« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月30日 (木)

日洋展と懇親パーティーへ

昨日5月29日は、「第27回日洋展」の初日だった。
午後には講演会、夜は入選者の懇親パーティーもあって出席した。

Photo_5展示会場の国立新美術館では、招待券を渡していなかった思いがけない知人が見に来てくれていて恐縮した。
以前通っていた絵画教室の先生も観に来てくれていた。  また、旧知の画友が、展示されている私の絵を丁度見てくれていて驚いた。
何処かで聞きつけて、こうしてわざわざ足を運んで見に来てくれる友人がいることを有難く思う。

Photo_4 自分の絵が、会場のどの部屋のどんな場所に展示されているか心配だったが、良い場所でしかも見易い下段に飾られていたので良かった。

展覧会場に他の絵と一緒に飾られると、大概は自分の稚拙の絵に恥じ入ることが多いが、今度だけは、見栄えの良い絵だったと思うのだが・・・。

夜は、帝国ホテルで開催された懇親パーティーに出席した。
本や日展などで感嘆しながら眺める絵を描いた著名な多くの先生方も出席していて、気後れしながらも恐る恐る話かけて、大勢の先生方と直接お話をすることができた。

Photo_2

また、理事の某画伯のお宅にお伺いしてアトリエや絵を拝見させていただく約束をすることもできた。
夢のような時間を過ごすことができた懇親会だった。

   -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

最近の寒暖の差が激しい気候のためか、10日ほど前から風邪を引いてしまい、長い風邪はまだ完治していない。    この10日間は熱っぽくてだるい嫌な気分が続いて、家でグッタリと過ごす日が続いた。

生憎今週に入って、いろいろなイベントが続くが、咳と鼻水で気分がすぐれない。   昨夜の懇親パーティーも、本来なら2次会にも出席したかったが、咳と鼻水がひどくて早々に引き揚げた。

周りの何人かも風邪を引いている人が多い。  一様にのどの痛みと、グズグズと長引く風邪に悩まされている。  今の風邪の特徴かもしれない。

みなさんは風邪を引かないように十分ご注意ください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

”入選通知”と”落選通知”

今日は油絵を応募していた”日洋展”と”埼玉県展”の入選発表通知が届く日だった。

朝から郵便受けの開く音が気になっていた。
日洋展は予告通り15時にネットで発表があって、”入選”が確認できた。

15時過ぎに郵便受けを開けたら県展からもはがきが届いていて、開封してみたら”落選”だった。  同時に日洋展からも招待券と一緒に”入選通知”が届いていた。

   -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

日洋展の入選は、昨年に続いての連続入選である。
今年は以前描いた秩父の絵を、100号に描きなおして応募したものである。

Photo
         日洋展入選  ”秩父晩秋”  F100号

1001304

日洋展は、5月29日(水)~6月10日(月)まで、六本木の国立新美術館で開催される。

(観覧ご希望の方は、連絡いただければ入場招待券をお送りします。)

   -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

埼玉県展に応募した絵は、F60号の近隣の梅畑の早春を描いたものだったが、残念ながら落選だった。

Photo_3 埼玉県展の入選は、以前2回落選している経験から難関な公募展であることは知っていた。
2回連続落選以降、これまで4年連続入選してきたが、今年の落選は無念な結果となった。  心の隅のどこかに油断があったものと反省している。

埼玉県展では、中央画壇の大きな会派の会員や、何度も賞をもらった人が落選したことなども聞いていた。
私は一昨年会員に推挙されているが、会員と言えども容赦なく落選させる県展に、来年こそは・・と益々挑戦意欲が湧いてきた。
今年の落選は残念だけれど、来年に捲土重来を期したい。

埼玉県展は、5月28日(火)~6月19日(水)まで、埼玉県立近代美術館で開催(無料)されている。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

蔓の伸びない(?)蔓バラ

庭に植えてから3年ほど過ぎた蔓バラがある。

バラの名前は”ヒストリー”という。
今年も綺麗な花が咲いたけれど、思惑に反して(蔓の伸びた)蔓バラになっていない。
Photo

Photo_2 四季咲の薔薇だが、毎年蔓の伸びないまま、同じ背丈で花をつける。
購入した時の名札に誤りがあったのかと思ったが、咲いた花は名札の写真通りなので、誤りはないと思う。

剪定の方法に誤りがあるのかと思い、昨年は控えめの剪定をしたが、背丈は変わらない。

ベランダ側面を蔓バラで飾ろうと思っていたが、これは無理だと諦めた。

Photo_3

昨年のオープンガーデン開催中に訪れた幾つかの庭の中に、見事な蔓バラの庭があった。  感激して眺めていたら、そこのご主人がその蔓バラの苗をくれた。

今年その苗を鉢から土に直接植え替えたら、新しい茎がどんどん伸びている。
庭南側の垣根のコニファーにも飽きたので、これを切り倒して、徐々に蔓バラの垣根にしようと目論んでいるところである。

バラ好きのブログ友達の皆様、宜しくご教示をお願いします。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

早やくも ”ズッキーニ”

ここ数日は初夏のような暑い日が続いている。
畑ではちょっと動いても汗が出るほどだ。

今日畑へ行って驚いた。
早くも”ズッキーニ”の花の先に実がついている。  それも、12本ある夫々の株に、1~2本づつである。
このまま成長すれば、来週中には収穫できるほどの大きさである。

Photo

7年前からの収穫データを繰ってみたら、収穫は早くても5月25日頃からで、6月10日ごろから収穫がはじまった年が多かった。

Photo_4 今年は春先の寒さで、生育の悪い野菜が多い中でこの早さはどうしてなのか判らない。
同じウリ科で同系種の”かぼちゃ”は、寒い日があったためか苗が枯れてしまい、慌てて再度苗を作っているというのに・・・

ズッキーニは葉が大きくて風に煽られるので、強く成長するまで寒冷紗のトンネルで覆って育てているが、案外それで暖かくて成長が早かったのかも知れない。
或いは、元肥の種類と与え方を昨年と変えてみた効果があったのかナ・・とも思う。

いずれにしても、今年は早くからズッキーニが食べられそうで嬉しい。

    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

Photo_5 今日は、”いんげん”が大きくなっていたので追肥・土寄せをして、支柱を立てた。
風で飛ばされないように、しっかりと紐で結わえた。

また、”ささげ”も大きくなったので2本に間引いた。   ”人参”も間引いた。

今日は、絹さや、ホウレンソウ、食彩、都べか菜など、沢山収穫したので、近くに住む息子のお嫁ちゃんに届けた。

これからの畑は、野菜が大きくなってだんだん緑で埋まっていく。
収穫できる野菜も多くなってきて、本格的に夏野菜の収穫できる日も近い。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

油絵 ”ヴァイオリンを持つ女”

昨年から画友8名のグループに参加して、毎週半日、モデルさんに来てもらって人物画を描いている。

人物画を描きはじめて4作目の作品が描き上がった。

      ヴァイオリンを持つ女(ひと)   F20号
201304

私を除く他の画友は、人物画でいろいろな展覧会で入賞や入選を果たしているベテランだが、今まで風景画ばかり描いてきた私にとって人物画は難しい。
風景画では、木の枝や家の形や配置など、実際と違って描いても何の問題もないが、人物画では、手足の長さや大きさなどが実際と異なると違和感がある。
つまり、人物画では詳細にわたって”ごまかし”がきかない。

この絵でも、隠れて見えない背骨やお尻の位置が決まっていないと不自然の姿勢になるし、手や足の大きさも無意識に見るより実はかなり大きいのである。

衣装の布地の質感を表すのは難しく、人物画初心者の私には、顔を描くのがとても難しい。  人物画では特にデッサンがしっかりしていることが重要なことを感じている。

私はこれからも風景画を中心に描いていこうと思っているが、人物画でデッサンや描写力が学べれば・・と思っている。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

玉ねぎを収穫

”早生玉ねぎ” を収穫した。

数日前の天気の良い日に引き抜いて畑で天日にさらしていたが、今日それらを纏めて収穫し、風通しの良いテラスの軒下にぶら下げて干した。

Photo

昨年までも毎年玉ねぎは育てているが、ピンポン玉ほどの小粒のミニ玉ねぎしか育たなかった。
畑の土は赤土で、多分土との相性が悪いからだと思っていた。

そこで、今年は少し湿った水気の多い黒土の畑に植え付けて育てていた。  いわゆる田土の感じの畑である。
結果はほゞ目論見通り、大きな玉ねぎに育ってくれた。

200本植え付けたが、大きく育ったのは約半分で残り半分は玉が小さかったが、それでも昨年までと比べれば雲泥の成果である。
玉ねぎは娘婿と共同で育てていたので、収穫は半分ずつに分けた。

今年は、はじめて手ごたえがある収穫だったので、来年は元肥・追肥を調整して、全てが大玉の玉ねぎを育ててみたい。

  -・-・-・-・-・- 交 通 渋 滞 -・-・-・-・-・-・-・-

昨日大型連休初日に、親戚の葬儀のために甲府に車で出掛けた。
連休初日なので渋滞を見越して早めに家を出たが、とんでもない渋滞に巻き込まれた。 行けども行けども車はノロノロと走るだけ・・・。   
普通なら2時間程度の所要時間なのに昨日は6時間もかかってしまった。
何とか本葬には間に合ったが、それ以前の式には出席できなかった。
こんな渋滞は初めてだったが、連休で外出する家族が増えたことは、多少景気の見通しが見えてきたのかナ・・と感じた。
それにしても、連休中の車での外出はこりごりだ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »