« 国立新美術館”日洋展”へ | トップページ | ズッキーニの収穫盛ん »

2012年6月 9日 (土)

日洋展 合評会

昨日は、国立新美術館で開催中の「日洋展」の合評会があり出席した。

Photo_2

この合評会は、「日洋会埼玉支部」の支部総会の後に、日洋会理事長で日本芸術院会員の塗師祥一郎先生が、支部会員の入選者の絵を講評してくれたものである。
因みに塗師先生は、埼玉県美術家協会の会長でもある。

Photo_3

参加者は60名以上いて、塗師先生が各展示室を廻って、出席者一人一人の絵を講評してくれた。
私の絵も講評、アドバイスを頂いて、とても参考になった。

自分の絵ばかりではなく、人の絵の講評を聴くだけでもとても勉強になり、絵の見方が学べた。  そして、絵の難しさを改めて感じた。

    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

日洋展も残すところあと二日となった。
初入選した私の絵を観に、大勢の友人・知人が国立新美術館に足を運んでくれた。

ブログ友達や、絵の仲間や会社時代の仲間、近所の方や妻の友達、またわざわざ故郷の甲府から夫婦で見に来てくれた旧友もいた。
ブログ友達はブログ記事にしてくれた。  また、皆さんがメールや電話で感想を寄せてくれたりした。

大勢の仲間や友人知人に観ていただいて、とても有難く、そしてとても嬉しい。
それに応える為にも、連続して入選できるよう、精進したいと思っている。

|

« 国立新美術館”日洋展”へ | トップページ | ズッキーニの収穫盛ん »

コメント

とても勉強になった一日だったのですね。
先生からの講評をいただけるのは、入選された方々だけの特権ですもんね。

多くの方々がスロー人さんの絵をご覧になっているんですね。
ひめひめは行けなくて残念です。
が、夏(?)の個展には是非とも!と思っていますので、必ずお知らせくださいね~♪

投稿: ひめひめ | 2012年6月10日 (日) 07時23分

ひめひめさんへ **********

とても偉い先生からの直接の講評に恐縮しました。
同じ絵でも、いろいろな角度から見方を変えると
欠点や長所が見えることを教えられました。

ひめひめさんは子育て最中で、とても国立新美術館へは
無理かと思い案内状を差し上げませんでした。
北浦和での個展、来ていただけると聞いて、早速
案内状を送らせてもらいます。
でも、決して無理しないようにお願いします。
お子様第一でお願いします。

投稿: スロー人 | 2012年6月10日 (日) 07時44分

お疲れ様です。

入選しても色々と催しがあるのですね。
以前から気になっていたことなんですが
「日洋会埼玉支部」とか 「埼玉県美術家協会」とか
やはりこういう団体に所属していないと公募展には応募できないのですか?
勝手にチャチャっと書いて送る・・っていうことはありえないのでしょうか。

たくさんの人が足を運んでくださったようですね。
それはスロー人さんのブログが人気なのと
やはり人柄だと思います。
スロー人さんは、埼玉の星だ!\(^o^)/

投稿: ジュリア | 2012年6月11日 (月) 15時46分

日洋展も今日で最後ですね。
都内まで、何度も足を運ばれたようでお疲れ様ですm(_ _)m
合評会は塗師先生の講評がありましたんですねup
次回の絵が更に楽しみになってきます。

たまたま、テニスを一緒にしてる人が都内に住んでるので、券を差し上げたら、お嬢さんと一緒に観に行ってくれました。
偶然、塗師先生の絵が家にあるそうで、絵に詳しいのにびっくりしました。

投稿: よびばあ | 2012年6月11日 (月) 21時07分

ジュリアさんへ **********

埼玉の星・・はチョット言い過ぎですよ。
特に団体に所属していなくても応募は全く問題ありません。
私も最初は全くの無所属でしたが、美術家協会は、県展で実績を
積むと会員推薦があり、会員になれます。
会員になったからと言って特に特典があるわけではなく、むしろ
年会費を収める必要がありますが、著名な会員の先生方との
交流があり、親しくお話できる機会があります。
日洋会埼玉支部会員は、誘われて研究会に出て、その際何やら
お金を支払ったら知らない間に会員になっていました。
こちらも日洋展の入落には全く関係ありません。

開催期間中、たくさんの方々が観に行ってくれました。
有難いことだと思っています。

投稿: スロー人 | 2012年6月11日 (月) 21時48分

よびばあさんへ **********

やっと今日が楽日となった日洋展です。
何度会場に足を運んだことか・・・
大勢の皆さんに足を運んでいただきました。

チケットが生きて良かったです。
塗師先生の絵をお持ちとは・・素晴らしいです。
今では先生の絵は高価すぎて我々にはとても手が出ません。

私が日洋展に応募したのは、塗師先生から応募を薦められたのが
きっかけでした。
個性の強い先生が多い絵の世界の中で、塗師先生はとても人柄の
よい温厚な先生です。

投稿: スロー人 | 2012年6月11日 (月) 22時17分

またまたひめひめです(笑)
昨日、お葉書が届きました。
早速送ってくださったのですね。
ありがとうございます!
是非、足を運びたいと思います。
今からとても楽しみにしています。

投稿: ひめひめ | 2012年6月12日 (火) 05時29分

ひめひめさんへ **********

案内状が届いてよかったです。
お忙しいでしょうから決して無理しないでください。
気が早くておまけにA型人間なので、まだ一ヶ月後のことなのに
今のうちから個展の準備に何かと気忙しい毎日です。

投稿: スロー人 | 2012年6月12日 (火) 21時38分

今日、Y先生からすてきな案内状を受け取りました。

ありがとうございました。

コメ欄で「私にもハガキをくださーい」とお願いしようとしていたので、よかったです~

個展、楽しみです。スロー人さんの作品がたくさんですから♪
県展や日洋展に選ばれた作品も見られるのでしょうか。

準備がんばってください。

投稿: 抹茶 | 2012年6月26日 (火) 18時07分

抹茶さんへ **********

個展を観に来ていただけるとのこと、嬉しいです。
オーナー先生から個展の案内状を教室関係に
配りますよ・・と言っていただきました。
その時、抹茶さんにも渡してください・・とお願い
したものです。
ご住所が判らず郵送できなくて失礼しました。

日洋展の作品は100号と大きくて業者にしか
搬送できないので出品できませんが、県展の作品は
出品します。 (案内状の絵が県展の絵です)
35点余の予定でしたが、だんだん増えて、40点
ほどの絵を展示できそうです。

会場でお会いできるのを楽しみにしています。

投稿: スロー人 | 2012年6月26日 (火) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/54920806

この記事へのトラックバック一覧です: 日洋展 合評会:

« 国立新美術館”日洋展”へ | トップページ | ズッキーニの収穫盛ん »