« 台風一過 畑の被害 | トップページ | 今年もやってきた芋ほり娘一家 »

2012年6月26日 (火)

陶芸 香炉

昨年に続いて、陶芸で”香炉”を作った。

昨年の香炉は、黒泥で作って昨年の”さいたま市展”に出品した。

今回は昨年のものと少し趣を変えた、ざっくりとした感じの作品にしようと思った。
そして完成したのがこの香炉である。

Photo_2

   大きさ :  11cmφ x 11cmH
   粘土  :  昔赤
   成形  :  電動ロクロ  ふうせん挽き
   模様  :  白化粧土
   釉薬  :  白萩 (吹き付け)
   焼成  :  還元

”ふうせん挽き”は、電動ろくろを回しながら粘土を筒状に上に伸ばしていき、徐々に上部を閉じていき、最後は空気を中に閉じ込めて、ふうせんの状態にする挽き方である。

粘土が少し乾いてから、上部を切り取って蓋にした。 蓋には棒状の取っ手を付けた。
蓋と本体上部に、香の香りが出るように窓を開けた。
本体下部には、三つの脚も付けた。

白化粧土をまだら状にスポンジでのせて模様を出した。

釉薬は白萩をエヤーで薄く吹き付けただけなので、粘土の昔赤が焼き締め状に焼き上がって、意図した荒々しさも表現できた。

|

« 台風一過 畑の被害 | トップページ | 今年もやってきた芋ほり娘一家 »

コメント

とてもいいですね!

風合いが好きです。昔赤に白化粧土、白萩ですか。

形も楽しいです。
棒状の取っ手がかわいくて、思わずつまみたくなります。足の形も印象的。走り出しそうですね^^

9月に茶わん祭りをするのですね。
私たちの教室も手びねりをだすそうです。
個性的なお茶碗を作らなくっちゃ..

投稿: 抹茶 | 2012年6月27日 (水) 09時45分

風合いとかわいい形とのギャップがとても印象的で素敵ですね♪
ふうせん挽きの手法はしたことがないので
とても興味深く読ませていただきました。
いつもながら すごいなぁ~ と思って
香炉を眺めています。
四方から眺めてみたいです。


投稿: おっちょこさん | 2012年6月27日 (水) 11時00分

なんとも味わい深い香炉ですね。
いろんな技法があり奥の深さを感じます。

投稿: 夢眠 | 2012年6月27日 (水) 20時39分

抹茶さんへ **********

気に入っていただいたようで、有難うございます。

茶わん祭り、私はまだ手つかずの状態ですが、来週
辺りからごはん茶碗に取り組もうかと思っています。
抹茶さんのユニークな発想の茶碗を見るのが楽しみです。

投稿: スロー人 | 2012年6月28日 (木) 00時07分

おっちょこさん へ **********

いろいろな形の香炉を考えていたんですが、今回は
こんな形になりました。
このところふうせん挽きに凝っていて、日田がやったことが
ない、ふうせん挽きの急須を2個作っています。
いろいろな形が発送できる面白い挽き方ですね。

投稿: スロー人 | 2012年6月28日 (木) 00時12分

夢眠さんへ **********

荒々しさを感じる香炉にしたかったので、ほぼ目標に
近い作品に仕上がりました。
技法は千差万別で、それぞれをマスターするには何十年
と掛かりそうです。

投稿: スロー人 | 2012年6月28日 (木) 00時16分

すごい!!
プロフェッショナルですね。
書いてある説明を読んでも
何のことやら全くわかりません。
でも作品はすごく面白い!
こんなのが出来てしまうんですもの、
はまったら抜け出せなくなりそう・・(笑)
本当に奥が深そうな世界ですね~

来月の個展にも陶芸って並ぶのでしたっけ?
だとしたらそれも楽しみです。

投稿: ジュリア | 2012年6月28日 (木) 16時44分

ジュリアさんへ **********

この作品は普通の陶芸作品と比べるとチョット変わった
作品ですよね。
教室の人たちの作品を見ていると、夫々個性が見られる
特徴ある作品を作っています。
器など食器専門の人、急須の形を追求する人、人形などの
形に凝っている人、特殊な技法専門の人などです。
夫々追及してはまり込んでいく人が多いです。
陶芸の奥はその深さが底なしのように感じます。

油絵個展では、前回の個展のようには飾れませんが
小さなものを1~2個置いてみようかと思っています。

投稿: スロー人 | 2012年6月28日 (木) 22時17分

とってもユニークな形の香炉が出来あがりましたね(足の感じがいい)
開け口は何処からと思いましたが、急須の感じで使いやすそう

風船作りは手挽きで先生に手伝ってもらってやったことを思い出しました。まだまだ1人では難しくて、出来そうにありません。
いつか、急須を作ってみたいものです。

投稿: よびばあ | 2012年6月29日 (金) 10時38分

よびばあさんへ **********

いろいろと考えてこんな形の脚になりました。
私もふうせん挽きで急須を作っていて、今本焼きして
いるところです。

手びねりでふうせん挽きとは難しいことに挑戦しましたね。
でも、ふうせん挽きは面白い手法なので、是非これからも
挑戦して急須を作ってみてください。

投稿: スロー人 | 2012年6月29日 (金) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸 香炉:

« 台風一過 畑の被害 | トップページ | 今年もやってきた芋ほり娘一家 »