« 陶芸作品 急須と茶碗 | トップページ | ゴーヤジュース »

2012年8月26日 (日)

油絵 はじめての人物画

初めて描いた人物画が完成した。

今月初め、所属している美術クラブの研修会があった。   5日間半日づつ、モデルを招いて絵を描く研修会だった。

私は風景ばかり描いていて人物画を描くのははじめてのことで不安だった。   人物画は人物の骨格を見極め、手足の太さ、長さなど少し違っていても違和感を感じる絵になる。
それだけにモデルをよく見たしっかりしたデッサン力が必要なことが分かり、大変勉強になった。

             凛      (F15号)Photo

研修期間では仕上げることが出来ず自宅に持ち帰り、デッサンでおかしかった点を修正し、仕上げの絵の具を重ねてやっと完成した。

人物画でデッサン力を磨く大切さを感じ、同じ美術クラブに所属する数人の方々が毎週月曜日に人物を描いているグループに来月9月から参加させてもらい、一緒に描くことにした。
楽しみが一つ増えた。

|

« 陶芸作品 急須と茶碗 | トップページ | ゴーヤジュース »

コメント

人物は難しいですよね。
私はモデルさんを雑誌などを観てよく描いていましたが
人の骨組みから勉強しなさい。。と先生に言われたことを思い出しました。
手の動きとか目の方角とか難しいですよね。
スロー人さん なかなかお上手ですね^^v
頑張ってお勉強なさってくださいね。
応援していますv 

投稿: おっちょこさん | 2012年8月27日 (月) 16時26分

おっちょこさん へ **********

おっちょこさん は先生に付いて人物を描かれていたんですね。
本格的ですね。
今回初めて描いた人物はすごく勉強になりました。
シャツの右袖がどうしても長くて,肘から裾までは見た通りに
書いているのにどうしてなのか判らず、家でじっくり絵を見たら
肩から肘までが左腕より長くデッサンしていたのが原因だと
気付き修正しました。
また、右足がどうしても内側寄りになっていて、良く考えたら
椅子の座る部分が実際より長いように描いていたのが原因で足が外側に向けなかったことが判り、椅子を修正したら足の向きも直りました。

こんな具合に、何かがおかしいと、それが原因でおかしな
絵になってしまい、忠実なデッサンの大切さが判りました。

9月からは人物専門のグループに入れてもらって、一から
勉強しようと思っています。

投稿: スロー人 | 2012年8月27日 (月) 21時09分

完成したんですね♪
「凛」 という タイトルが、いいですね。

いい意味で 生々しくて、
なんだか 息づかいが 聞こえてきそうです。

いつか、奥様や お孫さんたちを描いてさしあげたら
きっと 喜ばれるんではないでしょうか。

ちなみに、私は 絵は描きませんけど
違う意味での 「人間観察」 は 大好きです(笑)

投稿: lapin♪ | 2012年8月28日 (火) 00時56分

lapin♪ さんへ **********

はじめての人物画が完成しました。
モデルさんの目のイメージからタイトルを付けましたが
本当にこれが適当かどうかまだよく判りません。
この絵を見て、私もいつか妻や孫たちを描いてみたいと
思ったところです。 描かせてくれるかどうか?ですが・・(汗)

人間観察・・良いですね。  しっかり観察して感じたことを
心にデッサンしてイメージを描く・・
絵の世界ではクロッキー(速写画)という書き方があって
モデルをワンポーズ10分程度で速写で描き上げる勉強をします。
素早く観察する訓練です。
lapinさんの人間観察もクロッキーのように素早い観察力
なんでしょうね。

投稿: スロー人 | 2012年8月28日 (火) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/55514429

この記事へのトラックバック一覧です: 油絵 はじめての人物画:

« 陶芸作品 急須と茶碗 | トップページ | ゴーヤジュース »