« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月27日 (水)

お雛様

先週末、今春小学校に入学する孫が来て泊まっていった。
その時、孫が「お雛様を飾らないの?」というので、何年ぶりかで飾ろうか・・ということになった。

お雛様は娘が生まれた時に妻の実家から頂いたもので、娘が嫁に行くときに、置き場所がないから・・と、持参せず我が家に置いてある。
ロフトの奥で眠っているが、何年に一度かは引っ張り出しては飾っている。

Photo_2

台の組み立て方もすっかり忘れてしまっていたが、妻と孫の三人で、あれこれ考えながらやっと組み立てた。
孫は嬉々として妻と一緒に棚にお雛様を並べた。

孫の自分のお雛様は自分の家に飾ってあるが、マンションサイズなので三段飾りである。
七段飾りは初めて見たらしく、飾ってからご満悦のようだった。

何せ我が家の4人の孫はみな女・・・ひな祭りまでには、桃の花や、アラレや菱餅も並べて、孫たちとお祝いをしようと思っている。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

今年最初の畑仕事

昨日は最近では珍しい程の、暖かくて風のない良い天気だった。

そんな春の陽気に誘われて、今年はじめての畑仕事に出かけた。
そろそろ、春の野菜のための畑の準備をしなければ・・・と思っていたところだった。

先ずは、何も植えてない空いている区画を耕耘機で耕した。
今年は夏の暑さや、年齢相当の労力を考慮した野菜作りにしようと思い、昨年の半分ほどの面積に減らして野菜を育てようと思っているが、作付を止めようと思っている区画も、「長い間ご苦労さんでした・・」と、丁寧に耕耘機で耕した。

Photo_2

ブロッコリーは、植え付け区画を高さ1mのネットで囲い、支柱部分にはテグスを張って防鳥対策をしていたのに、見るも無残に葉っぱを食い荒されて葉脈だけになっていた。   今年の長い寒さで鳥たちも食べ物が相当不足していたのだろうと思い、鳥の役に立てたのなら・・と、収穫は諦めていた。

Photo

今日は引き抜いて整理しようと思っていたが、良く見たら、なんと・・中心の実となる頂花蕾が、こぶし大に大きくなっていた。   こんなに少しになってしまった葉っぱからでも光合成が成り立って、実が成長していることに驚いた。
このまま食べられる大きさにまで育ってくれたら嬉しい。

Photo_2

寒いかなと思って作業着の下にセーターを着ていたが、途中で暑くてセーターを脱いでの作業だった。

久しぶりの畑仕事だったが、すっかり春の陽気となった畑は、何とも言えず清々しくて気持ち良かった。
うきうきするような楽しい畑仕事の一日だった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

油絵 ”梅の花の咲くころⅡ”

今年の寒さは一段と厳しいようで、北国では大雪が続いているようだ。
水戸/偕楽園の梅の花の開花もこの寒さで大分遅れているとニュースで聞いた。

寒い日が続いているため、家の中で過ごすことが多く、なかなか菜園の春の野菜準備が出来ないでいる。
反面、家で絵を描く時間が多くなり、この冬は何枚も絵を描いた。

この絵はそのうちの一枚で、春の展覧会に応募する予定の大作用の下絵として描いた油絵である。
春の息吹を思わせる雑木林を背景に、梅林に白い花が咲いているのどかな里山の景色である。

           梅の花の咲くころⅡ (P10号)
Photo

以前同じ場所で梅の花の咲く景色を別の角度から描いたが、今回は視点を変えて描いてみた。

この下絵を基に描いたF60号の応募用の大作も、すでに完成している。

家に籠ってばかりいると絵になる景色のモチーフもなくなってくる。   そのためモチーフは静物や人物を描くことが多くなっているが、やはり風景画の方が私は楽しい。
まだ当分は寒い日が続くとの予報だが、今週末にはスケッチブックを持って外に出て、新たな風景のモチーフ探しをしようと思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

栽培カレンダー

連日寒いとはいえ、陽気は徐々に春めいてきた。
そろそろ春の畑の準備を始めなければならない時期である。

そんな畑の準備をする際に役立つのが”栽培カレンダー”である。

畑の植付け配置の計画や、収穫後の次に栽培する野菜を決める際には考慮しなければならないことがある。  それは、植え付け時期とか、収穫期間とか、同じ科の野菜を連作することによる連作障害を避けることなどである。

そんな時のために私は、種蒔きや定植時期、収穫期間の他、連作障害の有無などをリストにした”栽培カレンダー”を作ってある。

カレンダーは、私が住む関東地方を基準に作ってある。
黒線は種の袋に記載のデータで、赤線は私の実績である。  また、備考欄に、科と連作障害の有無と期間を記してある。

     <表は、1/3~3/3に分かれています>
     <夫々の表をクリックすると大きい文字で見られます>

Photo Photo_2 Photo_3

家庭菜園を楽しんでいる友人に、この栽培カレンダーのことを話したら、欲しい・・と言うのでコピーしてあげたことがある。
先日会った時に、「この表をパウチして保管し、便利に利用している・・・」と言っていたのを思い出し、もし皆さんの参考になれば・・・と思いアップロードした。

私は自分の部屋の壁にこの表を貼ってあり、種蒔きや畑準備の参考にしている。

自分の地方に合ったデータや、自分の栽培する野菜などを考慮した独自の栽培カレンダーを作っておくと便利だと思う。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

陶芸作品 ”角取り皿”

陶芸で作っていた、長方形の”取り皿”が焼き上がった。

7

   大きさ : 11cm(巾) x 23cm(長さ) 
   粘土  : 特白土
   成形  : 板作り
   釉薬  : 黒マット (ドブ掛け)
   模様  : 黒マット施釉後、野菜模様線を
          かき落とし、その上に青結晶釉
   本焼  : 酸化焼成

我が家の食卓テーブルは円形である。   比較的径が大きいテーブルだが、大人7~8人でテーブルを囲んで、料理や飲み物、各自の取り皿などをテーブルに並べると、料理がテーブルに置ききれなくなること度々である。

一般的にお皿は丸いものが多く、丸いお皿は並べるとデッドスペースが多い。
効率よく限られたテーブルスペースにお皿を並べるには、四角いお皿の方が効率よく置けるのでは・・と考えた。

そこで、各人の前に置く”取り皿”を7人分、長方形で作ってみたものである。   ”取り皿”なので、数種類の料理を乗せた時、汁が混ざらないように3本の溝を作った。
7枚あっても平皿なので、重ねて収納すれば場所もとらない。

使い勝手が良かったら、小さいサイズの子供用角取り皿や、料理盛り付け用の角平皿も、徐々に作ってみようと思っている。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

今年も”e-Tax”で確定申告

今年もパソコンから”e-Tax”で確定申告をした。

Etax

”e-Tax”は9年前からはじまり、日本語では”国税電子申告・納税システム”と言うそうで、私は”e-Tax”での確定申告は今年で5年目となる。  当初は打ち込みに手こずっていたが、最近は慣れてきたので簡単に申告できるようになった。

リタイヤ生活では年金など収入源は限られているし、控除項目も医療費控除、社会保険控除や生命保険控除など限られているので、前年のデータから修正するだけで済んでしまう。
また、領収書などは要求があれば提示できるよう5年間保存しておくだけで、提出しなくてもよいので楽である。

昨年は震災地への寄付金控除があったり、医療費が今年より多くて医療控除も多かったが、今年は寄付金控除もなく、医療費控除も少なかったので、還付される税金は昨年の半分ほどだった。

それでも、ちょっとした申告の手続きをするだけで、わずかとは言え税金が還付されると何となく嬉しい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

雪の景色

今日関東は、今年になって3度目の雪が降った。

先月1月14日は我が家の辺りでは何年振りかの大雪となり10cmほど積もった。
雪に弱い都会では、電車や道路などの交通が乱れたり、滑ってけがをする人が多かったようだ。

Photo

今回は、前回を上回る大雪になるとの予報に怯えていたが、結果は道路には積もらない程度の雪で済んだ。
前回の雪の時は家に籠っていたので、今度雪が降ったら写真を撮って歩こうと思っていた。
そこで、今日は大雪ではなかったが、カメラを持って近所を撮って歩いた。

Photo_2

絵になるような雪景色を期待していたが、思ったほど降らなかったので絵になりそうな景色を探すことはできなかった。

良い写真は撮れなかったけれど、今回の雪では一部交通が乱れるなどしたものの、前回の雪に比べて被害は少なかったようで、それはそれで良かったと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »