« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月28日 (土)

孫の運動会へ

秋晴れとなった今日、運動会の学校が多かったようだ。

娘の小1と小6の子供の学校でも運動会だった。
この二人の孫は、同じ小学校に通っているが、二人の孫が同時に見られる運動会は今年だけなので、妻と応援に出かけた。

Photo
婿は早朝5時に席取りに行っただけあって、木陰のいい席が確保されていた。
だた湿度の低い今日、木陰は寒いくらいだった。

小6の孫は吹奏楽クラブに入っていて、自分の競技に出たり、応援演奏や開会式/閉会式の演奏をしたり、下級生の競技の手伝いをしたりで大忙しのようで、その意味でも大いに運動になったのでは・・と思う。

小1の孫も、玉入れや徒競走など、走り回っていた。

Photo_2
清々しい気持ち良い空気を吸いながら孫の応援をして、大いに癒された一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

孫を描いた油絵

8月の夏休みの間、小1と小6の孫が頻繁に遊びに訪れた。

3日ほど泊まって行ったときは、朝晩毎日愛犬の散歩に連れて行ってくれた。
散歩の際に冠っていた小1の孫の麦わら帽子姿を絵に描いてみようかと思った。

            季瑚(小1)  F20号Photo

本人は気楽に「いいよ・・」とモデルになるのを了承したが、椅子に座るとすぐに飽きてしまい落ち着かない。
最初動かないでいてくれた間に何とかキャンバスにデッサンはできた。

1時間もすると、椅子に座って本を読んだり、小6の姉と戯れたりしていたが、何とか1層目の色付けも出来た。
その後、日帰りで訪れた毎に同じ洋服を着せて描き進めた。
仕上げは、孫を思い出しながらモデル抜きでの制作となったがやっと完成した。

機会があったら、小6の孫や、5歳の孫の絵も描いてみようと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

食の宝庫、北海道

先週来、息子の嫁さんと孫は20日間ほど実家の北海道/富良野に帰省中である。  息子も家族を送って一緒に行き3~4日間、遅い夏休みを北海道で楽しんで来た。

息子は何年間か富良野に住んでいたことがあって、富良野には友人が多く居り、嫁の帰省の度に同行しては旧交を温めているようだ。

今回は、それらの友人と、松茸狩りや鮭釣りをして、その収穫の写真を見せてくれた。

松茸は友人と松茸狩りに詳しい地元のおばあさんの3人で、十勝岳方面の林に行ったもので、これは、息子と友人の二人が採った松茸だそうだ。  同行したおばあさんは一人でこの二人分より沢山の松茸を採ったそうだ。  採った時間は短時間だったと聞いて驚いたし、松茸などめったに採れないものと思っていたが、北海道ではこんなに沢山採れるものかと驚いた。

Photo
また、他の友人と富良野から4時間かけて紋別方面に行き、オホーツク海で鮭釣りを楽しんだという。
Photo_2

鮭釣りにはこの友人と毎年行っているそうだが、例年数匹は釣れるのに、今年はこの一匹だけが釣果だったそうだ。  それにしても大きい鮭である。

元々、自然を好きな息子は、北海道の空気が合うようで、嫁の帰省にかこつけて、その送迎に同行してはこうして北海道の自然やスキーを楽しんでいる。

それにしても、この話を聞いて、北海道の食べ物の豊富さを再認識した。

因みに、松茸も鮭も、友人達や嫁の実家の家族で舌鼓を打ったようで、我々は写真を見てヨダレを流しただけだった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

ささげ

畑の野菜は夏野菜から秋野菜の切り替え時期で、今の畑で収穫できる野菜はネギ、人参、里芋が残っているだけとなった。

先月末で収穫を終えた「ささげ」だが、天日に干して鞘を取り、豆だけにした。
例年同じ株数の種を蒔いて約1kg前後の収穫があるが、今年は例年より多い1.5kgだった。

Photo
今年はささげの仕立て方を少し変えて、一株毎に支柱を立て、各支柱を約30cm間隔で何本か横紐で繋いで株を囲い、ツルが巻き易くまた上に伸び易くなるようにして育ててみた。
その為、ツルは例年のように暴れることなく、素直に上に伸びて育った。
また、例年アブラムシが付いて悩まされたが、ビールの空き缶を何本も吊るしてキラキラの光を嫌うアブラムシ対策とした。

今年の収穫が例年より多かったのは、そんな対策の効果があったのかも知れない。。

我が家では赤飯を炊くことが多く、その為にささげは欠かせない。
1.5kgあれば1年間の量は確保できたことになり、妻も一安心である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

キャベツなどの植付け・・疲れたぁ~

竜巻の後遺症が残るゲリラ雨も終わった昨日、気がかりになっていた「キャベツ」と「ブロッコリー」を植え付ける畝を作りに畑へ出た。

鍬で溝を作り元肥を施してから溝を埋め、10cmほどの高さの畝を合計10畝作った。 全ての畝にはマルチも施した。
曇り空なので涼しいものとたかをくくって作業を始めたが湿度が高く、大汗をかきながら4時間の必死の作業だった。
帰宅してシャワーを浴びたが、疲れ果てて1時間ほどうたた寝してしまった。

       -・-・-・-・-・-・-・-

昨日あんなに疲れたので、苗の植付けは数日後と思っていたが、中途半端な仕事を嫌う癖が出て、今朝起きたら意外と元気を取り戻していて、翌日の今日、苗を植え付けることにした。
妻も、昨日に続いて、手伝ってくれ、とても助かった。

Photo

今日定植したのは・・・
  キャベツ(あまかぜ) : 3畝 (50苗)
  ブロッコリー(早生)  : 3畝 (20苗)
  ブロッコリー(晩生)   : 3畝 (20苗)
だった。
ついでに、一畝に「秋大根」の種も蒔いた。

定植した苗の畝には害虫対策として「寒冷紗」のトンネルを施した。
昨日の作業に比べたら今日の作業は力仕事ではなかったので比較的楽ではあったが、それでも全身汗まみれとなった。

Photo_3
       -・-・-・-・-・-・-・-

2日連続しての畑仕事だったが、朝晩は一頃よりは涼しくなったとはいえ作業するとどっと汗が出て、とても疲れた2日間だった。
また、今年から耕作面積を半分に減らしてもこの疲れに、昨年まで今年の倍の面積を難なくこなしていたことを思うと、歳と共に急速な体力の衰えをつくづくと実感した2日間だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »