« 白粉をふいた干し柿完成 | トップページ | 陶芸 ”盆栽鉢” »

2013年12月19日 (木)

観劇で感激

昨日は久しぶりに妻と二人で芝居を見てきた。

20代~30代の頃は芝居が好きで、月一度のペースで観ていた。  当時は若さもあって頭も堅く、芝居と言っても商業演劇ではなく、新劇が中心だった。
この頃は歳を取って脳も軟化したようで、気軽に楽しめる商業演劇の方が気に入るようになった。

Photo_2

Photo_3昨日は、新橋演舞場での新派による年忘れ公演”三婆”だった。  新派公演は、記憶がないほど昔に見たことがある程度で久しぶりの新派だった。
気軽なお笑いが中心だが、涙を誘う人情も織り込んだ演目で、笑ったり泣いたりと、とても楽しく観劇できた。

この頃は、年末にいつもこういった気楽に楽しめる喜劇を観ることにしているが、年末の忙しさでチケットの手配を忘れてしまう年が多かった。
今年は妻が忘れずにいて、発売初日に手配したので、前から5列目中央の良い席が予約できた。

雪が降るかという寒い一日だったが、師走の楽しい一日が過ごせた。

|

« 白粉をふいた干し柿完成 | トップページ | 陶芸 ”盆栽鉢” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184597/58782341

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇で感激:

« 白粉をふいた干し柿完成 | トップページ | 陶芸 ”盆栽鉢” »