« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月28日 (金)

今年最後の忘年会

昨夜は我が家で、画友仲間4人で忘年会だった。  何度も忘年会があったが、予定外の飛び込みの呼び出しがなければ今年最後の忘年会である。

所属している美術クラブの仲間の忘年会で、今年県展で賞を取った画友のお祝い兼ねての忘年会だった。
集まれば絵画談義で盛り上がる仲間なので、絵に囲まれた雰囲気が良いだろうと、狭いけれど私のアトリエに集まってもらった。

Photo

妻のささやかな手料理を肴に、皆さんが持参したワイン、焼酎、にごり酒の他、ビールなどで大いに語りそして大いに飲んだ。
お互いに絵の話になると、若かった頃に戻ったように夢中になる。  好きな画家や技法の話や、絵の批評になると夫々持論を展開する。
クラブの運営や将来像などにも話は及んで、夕方5:30に始まった忘年会は夜の10:30まで延々5時間にも及んだ。

今私が制作途中の100号の大作も観てもらい、いろいろな意見も拝聴した。  大いに参考になった。

こうした心許せる趣味仲間の飲み会は実に楽しい。   こういう仲間の一員なって本当に良かったと思う。

   ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

暮れもいよいよ残り3日となって、皆さんいろいろと大忙しのことと思います。
今年も嬉しかったことや辛かったこと、反省することなどいろいろあると思います。

私的には、夏に個展を開き、日洋展に入選できました。  また県展、市展にも連続入選できました。  地域の絵画クラブ仲間との交流も増えて、絵の面では良い1年でした。
陶芸作品も沢山作りました。
野菜作りは、例年に比べて良い成果は得られなかった反省から、忙しさや年齢に応じた体力面を考慮して、来年は作付面積を減らして規模を縮小したいと思っています。

我が家的には、4人目の孫が誕生したり、2人目の孫の小学校入試合格があったりと、総じて良い1年だったと思います。
また、家族全員、健康で1年を過ごすことができたのは何よりでした。

 これが今年最後のアップ記事になると思います。
1年間、拙い弊ブログに訪れていただいた多くの皆様や、沢山のコメントを頂いたブログ仲間の皆様に感謝いたします。
有難うございました。

来年もまたお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。
どうぞ元気で良いお年をお迎えください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

楽しいX’masパーティー

昨夜は一日早い、家族の X'mas パーティーだった。

Xmas

毎年我が家では、娘と息子の両家族と娘婿のお母さんも加わって、X’mas を祝うのが恒例となっている。
今年は息子の妻とその長女(孫)の二人は出産のために実家に帰省しているので2名欠席の8名が集まった。
来年からは今年欠席の2名に、先日生まれた孫を入れた3人が加わるので、11名の大勢となる。

Xmas_2

ローストチキンなど、妻の手料理に、ワイン、シャンパン、お酒、ビールなどアルコールも加わって、お喋りしながらの楽しい食事となった。
X’masケーキも今年は妻の手作りだった。

Xmas_3

食事が終わると孫たちお楽しみのプレゼント贈呈式。
私たちからは、小5の孫には大人用の自転車を・・・幼稚園年長組の孫にはゲーム機とインスタントカメラがプレゼントだった。

イベントは、小5の孫の企画で、ビンゴだった。
賞品は、孫から予め要求されて妻が用意した、洗剤やボディーシャンプー、トイレットペーパーセット、シャンプーなどの家庭用品が配られた。

大騒ぎしながらの楽しいX’mas会だった。

約1週間後の大晦日は、同じメンバーが我が家に集まって、泊まり込みで賑やかに年越しとなる。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

白粉をふいた干し柿完成

故郷の友人が送ってくれた”甲州百匁柿”で干し柿を作っていたが、今年は白粉ふきに成功した。

11月20日過ぎ、皮をむいて紐をつけ、熱湯消毒してベランダの物干し竿にぶら下げて干していた。
柿の中身まで硬さが均等になるように、3~4日に一度はよく揉んだ。

干し柿は干し過ぎると硬くなって美味しくない。  丁度良い硬さになる直前(干しはじめてから約20~25日後)に紐から外した。
二日ほど冷蔵庫に入れた後、ホームセンターから買ってきた藁の上に並べて干した。

0012

この「藁」というのがポイントで、今年はじめて試みた方法だったが、効果は抜群だった。

藁の上に並べて干しはじめてから3時間後にはすでに白粉をふき始めた。
1日でほぼ全面が薄っすらと白くなり、藁の上で3日後には完成した。
皮をむいて干し始めてから丁度1ヶ月での完成だった。

002

納豆なども藁で包んで作るが、どうも藁にはそれに関係する菌がいるようだ。

昨年までもいろいろと試行錯誤して何とか白粉はふいていたが、今年ほど良く白粉がふいたのははじめてである。
硬さも皮の中身が程よい柔らかさに仕上がって、とても美味しい干し柿が出来た。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

陶芸作品 「鉢」と「平皿」

年の瀬の昨日、陶芸教室の今年最後の焼成釜の窯出しがあった。

私の今年最後の作品も焼き上がってきた。

              ・・・ 鉢 ・・・Photo_4

   大きさ ; 18cmφ x 7cmH
   粘土  ; 特白
   成形  ; 電動ロクロ
   模様  ; 化粧土 + かき落とし線
   釉薬  ; 透明釉 
   本焼き ; 酸化焼成

以前ルーシーリー展を観た後、その影響を受けて同じような鉢を作ったことがあった。  今回はそれを思い出しながら再度作ってみたものだが、少し派手目な鉢なのでどんな料理に向いているのかナ・・・と。

           ・・・ 平皿 (刺身皿) ・・・Photo_5

   大きさ ; 16cmW x 29cmL x 2cmH
   粘土  ; 昔赤土
   成形  ; 板作り
   模様  ; 上面に削り溝模様
   釉薬  ; アメ釉 (上面縁は無釉)
   本焼き ; 酸化焼成

これからのクリスマスや暮れ正月は訪れる人も多く、人が集まると刺身を出すことも多い。  そこで、刺身用の平皿を作ったものだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

野菜の収穫と発送

師走に入って連日寒い日が続いているが、今日は久しぶりに畑に行って、友人達や知人に配る野菜を収穫した。

Photo 今、畑の白菜やキャベツなどの野菜は、寒さや霜を避けるために、トンネルで覆ってある。
それでもこの寒さで野菜たちは成長を止めて、例年のようには大きくは育ってはいない。

さやえんどうも発芽率は80%ほどだし、芽は出したものの例年のようには大きくなっていない。   今年は忙しいこともあって、畑へ顔を出す頻度が減っている。   そのことを野菜たちは知っていて、すねているのかも知れない。
野菜たちには申し訳なく思う。
Photo_2

今日収穫したのは、里芋7kg、大根19本、白菜7個、キャベツ5個、ネギ32本、レタス10個だった。

Photo_4  帰宅後、リンゴ箱に野菜を詰め込んで梱包し、3人の友人に宅配便で発送した。

あまり珍しい野菜ではないけれど、私が育てた野菜を喜んでもらえれば嬉しい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

師走・満杯のスケジュール

師走に入った先週は、連日行動予定満杯で過ごした。

先週の記録・・・

12月3日(月)・・・・・
  陶芸教室の方々と、バスを仕立てて千葉にある「ホキ美術
  館
」へ。  超写実絵画を堪能。 同美術館のレストランで
  イタリアンコースの昼食を楽しんだ。
  その後、美術館近くの「穴窯」で窯焚きを見学。

12月4日(火)・・・・・
  1日中陶芸教室。 先週挽いた「鉢」を削り、色化粧で装飾。

12月5日(水)・・・・・
  午前中は妻と市内の銀行や買い物。  午後は年賀状作り。

12月6日(木)・・・・・
  町内忘年ゴルフ大会。 栃木のトムソンナショナルゴルフ
  クラブへ。   帰宅後、同じメンバーで、近所の居酒屋で
  忘年会。  楽しい1日だった。

12月7日(金)・・・・・
  美術クラブのメンバー6人が、我がアトリエを訪問
  先週も数人でアトリエに来てくれたのに続いての訪問
  だった。 アトリエで私の絵へのアドバイスや、絵について
  の話題は尽きない。
  アトリエから居間に移動して妻も加わって延々4時間の
  お茶会となった。  賑やかで楽しい一日だった。

12月8日(土)・・・・・
  午前中は庭先で伸びすぎた樫の木を剪定、汗をかいた。
  夜、頂いた高級ワインがあるのを嗅ぎつけた近所の友人が
  訪れ、妻の手料理で妻も加わってワインパーティー
  なった。  実にまろやかで美味しいワインで2本を空けた。

こうしてみると、ブログネタは毎日あったのに写真を撮るのも忘れて動いていて、更新するのを忘れるほど多忙な1週間だった。  以降も、忙しない師走の毎日が続く。

そして先週は、嬉しい大切な出来事もあった。
12月6日、ゴルフの帰りの車に電話があって、出産のために帰省している長男の妻が無事女児を出産したとの報告があった。
私たちにとっては女ばかり4人目の孫の誕生だった。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

冬の畑で収穫

師走に入り何かと気忙しくなって、畑にはご無沙汰していたが、昨日は収穫に出かけた。

寒さを増しているこの頃、畑の畝の溝には風で集められた落ち葉が貯まっている。  こんな畑片隅の光景からも冬の到来を感じる。

今の畑には、白菜やキャベツがトンネルの中で寒々と育っている。   白菜もキャベツも、例年ならとうに収穫は進んでいたのに、今年は植え付けが遅かったので、収穫まで今一の状態だ。

その他には、晩生のブロッコリーはすくすく育っている。   収穫期を過ぎてしまった大根がまだたくさん残っている。   里芋もまだ収穫せずに土の中だ。   レタスや長ネギ・下仁田ネギもある。

Photo

沢山の野菜を収穫した。
大根7本、長ネギ5本、レタス3株、里芋4kg、そして白菜を試しに収穫した。
収穫した野菜は、画友にお裾分けした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »