と・・・って携帯をもぞもぞ出していたので
かなり挙動不審に見られたと思います。(^_^;)
「あ、でもわかりますから大丈夫です」
とそこから入れてもらいました。
恥ずかしい・・・(-_-;)
もっとゆっくり時間をかけて回りたかったですが
この続きは来月の個展で・・

素敵な時間をありがとうございました。
本日のブログにアップさせていただきました。(事後報告ですみません)

投稿: ジュリア | 2012年6月 8日 (金) 05時07分

ジュリアさんへ **********

六本木まで行っていただいたとのこと、有難うございました。
その後、県展会場にも足を運んでいただいたようで、
さぞやお疲れになったことと思います。
改めて有難うございました。

3F出口から入場したようですが、そちらからの方が
私の絵が展示されている20室に近いので良かったです。

ブログにもアップしていただき申し訳ありません。
私は今日は、合評会があって行ってきました。
日洋会理事長の塗師先生が講評してくれました。
とても参考になりました。

個展にも来ていただけるようですが、その時お会いできるのを楽しみにしています。

投稿: スロー人 | 2012年6月 8日 (金) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/54860771

この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美術館”日洋展”へ:

« 夏野菜の初収穫 | トップページ | 日洋展 合評会 »